日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:新機能
第 3 章:リリース・ノート
第 4 章:MSAユーティリティ
第 5 章:製品のディレクトリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3-1H1 for Integrity Servers
新機能およびリリース・ノート


目次 索引

第 1 章
はじめに

この章では,HP OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers の概要と,Version 8.3-1H1 のインストールまたはアップグレードを行う前に知っておくべき内容について説明します。

OpenVMS Version 8.3-1H1 のインストールまたはアップグレードを行う前に,以下のドキュメントを読むことをお勧めします。

  • 『HP OpenVMS V8.3-1H1 新機能およびリリース・ノート』 (本書)

  • 『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』

  • 『日本語 HP OpenVMS for Integrity Servers Version 8.3-1H1 をご使用のお客様へ』

  • 『日本語 HP OpenVMS V8.3-1H1 リリース・ノート』

  • 『日本語 HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド』

  • 『HP OpenVMS V8.3 リリース・ノート[翻訳版]』



1.1 OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers の概要

OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers (OpenVMS I64 とも呼ばれる) は,OpenVMS Version 8.3 for Integrity Servers の後継リリースです。 OpenVMS Version 8.3-1H1 には従来の機能はすべて含まれ,その他に新機能とハードウェア・サポートが追加されています。

主な新機能は,以下のとおりです。

  • HP BladeSystem c-Class のサポート
    HP BladeSystem c-Class のサポートに伴い,弊社ではサーバ・ブレードの改良を行いました。これには,Integrity サーバ・ブレードと Proliant サーバー・ブレードだけでなく,ストレージ・ブレードとエンクロージャ,および電源と冷却システムの改良も含まれています。
    サーバ・ブレードでは,モジュラ・アーキテクチャが採用されています。そのため,お客様のコンピューティング・ニーズに合わせて各モジュールをエンクロージャに追加することができます。
    エンクロージャは,以下のようなモジュールを収容するための金属製の筐体です。

    • サーバ・ブレード

    • 電源装置

    • ファン

    • ストレージ・ブレード

    • オンボード・アドミニストレータ

    • インターコネクト・モジュール


    新しいブレード・システムは,以下の 3 つの点で TCO を削減するように設計されています。

    • 消費電力の削減

    • 構成と設置スペース

    • 容易なシステム管理

  • 最新の Itanium デュアルコア・プロセッサのサポート
    本リリースでは,最新の Intel Itanium 9100 ベース・システムをサポートします。

  • Virtual Connect のサポート
    Virtual Connect は,HP BladeSystem c-Class エンクロージャ用の一連のインターコネクト・モジュールと組み込みソフトウェアです。 Virtual Connect により,サーバ接続のセットアップと管理が容易になります。 HP Virtual Connect には,HP 1/10Gb Virtual Connect Ethernet Module for HP BladeSystem c-Class,HP 4Gb Virtual Connect Fibre Channel Module for HP BladesSystem c-Class,および HP Virtual Connect Manager が含まれます。
    詳細は,次の情報を参照してください。


    http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00865618/c00865618.pdf 
    

  • iSCSI Initiator のサポート
    iSCSI は,Internet Engineering Task Force (IETF) により開発された,インターネット・プロトコル・ベースの新しいストレージ・インターコネクト標準です。 Fibre Channel と同様に,SCSI プロトコルを特定のトランスポート・メカニズムにマッピングするために開発された標準の 1 つです。

  • プロビジョニング,プロバイダ,WBEM インフラストラクチャなどのシステム管理機能
    HP Systems Insight Manager (HP SIM) は, Windows がインストールされた Proliant サーバ上で,管理サーバとして動作します。サポートされている任意の管理サーバ上で動作している HP SIM を使用して, OpenVMS を管理できます。
    OpenVMS でも以下の管理機能を利用することができ, HP-UX システムが動作するサーバ・ブレードの場合と同様に扱うことができます。

