日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル/まえがき
目次
第 1 章:新機能概要
第 2 章:制限事項
付録 A:日本語ドキュメント
付録 B:Alpha版とIntegrity版との日本語機能の違い
付録 C:アップデート抄録
付録 D:リタイア情報
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
V8.3-1H1 リリース・ノート


目次 索引




表 C-2 にある文字が日本語ファイル名として使用できるようになりました。これらの文字は Unicode 上では ISO Latin-1 文字として表現されるため,以前は日本語ファイル名に使用すると問題を発生していました。

表 C-2 ISO Latin-1 文字
文字 SDK Unicode
´ A1AD 00B4
¨ A1AF 00A8
± A1DE 00B1
× A1DF 00D7
÷ A1E0 00F7
° A1EB 00B0
§ A1F8 00A7
A2F9 00B6



C.10 backup コマンドでの日本語ファイル名のサポート

V8.2

C.10.1 backup/journalでの日本語ファイル名サポート

本リリースでは, backup/journal のファイル名指定で日本語ファイル名がサポートされるようになりました。

C.10.2 標準版 backup コマンドでの日本語ファイル名のサポート

backup コマンドでの日本語ファイル名のサポートが標準版 backup コマンド (BACKUP.EXE) で提供されるようになりました。

このため,これまで提供されていた JSY$BACKUP.EXE は,システムにはインストールされません。

C.11 日本語メッセージの自動チェック

V7.3

以前のバージョンの日本語 OpenVMS では,標準版 OpenVMS の修正ファイル ( アップデートなど ) をインストールした場合などに,標準版のメッセージ・ファイルと日本語メッセージ・ファイルの整合性が取れなくなることがありました。整合性が取れない状態で日本語メッセージを使用すると,間違ったメッセージが表示されたり,メッセージが表示されずに番号が表示される等の問題が発生します。

V7.3 では,そのような整合性の不一致を自動的に検出する機能が追加されました。また不一致が起きた場合に,日本語メッセージ・ファイルを再構成して,不一致を解消する機能も追加されました。

C.11.1 システム起動時の自動チェック

V7.3 では,JSY$STARTUP.COM を実行するたびに,日本語メッセージ・ファイルの整合性チェックを自動的に行います。不一致を検出した場合,または不一致の可能性を検出した場合は,以下のメッセージが表示されます。


    ***************************<< WARNING >>***************************    
 
      Japanese version of CLIUTLMSG.EXE is incompatible with English 
      version of it. Please rebuild it by using JSY$MSGBUILD.COM, 
      then run JSY$STARTUP.COM and IVPs. 
 
    ******************************************************************* 

通常,標準版 OpenVMS の修正ファイルをインストールした場合は,システムの再起動が必要になるため,起動の途中で JSY$STARTUP.COM が実行され,整合性チェックが行われます。

C.11.2 手作業によるチェック

システム管理者が手作業によって日本語メッセージ・ファイルの整合性を確認するためには,以下のコマンドを入力します。


    $ @ JSY$SYSTEM:JSY$MSGBUILD.COM VERIFY 

パラメータの VERIFY は必ず必要です。不一致,または不一致の可能性を検出した場合は,以下のメッセージが表示されます。


    ***************************<< WARNING >>*************************** 
 
      Japanese version of CLIUTLMSG.EXE is incompatible with English 
      version of it. Please rebuild it by using JSY$MSGBUILD.COM, 
      then run JSY$STARTUP.COM and IVPs. 
 
    ******************************************************************* 



C.11.3 日本語メッセージ・ファイルの再構成

標準版のメッセージ・ファイルと日本語メッセージ・ファイルの整合性が取れなくなった場合は,日本語メッセージ・ファイルの再構成を行って,不一致を解消する必要があります。再構成を行うためには以下のコマンドを入力します。


    $ @ JSY$SYSTEM:JSY$MSGBUILD.COM REBUILD    

以下のファイルが新しく作成されます。古いバージョンのファイルは削除されません。


    SYS$COMMON:[SYSMSG.JA_JP]CLIUTLMSG.EXE    

作成された日本語メッセージ・ファイルをシステムにインストールするためには, JSY$STARTUP.COM を実行するか,または以下のコマンドを実行してください。


    $ INSTALL REPLACE SYS$COMMON:[SYSMSG.JA_JP]CLIUTLMSG.EXE    



C.12 ファイル名の最大長の拡張

Alpha V7.2-1

日本語 OpenVMS は,V7.2 から日本語のファイル名を使用することができます。( 詳しくは 付録 C.13 節 を参照してください。)

