日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:ロケールファイルの形式
第 3 章:文字セット記号ファイル
第 4 章:コマンド・リファレンス
付録 A:日本語ロケール
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C 国際化ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引




各種の国際化論理名で定義された,現在の国際化環境の要約を表示します。

形式

LOCALE SHOW [CURRENT]


パラメータ



なし


修飾子



なし


説明

LOCALE SHOW CURRENTコマンドは,ロケール・カテゴリごとの設定,および環境変数LC_ALLとLANGの値をリストします。

CURRENTキーワードはデフォルトの値のため,省略しても構いません。カテゴリを定義する論理名は,カテゴリと同じ名前です。たとえば,LC_MESSAGESという論理名は, LC_MESSAGESカテゴリの設定を定義します。 表 4-3 は,ロケール・カテゴリについて説明しています。

表 4-3 ロケール・カテゴリ
カテゴリ 説明
LC_COLLATE 照合シーケンスについての情報
LC_CTYPE 文字分類についての情報
LC_MESSAGES プログラム・メッセージの言語,および yes/no プロンプトの形式についての情報
LC_MONETARY 通貨編集形式についての情報
LC_NUMERIC 数値編集形式についての情報
LC_TIME 日付/時刻についての情報

ロケール・カテゴリは,次に示す順序で論理名を検索することによって,それぞれ定義されます。検索は,論理名が見つかるまで行われます。見つかった論理名が,有効なロケール・ファイルを表していない場合, LOCALE SHOWは,すべてのカテゴリに対して,文字列"C"を表示します。

  1. LC_ALL

  2. テーブルの中で指定されているカテゴリに対応する論理名 (たとえば,有効なロケール・カテゴリとしてLC_NUMERICが指定されている場合, LOCALE SHOW CURRENTコマンドは,カテゴリ名,およびこれが定義するロケール名を表示する)。

  3. LANG

  4. SYS$LC_ALL

  5. SYS$*論理名で指定される,ロケール・カテゴリのシステムのデフォルトの値。たとえば,カテゴリLC_NUMERICのデフォルトの値は,SYS$LC_NUMERIC論理名で定義される。

  6. SYS$LANG

システム管理者は,サイト別システム・スタートアップ・ファイルでSYS$*論理を定義して,デフォルトのロケールを設定することもできます。定義が指定されない場合,プログラムは,組み込みのロケール"C"を使用して処理を行います。この場合,LOCALE SHOW CURRENTコマンドは,現在のロケール・カテゴリに対して,文字列"C"を表示します。

エラー

環境を定義する論理名が誤って定義されていても,警告メッセージが表示されることはありません。ただし,HP Cランタイム・ライブラリ・ルーチン setlocaleを使用するアプリケーションが受け取るであろう実際の国際化環境が正確にリストされます (たとえば,下の例でSPECIAL.LOCALEファイルが存在しない場合, LC_MESSAGESカテゴリの表示はLC_MESSAGES="C"となります)。

#1

$ DEFINE LC_COLLATE EN_US.ISO8859-1 ! NOTE: the collate category in unquoted 
$ DEFINE LANG EN_GB_ISO8859-1 
$ DEFINE LC_MESSAGES PRIVATE$DISK:[APPL.LOCALES]SPECIAL.LOCALE 
$ LOCALE SHOW CURRENT 
 
LANG="EN_GB_ISO8859-1" 
LC_CTYPE="EN_GB_ISO8859-1" 
LC_COLLATE=EN_US_ISO8859-1 
LC_TIME="EN_GB_ISO8859-1" 
LC_NUMERIC="EN_GB_ISO8859-1" 
LC_MONETARY="EN_GB_ISO8859-1" 
LC_MESSAGES=PRIVATE$DISK:[APPL.LOCALES]SPECIAL.LOCALE;1 
LC_ALL= 
 

この例は,LC_COLLATEとLC_MESSAGESを除くすべてのロケール・カテゴリのデフォルトの値を, EN_GB.ISO8859-1という同じロケールに設定するプロセスを示しています。二重引用符で囲まれた設定は,その内容が,LANG,LC_ALL,SYS$LC_ALL, SYS$LANGのいずれかの論理名の設定に含まれていることを表します。これに対して,二重引用符で囲まれていない設定は,そのカテゴリに対する論理名が,国際化環境を定義していることを表します。この例は,ロケール・カテゴリが完全なファイル名で指定された場合,完全なファイル名が表示されることも示しています。




システム上の公用のロケールをすべてリストします。

形式

LOCALE SHOW PUBLIC


パラメータ



なし


修飾子



なし


説明

LOCALE SHOW PUBLIC コマンドは,システム上の公用のロケールをすべてリストします。公用のロケールのセットには,HP Cランタイム・ライブラリで提供される,システム組み込みのロケールに加えて,論理名SYS$I18N_LOCALEで定義されるディレクトリにあるロケールがすべて含まれます。

