日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル/まえがき
目次
第 1 章:新機能概要
第 2 章:制限事項
付録 A:日本語ドキュメント
付録 B:Alpha版とIntegrity版との日本語機能の違い
付録 C:アップデート抄録
付録 D:リタイア情報
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
V8.3-1H1 リリース・ノート


目次 索引






Alpha V7.0

日本語 OpenVMS Alpha V6.1 および 6.2 では, $ INPUT START コマンドで日本語入力プロセス (FIP) を起動後,画面制御のエスケープ・シーケンスを端末に出力するような OpenVMS のコマンド(例えば $ SHOW SYSTEM/PAGE=SAVE, $ SEARCH/PAGE=SAVE)やアプリケーション(日本語DECforms や日本語 DEC COBOL を用いたプログラムなど)を実行すると,端末がハングするという問題がありました。この時,Ctrl/Y キーを入力してプログラムを停止し,次に他のコマンドを入力すると,そのプロセスは RWAST の状態になりハングします。このプロセスはシステムをリブートしない限り,削除することはできません。

この問題は,日本語 OpenVMS Alpha V7.0 で解決されました。

なお,日本語 OpenVMS VAX では,どのバージョンでもこの問題は発生しません。

C.29 KPRINT と KDUMP のフリーウェアとしての提供

V7.0

日本語 OpenVMS V6.2 でリタイアした KPRINT および KDUMP をフリーウェアとして提供しています。KPRINT と KDUMP が含まれるのは標準版 OpenVMS V7.0 CD-ROM キットのパッケージにバンドルされている OpenVMS Freeware CD-ROM V2.0 です。この CD-ROM には日本語 OpenVMS V6.1 で提供した KPRINT と KDUMP のソース・ファイル,日本語 OpenVMS V6.1 用実行イメージ,ヘルプ・ファイル,コマンド・リファレンス・マニュアルが含まれています。使用方法および実行イメージの作成方法は CD-ROM に含まれる README ファイルをご覧ください。なおフリーウェアには弊社のサポートは一切ありません。またお客様が自由にソース・ファイルを変更して使用することができます。

CD-ROM キットをお持ちでない,日本語 OpenVMS VAX のお客様の場合は,下記の OpenVMS の World Wide Web ホームページからフリーウェアをコピーすることができます。


    //www.hpe.com/jp/openvms    

なお,KPRINT および KDUMP が含まれている最新の Freeware CD-ROM は V4.0 です。

C.30 日本語 DEC COBOL ランタイム・ライブラリ

Alpha V7.0

日本語入力機能をサポートする DEC COBOL ランタイム・ライブラリ DEC$COBRTL.EXE は,従来日本語 OpenVMS のインストレーションで提供されていましたが,V7.0 から標準版 OpenVMS のインストレーションで提供されるようになりました。日本語 OpenVMS V7.0 では,このファイルを提供しません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項