日本語 OpenVMS V7.2-1 では,以下の日本語ユーティリティで,ファイル名の最大長が従来の 42 文字から 72 文字に拡張されました。

  • JMAIL
    SEND または EXTRACT するファイルのファイル名に,最大 72 文字の日本語を使用することができます。

  • DEC XTPU/日本語 EVE V3
    編集するファイルのファイル名に,最大 72 文字の日本語を使用することができます。



C.13 日本語ファイル名のサポート(Alpha のみ)

Alpha V7.2

日本語 OpenVMS では,標準版 OpenVMS の提供する Extended File Specifications の機能により,日本語のファイル名を使用することができます。

Extended File Specifications は,ファイル名に使える文字が Unicode に拡張され, OpenVMS の従来のバージョンに存在するさまざまなファイル名の制約を緩和するファイル処理環境です。Extended File Specifications は, Advanced Server を使用する環境において,OpenVMS システムと Windows NT システムの両方で,一貫性のあるファイル処理を可能します。

注意

日本語 OpenVMS と日本語 Compaq Advanced Server で扱える日本語ファイル名の最大長は 72 文字です。( 一部の機能を除く )

これらの最大長は将来のバージョンで拡張される予定です。



日本語 OpenVMS V7.2 から,ファイル名コンバータを有効にした場合,以下の場所で Super DEC 漢字コードセットを用いて,ファイル名に日本語を使うことができます。

  • RMS API
    $CREATE や $OPEN などの RMS API において,Super DEC 漢字コードセットを用いて日本語のファイル名を持つファイルを作成,操作,削除することができます。

  • DCL コマンド
    日本語ファイル名をサポートする DCL コマンド
    日本語 OpenVMS V7.2 および V7.2-1 では,以下のコマンドで日本語ファイル名を正常に処理できます。

    1. バックアップ関係

      • BACKUP コマンド

      • BACKUP API

    2. デフォルト・ディレクトリ関係

      • SET DEFAULT および SHOW DEFAULT コマンド

      • SHOW PROCESS コマンド

      • $SETDDIR システム・サービス

    3. ACL 関係

      • SET SECURITY および SHOW SECURITY コマンド

      • SET FILE/ACL および SET ACL コマンド



    その他の DCL コマンド
    標準版 OpenVMS の提供する DCL コマンドで, Super DEC 漢字コードセットを用いて日本語のファイル名を持つファイルを作成,操作,削除することができます。
    【例】


        $ COPY PUBDISK:[営業3課]企画書.TXT SYS$LOGIN:新企画書.案1 
        $ EDIT/XTPU 新企画書.案1 
     
    

    注意

    日本語 OpenVMS V7.2-1 では,標準版 OpenVMS V7.2-1 の DCL コマンドで日本語ファイル名が完全に正常に動作することを保証しません。一部の DCL コマンドでは日本語ファイル名が正しく表示されないなどの問題が発生する場合があります。

  • 日本語ユーティリティ
    日本語 OpenVMS の提供する日本語ユーティリティでは,日本語ファイル名を正常に処理できます。日本語ユーティリティについての詳細は,『日本語ユーティリティ 利用者の手引き』を参照してください。



C.13.2 新しいボリューム構造 ODS-5

日本語 OpenVMS の日本語ファイル名は,標準版 OpenVMS の提供する Extended File Specification の機能である, Unicode ファイル名を利用しています。Unicode ファイル名は,新しいボリューム構造である ODS-5 でのみサポートされているため,日本語ファイル名もまた ODS-5 ボリュームでのみサポートされます。

注意

ODS-5 ボリューム構造についての詳細は,『OpenVMS Extended File Specifications の手引き』を参照してください。

既存のボリュームを ODS-5 に変換するためには,ディスクを個人マウントした後,以下のコマンドを入力します。


 
    $ SET VOLUME /STRUCTURE_LEVEL=5 <device> 
 

注意

一度 ODS-5 に変換したボリュームを,従来の ODS-2 ボリューム構造に戻すことはできません。詳しくは,『OpenVMS Extended File Specifications の手引き』を参照してください。





ファイル名に Super DEC 漢字コードセットを使用するかしないかは,プロセス単位に設定できます。日本語 OpenVMS V7.2-1 では,標準版 OpenVMS と同様に,プロセス生成時には ISO Latin-1 コードセットを使用します。

ユーザは必要に応じてプロセスの使用するファイルを Super DEC 漢字コードセットに設定することができます。

ファイル名に Super DEC 漢字コードセットを使用するためには,以下のコマンドを入力して,Record Management System (RMS) の拡張機能であるファイル名コンバータを有効にします。


