Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

HP OpenVMS V8.3-1H1 for Integrity Servers: インストレーション・ガイド

まえがき

≫ 

OpenVMS V8.3-1H1 ライブラリ

目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:クラスタ環境でのインストールの準備
第 3 章:インストール手順
第 4 章:アップグレードの準備作業
第 5 章:クラスタ環境でのアップグレードの準備作業
第 6 章:アップグレード手順
第 7 章:インストールおよびアップグレード後の作業
付録 A:I64システムのブートとシャットダウン
付録 B:ネットワーク・ブート
付録 C:SIMおよびvMediaによるインストール
付録 D:Fibre Channelストレージデバイス
付録 E:システムディスクのバックアップとリストア
付録 F:国際化キットのインストール
付録 G:Management Station
付録 H:オペレーティングシステムの削除
付録 I:システムディスクの初期化
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

1 本書について

本書では OpenVMS for Integrity Servers (OpenVMS I64) オペレーティング・システム V8.3-1H1 のインストールおよびアップグレードの方法を説明します。 また,ソフトウェアをインストールまたはアップグレードするための前提条件と,ソフトウェアをインストールまたはアップグレードした後で必要に応じて実施するオプションの作業についても説明します。

2 対象読者

本書は,OpenVMS I64 オペレーティング・システムのインストールやアップグレードを担当されるユーザや,OpenVMS が動作している Integrity サーバで,起動,シャットダウン,およびバックアップを行うすべてのユーザを対象としています。

3 本書の用途

本書は,読者自身が OpenVMS オペレーティング・システムをインストールまたはアップグレードする必要がある場合や,起動,シャットダウン,またはバックアップを行う必要がある場合に使用します。納品された Integrity サーバに出荷時インストール済みソフトウェア (FIS) がインストールされている場合は,そのソフトウェアにリリース・ノートが付属しています。本書は,そのリリース・ノートに記載されていない情報を調べるときに使用してください。

4 このバージョンで追加および変更された情報

OpenVMS V8.3–1H1 では,以下の情報が追加または変更されました。

  • Intel® Itanium® デュアル・コア・プロセッサが使用可能な最新の HP Integrity サーバのサポート (HP Integrity BL860c Server Blade など)

    これらのサーバの中には,CD/DVD ドライブが搭載されていないものがあります。 もちろん,そうしたサーバでも外付けの USB CD/DVD ドライブを使用できます (この場合,CD/DVD ドライブと必要なケーブルはお客様側でご用意いただく必要があります)。 しかし,OpenVMS V8.3–1H1 ではプロビジョニングと仮想メディア (vMedia) デバイスがサポートされているので,ネットワーク経由で OpenVMS をブート,インストール,またはアップグレードすることができます。 OpenVMS の今回のリリースでサポートされている最新のサーバについては,『HP OpenVMS Alpha Version 8.3 / HP OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers ソフトウェア仕様書』 (SPD 25.C4.xx) に一覧が記載されているので,参照してください。

  • プロビジョニング,プロバイダ,WBEM インフラストラクチャなどの管理サポート

    HP Integrity rx3600 サーバと rx6600 サーバ,および HP Integrity BL860c Server Blades で動作する OpenVMS は,バージョン 5.2 以降の HP Systems Insight Manager (HP SIM) から管理することができます。 HP SIM (弊社で実装した WBEM) では,複数のサーバとプラットフォームを,Web ベース・インタフェースを通じて,簡単にしかも一元的に管理することができます。 HP SIM は,Microsoft Windows® の ProLiant サーバから OpenVMS に対してサポートされています。 ただし,Windows サーバに HP SIM 用の OpenVMS プラグインをインストールする必要があります (このプラグインは Web から入手可能です。詳細は,C.1.5.1 項を参照してください)。 Integrity サーバを HP SIM で管理するには,HP WBEM (Web-Based Enterprise Management) Services for OpenVMS と HP WBEM Providers for OpenVMS が必要です。 これらの WBEM 製品は,OpenVMS とともに自動的にインストールされますが,構成は手動で行う必要があります (これら製品の構成手順については,7.8.5 項7.8.6 項をそれぞれ参照してください)。 HP SIM は,WBEM 製品を使用することによって,Integrity サーバで動作している OpenVMS オペレーティング・システムの情報を取得して,そのオペレーティング・システムを管理することができます。 ただし,こうした WBEM 製品でネットワーク機能を利用できるようにするには,HP TCP/IP Services for OpenVMS と HP SSL も必要です。

