日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:DEC XTPU の概要
第 2 章:DEC XTPU のデータ・タイプ
第 3 章:DEC XTPU 言語のレキシカル要素
第 4 章:DEC XTPU 組込みプロシージャ
第 5 章:DEC XTPU の起動
第 6 章:呼び出し可能なDEC XTPU
付録 A :DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
付録 B :DEC XTPU メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
DEC XTPU
リファレンス・マニュアル


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 DEC XTPU の概要
第 2 章 DEC XTPU のデータ・タイプ
第 3 章 DEC XTPU 言語のレキシカル要素
第 4 章 DEC XTPU 組込みプロシージャ
第 5 章 DEC XTPU の呼び出し
第 6 章 コール可能なDEC XTPU
付録 A DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
付録 B DEC XTPU メッセージ
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 DEC XTPU の概要
     1.1     DEC XTPU とは何か
     1.2     日本語 EVE とは何か
     1.3     DEC XTPU 言語
         1.3.1         DEC XTPU のデータ・タイプ
         1.3.2         DEC XTPU 言語の宣言文
         1.3.3         DEC XTPU 言語ステートメント
         1.3.4         DEC XTPU 組込みプロシージャ
         1.3.5         ユーザ作成プロシージャ
     1.4     DEC XTPU がサポートするハードウェア
     1.5     DEC XTPU の呼び出し
         1.5.1         DEC XTPU コマンドの修飾子
         1.5.2         初期化ファイル
第 2 章
2 DEC XTPU のデータ・タイプ
     2.1     アレイ
     2.2     マーカ
     2.3     パターン
     2.4     レンジ
     2.5     文字列
第 3 章
3 DEC XTPU 言語のレキシカル要素
     3.1     概要
     3.2     文字セット
         3.2.1         制御文字の入力
         3.2.2         DEC XTPU のシンボル
     3.3     識別子
第 4 章
4 DEC XTPU 組込みプロシージャ
     4.1     機能別に分類した組込みプロシージャ
         4.1.1         スクリーン・レイアウト
         4.1.2         カーソルの移動
         4.1.3         編集位置の移動
         4.1.4         テキスト操作
         4.1.5         パターン照合
         4.1.6         編集コンテキストのステータス
         4.1.7         キーの定義
         4.1.8         マルチ処理
         4.1.9         プログラムおよびプロシージャの実行
         4.1.10         DECwindows
         4.1.11         その他
     4.2     組込みプロシージャの説明
    コマンド 1     ALIGN_CURSOR
    コマンド 2     ASCII
    コマンド 3     CALL_USER
    コマンド 4     CHANGE_CASE
    コマンド 5     CHANGE_CODE
    コマンド 6     CODE
    コマンド 7     COLUMN_LENGTH
    コマンド 8     CONVERT_KANA
    コマンド 9     DEC_KANJI
    コマンド 10     DELETE_TANGO
    コマンド 11     ENTER_TANGO
    コマンド 12     FAO
    コマンド 13     FILL
    コマンド 14     GET_INFO
    コマンド 15     KEY_NAME
    コマンド 16     MARK
    コマンド 17     PCS_CLASS
    コマンド 18     READ_CHAR
    コマンド 19     READ_KEY
    コマンド 20     READ_LINE
    コマンド 21     SELECT
    コマンド 22     SELECT_RANGE
    コマンド 23     SET
    コマンド 24     SET (CODESET)
    コマンド 25     SET (FILL_NOT_BEGIN)
    コマンド 26     SET (FILL_NOT_END)
    コマンド 27     SET (FILL_TRIM_SPACE)
    コマンド 28     SET (KEYBOARD_CODESET)
    コマンド 29     SET (MARGIN_ALLOWANCE)
    コマンド 30     SET (MESSAGE_CODESET)
    コマンド 31     SET (OUTPUT_CODESET)
    コマンド 32     SET (VIDEO_CHARACTER_SET)
    コマンド 33     SPLIT_LINE
    コマンド 34     SYMBOL
    コマンド 35     VERIFY_BUFFER
第 5 章
5 DEC XTPU の呼び出し
     5.1     概要
     5.2     仮想アドレス空間に関するエラーを避ける方法
     5.3     DCL コマンド・プロシージャからDEC XTPU を呼び出す場合
         5.3.1         特殊な編集環境の設定
         5.3.2         対話方式でない編集環境の設定
     5.4     バッチ・ジョブからDEC XTPU を呼び出す場合
     5.5     DEC XTPU コマンド・ラインの修飾子
         5.5.1         /CODESET
         5.5.2         /COMMAND
         5.5.3         /CREATE
         5.5.4         /KANJI_DICTIONARY
         5.5.5         /DISPLAY
         5.5.6         /INITIALIZATION
         5.5.7         /JOURNAL
         5.5.8         /MODIFY
         5.5.9         /OUTPUT
         5.5.10         /READ_ONLY
         5.5.11         /RECOVER
         5.5.12         /SECTION
         5.5.13         /START_POSITION
         5.5.14         /WRITE
     5.6     DEC XTPU コマンドのパラメータ
第 6 章
6 コール可能なDEC XTPU
     6.1     概要
         6.1.1         コール可能なDEC XTPU に対する2つのインタフェース
         6.1.2         共有可能イメージ
         6.1.3         コール可能なDEC XTPU ルーチンに対するパラメータの受渡し
         6.1.4         エラー処理
         6.1.5         戻される値
     6.2     単純なコール可能インタフェース
         6.2.1         単純なインタフェースの例
     6.3     完全なコール可能インタフェース
         6.3.1         主なコール可能なDEC XTPU ユーティリティ・ルーチン
         6.3.2         その他のDEC XTPU ユーティリティ・ルーチン
         6.3.3         ユーザ作成ルーチン
     6.4     DEC XTPU ルーチンの使用例
     6.5     DEC XTPU ルーチン
    コマンド 36     FILEIO
    コマンド 37     HANDLER
    コマンド 38     INITIALIZE
    コマンド 39     USER
    コマンド 40     XTPU$CLEANUP
    コマンド 41     XTPU$CLIPARSE
    コマンド 42     XTPU$CLOSE_TERMINAL
    コマンド 43     XTPU$CONTROL
    コマンド 44     XTPU$EDIT
    コマンド 45     XTPU$EXECUTE_COMMAND
    コマンド 46     XTPU$EXECUTE_INIFILE
    コマンド 47     XTPU$FILEIO
    コマンド 48     XTPU$HANDLER
    コマンド 49     XTPU$INITIALIZE
    コマンド 50     XTPU$MESSAGE
    コマンド 51     XTPU$PARSEINFO
    コマンド 52     XTPU$SPECIFY_ASYNC_ACTION
    コマンド 53     XTPU$TRIGGER_ASYNC_ACTION
    コマンド 54     XTPU$XTPU


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項