    • プロビジョニング
      プロビジョニングとは,BladeSystem を自動的に構成 (または再構成) することです。 HP SIM を Infoserver ユーティリティで提供されるネットワーク・サービスおよび TCP/IP Services for OpenVMS (BOOTP) と組み合わせて使用することにより,最大8台のサーバにインストールあるいはアップグレードを行うことができます。 HP SIM は,Integrity サーバのファームウェアで提供される vMedia 機能と組み合わせて使用することもできますが,この場合は,一度に OpenVMS をインストールあるいはアップグレードできるのは 1 台です。

    • WBEM インフラストラクチャ
      本リリースでは, Web Based Enterprise Management (WBEM) がサポートされます。このインフラストラクチャは,現在 OpenPegasus Version 2.5.0 をベースにしています。
      WBEM Services についての詳細は,OpenVMS V8.3-1H1 システムの sys$help:wbem_services*.release_notesを参照してください。

    • WBEM プロバイダ (Instance および Method)
      WBEM Services for OpenVMS Version 2.0 は, OpenVMS Version 8.3 のベース・オペレーティング・システムのコンポーネントです。 WBEM プロバイダには,オペレーティング・システム,コンピュータ・システム,プロセス,CPU,メモリ,ファン/電源装置,および,管理プロセッサ/エンクロージャに対応するものがあります。 HP SIM で管理するためには,お使いの Integrity サーバで HP WBEM (Web-Based Enterprise Management) Services for OpenVMS および HP WBEM Providers for OpenVMS が必要になります。詳細は,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。

  • サービス・サポート (WEBES)

  • High-Speed USB のサポート
    本リリースの OpenVMS には,rx3600/6600 システムと rx2660 システム,および将来のプラットフォームで USB 接続 DVD のデータ転送速度を高速化する High-Speed USB が含まれます。 High-Speed USB を使うと,これらの DVD から,従来の 10 倍以上の速さでデータを読み込めます。

    注意

    本リリースでは,ファームウェアがまだ High-Speed USB をサポートしていないため, DVD からのインストール時には,ブートの初期段階では USB 1.1 の速度に制限されます。オペレーティング・システムがデバイスの制御を行うようになるまでは,従来の速度で動作します。

    注意

    USB キーボード/マウスが使われているシステムでは,キーボードとマウスはシステムに直接接続し,High-Speed ハブには接続しないようにしてください。ハブが必要な場合には,Full-Speed ハブを使うことをお勧めします。キーボードやマウスのような Low-Speed デバイスを接続すると, High-Speed ハブの性能に悪影響を及ぼします。

  • vMedia のサポート
    vMedia は,現世代の管理プロセッサ・ハードウェアに含まれる,一連の仮想ディスク機能のうちの最初のものです。 vMedia をサポートした最初のプラットフォームは,rx3600 と rx6600 であり,その後 rx2660 でサポートされ,今回は c-Class ブレードでサポートされるようになりました。 vMedia は,2 つの主要なコンポーネント・ファームウェアで構成されます。 USB DVD をエミュレートする MP ハードウェア内のファームウェアと,リモート PC 上で PC のローカル CD/DVD ドライブの入出力を制御する Java コードです。
    vMedia は,組み込み DVD を持たないシステムでの初期システム・インストールや物理的に異なる場所にあるシステムでのリモート・インストールで使うことができます。またこれを使って,レイヤード・プロダクトを,リモートから,あるいは組み込み DVD を持たないシステムでインストールすることができます。

    注意

    vMedia は,DVD から直接インストールするのではなく, ISO ファイルを作成してインストールすることをお勧めします。

  • SAS (Serial Attached SCSI) テープ・ブレードのサポート
    OpenVMS Version 8.3-1H1 では,C-Class Integrity BladeSystem で HP Storageworks Ultrium 488c および Ultrium 920c テープ・ブレードをサポートします。

    注意

    SAS テープ装置は, Fibre Channel テープ装置を構成するのと同じ SYSMAN コマンドを使用して構成しなければなりません (すなわち SYSMAN IO FIND_WWID および SYSMAN IO AUTOCONFIGURE)。詳細は,『OpenVMS Cluster 構成ガイド』の 7.5 節を参照してください。