    HP-UX と同じようにプロビジョニングがサポートされているので,HP SIM を使用して,ネットワークに存在しているサーバ (複数台可) へ簡単にしかも迅速に OpenVMS をインストールしたりアップグレードしたりすることができます。 このサポートによって,CD/DVD ドライブが搭載されていない Integrity サーバでも OpenVMS を簡単にインストールまたはアップグレードできます。

    プロビジョニングは,HP SIM Version 5.1 以降でサポートされています。 HP SIM を使用してプロビジョニングを開始すると,インストールまたはアップグレードの処理がバックグラウンドで自動的に実行されます。 HP SIM を使用してネットワーク経由でプロビジョニングを行う方法には,以下の 2 通りがあります。

    • InfoServer ソフトウェア・ユーティリティ (および TCP/IP Services for OpenVMS) と組み合わせる方法。 この方法では,ブート可能な OpenVMS イメージのサービス (コンテナ・ファイル) を InfoServer にアクセス可能なネットワーク内のある場所に置き,そのイメージを使うサービスを作成します。 HP SIM をこのように使用することで,サーバを同時に複数台 (最大 8 台),プロビジョニングすることができます。

    • vMedia と組み合わせる方法。この方法では,OpenVMS オペレーティング環境 (OE) DVD の ISO イメージを作成して,そのイメージを HP SIM が動作しているサーバ上に置き,HP SIM を使用してそのイメージに vMedia を結びつけます。 この vMedia を使用することで,サーバをプロビジョニングできます。 ただし,この方法で同時にプロビジョニングできるサーバは 1 台だけです。 また,現在のプロビジョニング機能では,シャドウ・システム・ディスクからブートできません。

    HP SIM の詳細については,次の Web サイトにある「Information Library」を参照してください。

    http://www.hp.com/go/hpsim

    また,WBEM Services for OpenVMS と WBEM Providers for OpenVMS の構成方法については,7.8.5 項7.8.6 項を参照してください。 セットアップとプロビジョニングの実行方法については,付録 C を参照してください。

  • 仮想メディア (vMedia) のサポート

    vMedia デバイスは,現世代の管理プロセッサ (MP,Integrity iLO 2) ハードウェアに実装されている一連の仮想ディスク機能の中でも,一番最初に登場したものです。 vMedia は 2 つの主な構成要素からなります。 一つは,USB DVD をエミュレートする MP ハードウェア内のファームウェアで,もう一つは,リモート PC にあって,その PC のローカル CD/DVD ドライブに対して I/O を実行する Java™ コードです。 vMedia は,ネットワーク経由で Integrity サーバに接続可能な仮想 CD/DVD ドライブを提供します。 このドライブは,あたかも物理的に接続されているかのように利用できます。 vMedia は,DVD が搭載されていないシステムに初めてシステムをインストールする場合や,物理的に別の場所にあるシステムに対してリモート・インストールを行う場合に使用できます。 また,レイヤード・プロダクトをリモート・システムや DVD の組み込まれていないシステムへインストールする場合にも使用できます。 vMedia のセットアップとプロビジョニングを行う方法については,付録 C を参照してください。

