日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


目次 索引

第 5 章
製品のディレクトリ

この章では,OpenVMS Version 8.3-1H1 メディア・キットに関して以下の情報を説明します。

  • インストール情報の参照先

  • OpenVMS Version 8.3-1H1 Operating Environment DVD のディレクトリ構造

  • OpenVMS Freeware CD と関連情報の参照先

  • OpenVMS キットのいずれにも含まれていない各種のオープン・ソース・プロジェクト・ソフトウェアの OpenVMS 版が収録されている OpenVMS Open Source Tools CD

  • 製品のライセンス方式

  • ドキュメント



5.1 OpenVMS I64 オペレーティング環境

ここでは,OpenVMS I64 OE DVD 上で OpenVMS I64 オペレーティング環境 (OE) が格納されている場所について説明し,その DVD で提供されるすべての製品の名前と場所をリストします。

OpenVMS Version 8.3-1H1 OE のインストール方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。また,OpenVMS I64 オペレーティング環境をインストールする前に,本書内の注意事項と『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート[翻訳版]』に目を通しておいてください。また,本書に含まれていない最新の情報については,『日本語 HP OpenVMS for Integrity Servers Version 8.3-1H1 をご使用のお客様へ』を参照してください。

5.1.1 OpenVMS I64 Operating Environment DVD のディレクトリ

最上位のディレクトリ名とそこに含まれるコンポーネントの内容を 表 5-1 に示します。

表 5-1 OpenVMS I64 Operating Environment DVD のディレクトリ構造
ディレクトリ ファイル名/内容
[.AVAILMAN_I640301] Availablity Manager Version 3.1
[.VMSI18N_I640821] C/C++ I18N
[.CDSA_I64023] CDSA Version 2.3
[.CSWS_JAVA_I64030] CSWS_JAVA Version 3.0
[.CSWS_PERL_I64021] CSWS_PERL Version 2.1
[.CSWS_PHP_I64013] CSWS_PHP Version 1.3
[.DCE_I64032] DCE Version 3.2
[.DCPS_026] DCPS Version 2.6
[.DECNET_PHASE_IV_I640831H1] DECnet Phase IV Version 8.3-1H1
[.DECNET_PLUS_I640831H1] DECnet-Plus Version 8.3-1H1
FTAM,OSAK および VTを含む
[.DISTNETBEANS_I640111] Distributed NetBeans Version 1.1
[.DWMOTIF_I64016] DECwindows Motif Version 1.6
[.ENTERPRISE_DIR_I64055ECO1] Enterprise Directory Version 5.5ECO1
[.JAVA_I6401502] Java tm Version 1.5.0-2
[.KERBEROS_I64031] Kerberos Version 3.1
[.MGMTAGENTS_I64034] Management Agents Version 3.4
[.NETBEANS_I64036] NetBeans Version 3.6
[.OVPA_I64040] OpenView Performance Agent Version 4.0
[.PERL_I640586] Perl Version 5.8-6
[.PPU_I64080] Pay per use Version 8.0
[.RTR_I64051] Reliable Transaction Router Version 5.1
[.SWB_I6401713] Secure Web Browser Version 1.7--13
[.SWS_I640211] Secure Web Server Version 2.11
[.SOAP_020] SOAP Toolkit Version 2.0
[.SSL_I64013] SSL Version 1.3
[.TCPIP_I64056] TCP/IP Services for OpenVMS Version 5.6 ECO2
[.TDC_I64023] The Performance Data Collector (formerly, The Data Collector) Version 2.3-1
[.TDC_RT_I64023 The Performance Data Collector Runtime Version 2.3-1
[.UDDI_010A] UDDI4J Version 1.0A
[.VMSI18N_I640831H1] OpenVMS Version 8.3-1H1 I18N
[.WBEMCIM_I64] WBEM ServicesVersion 2.6--1
[.WBEM_PROVIDERS] WBEM Providers Version 1.5-31
[.WSIT_I64012] Web Services Integration Toolkit Version 1.2
[.XMLC_I64020] XML C Technology Version 2.0
[.XMLJ_020] XML Java Technology Version 2.0
[.I640831H1.DOCUMENTATION] TXT 形式のドキュメント



5.2 OpenVMS Freeware CD のディレクトリ

OpenVMS Version 8.3-1H1 メディア・キットには,3 枚の OpenVMS Freeware CD が含まれています。 Freeware CD にはサポート・サービスが提供されない各種のソフトウェア・ツールやユーティリティ,および一般に普及しているオープン・ソース・パッケージの OpenVMS 版が収録されています。これらのパッケージはテクニカル,エンジニアリング,教育などの各種の分野で役に立ちます。

個々のフリーウェア・パッケージに関する情報は,該当する FREEWARE_README.TXT ファイルを参照してください。このファイルにアクセスするには,該当する CD を CD ドライブに挿入し,マウントした Freeware ボリュームに応じて適切なコマンドを実行します。以下に示した MOUNT コマンドでは,ddcu: 指定は,ご使用の OpenVMS システムにある特定の CD デバイスまたは DVD デバイスのデバイス名を表わしています。