  • VGA コンソールのサポート
    本リリースでは,VGA ディスプレイと USB キーボード/マウスを使って Integrity システムをブートする方法がサポートされています。

    注意

    本リリースの VGA コンソール・サポートには,以下の制限があります。

    • 本リリースには,XDELTA サポートと対話型ブート・サポートは含まれていません。グラフィックス・デバイスをプライマリ・コンソールとし,そしてシリアル・ラインをセカンダリ・コンソールとして設定する必要があります。

    • 本リリースでは,VGA と Keyboard Video Mouse (KVM) 切替器の組み合せはテストされておらず,サポートされません。

    • VGA コンソールがサポートされるのは直接接続されたモニタだけであり, Integrated Lights-Out 2 (iLO 2) Web インタフェースで使用する VGA ディスプレイはサポートされません。

    • キーボードがハブに接続されているシステムで,VGA コンソールを使って vMedia または USB DVD からインストールすると,キーボードが設定されないことがあります。そのような状態になった場合には,キーボードが接続されているハブを一度外してから接続し直してください。このような状態になることは稀ですが,次回のリリースでは修正される予定です。

    • InfoServer からのインストール作業では,VGA コンソールはサポートされていません。

    • VGA コンソールを備えたシステムでは, SYSMAN IO AUTO コマンドを実行しないことをお勧めします。ミニマム・ブートあるいは SYSGEN パラメータ NOAUTOCONFIGURE を設定してブートを行った場合,デバイスを構成するには, /SELECT 修飾子を使用して 1 度に 1 つずつデバイスを構成することをお勧めします。この制限は将来のリリースで解消される予定です。

    • shutdown コマンド・プロシージャの実行時に "no reboot" を選択しても,システムはリブートされます。この制限は将来のリリースでは解消される予定です。システムのリブートを避けるには,以下のいずれかの対処を行います。

      • コンソールで待機し,省略時のブート・オプションが実行される前にシステムに割り込みます。

      • sys$manager 内の boot_options コマンド・プロシージャを使います。このプロシージャでは,以下の作業を行うことができます。

        • TIMEOUT に 0 (タイムアウトなし) または大きな値を設定して,リブートに割り込む時間に余裕を持たせます。

        • 最初のブート・オプションとして EFI Shell を設定します。

        • 実際にはシステムをブートしないブート・オプションを作成します。

  • インストール・ユーティリティ
    いずれの Itanium システムでも,インストール・ユーティリティでは Alpha イメージもインストールできます。特に複合アーキテクチャ環境では,システム管理者はこれを認識しておいて,間違ったイメージがインストールされることがないように注意する必要があります。
    OpenVMS V8.3 から INSTALL LIST コマンドは,既知のイメージのファイル名を表示するときに,Alpha のイメージには "A*" プレフィックスを付けるようになりました。

  • Smart Array P-800 Lite のサポート
    OpenVMS V8.3-1H1 は, Smart Array P-800 Lite P800 (AD335A) 16 ポート SAS RAID コントローラ PCI Express をサポートします。

  • 4-GB Fibre Channel PCIe アダプタのサポート
    OpenVMS Version 8.3-1H1 は, Emulex LPe11002 チップを搭載した 1 ポート 4Gb Fibre Channel アダプタ (AD299A) および 2 ポート 4-GB Fibre Channel アダプタ(AD355A) PCI Express をサポートします。

  • グレースフル・シャットダウン
    この機能を使うと, MP コンソールからグレースフル・シャットダウンを実行できます。 OpenVMS はシャットダウンを開始し, Primary halted with code HWRPB_HALT$K_POWEROFFと表示して終了します。その後は,プラットフォームに応じて,MP の動作が継続されたり,実際にシステムの電源が切断されます。