  • HP BladeSystem c-Class エンクロージャでの Virtual Connect (VC) のサポート

    HP Virtual Connect (VC) はインターコネクト・モジュールと組み込みソフトウェアをセットにしたもので,HP BladeSystem c-Class エンクロージャで使用できます。 VC を使用すれば,サーバ接続のセットアップと管理が簡単になります。 サーバ・インターコネクトにはよい面がもちろんありますが,サーバ・インターコネクトを選択すると,ほとんどの場合は,ケーブルが増えすぎたり管理が煩雑になりすぎたりするという欠点も受け入れる必要があります。 しかし,VC を使用すると,ネットワーク・ケーブルの数が減り,管理も簡単になります。 また,接続を一度にすべて配線できるというユニークな利点もあります。その結果,サーバの追加,交換,復旧が数時間から数日ではなく,数分でできるようになります。 VC は,HP BladeSystem 用に設計された Ethernet モジュールと Fibre Channel モジュールを選択することで,使用可能になります。 組み込みの HP Virtual Connect Manager を使用すれば,サーバをインストールする前であっても,各サーバ・ベイのサーバ接続プロファイルを定義できます。 このプロファイルで,すべての NIC (Network Interface Controller) の MAC (Media Access Control) アドレス,すべてのホスト・バス・アダプタ (HBA) の WWN (World Wide Name),および SAN ブート・パラメータを定義できます。 その結果,サーバが変更されても構成と接続プロファイルを同じ内容で保てるようになります。 そのため,新しいサーバに置き換えられた場合でも,同じプロファイルを割り当てることができます。

    VC の詳細については,次の Web サイトにある「Virtual Connect networking」のリンクをクリックしてください。

    http://www.hp.com/go/bladesystem/virtualconnect

    また,次の場所にある『HP Virtual Connect for c-Class BladeSystem User's Guide』を参照してください。

    http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00865618/c00865618.pdf

  • ブートのコンソール・デバイスとして使用する VGA コンソールと USB キーボードのサポート

    VGA のサポートによって,モニタ,キーボード,およびマウスを,Integrity サーバ本体のコネクタへ直接接続できるようになりました。 その結果,PC/ターミナル・エミュレータやキャラクタ・セル端末といったシリアル・コンソールをコンソールとして使用する必要がなくなりました。 グラフィック・デバイスが組み込まれていないシステムでは,PCI スロットにグラフィック・オプション・カードを実装してグラフィック・コンソールとして使用することができます。 詳細は,お使いの Integrity サーバ・ハードウェアのドキュメントを参照してください。 OpenVMS では,同じ Integrity サーバで VGA デバイスを複数台使用できます。 ただし,VGA コンソールでは XDELTA ブートと会話型ブートがサポートされていません。 OpenVMS の VGA コンソール・サポート機能は,ほとんどの Integrity サーバで利用できます。 詳細は,A.2 項を参照してください。

  • 新しいタイム・ゾーンのサポート

    今回のリリースで,以下に示す 8 つのタイム・ゾーンが新しく追加されました。

    • America/Atikokan

    • America/Blanc-Sablon

    • America/North_Dakota/New_Salem

    • Europe/Guernsey

    • Europe/Isle_of_Man

    • Europe/Jersey

    • Europe/Podgorica

    • Europe/Volgograd

    コンピュータのローカル・タイム・ゾーンの設定については,3.3.3 項を参照してください。 本書に記載されている例には,新しいタイム・ゾーンが出てきません。

5 本書の構成

本書は,以下の各章から構成されています。

  • 第1章 : 重要な用語の意味を示すとともに,ハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネントに関する情報が示してあります。インストールやアップグレードを行う前に,この章をよく読んでください。

  • 第2章 : インストールの準備に関する情報が示してあります。

  • 第3章 : OpenVMS I64 オペレーティング・システムのインストール方法を説明しています。

  • 第4章 : システムをアップグレードする際の準備について説明しています。

  • 第5章 : 第4章の補足として,OpenVMS Cluster システムのアップグレードで必要な事前作業を説明しています。

  • 第6章 : オペレーティング・システムのアップグレード方法を説明しています。

  • 第7章 : オペレーティング・システムをインストールまたはアップグレードした後に必要な作業を説明しています。

  • 付録 A : HP Integrity サーバで利用可能な各種ユーティリティの概要を示すとともに,システム・コンソールの構成方法,ブート・オプションの構成方法,および OpenVMS オペレーティング・システムのブート方法を説明しています。

