日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 はじめに
第 2 章 OpenVMS Version 8.3-1H1 の新機能
第 3 章 OpenVMS Version 8.3-1H1 リリース・ノート
第 4 章 MSA ユーティリティ
第 5 章 製品のディレクトリ
  索引
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 はじめに
  1.1   OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers の概要
  1.2   HP ソフトウェア・テクニカル・サポートのポリシー
  1.3   一般的なアプリケーション互換性のポリシー
  1.4   パッチ・キットの取得方法
  1.5   ネットワーク・ソフトウェア
  1.6   Integrity サーバのシステム・イベント・ログ
  1.7   Integrity サーバのファームウェア
  1.8   システム・ブートに関する注意事項
    1.8.1      インストール DVD からのブート
    1.8.2      I64 システムのリブートのセットアップ
    1.8.3      共通クラスタ・システム・ディスクを使ったブート
    1.8.4      Fibre Channel ストレージ・デバイスからのブート
    1.8.5      OpenVMS I64 Boot Manager Utility: マルチパス Fibre Channel ディスク・デバイスの追加
    1.8.6      Fibre Channel ブート・ディスク: 簡略化されたセットアップ・プロセス
  1.9   HP DECwindows Motif
    1.9.1      サーバのスタートアップに先立って周辺デバイスを接続する
    1.9.2      スタートアップ時に表示されるカウントダウン・メッセージ
    1.9.3      オプションのグラフィックス
    1.9.4      キーボード・サポート
    1.9.5      ファームウェアのアップデートとキーボード
第 2 章
2 OpenVMS Version 8.3-1H1 の新機能
  2.1   HP OpenVMS Version 8.3-1H1 での ISV アプリケーションとバイナリ互換性
  2.2   新しいアイテム・コード DVI$_ADAPTER_IDENT
  2.3   新しいアイテム・コード DVI$_MOUNTCNT_CLUSTER
  2.4   HP Smart Array P800 コントローラ (AD335A) のサポート
  2.5   HP 4GB Fibre Channel アダプタ (AD299A/AD355A) のサポート
  2.6   HP StorageWorks Ultrium 448c テープ・ブレード
  2.7   OpenVMS V8.3 のリリース後にサポートされるようになったストレージおよびネットワーク I/O コントローラ
  2.8   特定の HP Integrity サーバ・プラットフォームでの Graphics Console のサポート
    2.8.1      Graphics Console をサポートしているプラットフォーム
    2.8.2      サポートされる PCI グラフィックス・オプション・カード
    2.8.3      Graphics Console の制限
    2.8.4      Graphics Console サポートのためのファームウェア要件
           2.8.4.1         EFI Shell を使ってファームウェア情報を取得する
           2.8.4.2         MP プロンプトからファームウェア情報を取得する
           2.8.4.3         cli プロンプトからファームウェア情報を取得する
           2.8.4.4         EFI Boot Manager からファームウェア情報を取得する
    2.8.5      プラットフォームごとの接続の詳細
           2.8.5.1         HP Integrity rx1600 Server と HP Integrity rx1620 Server
           2.8.5.2         HP Integrity rx2620 Server と HP Integrity rx4640 Servers
           2.8.5.3         HP Integrity rx3600 Server と HP Integrity rx6600 Server
           2.8.5.4         HP Integrity rx2660 Server
           2.8.5.5         HP Integrity BL860c Server Blade
  2.9   OpenVMS 国際化データ・キット (VMSI18N)
  2.10   LDAP 外部認証
    2.10.1      LDAP 外部認証で改良されたイメージ LOGINOUT.EXE と SETP0.EXE
    2.10.2      Active Directory のサポート
  2.11   リンカの新機能
    2.11.1      大きな I/O セグメントのサポート
    2.11.2      Linker 生成コードの最適化
    2.11.3      マップ・ファイル内にフラグが付けられるシグネチャ・セグメント
    2.11.4      アンワインド・セグメントはコード・セグメントと一緒に移動する
  2.12   System Dump Analyzer (SDA) ユーティリティ
    2.12.1      CLUE ユーティリティの変更点
    2.12.2      CLUE ユーティリティの新しい修飾子
    2.12.3      SHOW_PFN_DATA コマンドの新しい修飾子
    2.12.4      SHOW SUMMARY コマンドの新しい修飾子
    2.12.5      SET CPU および SHOW CPU コマンド
  2.13   タイムゾーンの追加
第 3 章
3 OpenVMS Version 8.3-1H1 リリース・ノート
  3.1   OpenVMS 8.3-1H1 のシステム・パラメータ
    3.1.1      廃止されたパラメータ
    3.1.2      名称が変更されたパラメータ
    3.1.3      新しいパラメータ
    3.1.4      ブート時の AUDIT_SERVER の起動の失敗
  3.2   C ランタイム・ライブラリ
