日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:DEC XTPU の概要
第 2 章:DEC XTPU のデータ・タイプ
第 3 章:DEC XTPU 言語のレキシカル要素
第 4 章:DEC XTPU 組込みプロシージャ
第 5 章:DEC XTPU の起動
第 6 章:呼び出し可能なDEC XTPU
付録 A :DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
付録 B :DEC XTPU メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
DEC XTPU
リファレンス・マニュアル


目次 索引

付録 A
DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項



DEC XTPU がスクリーン編集機能をサポートする端末装置は,VT80, VT280 シリーズ,VT382 の DEC 社製の漢字端末装置です。また,弊社の製品あるいは他社製の端末装置で VT80,VT280 シリーズの機能をエミュレートするものは,そのエミュレータの制限内においてサポートされます。

弊社の製品ではないターミナルやターミナル・エミュレーション・ソフトウェアなどでDEC XTPU を使用する場合には,ターミナルの設定の他に標準版 OpenVMS および日本語 OpenVMS におけるターミナルの設定について注意する必要があります。 DEC XTPU に影響を及ぼすターミナル設定の属性については『DEC Text Processing Utility Reference Manual』を参照してください。

A.2 制限事項

サポートされる端末装置のうちいくつかのものは,DEC XTPU の持つ機能の一部を実行できない場合があります。

A.2.1 DEC 漢字 1978 年版対応の端末装置

VT280 シリーズの端末装置のうち DEC 漢字 1978 年版対応のもの,および VT80 端末装置では,DEC 漢字 1983 年版で変更になった漢字を正しく表示しません。

A.2.2 132 カラム・モード

VT80 端末装置や漢字ターミナル・エミュレーション・ソフトウェアの中には, 132 カラム・モードがサポートされていないものがあります。これらの端末装置を用いる場合でも,DEC XTPU は 80 カラムを越えるウィンドウ幅の指定を受け付けますが,スクリーン上のウィンドウ幅は正しく設定されません。また,その後のDEC XTPU の動作は保証されません。これらの端末装置を用いる場合には,ウィンドウ幅を 80 カラムに固定して使用してください。

A.2.3 罫線コード

日本語 OpenVMS の V4.6 以降では,罫線コードとして,DEC 漢字 1983 年版の罫線コードが使われています(8区に含まれる 32 文字)。したがって, DEC XTPU の SYMBOL 組込みプロシージャなどで生成される罫線コードは,すべて DEC 漢字 1983 年版の罫線コードとなります。DEC 漢字 1983 年版対応の VT280 シリーズおよび VT382 のターミナルでは,日本語 OpenVMS の機能によって,1978 年版,1983 年版両方の罫線を見ることが可能ですが, DEC XTPU が正しく動作するためには,テキストに含まれる罫線コードは, 1983 年版に統一されていることが必要です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項