 
    $ JSY$CONTROL:==$SYS$SYSTEM:JSY$CONTROL.EXE 
    $ JSY$CONTROL SET RMS/FILENAME=SDECKANJI 
 

ファイル名コンバータを有効にすると,RMS を経由するファイル名はすべて Super DEC 漢字コードセットで入出力されます。

ファイル名コンバータを無効にするためには,以下のコマンドを入力します。


 
    $ JSY$CONTROL SET RMS/FILENAME=DEFAULT 
 

ファイル名コンバータを無効にすると,ファイル名に Super DEC 漢字コードセットを使用することはできません。

注意

JSY$CONTROL SET RMS/FILENAME=... コマンドを実行すると, DCL のファイル名解析スタイルも自動的に切り替わります。詳しくは,『OpenVMS Extended File Specifications の手引き』を参照してください。



ファイル名コンバータを無効にしている場合は,ファイル名の指定に Super DEC 漢字コードセットを使うことはできません。ファイル名コンバータを無効にしている場合で,日本語ファイル名を使用するには, 4 桁の 16 進数を用いて Unicode の文字コードを指定します。

注意

ファイル名コンバータを無効にしている状態で,ファイル名に Super DEC 漢字コードを入力すると,RMS はそれを ISO Latin-1 コードとみなして,ファイルにアクセスしようとします。その結果,エラーが発生したり,または正常動作しているように見えても実際には日本語ではないファイル名が作成されたりする場合があります。

【例】

ファイル名 ファイル名コンバータ有効 ファイル名コンバータ無効
漢字.TXT 漢字.TXT ^U6F22^U5B57.TXT

ファイル名の 16 進数表現の詳細は,下記マニュアルを参照してください。

  • 『OpenVMS Extended File Specifications の手引き』



日本語 OpenVMS では,ファイル名コンバータを有効にしている場合, RMS API で以下の文字をファイル名として使用できます。

  • JIS Roman 文字
    ただし,以下の文字を除く
    C0 制御コード (0x00 以上,0x1F 以下)
    二重引用符 (")
    アスタリスク (*)
    ¥記号 (¥)
    コロン (:)
    左および右の山括弧 (<>)
    スラッシュ (/)
    疑問符 (?)

  • 全角文字

  • 半角カナ

  • C1 制御コード (0x80 以上,0x9F 以下)

  • 16 進数表現で示される上記以外の文字

ファイル名コンバータを無効にしている場合は,日本語のファイル名は 16 進数表現を用いる必要があります。 16 進数表現の詳細は,下記マニュアルを参照してください。

  • 『OpenVMS Extended File Specifications の手引き』



ファイル名コンバータを有効にすると, RMS では入出力されるファイル名を Super DEC 漢字コードとみなし,内部コードである Unicode に変換します。変換規則は以下のとおりです。

  1. 半角文字 (JIS Roman 文字)
    上位 8 bit にゼロを追加し,Unicode の 0x0020〜0x007E に変換されます。ファイル名がこれらの文字だけから成る場合は,日本語ファイル名とはみなされないため,Unicode ではなく ASCII に変換されます。

  2. JIS 第一水準および第二水準文字
    つぎの例外を除き,Unicode の対応する文字に変換されます。
    b-1. ISO Latin-1 に変換される文字
    以下の文字は ISO Latin-1 文字とみなされるため,ファイル名にこれらの文字が含まれる場合は,ファイル名が正しく日本語に変換されません。

    文字 SDK Unicode
    ´ A1AD 00B4
    ¨ A1AF 00A8
    ± A1DE 00B1
    × A1DF 00D7
    ÷ A1E0 00F7
    ° A1EB 00B0
    § A1F8 00A7
    A2F9 00B6

    注意

    これらの文字は,日本語ファイル名ではサポートされません。



    b-2. 半角文字と重複する全角文字
    全角アルファベットなど半角文字にも同じ文字があるものは, Unicode では 0xFF01〜0xFF9F に変換されます。一部の文字は例外的に 0xFFxx 以外に変換されます。

    文字 SDK Unicode
    A1C9 201D
    A1C7 2019

  3. 半角カナ
    半角カナは Unicode の 0xFF61〜0xFF9F に変換されます。

  4. ユーザ定義文字
    日本語 OpenVMS V7.2 および V7.2-1 ではサポートしていません。ファイル名にユーザ定義文字を使用した場合の動作は不定です。

  5. JIS 補助漢字
    日本語 OpenVMS V7.2 および V7.2-1 ではサポートしていません。ファイル名に JIS 補助漢字を使用した場合の動作は不定です。

  6. IBM 選定文字,NEC 選定文字
    日本語 OpenVMS V7.2 および V7.2-1 ではサポートしていません。ファイル名にこれらの文字を使用した場合の動作は不定です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項