    3.2.1      Ctrl/P が機能しないことがある
  3.3   暗号化の問題と対処方法
    3.3.1      PARSE=EXTENDED
    3.3.2      サイズの大きなファイルの暗号化
    3.3.3      入力/出力ファイルの性能
    3.3.4      ENCYPT/COMPRESS の問題
  3.4   ドキュメントの訂正
    3.4.1      『HP OpenVMS DCL ディクショナリ: N-Z』
           3.4.1.1         RUN コマンドの制限
    3.4.2      『HP OpenVMS V8.3 新機能説明書』
    3.4.3      『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート』
    3.4.4      『HP OpenVMS System Services』
    3.4.5      『TCP/IP Services for OpenVMS Sockets API and System Services Programming』マニュアル
    3.4.6      『HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』
    3.4.7      『TCP/IP Services for OpenVMS Management』
    3.4.8       『OpenVMS システム管理者マニュアル』 (下巻)
  3.5   GiCAP の機能は現在使用できない
  3.6   iconv の修正
  3.7   IOLOCK8 を使わない FibreChannel ポート・ドライバ
  3.8   OpenVMS V8.3-1H1 用の Linker ユーティリティ
    3.8.1      正しくないイメージ間デバッグ・フィックスアップをリンカがデバッグ・シンボル・ファイルに書き込む
    3.8.2      /SELECTIVE_SEARCH がトランスファー・アドレスを誤って無視することがある
    3.8.3      最大セクション数
    3.8.4      マップ・ファイル中の共用可能イメージの作成日が正しくない
    3.8.5      demangler 情報を検索するとアクセス違反になる
    3.8.6      NOGLOSYM エラー・メッセージに対する誤った二次メッセージ
    3.8.7      未定義シンボルについての誤った情報
    3.8.8      誤った UNMAPFIL エラー
    3.8.9      共用可能イメージ・マップ内の識別子の最大長の変更
    3.8.10      共用可能イメージに対するリンケージ・タイプ・チェック
    3.8.11      プログラム・セクションの ABS 属性が無視される
    3.8.12      コマンド行に FP_MODE リテラルを指定していないとリンカはアクセス違反となる
  3.9   OpenVMS の Analyze ユーティリティ
    3.9.1      アンワインド・データ表示の問題を修正
    3.9.2      フォーマットされたシンボル・ベクタがデータ・セグメントに正しく表示される
    3.9.3      トランスファー・アレイがデータ・セグメント内にフォーマットされるようになった
    3.9.4      システム・バージョン・アレイがダイナミック・セグメント内にフォーマットされるようになった
    3.9.5      /SEGMENT 修飾子の機能拡張
    3.9.6      セクション・エスケープ機能のサポート
  3.10   OpenVMS の INSTALL ユーティリティ (S2 空間に常駐イメージをインストールする)
  3.11   Librarian ユーティリティ
    3.11.1      セクション・エスケープ機能のサポート
  3.12   InfoServer ユーティリティと FDDI
  3.13   DCL コマンドの SET PASSWORD の新しい修飾子
  3.14   メディア使用前の INITIALIZE/ERASE
  3.15   XML-C 製品の ZIP ファイル
  3.16   OpenVMS e-Business and Integration Infrastructure Package の使い方
  3.17   Performance Data Collector for OpenVMS (TDC)
  3.18   C++ コンパイラ
  3.19   DCE IDL C++ アプリケーションのビルド
  3.20   インストール時の CDSA エラー
  3.21   FREEWARE_README.TXT ファイルのアップデート
  3.22   プロセス/アプリケーションがハングする
  3.23   プロビジョニング
    3.23.1      BL860c システムは電源をオンにしておく必要がある
    3.23.2      InfoServer の名前の長さ
    3.23.3      複数サーバのプロビジョニング
    3.23.4      HP SIM Central Management Server からのプロビジョニング
    3.23.5      OpenVMS InfoServer とサーバ・ブレードは同一 LAN 上に
    3.23.6      EFI ファームウェア
    3.23.7      Management Processor
  3.24   SYS$LDDRIVER の制限事項
  3.25   ディレクトリ・ファイルの RMS $PARSE 検証
  3.26   SCACP エラー・カウンタが再送エラーをレポートすることがある
  3.27   シリアル・ポートの名前
  3.28   古いファームウェアでは VMS V8.3-1H1 がシステム・イベント・ログに書き込むメッセージを変換できない
  3.29   POSIX スレッドを使用しているプログラムでの AST 実行要求の明確化
  3.30   CRTL 内の TZ 関数
  3.31   HP TCP/IP Services for OpenVMS
    3.31.1      getnameinfo() 関数の NI_* フラグの値が不適切に変更される
  3.32   Virtual Connect
    3.32.1      フェイルオーバと RECNXINTERVAL
    3.32.2      Fibre SCSI
  3.33   システム・パラメータ CPU_POWER_MGMT のデフォルト値の変更
  3.34   予約メモリ機能を使用するサテライト・システムのブート


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項