日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3-1H1
ライブラリ

タイトル/まえがき
目次
第 1 章:インストールの準備
第 2 章:インストール手順
第 3 章:検証
第 4 章:インストレーション後の作業
付録 A:インストール実行例
付録 B:XPG4ロケールデータファイルのインストレーション
付録 C:IVPの出力例
付録 D:ファイル一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
V8.3-1H1 インストレーション・ガイド


目次 索引


第 1 章
インストールの準備

この章では,日本語 OpenVMS オペレーティング・システムのインストールを実行する前に理解しておきたい内容について説明します。

1.1 インストレーション・キット

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 のインストレーションに必要な各キットは, 表 1-1 に示すメディアに含まれています。

表 1-1 日本語 OpenVMS V8.3-1H1の配布メディア
キット メディア
標準版 OpenVMS 「HP OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers Operating Environment」DVD
日本語 OpenVMS 「HP Operating Environments Update for HP OpenVMS on HP Integrity Servers」DVD
VMSI18N キット 「HP OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers Operating Environment」DVD

日本語 OpenVMS のキットには,標準版 OpenVMS を日本語化するためのモジュールのみが含まれています。標準版 OpenVMS がインストールされているシステムに対して日本語 OpenVMS のキットをインストールすることにより, OpenVMS オペレーティング・システムで日本語機能を使用できるようになります。

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 のキット名は以下のとおりです。

  HP-I64VMS-JVMS-V0803-1H1-1.PCSI$COMPRESSED



1.2 アップグレード・インストレーション・パス

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 では,日本語 OpenVMS V8.2-1 または V8.3 からのアップグレード・インストレーションをサポートしています。

V8.0 や V8.1 などの評価版からのアップグレード・インストレーションはサポートしていません。

1.3 日本語 OpenVMS のライセンス

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 for Integrity Servers のライセンスは標準版 OpenVMS V8.3-1H1 for Integrity Servers のライセンスと共通です。標準版 OpenVMS のライセンスで日本語 OpenVMS もご使用いただけます。

1.4 必要なソフトウェア

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 のインストールには,次のソフトウェアが必要になります。

  • 標準版 OpenVMS V8.3-1H1

  • XPG4 ロケール・データ・ファイル・キット (VMSI18N キット)



1.4.1 標準版 OpenVMS V8.3-1H1

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 をインストールするためには,システムに標準版 OpenVMS V8.3-1H1 がインストールされていることが必要です。標準版のインストレーション手順については『HP OpenVMS V8.3-1H1 インストレーション・ガイド[翻訳版]』を参照してください。

1.4.2 XPG4 ロケール・データ・ファイル

標準版 OpenVMS V8.3-1H1 のインストール後,日本語 OpenVMS V8.3-1H1 をインストールする前に, XPG4 ロケール・データ・ファイル・キット (VMSI18N キット) のインストールが必要です。ロケール・データ・ファイルは,標準版 OpenVMS Alpha V6.2 以降でサポートされている XPG4 ランタイム・ライブラリおよびユーテリティで使用されるもので,独立したキット (VMSI18N キット) で提供されています。

VMSI18N キットのキット名は以下のとおりです。

  HP-I64VMS-VMSI18N-V0803-1-1.PCSI$COMPRESSED
  「HP OpenVMS Version 8.3-1H1 for Integrity Servers Operating Environment」DVD に含まれています。



1.4.3 レイヤード・ソフトウェアのバージョン

ここでは,日本語 OpenVMS V8.3-1H1 でサポートする主なレイヤード・ソフトウェアのバージョンについて説明します。

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 でサポートされる日本語 DECwindows Motif のバージョンは V1.6 以上です。

OpenVMS V8.3-1H1 がサポートする TCP/IP Services のバージョンは V5.6 以上です。

日本語 TCP/IP Services は提供されませんので,標準版の TCP/IP Services をご使用ください。

1.5 インストレーションに必要な特権

  • POLYCENTER ユーティリティの実行のために,少なくとも CMKRNL,OPER,SYSLCK,SYSPRV,TMPMBX の特権が必要です。

  • その他,日本語 OpenVMS V8.3-1H1 の JSY$STARTUP.COM の実行のために, PRMGBL,SYSGBL,DETACH,PHY_IO,SYSNAM の特権が必要です。



1.6 必要なディスク容量

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 をインストールするために必要なディスクの空きブロックは,約 100,000 ブロックです。ディスクの空きブロックが十分でないときは,不必要なファイルを消すなどの処置をとってください。

なお,現在のディスクの空きブロックは,次のようにして調べることができます。


     $ SHOW DEVICE device-name    



1.7 必要なシステム・パラメータ

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 のインストールには,グローバル・ページの空きが 18000 ページ,グローバル・セクションの空きが 103 セクション必要です。

日本語 OpenVMS V8.3-1H1 のインストレーション・プロシージャは,グローバル・ページおよびグローバル・セクションの空きを調べ,その値が上記の数字に満たない場合はインストレーションを中断します。

現在のシステムのグローバル・ページおよびグローバル・セクションの空きは,次のようにして調べることができます。


     $ WRITE SYS$OUTPUT F$GETSYI("FREE_GBLPAGES")    
     $ WRITE SYS$OUTPUT F$GETSYI("FREE_GBLSECTS") 

グローバル・ページ, およびグローバル・セクション の値は次のようにして変更することができます。

  1. SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT に追加
    次のような行を SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT に加えてください。


        GBLPAGES=<グローバル・ページの値(ページレット)> 
        GBLSECTIONS=<グローバル・セクションの値> 
    


    あるいは,次のような行でもかまいません。


        ADD_GBLPAGES=<追加するグローバル・ページの値(ページレット)>
        ADD_GBLSECTIONS=<追加するグローバル・セクションの値>
    


  2. AUTOGENを実行
    次のコマンドで AUTOGEN を実行してください。


        $ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT NOFEEDBACK 
    


    システムがシャット・ダウンされリブートされます。グローバル・ページとグローバル・セクションの値は, SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT に書かれた値に変更されます。



1.8 システム・ディスクのバックアップ

インストレーション中に問題が発生したときのために,必要に応じてあらかじめシステム・ディスクのバックアップをとっておくことをお勧めします。バックアップ実行の詳細については,『 OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項