日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:DEC XTPU の概要
第 2 章:DEC XTPU のデータ・タイプ
第 3 章:DEC XTPU 言語のレキシカル要素
第 4 章:DEC XTPU 組込みプロシージャ
第 5 章:DEC XTPU の起動
第 6 章:呼び出し可能なDEC XTPU
付録 A :DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
付録 B :DEC XTPU メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
DEC XTPU
リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 4 章
DEC XTPU 組込みプロシージャ

この章では DEC XTPU 組込みプロシージャについて,2つの節に分けて説明しています。

第 4.1 節  − 組込みプロシージャが以下の機能に応じて分類されています。

  • スクリーン・レイアウト

  • カーソルの移動

  • 編集位置の移動

  • テキスト操作

  • パターン照合

  • 編集コンテキストのステータス

  • キーの定義

  • マルチ処理

  • プログラムおよびプロシージャの実行

  • DECwindows

  • その他

第 4.2 節  − 組込みプロシージャのうち日本語特有な機能変更や,DEC XTPU で追加のあったものについて個別に説明されています。また,DEC XTPU では制限付きで使用できるプロシージャも記述されています。

4.1 機能別に分類した組込みプロシージャ

以下のリストは,編集作業を実行するときに,どの作業に対してどの組込みプロシージャを使用すればよいかを判断するのに役立ちます。組込みプロシージャについての詳しい説明は, 第 4.2 節 の各プロシージャに関する説明を参照してください。英語版の DECTPU と機能的に変更のないプロシージャは, 第 4.2 節 には記述されていませんので『Guide to the DEC Text Processing Utility』を参照してください。 第 4.2 節 に記述されているプロシージャは,アスタリスク (*) で示されています。

4.1.1 スクリーン・レイアウト

ADJUST_WINDOW
CREATE_WINDOW
MAP
REFRESH
SET (DISPLAY_VALUE)
SET (HEIGHT)
SET (PAD)
SET (PROMPT_AREA)
SET (SCREEN_UPDATE)
SET (SCROLLING)
SET (STATUS_LINE)
SET (TEXT)
SET (VIDEO)
SET (WIDTH)
SHIFT
UNMAP
UPDATE


ALIGN_CURSOR (*)
CURSOR_HORIZONTAL
CURSOR_VERTICAL
SCROLL
SET (COLUMN_MOVE_VERTICAL)
SET (CROSS_WINDOW_BOUNDS)
SET (DETACHED_ACTION)
SET (MOVE_VERTICAL_CONTEXT)


MOVE_HORIZONTAL
MOVE_VERTICAL
POSITION


APPEND_LINE
BEGINNING_OF
CHANGE_CASE (*)
CHANGE_CODE (*)
COPY_TEXT
CREATE_BUFFER
CREATE_RANGE
EDIT
END_OF
ERASE
ERASE_CHARACTER
ERASE_LINE
FILE_PARSE
FILE_SEARCH
FILL (*)
MARK (*)
MESSAGE_TEXT
MODIFY_RANGE
MOVE_TEXT
PCS_CLASS (*)
READ_FILE
SEARCH
SEARCH_QUIETLY
SELECT (*)
SELECT_RANGE (*)
SET (ERASE_UNMODIFIABLE)
SET (MODIFIABLE)
SET (MODIFIED)
SPLIT_LINE (*)
TRANSLATE
VERIFY_BUFFER (*)
WRITE_FILE


ANCHOR
ANY
ARB
LINE_BEGIN
LINE_END
MATCH
NOTANY
PAGE_BREAK
REMAIN
SCAN
SCANL
SPAN
SPANL
UNANCHOR


CURRENT_BUFFER
CURRENT_CHARACTER
CURRENT_COLUMN
CURRENT_DIRECTION
CURRENT_LINE
CURRENT_OFFSET
CURRENT_ROW
CURRENT_WINDOW
DEBUG_LINE
ERROR
ERROR_LINE
ERROR_TEXT
GET_INFO (*)
LOCATE_MOUSE
RECOVER_BUFFER
SET (AUTO_REPEAT)
SET (BELL)
SET (CODESET) (*)
SET (DEBUG)
SET (DEFAULT_DIRECTORY)
SET (FACILITY_NAME)
SET (FILL_NOT_BEGIN) (*)
SET (FILL_NOT_END) (*)
SET (FILL_TRIM_SPACE) (*)
SET (FORWARD)
SET (INFORMATIONAL)
SET (INSERT)
SET (JOURNALING)
SET (KEYBOARD_CODESET) (*)
SET (KEYSTROKE_RECOVERY)
SET (LEFT_MARGIN)
SET (LEFT_MARGIN_ACTION)
SET (LINE_NUMBER)
SET (MARGINS)
SET (MARGIN_ALLOWANCE) (*)
SET (MAX_LINES)
SET (MESSAGE_ACTION_LEVEL)
SET (MESSAGE_ACTION_TYPE)
SET (MESSAGE_CODESET) (*)
SET (MESSAGE_FLAGS)
SET (MOUSE)
SET (NO_WRITE)
SET (OUTPUT_CODESET) (*)
SET (OUTPUT_FILE)
SET (OVERSTRIKE)
SET (PAD_OVERSTRUCK_TABS)
SET (PERMANENT)
SET (RECORD_ATTRIBUTE)
SET (REVERSE)
SET (RIGHT_MARGIN)
SET (RIGHT_MARGIN_ACTION)
SET (SPECIAL_ERROR_SYMBOL)
SET (SUCCESS)
SET (SYSTEM)
SET (TAB_STOPS)
SET (TIMER)
SET (TRACEBACK)
SET (VIDEO_CHARACTER_SET) (*)
SHOW