#1

$ LOCALE SHOW PUBLIC 
 
C (Built-in) 
POSIX (Built-in) 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]EN_GB_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]EN_US_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]FR_CA_ISO8859_1 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]GRBAGE_LOCALE (bad file header checksum) 
[SYS$I18N.LOCALES.SYSTEM]JA_JP_DECKANJI (Permanently Loaded) 
 

この例は,SYS$I18N_LOCALEディレクトリに 3つのロケール・ファイルを持つシステムを示しています。 CおよびPOSIXロケールはシステムに組み込まれているため, SYS$I18N_LOCALEディレクトリにはありません。

この例は,公用ディレクトリに不良ファイルまたはロケールでないファイルがある場合の動作,およびLOCALE LOADコマンドでシステムのメモリにロードされたロケール・ファイルがある場合の動作も示しています。




現在の国際化環境をもとに,1つ以上のキーワードの値を表示します。

形式

LOCALE SHOW VALUE name


パラメータ



name

必須。複数の 名前 を指定できます。

次のいずれかの名前を指定します。

  • キーワード

    • キーワードを指定すると,現在のロケールでのそのキーワードの値が表示されます。

    • 値が割り当てられていない整数キーワードの場合は, CHAR_MAX (127) という値が表示されます。

    • キーワード値にセミコロン,二重引用符,バックスラッシュ,制御文字のいずれかが含まれる場合には,その前にエスケープ文字 (通常はバックスラッシュ) が挿入されます。

  • カテゴリ
    カテゴリを指定すると,そのカテゴリのすべてのキーワードの値が表示されます。

表 4-4 は,指定できるカテゴリとキーワードを示しています。

表 4-4 ロケール・カテゴリとキーワード
カテゴリ キーワード キーワードの説明
LC_CTYPE   文字分類名
LC_TIME DAY 曜日の完全名
  ABDAY 曜日の短縮名
  MON 月の完全名
  ABMON 月の短縮名
  D_T_FMT 日付/時刻形式
  D_FMT 日付形式
  T_FMT 時刻形式
  T_FMT_AMPM 12時間表示の時刻形式
  AM_PM 午前(a.m.)および午後(p.m.)を表す文字列の表示方法を定義する
  ERA ロケールにおける年(年号)の数えかた,および表示方法を定義する
  ERA_D_FMT 年号の日付形式
  ERA_D_T_FMT 年号の日付/時刻形式
  ERA_T_FMT 年号の時刻形式
  ALT_DIGITS 数字の代替シンボルを定義する文字列
LC_NUMERIC DECIMAL_POINT 小数点として使用する文字
  THOUSANDS_SEP 小数点の左側で数字を区切るのに使用する文字
  GROUPING 小数点の左側で文字をどのように区切るかを定義する
LC_MONETARY INT_CURR_SYMBOL 国際通貨記号を表す文字列
  CURRENCY_SYMBOL ローカル通貨記号として使用される文字列
  MON_DECIMAL_POINT 金額を書式化するときに小数点として使用される文字
  MON_THOUSANDS_SEP 小数点の左側で数字の位取りに使用する文字
  POSITIVE_SIGN 正の金額を表すのに使用する文字列
  NEGATIVE_SIGN 負の金額を表すのに使用する文字列
  INT_FRAC_DIGITS 国際通貨記号を使用して金額を書式化する場合,小数点の右側に表示される桁数
  FRAC_DIGITS ローカル通貨記号を使用して金額を書式化する場合,小数点の右側に表示される桁数
  P_CS_PRECEDES 正の金額値について,ローカル通貨記号が数値の前にくる場合は1,数値の後にくる場合は0に設定する
  N_CS_PRECEDES 負の金額値について,ローカル通貨記号が数値の前にくる場合は1,数値の後にくる場合は0に設定する
  P_SEP_BY_SPACE 正の金額値について,通貨記号と値のあいだにスペースがない場合は0,スペースがある場合は1,記号と符号文字列のあいだにスペースがある場合は2に設定する
  N_SEP_BY_SPACE 負の金額値について,通貨記号と値のあいだにスペースがない場合は0,スペースがある場合は1,記号と符号文字列のあいだにスペースがある場合は2に設定する
  P_SIGN_POSN POSITIVE_SIGN文字列の位置を指定するために使用される整数
  N_SIGN_POSN NEGATIVE_SIGN文字列の位置を指定するために使用される整数
  MON_GROUPING 金額値を編集するときの数字の位取りを定義する
LC_MESSAGES YESSTR 現在のロケールの中でYESを表す文字列
  NOSTR 現在のロケールの中でNOを表す文字列
  YESEXPR 現在のロケールの中で肯定応答を表す式
  NOEXPR 現在のロケールの中で否定応答を表す式