  • 付録 B : 特定の OpenVMS Alpha システムと OpenVMS I64 システムで利用可能なソフトウェア・アプリケーションである,InfoServer ユーティリティを使用してインストールまたはアップグレードする場合の,ネットワーク・ブートのセットアップ方法と実行方法を説明しています。

  • 付録 C : ネットワーク内の Integrity サーバ (複数台可) に対して HP SIM を使用して OpenVMS の設定とプロビジョニング (インストールとアップグレード) を行う方法を説明しています。 また,vMedia を使用してネットワーク内の Integrity サーバに OpenVMS をインストールまたはアップグレードする方法についても説明しています。

  • 付録 D : Fibre Channel ストレージ・デバイスからブートする方法を説明しています。

  • 付録 E : システム・ディスクのバックアップ方法とリストア方法を説明しています。

  • 付録 F : OpenVMS の国際化データ・キット (VMSI18N) と,そのインストール方法を説明しています。

  • 付録 G : OpenVMS システムと PC で OpenVMS Management Station サーバ・ソフトウェアと OpenVMS Management Station クライアント・ソフトウェアをそれぞれ実行するための準備方法を説明しています。

  • 付録 H : システムから OpenVMS オペレーティング・システムを削除する方法を説明しています。

  • 付録 I : OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 のシステム・ディスクを初期化する方法を何通りか説明しています。また,OpenVMS I64 システム・ディスクの診断パーティションに関する情報も記載しています。

  • 用語集  : 本書で使用している重要な用語とその意味を記載しています。

6 表記法

本書では,以下の表記法を使用しています。

表記法意味
Ctrl/XCtrl/x という表記は,Ctrl キーを押したままで別のキーまたはポインティング・デバイスのボタンを押すことを示します。
PF1XPF1X という表記は,最初に PF1 キーを押してから,別のキー (x) またはポインティング・デバイスのボタンを押すことを示します。
Enter例の中でキー名が太字表記されている場合は,そのキーを押すことを示します。
例の中でこの水平方向の反復記号が使用されている場合は,次のいずれかを示します。
  • 文中のその他のオプション引数が省略されている。

  • 先行する 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中で項目が省略されていることを示します。この反復記号で項目が省略されている場合は,その部分が説明の内容にとって重要ではないことを意味しています。
( )コマンド形式の記述でこの記号が使用されている場合は,選択オプションを複数個指定するときにそれらの選択オプションを括弧で囲む必要があることを示します。インストールやアップグレードの表示例では,次に示すように,プロンプトに対する回答の候補を示します。Is this correct? (Y/N) [Y]
[ ]コマンド形式の記述で項目が大括弧で囲まれている場合は,その項目が選択オプションであることを示します。項目を 1 つ以上選択することも,すべて省略することもできます。コマンド行には,項目を囲んでいるこの大括弧を入力しないでください。ただし,OpenVMS のディレクトリ指定構文や,代入文の部分文字列指定構文に含まれる大括弧は,省略できません。インストールやアップグレードの表示例で項目が大括弧によって囲まれている場合は,プロンプトに対するデフォルトの回答を示します。値を入力しないで Enter を押すと,デフォルトの回答が入力されたものとして処理されます。 次に,その例を示します。Is this correct? (Y/N) [Y]
|コマンド形式の記述で大括弧または中括弧内の複数の項目が垂直の棒線で区切られている場合は,それらの項目が選択オプションであることを示します。項目が大括弧で囲まれている場合は,すべての項目を省略することができます。項目が中括弧で囲まれている場合は,少なくとも 1 つの項目を指定しなければなりません。コマンド行には,この垂直の棒線を入力しないでください。
{ }コマンド形式の記述で項目が中括弧で囲まれている場合は,その項目が必須の選択オプションであることを示します。少なくとも 1 つの項目を指定する必要があります。コマンド行には,この中括弧を入力しないでください。
bold type太字のテキストは,引数,属性,理由を示します。 コマンドとスクリプトの例で太字が使われている場合は,その部分をユーザが入力することを示します。太字は,新しい用語も表します。
italic typeイタリック体のテキストは,重要な情報,ドキュメントの正式なタイトル,または変数を示します。変数は,システムからの出力 (たとえば「Internal error number」),コマンド行 (たとえば「/PRODUCER=name」),または本文中のコマンド・パラメータ (たとえば「dd はデバイスの種類を表すコードです」) というように,一定でない情報を表します。
UPPERCASE TYPE英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,またはシステム特権の短縮形を示します。
Example

