日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


目次 索引

DELETE UNIT

ドライブからユニットを削除します。ディスクが OpenVMS 上でマウントされているかどうかにかかわらず,選択したユニットを削除する前に,続行するかどうか確認を求められます。

たとえば,ディスクが OpenVMS ノードにマウントされている場合,確認のためのプロンプトが表示されるのに加えて,ディスクがマウントされていることが表示されます。

注意

ユニットが削除された後,そのユニット番号は,新しいユニットに手動で割り当てるまで使用されないままになります。

ユニットを削除しても,ユニット番号は自動的に再割り当てされません。

ディスクまたはディスク・グループ上に複数のユニットが作成されている場合,最後に作成したユニットだけが削除できます。

ディスクまたはディスク・グループ上に作成したユニット番号とその順序の記録を必ず保管してください。


形式

DELETE UNIT ユニット番号 / 修飾子


パラメータ



ユニット番号

ユニット番号の範囲は 0 〜 31 です。

修飾子



/VERBOSE

技術的な詳細ログを表示します。

#1

MSA> DELETE UNIT 4 

この例では,ユニット 4 が削除対象のユニットです。これは,ADD UNIT コマンドで作成するときに指定したのと同じユニット番号です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