$ MOUNT/OVERRIDE ddcu:
$ TYPE ddcu: [FREEWARE_README.TXT 

該当する CD がマウントできたら,標準の DCL コマンド (たとえば, DIRECTORY コマンド) を使って,CD の内容とディレクトリ構造を表示することができます。あるいは,対象とするボリュームに応じて適切なコマンドを実行して, Freeware メニュー・システムを起動することもできます。 CD ラベルに記述されているマウント・コマンドを参照してください。

パッケージ固有のライセンス情報および関連情報は,個々のパッケージで調べてください。

これらのパッケージと旧版の Freeware ディストリビューションのパッケージのコピー,今後の Freeware ディストリビューションの提供予定情報,今回の Freeware ディストリビューションのアップデート情報は,次の Web サイトから入手できます。


http://www.hp.com/go/openvms/freeware 



5.3 Open Source Tools CD

Open Source Tools CD は OpenVMS の技術者によって OpenVMS に移植されたオープン・ソース・ツールを集めたものです。これらのオープン・ソース・ツールは GNU Lesser General Public License の条項に基づいてフリー・ソフトウェアとして提供されます。ユーザは Free Software Foundation Version 2.1 of the License によって公開されている GNU Lesser General Public License の条項に基づいて,再配布や変更を行うことができます。

弊社では,このライブラリが役に立つものと期待して配布しています。ただし,弊社ではこれらのツールを使用した結果に関する保証はしていません。特殊目的に対する市場性,適合性などについても,一切の保証をいたしかねます。詳細は,Open Source Tools CD の GNV キット・ディレクトリにある GNU Lesser General Public License を参照してください。

Open Source Tools CD には,以下のコンポーネントが収録されています。

  • GNV---オープン・ソース,GNU ベースの OpenVMS 用 UNIX 環境です。 UNIX のアプリケーション開発者,システム・マネージャ,ユーザに, UNIX スタイルの環境を提供します。これを使うと,ソフトウェアの開発や UNIX ソフトウェアの OpenVMS へのポーティングが容易になります (GNU は UNIX に似たオペレーティング・システムで,フリー・ソフトウェアです)。 GNV は,UNIX に似たシェル (コマンド行インタプリタ) 環境と,通常 UNIX システムが備えている C ランタイム・ライブラリ (CRTL) の実用的な補助ライブラリを提供します。 GNV で使用されているシェルは bash です (Bourne-Again SHell, GNU が開発,POSIX.2 仕様に準拠)。 Open Source Tools CD には,OpenVMS Alpha 用と OpenVMS I64 用の 2 種類の GNV キットが収録されています。

  • IAS (Intel Itanium Assembler/Deassembler)---Intel が提供しているオープン・ソース Itanium アセンブラの OpenVMS I64 版です。これを使用すると,ローレベルの Itanium アセンブラ・コードが記述できます。このアセンブラにはいくつかの機能が追加され,OpenVMS I64 での実用性が向上しています。新機能に関する補足情報とアセンブラの使用方法はキットに付属しています。

  • STUNNEL---OpenVMS システムから別のコンピュータへの SSL (Secure Sockets Layer) 接続内で,任意の TCP 接続を暗号化するためのプログラムです。 Stunnel を使用すると,SSL 対応でないアプリケーション (たとえば,Telnet,IMAP,LDAP) もセキュアにすることができます。このとき,オリジナルのアプリケーションを変更することなく,暗号化機能を組み込むことができます。イメージとソースの両方が用意されています。

Open Source Tools CD には,以下のソフトウェアも収録されています。

  • SSL (Secure Sockets Layer) のソース---OpenVMS Version 8.3-1H1 に,オプションのレイヤード・プロダクトとして含まれています。 CD には,OpenVMS 版の SSL Version 1.2 のソースが収められています。

  • CD-Record のソース---OpenVMS Version 8.3-1H1 の一部として組み込まれています。 CD レコード・イメージを作成するために使用するフル・ソース・キットが提供されています。

  • GnuPG (GNU Privacy Guard)---セキュアな通信とデータ・ストレージのための GNU ツールです。データを暗号化したり,デジタル署名を作成するために使用できます。 GnuPG には高度な鍵管理機能が含まれています。 GnuPG は PGP の完全な代替品で無償です。特許が認められた IDEA アルゴリズムを使用していないため,制限なしで使用することができます。 GnuPG は RFC 2440 (OpenPGP) に準拠したアプリケーションです。

  • CDSA (Common Data Security Architecture) のソース--- OpenVMS Version 8.3-1H1 の一部として組み込まれています。 CD には CDSA for OpenVMS Version 2.3 を作成するために使用されたフル・ソース・キットが収められています。

  • Kerberos のソース---OpenVMS Version 8.3-1H1 の一部として組み込まれています。 CD には Kerberos for OpenVMS Version 2.1 を作成するために使用されたフル・キットが収められています。