  • Edgeport/8 および EdgePort/416 Multiplexer のサポート
    InsideOut Networks (Digi International Company) 製の Edgeport/8 と Edgeport/416 (8 および 16 回線シリアル・マルチプレクサ) は,欧州連合の RoHS (有害物質の削減) 指令に従って置き換えられました。
    新デバイスの外観は旧デバイスと同じで,注文番号も同じです。ただし,旧デバイスでは ION930 チップが使われ,新デバイスでは TI (Texas Instruments) TUSB5152 チップが使われています。 TUSB5152 は従来の OpenVMS デバイス・ドライバと互換性がありません。新しいデバイス・ドライバでは,比較的透過的に新デバイスをサポートしています。
    新しいターミナル・デバイスの名前は TXD のままであり,性能と機能は旧 Edgeport デバイスと同等です。新旧の Edgeport デバイスは,同一システムに混在させることができます。ただし,Edgeport/416 のユーザは TXD デバイスの命名順序をチェックして,必要に応じて名前を変更する必要があります。

  • MSA Utility
    MSA Utility は,以下のコントローラの設定と管理で使われる OpenVMS システム管理ツールです。

    • ストレージ・ホスト・バス・アダプタの HP StorageWorks Smart Array ファミリ (5300 シリーズ,6400 シリーズ,P400,P800 Lite)

    • ストレージ・コントローラの HP StorageWorks Modular Smart Array ファミリ (MSA1000 と MSA1500)
      上記のコントローラには,HP StorageWorks Modular Smart Array ストレージ・アレイ・システムおよび Integrity Server の内蔵 SCSI ドライブまたは SAS ドライブを接続します。

    注意

    このユーティリティを使うためには,以下の特権が必要です。


     NETMBX,TMPMBX,SYSPRV,DIAGNOSE,PHY_IO 
    



1.2 HP ソフトウェア・テクニカル・サポートのポリシー

弊社との間で別途合意がない限り,弊社は, HP ソフトウェアの現行バージョンと直前のバージョンに対してのみ,かつソフトウェアが弊社指定の構成のハードウェアのもとで使われている場合に限って, HP サービスのサポートを提供します。バージョンは,新機能,改良,保守アップデートを含むソフトウェア製品がリリースされるたびに定義されます。

以上のガイドラインに従って,OpenVMS オペレーティング・システム・ソフトウェアの現行バージョン・レベルのサポート (Standard Support,すなわち SS) と直前のバージョンのサポート (PVS) が提供されます。 OpenVMS I64,OpenVMS Alpha,OpenVMS VAX の最新バージョンに対する現在のサポート・レベルは,次の Web サイトで常に更新されています。


http://www.hp.com/go/openvms/supportchart 

以下の OpenVMS コア製品は,出荷時のオペレーティング・システムと同じレベル (SS または PVS) と期間でサポートされます。

  • HP Advanced Server for OpenVMS

  • HP DECnet (Phase IV)

  • HP DECnet-Plus for OpenVMS

  • HP OpenVMS Cluster Client Software

  • HP OpenVMS Cluster Software for OpenVMS

  • HP RMS Journaling for OpenVMS

  • HP TCP/IP Services for OpenVMS

  • HP Volume Shadowing for OpenVMS

ただし以上の製品は,オペレーティング・システムのサポート契約には含まれていないので,個別のサポート契約が必要です。

1.3 一般的なアプリケーション互換性のポリシー

OpenVMS では,従来から,公開された API はすべての後継リリースでもサポートするというポリシーが守られています。公開された API を使っているアプリケーションでは,OpenVMS の新リリースをサポートするために変更が必要になることはありません。 API の中には,まれに "retired"になるものもあり,その場合はドキュメントから削除されますが,その API はドキュメント化されていないインタフェースとして OpenVMS システムには残されます。