注意

現在のロケールの設定に影響を及ぼす環境変数が,無効なロケールを指定している場合,ロケール"C"が設定されます。

カテゴリの一部として,デフォルトの設定で表示されない他の有効なキーワードには,次のキーワードが含まれます。

  • CHARMAP --- ロケールが作成されたときに使用されたcharmapのファイル指定を表示する。

  • CODE_SET_NAME --- charmapファイルの定義の対象となるコード化文字セット名を定義する。

  • MB_CUR_MAX --- マルチバイト文字内の最大バイト数を定義する。

  • MB_CUR_MIN --- コード化文字セット内の文字の最小バイト数を定義する。


修飾子



/CATEGORY

オプション。デフォルトの設定:カテゴリ名を表示しない。

各キーワードの前にカテゴリ名を表示します。

/KEYWORD

オプション。デフォルトの設定:キーワード名を表示しない。

キーワードの値の前にキーワード名を表示します。


説明

LOCALE SHOW VALUE コマンドは,現在の国際化環境をもとに, 1つ以上のキーワードの値を表示します。

エラー

%LOCALE-E-NOKEYFND, no keyword keyword-name found

keyword-nameは,有効なキーワードではありません。 表 4-4 にリストされているキーワードだけを指定してください。


#1

$ LOCALE SHOW VALUE NOEXPR 
"^[nN][[:alpha:]]*" 

修飾子を指定せずにLOCALE SHOW VALUEを実行すると, NOEXPR文字列の値が表示されます。

#2

$ LOCALE SHOW VALUE /CATEGORY NOEXPR 
LC_MESSAGES 
"^[nN][[:alpha:]]*" 

/CATEGORYを指定すると,NOEXPR文字列の値の前に,カテゴリ名(LC_MESSAGES)が表示されます。

#3

$ LOCALE SHOW VALUE /KEYWORD NOEXPR 
noexpr= "^[nN][[:alpha:]]*" 

/KEYWORDを指定すると,キーワード値の前に,キーワード名が表示されます。

#4

$ LOCALE SHOW VALUE /KEYWORD /CATEGORY NOEXPR 
LC_MESSAGES 
noexpr= "^[nN][[:alpha:]]*" 

/KEYWORDおよび/CATEGORYを指定すると,キーワード値の前に,カテゴリおよびキーワード名が表示されます。




指定されたタイム・ゾーンのソース・ファイルのデータを使用して,タイム・ゾーン変換情報を格納したバイナリ・ファイルを作成します。

形式

zic [--v] ["--L" leapseconds] [--d directory] [--y yearistype] infile


パラメータ



infile

必須。

zic が読み込むソース・ファイル。


修飾子



--v

省略可能。

データ・ファイルに指定されている年が,時刻値によって表現可能な年の範囲をこえている場合は通知します。

"--L"

省略可能。

指定された名前のファイルから,うるう秒情報を読み込みます。このオプションを使用しない場合は,うるう秒情報が出力ファイルに格納されません。

--d

省略可能。

標準ディレクトリではなく,指定されたディレクトリに時間変換情報ファイルを作成します。

--y

省略可能。

年のタイプを確認するときに,yearistype ではなく,指定されたコマンド・ファイルを使用します。


説明

zic コマンドを使用すると, ZIC コンパイラはコマンド行に指定されたファイルからテキストを読み込み,この入力に指定された時間変換情報ファイルを作成できます。

ファイル名が - の場合には,標準入力が読み込まれます。

入力行は複数のフィールドで構成されます。フィールドの間は任意の数のスペース文字で区切ることができます。入力行の先頭と末尾の空白は無視されます。入力行で,引用符で囲まれていないシャープ記号 (#) はコメントの先頭を示し,この記号から行の末尾までがコメントであると解釈されます。スペース文字とシャープ文字をフィールドの一部として使用するときは,二重引用符 (" ") で囲みます。コメントの後の空白行は無視されます。

空白行以外の行は,次の 3 種類のいずれかであると解釈されます。


#1

$ zic -v  "-L" leapseco -d [-] myafrica 
 

ZIC コンパイラは myafrica というタイム・ゾーンのソース・ファイルをコンパイルします。指定されたパラメータをもとに,ZIC は次の処理を行います。

  1. 表現可能な範囲をこえる年を通知します。

  2. うるう秒を適用して出力ファイルを作成します。

  3. 現在のディレクトリに結果を格納します。

日付/時刻関数についての詳細は,『Compaq C Run-Time Library Reference Manual for OpenVMS Systems』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項