  • GTK+---GUI を作成するための,オープン・ソースのフリー・ソフトウェア・ライブラリです。

  • libIDL---IDL コンパイラ用のライブラリで,CORBA Interface Definition Language (IDL) ファイルのツリーを作成するために使用する,オープン・ソースのフリー・ソフトウェア・ライブラリです。

  • [.000TOOLS] ディレクトリにあるフリーウェア・ツールの tar と zip。



5.3.1 Open Source Tools CD のディレクトリ

OpenVMS Open Source Tools CD の内容とディレクトリを 表 5-2 に示します。

表 5-2 OpenVMS Open Source Tools CD
製品 ディレクトリ
CD-Record Sources [.CDRECORD_SOURCE]
CDSA Sources [.CDSA_SOURCE]
解凍 (unzip) その他のツール [.000TOOLS]
GnuPG [.GNUPG]
GNV for I64 [.GNV_I64]
GTK+ [.GTK]
IAS (Intel Assembler Source) [.IAS]
Kerberos Sources [.KERBEROS_SOURCE]
libIDL [.LIBIDL]
SSL Sources [.SSL_SOURCE]
Stunnel [.STUNNEL]

最新のリストについては,OpenVMS Open Source Tools の Web サイトを参照してください。


http://h71000.www7.hp.com/opensource/opensource.html 



5.4 製品のライセンス方式

OpenVMS I64 メディアに収められているソフトウェアは,弊社に帰属します。ソフトウェアの使用は,各製品のソフトウェア・ライセンスを弊社から取得している場合に限り認められます。

LMF (License Management Facility) の PAK (Product Authorization Key) によって,ソフトウェア製品の使用が認められます。この CD から関連ソフトウェアをインストールする前に,PAK を登録してロードする必要があります。PAK を取得するには,弊社のサポート担当,または弊社の各支店/営業所にお問い合わせください。

OpenVMS I64 のライセンス方式は,OpenVMS オペレーティング・システムといくつかのレイヤード・プロダクトが,オペレーティング環境として提供されるという点で, OpenVMS Alpha のライセンス方式とは異なります。オペレーティング環境には,Foundation Operating Environment (FOE), Enterprise Operating Environment (EOE),それに近日中に提供が開始される Mission Critical Operating Environment (MCOE) があります。 EOE は FOE の内容を完全に含み,他にいくつかのレイヤード・プロダクトが追加されています。 MCOE は EOE の内容を完全に含み,他に OpenVMS Cluster と Reliable Transaction Router (RTR) が追加される予定です。

FOE のライセンスと追加レイヤード・プロダクトのライセンスを購入することができます。あるいは必要なレイヤード・プロダクトに応じて,EOE または MCOE を選択することもできます。オペレーティング環境とその内容についての詳細は,次の Web サイトにある『HP Operating Environments for OpenVMS Industry Standard 64 Version 8.3-1H1 for Integrity Servers SPD』を参照してください。


http://www.hp.com/go/spd 



5.5 OpenVMS Version 8.3-1H1 のドキュメント

OpenVMS Version 8.3-1H1 のドキュメントは,OpenVMS Version 8.3 で提供されたマニュアルに,それを補足する Version 8.3-1H1 用のマニュアルで構成されています。これらのマニュアルには Version 8.3-1H1 をインストールして使用するために必要な新しい情報が説明されています。

OpenVMS Version 8.3-1H1 メディア・キットには,以下のリリース・ドキュメントが含まれています。

  • ハードコピー・ドキュメント

    • 『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』

    • 『HP OpenVMS V8.3-1H1 新機能およびリリース・ノート』

    • HP OpenVMS Version 8.3-1H1 Integrity Server のカバー・レター

    • 『日本語 HP OpenVMS Version 8.3-1H1 インストレーション・ガイド』

    • 『日本語 HP OpenVMS Version 8.3-1H1 リリース・ノート』

    • 『日本語 HP OpenVMS Version 8.3-1H1 CD/DVDユーザーズ・ノート』

    • 『OpenVMS License Management Utility Manual』

  • オンライン・ドキュメント

    • Online Documentation Library for HP OpenVMS I64 and Microsoft Windows Platforms CD

    • 日本語 HP OpenVMS V8.3-1H1 ドキュメント CD

ドキュメント・セット内のすべてのドキュメントが各リリースに合わせて改訂されるわけではないことに注意してください。通常,新しいリリースにはいくつかの新規ドキュメントと改訂されたドキュメントが含まれ,残りは旧リリースのままのドキュメントが含まれます。たとえば,OpenVMS Version 8.3-1H1 セットには,いくつかの新規ドキュメントと改訂されたドキュメントが含まれ,そして残りのドキュメントは旧リリースのままになっています。各セット内のドキュメントが,利用可能な最新のバージョンです。

また,すべてのドキュメントは,HP OpenVMS Systems Documentation Web サイトから入手できます。


//www.hpe.com/jp/openvms 
http://www.hp.com/go/openvms/doc/ 


索引 目次

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項