日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



Gigabit Ethernet クラスタでシステムを構成する場合は,以下の指針に従ってください。

  • 2 ノード Gigabit Ethernet クラスタにスイッチは不要です。 図 4-1 に示すように,ポイント間で接続できるからです。

    図 4-1 ポイント間 Gigabit Ethernet OpenVMS Cluster


  • ほとんどの Gigabit Ethernet スイッチは,Gigabit Ethernet または Gigabit Ethernet と Fast Ethernet を組み合わせて構成できます (100 Mb/s)。

  • 各ノードでは,スイッチまでをシングル接続とすることもできますが, 図 4-2 に示すように,複数のパスで構成して可用性を高めることもできます。

    図 4-2 スイッチ型 Gigabit Ethernet OpenVMS Cluster


  • OpenVMS バージョン 7.3 から Jumbo フレーム ( 各 7552 バイト ) のサポートが利用できるようになりました。(Jumbo フレームのサポートが導入される前は,クラスタ通信でサポートされるフレーム・サイズは,最大 1518 バイトの標準 Ethernet フレーム・サイズだけでした。)

  • DEGPA はブート・デバイスに使用できませんが,サテライトは Gigabit スイッチ上に構成した 10/100 Ethernet ネットワーク・アダプタを経由してブートすることができます。

  • DEGXA はブート・デバイスとして使用できます。



4.11.8 ATM の利点 (Alpha のみ)

ATM には, 第 4.11 節 に示されている以外にも,以下の利点があります。

  • 最大 622 Mb/s までの高速伝送

  • ATM 上の LAN エミュレーションの OpenVMS サポートでは, 1516,4544 および 9234 の最大フレーム・サイズが使用できます。

  • ATM 上の LAN エミュレーションでは, 1 つの物理 ATM アダプタを使用して複数のエミュレート LAN を作成できます。各エミュレート LAN は個別のネットワークとして表されます。詳細は,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

  • エミュレート LAN 単位の QoS を提供する ATM スイッチを使用して,クラスタ・トラフィックをさまざまなプロトコルを実行しているエミュレート LAN に割り振ることができます。詳細は,使用しているATM スイッチのマニュアルを参照してください。



4.11.9 ATM スループット

ATM インターコネクトは最大 622 Mb/s で伝送します。このスループットをサポートするアダプタは DAPCA です。

4.11.10 ATM アダプタ

OpenVMS Cluster システムでサポートされている ATM アダプタとその ATM アダプタがサポートされている内部バスは以下のとおりです。

  • DAPBA (PCI)

  • DAPCA (PCI) 351 (PCI)



4.12 FDDI (Fiber Distributed Data Interface) (Alpha および VAX)

FDDI は,光ファイバ・ケーブルまたは銅ケーブルを使用する ANSI 標準 LAN インターコネクトです。

4.12.1 FDDI の利点

FDDI には, 第 4.11 節 に示した LAN の利点に加え,以下の利点があります。

  • ノード間のハイ・スループットと長距離接続を提供

  • さまざまなトポロジをサポート



4.12.2 FDDI ノードのタイプ

FDDI 標準では,以下の 2 つのタイプのノードを定義しています。

  • ステーション
    ANSI 標準 SAS (single-attachment station) と DAS (dual-attachment station) は, FDDI リングに対するインターコネクトとして使用できます。ステーションはワイヤリング・コンセントレータに,またワイヤリング・コンセントレータはデュアル FDDI リングに接続すれば,リングをさらに安定させることができます。

  • ワイヤリング・コンセントレータ
    ワイヤリング・コンセントレータ (CON) は複数の SAS や CON から FDDI リングへの接続を提供します。このデバイスの例としては,DECconcentrator 500 があります。



4.12.3 FDDI の距離

FDDI におけるファイバ・パスの最大合計距離は 200 km (125 マイル) となっています。隣接し合う FDDI デバイス間の最大距離は,シングル・モード・ファイバで 40 km,マルチモード・ファイバで 2 km です。ただし,通信遅延を制御するために,FDDI リングにおける任意の 2 つの OpenVMS Cluster ノード間の距離は,40 km までに制限してください。

4.12.4 FDDI のスループット

FDDI インターコネクトの最大スループット (100 Mb/s) は,Ethernet の 10 倍です。

また,FDDI は大容量パケット (最大 4468 バイト) による転送もサポートしています。大容量パケットを利用できるのは, FDDI で排他的に接続されている FDDI ノードだけです。

FDDI アダプタでは,OpenVMS Cluster プロトコルの処理アシストをしないので, CI や DSSI の場合よりも多くの処理パワーが必要です。

4.12.5 FDDI アダプタとバス・タイプ

以下に示すのは,サポートされている FDDI アダプタとそれらがサポートするバスです。

  • DEFPA (PCI)

  • DEFPZ (integral)

  • DEMFA (XMI)

  • DEFAA (Futurebus+)

  • DEFTA (TURBOchannel)

  • DEFEA (EISA)

  • DEFQA (Q-bus)

関連項目: 各 AlphaServer システムでサポートされる FDDI アダプタの詳細については,次の OpenVMS の Web サイトにアクセスしてください。


http://www.hp.com/go/openvms 

左ナビゲーション・パネルから「AlphaSystems」を選択してください。その後,知りたい AlphaServer システムを選択し QuickSpecs を選択します。各 AlphaServer の QuickSpecs には,そのシステムでサポートされるアダプタなど,すべてのオプションが簡単に紹介されています。

4.12.6 FDDI 方式のクラスタのストレージ・サーバ

FDDI 方式の構成では,FDDI によりノード間通信をします。 HS1xx と HS2xx のストレージ・サーバ・ファミリは, OpenVMS Cluster ノードに FDDI 方式のストレージ・アクセスを提供します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