ADD_KEY_MAP
CREATE_KEY_MAP
CREATE_KEY_MAP_LIST
DEFINE_KEY
KEY_NAME (*)
LAST_KEY
LOOKUP_KEY
REMOVE_KEY_MAP
SET (KEY_MAP_LIST)
SET (POST_KEY_PROCEDURE)
SET (PRE_KEY_PROCEDURE)
SET (SELF_INSERT)
SET (SHIFT_KEY)
SET (UNDEFINED_KEY)
UNDEFINE_KEY


ATTACH
CREATE_PROCESS
SEND
SEND_EOF
SPAWN


ABORT
BREAK
COMPILE
EXECUTE
RETURN
SAVE


CREATE_WIDGET
DEFINE_WIDGET_CLASS
GET_CLIPBOARD
GET_DEFAULT
GET_GLOBAL_SELECT
LOWER_WIDGET
MANAGE_WIDGET
RAISE_WIDGET
READ_CLIPBOARD
READ_GLOBAL_SELECT
REALISE_WIDGET
SEND_CLIENT_MESSAGE
SET (ACTIVE_AREA)
SET (CLIENT_MESSAGE)
SET (DEFAULT_FILE)
SET (DRM_HIERARCHY)
SET (ENABLE_RESIZE)
SET (FIRST_INPUT_ACTION)
SET (GLOBAL_SELECT)
SET (GLOBAL_SELECT_GRAB)
SET (GLOBAL_SELECT_READ)
SET (GLOBAL_SELECT_TIME)
SET (GLOBAL_SELECT_UNGRAB)
SET (ICON_NAME)
SET (ICON_PIXMAP)
SET (ICONIFY_PIXMAP)
SET (INPUT_FOCUS)
SET (INPUT_FOCUS_GRAB)
SET (INPUT_FOCUS_UNGRAB)
SET (MAPPED_WHEN_MANAGED)
SET (MENU_POSITION)
SET (RESIZE_ACTION)
SET (SCREEN_LIMITS)
SET (SCROLL_BAR)
SET (SCROLL_BAR_AUTO_THUMB)
SET (UID)
SET (WIDGET)
SET (WIDGET_CALL_DATA)
SET (WIDGET_CALLBACK)
SET (WIDGET_CONTEXT_HELP)
SET (WIDGET_RESOURCE_TYPES)
UNMANAGE_WIDGET
WRITE_CLIPBOARD
WRITE_GLOBAL_SELECT


ASCII (*)
CALL_USER (*)
CODE (*)
COLUMN_LENGTH (*)
CONVERT
CONVERT_KANA (*)
CREATE_ARRAY
DEC_KANJI (*)
DELETE
DELETE_TANGO (*)
ENTER_TANGO (*)
EXIT
EXPAND_NAME
FAO (*)
HELP_TEXT
INDEX
INT
JOURNAL_CLOSE
JOURNAL_OPEN
LEARN_ABORT
LEARN_BEGIN
LEARN_END
LENGTH
MESSAGE
QUIT
READ_CHAR (*)
READ_KEY (*)
READ_LINE (*)
SET (EOB_TEXT)
SLEEP
STR
SUBSTR
SYMBOL (*)



4.2 組込みプロシージャの説明

各組込みプロシージャの説明には下記の項目が含まれています。

  • 簡単な機能定義

  • 形式

  • 説明

  • 警告およびエラーを通知するシグナル・エラー

各組込みプロシージャはアルファベット順に説明されています。

注意

パラメータで使われる文字列のほとんどのものにはASCII 以外の文字を使用できますが,ファイル名,プロセス名などを指定するパラメータ文字列には,ASCII 文字のみが使用できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