この (等幅) フォントは,コード例,コマンド例,または会話操作中の画面出力を示します。本文中では,Web サイトのアドレス,UNIX のコマンドやパス名,PC のコマンドやフォルダ名,または C プログラミング言語の特定要素を示すこともあります。

コマンド形式の記述,コマンド行,またはコード行の末尾にあるハイフンは,コマンドや文が次の行まで続いていることを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて 10 進数です。10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) の場合は,その旨が明記してあります。

7 関連情報

使用しているコンピュータで OpenVMS オペレーティング・システムをインストール,アップグレード,または使用する場合は,その前に以下のドキュメントを入手して,いつでも利用できるようにしておいてください。 以下のドキュメントの一部は,以前のバージョンの OpenVMS のドキュメント・セットにも含まれていたものです。 それらのドキュメントは改訂されていませんが,その内容は OpenVMS V8.3-1H1 でも有効です。

  • 『日本語 HP OpenVMS Version 8.3-1H1 をご使用のお客様へ』およびキットに含まれているその他のカバー・レター。

  • 『HP OpenVMS V8.3-1H1 for Integrity Servers 新機能およびリリース・ノート』

    OpenVMS I64 オペレーティング・システムの今回のリリースで拡張された機能および新機能とともに,OpenVMS I64 オペレーティング・システムに関する重要な補足情報が記載されています。

  • 『HP OpenVMS License Management Utility Manual』

    OpenVMS オペレーティング・システムのライセンス管理ツールであるライセンス管理機能 (LMF) の使用方法が記載されています。 このマニュアルでは,ライセンスの要件と,ライセンスを管理するために必要な作業について説明しています。

  • 『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート[翻訳版]』

    OpenVMS 8.3-1H1 リリースにも該当する可能性がある,OpenVMS I64 システムに関する重要な補足情報が記載されています。

  • 『HP OpenVMS Cluster システム』および『HP OpenVMS Cluster 構成ガイド』

    OpenVMS Cluster 環境でシステムをインストールする場合に役立つ情報が記載されています。

  • 『DECwindows Motif for OpenVMS インストレーション・ガイド』および『DECwindows Motif for OpenVMS 管理ガイド』の最新版

    DECwindows Motif for OpenVMS ソフトウェアをインストールしてカスタマイズする場合に役立つ情報が記載されています。

  • 『HP Open Source Security for OpenVMS, Volume 1: Common Data Security Architecture』

    CDSA ソフトウェアに関する情報が記載されています。

  • 『HP Open Source Security for OpenVMS, Volume 2: HP SSL for OpenVMS』

    HP SSL ソフトウェアに関する情報が記載されています。

  • 『HP Open Source Security for OpenVMS, Volume 3: Kerberos』

    Kerberos ソフトウェアに関する情報が記載されています。

  • 『HP Availability Manager Installation Instructions』

    Availability Manager ソフトウェアに関する情報が記載されています。このドキュメントは,次の Web サイトから入手できます。

    http://www.hp.com/products/openvms/availabilitymanager

  • Performance Data Collector (TDC) 関連のドキュメントは,次の Web サイトから入手できます。

    http://www.hp.com/products/openvms/tdc/

  • DECnet-Plus for OpenVMS ソフトウェア,DECnet Phase IV for OpenVMS ソフトウェア,または TCP/IP Services for OpenVMS ソフトウェアをインストールして構成する場合は,以下のネットワーク・ソフトウェア・ドキュメントが役立ちます。

    • 『TCP/IP Services for OpenVMS インストレーション/コンフィグレーション・ガイド』

    • 『DECnet-Plus for OpenVMS Installation and Basic Configuration』

    これらのネットワーク製品のドキュメントは,OpenVMS Version 8.3 Online Documentation CD に含まれています。マニュアルの印刷物が必要な場合は,別途,購入してください。

