日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


目次 索引

SHOW UNITS

コントローラ上に構成されているすべての論理ボリュームに関する情報を表示します。

注意

MSA1000/MSA1500 コントローラのコマンド行インタフェースで,接続 (これらのコントローラが接続されている HBA) に関して,ユニットで ACL が有効として設定されている場合は,それぞれの HBA からはこれらの対応するユニットだけが参照できます。

ACL を有効にした後,(CLI または MSA$UTIL から) これらのコントローラ上でユニットを作成した場合,これらのユニットを参照可能とするためには,明示的に ACL を設定する必要があります。


形式

SHOW UNITS ユニット番号 / 修飾子


パラメータ



ユニット番号

ユニット番号の範囲は 0 〜 31 です。

修飾子



/BRIEF

ユニットに関する情報を表示します。

/FULL

ユニット情報に加え,ユニットの物理構成情報を表示します。

/VERBOSE

技術的な詳細ログを表示します。

#1

MSA> SHOW UNIT 0/FULL 
MSA> SHOW UNIT 1/BRIEF 

これらのコマンドは,ユニット情報に加えて,ユニットの物理構成を表示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項