日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


目次 索引

ADD UNIT

ユニット (1 つ以上のハード・ドライブからなる論理ストレージ・ユニット) を作成します。

形式

ADD UNIT ユニット番号 / 修飾子


パラメータ



ユニット番号

ユニット番号の範囲は 0 〜 31 です。

注意

以下のすべての修飾子は, 2 つ以上組み合わせて使用することはできません。


修飾子



/ADG

ユニットの RAID タイプとして Advanced Data Guard (ADG) を指定します。

/DISK

ユニットを構成するために使用するディスクの番号を指定します。複数のディスクを指定する場合は括弧で囲みます。次の形式で指定します。


/DISK=(ディスク番号[,...]) 



/IDENTIFIER

ユニットのユーザ定義の ID です。この ID は,OpenVMS によって,デバイスに名前を付けるために使用されます。 ID n の値の範囲は 1 〜 9999 です。次の形式で指定します。


/IDENTIFIER= n 

注意

/IDENTIFIER 修飾子は,Smart Array コントローラでは不要です。



/JBOD

RAID タイプとして JBOD を指定します。 RAID 0 と同じです。

/PARTITION

特定のユニットで使用するパーティション番号を指定します。ディスクまたはディスク・グループ上に最初に作成されるユニットには,自動的にパーティション番号 0 が割り当てられます。このディスクまたはディスク・グループ上にこの後作成するユニットは,順番にパーティション番号を付けて作成する必要があります。次の形式で指定します。


/PARTITION=(パーティション番号) 



/RAID_LEVEL

ユニットの RAID タイプを指定します。この修飾子でサポートされる値は 0 (データ・ストライプ), 1 (データ・ミラー),および 5 (ストライプ・パリティ付きデータ・ストライプ) です。

次の形式で指定します。


/RAID=[(0 | 1 | 5)] 



/SIZE

ユニットのサイズを指定します。サイズ修飾子を指定しないと,サイズはデフォルトで RAID レベルに応じたディスクの最大容量になります。次に例を示します。


/SIZE=#(GB | MB | KB | %) 



/SPARE

予備ディスクとして使用するディスクの番号を指定します。複数のディスクを指定する場合は括弧で囲みます。ドライブ・グループ内のユニットに予備ディスクを割り当てると,予備ディスクは,ドライブ・グループ内の構成済みユニットのすべてに割り当てられます。

予備ディスクが割り当てられているディスク・グループ上にユニットを作成すると,新しいユニットに予備ディスクが構成されます (RAID 0 ユニットでない場合)。 1 つの予備ディスクを複数のドライブ・グループに割り当てることができます。

予備ディスクのサイズが,ドライブ・グループ内の最も小さいドライブのサイズ以上であることを確認してください。次の形式で指定します。


/SPARE=(ディスク番号[,...]) 



/STRIPE_SIZE

特定の RAID ボリュームのストライプ・サイズを指定します。ストライプ・サイズの値は,8,16,32,64,128, 256 のいずれかでなければなりません。 RAID 5 と ADG のストライプ・サイズは,最大 64 KB に制限されます。 RAID 0 と RAID 1 のデフォルトのストライプ・サイズは 128 KB です。 RAID 5 と ADG のデフォルトのストライプ・サイズは 16 KB です。次の形式で指定します。


/STRIPE_SIZE=(ストライプ・サイズ) 



/VERBOSE

技術的な詳細ログを表示します。

#1

MSA> ADD UNIT 2 

このコマンドはユニット 2 を作成します。

#2

MSA> ADD UNIT 3/ID=1003/DISK=103/JBOD/PARTITION=0/SIZE=8GB 
MSA> ADD UNIT 4/ID=1004/DISK=103/JBOD/PARTITION=1/SIZE=10GB 
MSA> ADD UNIT 5/ID=1005/DISK=103/JBOD/PARTITION=2/SIZE=8GB 

これらのコマンドは,ディスク 103 上に 3 つのユニットを作成します。パーティション番号は,同じディスクまたはディスク・グループ上でシーケンシャルに指定している点に注意してください。

#3

MSA> ADD UNIT 3/ID=1003/DISK=103/JBOD/PARTITION=0/SIZE=8GB 
MSA> ADD UNIT 4/ID=1004/DISK=103/JBOD/PARTITION=2/SIZE=10GB 

このコマンド・シーケンスでは,このディスク上にパーティション番号 1 のユニットがないと仮定しています。ユニットにパーティション番号 2 を割り当てており,割り当てがシーケンシャルでないため,ユニット 4 の作成は失敗します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項