1.4 パッチ・キットの取得方法

HP 製品のパッチ・キット (別名,修正キット) は, HP IT リソース・センタ (ITRC) からオンラインで入手できます。 ITRC パッチ・ダウンロード・サイトを利用するためには,ユーザ登録しログインする必要があります。登録はすべてのユーザに開放されており,サービス契約は不要です。以下の URL で登録とログインを行うことができます。


http://www2.itrc.hp.com/service/patch/mainPage.do 

FTP を使って,以下の場所にあるパッチにアクセスすることもできます。


ftp://ftp.itrc.hp.com/openvms_patches/i64/v83-1H1 



1.5 ネットワーク・ソフトウェア

OpenVMS では,お客様が使用するネットワーク・プロトコルを自由に選択できます。 DECnet または TCP/IP のいずれが必要な場合も,OpenVMS ではお客様のネットワークに最適なプロトコルまたはプロトコルの組み合わせを選択できます。 OpenVMS は,弊社製と他社製のネットワーキング製品のいずれでも動作します。

OpenVMS Version 8.3-1H1 のメイン・インストール手順を実行する際に,サポートされている以下の HP ネットワーキング・ソフトウェアの中から選択してインストールすることができます。

  • HP DECnet-Plus for OpenVMS または HP DECnet Phase IV for OpenVMS のいずれか (これら2 つの DECnet 製品は,システムに共存させることはできません)。
    DECnet-Plus には,DECnet Phase IV のすべての機能に加え, DECnet over TCP/IP または OSI プロトコルを動作させる機能が含まれています。
    DECnet Phase IV の標準サポートがお客様に提供されます。 Prior Version Support サービスについての詳細は, 第 1.2 節 を参照してください。

  • HP TCP/IP Services for OpenVMS Version 5.6 ECO2
    TCP/IP Services と DECnet は,同一システム内で共存できます。システムに HP DECnet-Plus for OpenVMS と TCP/IP Services をインストールすれば,TCP/IP ネットワーク上で DECnet アプリケーションまたは OSI アプリケーション,またはその双方を動作させることができます。 TCP/IP 上で DECnet を動作させる方法 (RFC 1859),および TCP/IP 上で OSI を動作させる方法 (RFC 1006) についての詳細は,『DECnet-Plus for OpenVMS Management Guide』を参照してください。

また,OpenVMS をインストールした後に,OpenVMS Version 8.3-1H1 で動作する他社製ネットワーキング製品をインストールすることもできます。

インストール後に HP ネットワーキング・ソフトウェアを設定して管理する方法についての詳細は,TCP/IP,DECnet-Plus, DECnet のマニュアルを参照してください。これらのマニュアルは,OpenVMS Documentation CD-ROM, Online Documentation Library CD,または以下の OpenVMS Documentation Web サイトでオンライン形式で利用できます。


http://h71000.www7.hp.com/doc/index.html 



1.6 Integrity サーバのシステム・イベント・ログ

HP Integrity サーバでは,システム・イベント・ログ (SEL) がシステム・コンソール・ストレージに保存されます。 OpenVMS I64 は SEL の内容を OpenVMS エラー・ログに自動的に転送します。コンソールで操作を行っている際に,正常なブート動作で, Baseboard Management Controller (BMC) の SEL が満杯になったことを示すメッセージが表示されることがあります。 BMC SEL が満杯になった場合でも,プロンプトに従えば安全に継続できます。 OpenVMS が自動的に SEL の内容を処理して消去するからです。

1.7 Integrity サーバのファームウェア

OpenVMS I64 Version 8.3-1H1 は,サポートされる各 Integrity サーバの最新のファームウェアでテストされています。

エントリ・クラスの Integrity サーバの場合には,最新のシステム・ファームウェアを使うことをお勧めします。エントリ・クラスの Integrity サーバでシステム・ファームウェアをアップデートする方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください (rx7620,rx8620,Superdome サーバの場合には, HP カスタマ・サポートに連絡して,ファームウェアのアップデートを依頼してください)。