  • Instant Capacity (iCAP),Temporary Instant Capacity (TiCAP),Pay Per Use (PPU) に関連する情報については,『HP Instant Capacity (iCAP) ユーザーガイド』および『HP Pay Per Use (PPU) ユーザーガイド』を参照してください。これらのマニュアルは,次の Web サイトから入手できます。

    http://docs.hp.com/en/hplex.html#Utility%20Pricing

  • HP SIM のドキュメントは,次の Web サイトの「Information Library」から入手できます。

    http://www.hp.com/go/hpsim

  • HP gWLM のドキュメントは,次の Web サイトの「Information Library」から入手できます (「Information Library」,「Manuals,Release Notes,Manpages」の順にリンクを選択し,バージョン A.01.01 のマニュアルを参照してください)。

    http://www.hp.com/go/gwlm

    gWLM に関する情報と,gWLM エージェントを OpenVMS I64 システムにインストールするためのマニュアル (リリース・ノートを含む) は,次の Web サイトから入手できます。

    http://h71000.www7.hp.com/openvms/integrity/integrity_gwm.html

  • Integrity サーバ・コンピュータに付属しているハードウェア・ドキュメントには,システム・ユニット,ドライブ,およびモニタの操作など,システム・ハードウェアに関する詳しい情報が記載されています。

使用しているコンピュータで OpenVMS オペレーティング・システムのインストール,アップグレード,および使用を行う際には,以下のマニュアルも役に立ちます。

  • 『HP OpenVMS License Management Utility Manual』

    ソフトウェア・ライセンスの登録方法に関して,詳しい情報が記載されています。

  • 『HP OpenVMS システム管理者マニュアル』と『HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』

    OpenVMS システムのインストール,アップグレード,カスタマイズ,および保守で使用する可能性のあるシステム管理操作とユーティリティの情報が記載されています。

  • 『HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル (下巻)』

    PCSI ユーティリティの PRODUCT コマンドでファイルの追加/削除,他ソフトウェアのインストール,およびその関連操作を行う方法が詳細に記載されています。

  • 『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』

    OpenVMS オペレーティング・システムをシャドウ・システム・ディスクにインストールする場合や,シャドウ・システム・ディスクにインストールされている OpenVMS オペレーティング・システムをアップグレードするときに役立ちます。

  • 『HP OpenVMS Management Station Installation Guide』

    OpenVMS Management Station の基礎知識,セットアップ,および使用方法に関する情報が記載されています。

HP OpenVMS の製品とサービスに関するその他の情報については,次の Web サイトをご覧ください。

http://www.hp.com/go/openvms

ミッドレンジ・サーバや Superdome サーバで nPartitions を管理する方法については,『HP nPartitions 管理ガイド』(旧称『HP システム パーティション ガイド: nPartitions の管理作業』)を参照してください。

HP Integrity サーバの最新ハードウェア・マニュアルは,次の Web サイトから入手できます。

http://docs.hp.com/en/hw.html

8 出版履歴

このマニュアルに記載されている印刷日と部品番号は現在の版を表しています。 印刷日は,新しい版が出るたびに更新されます。 再印刷のときに小さな変更が加えられることもありますが,そのときの印刷日はそのままで更新されません。 マニュアルの部品番号は,大きな変更があったときにだけ更新されます。 次の版が発行されるまでの間に,間違いの訂正や製品マニュアルの変更を反映したアップデート版が発行されることもあります。 アップデート版や新しい版を確実に入手するためには,対応する製品のサポート・サービスをご契約いただくことをお勧めします。 詳細については,弊社の販売担当者にお問い合わせください。 このマニュアルの最新版は,次の Web サイトからオンラインで入手できます。

http://docs.hp.com

部品番号サポートされるオペレーティング・システムサポートされるバージョン発行日
BA322–90084OpenVMS I64V8.3-1H11.02007 年 12 月

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2007 Hewlett-Packard Development Company, L.P.