表 1-1 に,エントリ・クラス Integrity サーバの推奨ファームウェア・バージョンをリストします。

表 1-1 エントリ・クラス Integrity サーバのファームウェア・バージョン
システム システム・
ファームウェア
BMC
ファームウェア
MP
ファームウェア
DHCP
ファームウェア
rx1600 4.27 4.01 E.03.30 N/A
rx1620 4.27 4.01 E.03.30 N/A
rx2600 2.31 1.53 E.03.30 N/A
rx2620 4.27 4.04 E.03.30 N/A
rx4640 4.28 4.04 E.03.30 1.10
rx2660* 1.05 5.06 F.01.58 N/A
rx3600* 2.03 5.14 F.01.58 N/A
rx6600* 2.03 5.14 F.01.58 N/A

* Intel Itanium 9100 プロセッサを搭載した rx2660,rx3600,あるいは rx6600 では,上記の各ファームウェア・バージョンの次またはそれ以降のバージョンのファームウェアが必要です。

セル・ベース・サーバの場合には,MP コマンド・メニューにアクセスして sysrev コマンドを実行し, MP ファームウェアのリビジョン・レベルをリストする必要があります。 sysrev コマンドは, MPを備えたすべての HP Integrity サーバで実行できます。 EFI の info fw コマンドでは,セル・ベースの Integrity サーバの管理プロセッサ (MP) ファームウェア・バージョンは表示されないことに注意してください。

MP を備えていないエントリ・クラスの Integrity サーバでファームウェア・バージョンをチェックするには,EFI プロンプトで info fwコマンドを使います。以下に例を示します。


Shell> info fw 
 
FIRMWARE INFORMATION 
 
   Firmware Revision: 2.13 [4412]          (1)
 
   PAL_A Revision: 7.31/5.37 
   PAL_B Revision: 5.65 
   HI Revision: 1.02 
 
   SAL Spec Revision: 3.01 
   SAL_A Revision: 2.00 
   SAL_B Revision: 2.13 
 
   EFI Spec Revision: 1.10 
   EFI Intel Drop Revision: 14.61 
   EFI Build Revision: 2.10 
 
   POSSE Revision: 0.10 
 
   ACPI Revision: 7.00 
 
   BMC Revision: 2.35                       (2)
   IPMI Revision: 1.00 
   SMBIOS Revision: 2.3.2a 
   Management Processor Revision: E.02.29   (3)
 

  1. システム・ファームウェアのリビジョンは 2.13 です。

  2. BMC ファームウェアのリビジョンは 2.35 です。

  3. MP ファームウェアのリビジョンは E.02.29 です。

HP Integrity rx4640 サーバには,アップグレード可能なファームウェアを備えたデュアル・ホットプラグ・コントローラ (DHPC) ハードウェアが含まれています。現在の DHPC ファームウェアのバージョンをチェックするには,以下の例に示すように,EFI コマンド info chiprev を実行します。ホットプラグ・コントローラのバージョンが表示されます。 0100 という表示は,バージョン 1.0 を示します。 0110 という表示は,バージョン 1.1 を示します。


Shell> info chiprev 
 
CHIP REVISION INFORMATION 
 
   Chip                  Logical     Device       Chip 
   Type                     ID         ID       Revision 
   -------------------   -------     ------     -------- 
   Memory Controller         0       122b         0023 
   Root Bridge               0       1229         0023 
     Host Bridge          0000       122e         0032 
     Host Bridge          0001       122e         0032 
     Host Bridge          0002       122e         0032 
     Host Bridge          0004       122e         0032 
      HotPlug Controller     0          0         0110  
     Host Bridge          0005       122e         0032 
      HotPlug Controller     0          0         0110 
     Host Bridge          0006       122e         0032 
     Other Bridge            0          0         0002 
       Other Bridge          0          0         0008 
         Baseboard MC        0          0         0235 

EFI にアクセスして使用する方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。詳細は,サーバに付属しているハードウェア・マニュアルを参照してください。

エントリ・クラスの Integrity サーバのファームウェアをアップグレードする方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。 rx7620,rx8620,Superdomeのファームウェアをアップグレードする場合には, HP カスタマ・サポートに連絡してください。

1.8 システム・ブートに関する注意事項

以降の注意事項は,OpenVMS I64 システムのブートに関するものです。

1.8.1 インストール DVD からのブート

サポートされる最小容量のメモリしか備えていない I64 システムでは,インストール DVD からブートすると,以下のメッセージが表示されます。


********* XFC-W-MemmgtInit Misconfigure Detected ******** 
XFC-E-MemMisconfigure MPW_HILIM + FREEGOAL > Physical Memory and no reserved memory for XFC 
XFC-I-RECONFIG Setting MPW$GL_HILIM to no more than 25% of physical memory XFC-I-RECONFIG 
Setting FREEGOAL to no more than 10% of physical memory 
********* XFC-W-MemMisconfigure AUTOGEN should be run to correct configuration ******** 
********* XFC-I-MemmgtInit Bootstrap continuing ******** 

このメッセージは,システム・キャッシュ (XFC) の初期化で SYSGEN パラメータ MPW_HILIM と FREEGOAL が正しく調整できたので,インストール時にキャッシュが効率的に使用できるようになったことを意味しています。したがって,インストールはそのまま続行できます。

1.8.2 I64 システムのリブートのセットアップ

OpenVMS I64 システムは,ユーザが EFI または OpenVMS I64 Boot Manager ユーティリティを使って,自動的にリブートするようにセットアップしない限り,自動的なリブートは行なわれません。

自動的にリブートするように I64 システムをセットアップする方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。

1.8.3 共通クラスタ・システム・ディスクを使ったブート

共通クラスタ・システム・ディスクを使ってブートする追加ノードの構成には,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』で説明している CLUSTER_CONFIG_LAN ユーティリティを使用します。

I64 Boot Manager Boot Options Management Utility についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照してください。

1.8.4 Fibre Channel ストレージ・デバイスからのブート

多くのお客様は,Fibre Channel (FC) ストレージ・デバイスからのブートを好みます。これは,速度が速いことと, SAN 内の共通クラスタ・システム・ディスクとして使用できるからです。 OpenVMS I64 システムでの FC ストレージ・デバイスからのブートは, OpenVMS Alpha システムでのそれとは大きく異なります。

OpenVMS I64 システムにおける FC デバイスの設定とブート方法につていは,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』の「Fibre Channel」の付録を参照してください。

1.8.5 OpenVMS I64 Boot Manager Utility: マルチパス Fibre Channel ディスク・デバイスの追加

OpenVMS Boot Manager ユーティリティ BOOT_OPTIONS.COM を使うと, SAN 内のブート/ダンプ・デバイスのリストを指定できます。このリストにマルチパス Fibre Channel ディスク・デバイスを追加すると, SAN 内で検出される冗長パスを含む,デバイスへのすべてのパスがリストされます。

1.8.6 Fibre Channel ブート・ディスク: 簡略化されたセットアップ・プロセス

OpenVMS I64 Version 8.3-1H1 の Fibre Channel ブート・デバイスのセットアップ・プロセスでは,OpenVMS I64 Boot Manager である BOOT_OPTIONS.COM を使って EFI Boot Manager に値を指定する必要があります。このプロセスは,OpenVMS I64 Version 8.2--1 のインストール・プロセスでは自動化されましたが,必要な場合には,マニュアル・プロセスもこれまでどおり利用できます。

OpenVMS I64 Version 8.3-1H1 のインストール・プロセスでは, Fibre Channel ディスクの名前がブート・デバイスとして表示され,ブート・オプションに追加するかどうかが尋ねられます。このデフォルトの設定を受け入れることをお勧めします。あるいは,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』で説明しているように,インストールまたはアップデートが完了した後に, OpenVMS I64 Boot Manager を実行することもできます。

注意

システムが,rx1600,rx2600,rx4600 ファミリのサーバで, Fibre Channel ブート・デバイスが EFI ブート・メニューに表示されていない場合には,SAN 全体がスキャンされるため, EFI の初期化に遅れが生じます。

SAN の規模に応じて,この遅延は数秒から数分になります。セル・ベース・システム (rx7620,rx8620,Superdome ファミリのサーバ) では,この遅延の影響はありません。この遅延は,どの OpenVMS I64 システムでも,初めてインストール DVD から OpenVMS をブートするときに生じます。

Fibre Channel ブート・デバイスからブートしたり, Fibre Channel アダプタのファームウェアをアップデートする方法については,『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。

1.9 HP DECwindows Motif

以下の注意事項が,OpenVMS I64 システム上の DECwindows Motif に適用されます。

1.9.1 サーバのスタートアップに先立って周辺デバイスを接続する

システムを DECwindows X ディスプレイ・サーバとして正しく構成するためには,以下の周辺コンポーネントはスタートアップ前にすべて接続しておく必要があります。

  • モニタ

  • USB マウス

  • USB キーボード

前もって接続しておかないと,サーバ・システムはデバイスの初期化プロセスを正常に完了できません。たとえば,入力デバイスなしでサーバ・システムをスタートアップすると,画面に何も表示されず,DECwindows が起動されません。

この問題に対処するには,すべての周辺デバイスを接続します。そしてサーバを再起動します。つまり,システムをリブートします。キーボードとマウスはそれぞれ 1 つしかサポートされません。 DECwindows が検出して使用できる周辺デバイスは, SHOW DEVICE KDB コマンドと SHOW DEVICE MOU コマンドで, KBD0 および MOU0 と表示されるデバイスだけです。

1.9.2 スタートアップ時に表示されるカウントダウン・メッセージ

DECwindows Motif をクライアント専用モード (サーバは未設定,またはマウスやキーボードは未接続) で実行すると,スタートアップ時に次のようなメッセージが表示されます。


Waiting for mouse... 
Waiting for keyboard... 

このメッセージは,デバイスのポーリングが進行中であることを示す情報メッセージです。このメッセージは,15 秒のカウントダウンが終了すると消えます。このメッセージは,通常,内蔵グラフィックスを Server Management Option の一部として含み,キーボードとマウスが接続されていないサーバで表示されます。

メッセージの表示と 15 秒間の遅延を避けるには,スタートアップに先立って,システムに入力デバイス (USB マウスと USB キーボード) を接続します。

システムでローカル・グラフィックスを使う予定がなければ, SYSTARTUP_VMS.COM に次のような論理名を定義します。


$ DEFINE/SYSTEM DECW$IGNORE_WORKSTATION TRUE 

これにより,DECwindows のスタートアップでのローカル・グラフィックスの起動が抑制できます。

1.9.3 オプションのグラフィックス

エントリ・クラスの Integrity サーバでは,ATI Radeon 7500 PCI オプション (HP 部品番号 AB551A) の 2D マルチヘッド動作と 3D 動作がサポートされます。構成と使用方法については,このデバイスのインストール・ガイドまたは Quickspecs を参照してください。

1.9.4 キーボード・サポート

OpenVMS USB キーボード (HP 部品番号 AB552A) は, DECwindows グラフィックスをサポートするすべての Integrity システムでサポートされます。このキーボードには,サムホイール付きの 3 ボタン・マウスが付属しています。

1.9.5 ファームウェアのアップデートとキーボード

OpenVMS Version 8.3-1H1 にアップデートする前にシステムのファームウェアをアップデートすると,システムに複数のキーボードが存在すると認識されることがあります。このような状態になると,DECWindows が起動できなくなったり,キーボードを使用できなくなります。この問題は,rx2660,rx3600,rx6600,BL860c システムで発生します。

この問題を解決するには,OpenVMS Version 8.3-1H1 をインストールしてから SYS$SPECIFIC:[SYSEXE]USB$UCM_DEVICES.DAT のすべてのコピーを削除します。

注意

SYS$COMMON:[SYSEXE]USB$UCM_DEVICES.DAT を削除しないように注意してください。新しいファームウェアでは,現在サポートされていない vKVM ハードウェア内のキーボードが,OpenVMS から見えるようになります。 OpenVMS Version 8.3-1H1 には,表に現れないキーボードを無視するコードが組み込まれていますが,このコードは OpenVMS Version 8.3 にはありません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