日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 OpenVMS Alpha ソフトウェアのインストールおよびアップグレードに関するリリース・ノート
第 2 章 OpenVMS の関連製品に関するリリース・ノート
第 3 章 一般ユーザ向けのリリース・ノート
第 4 章 システム管理に関するリリース・ノート
第 5 章 プログラミングに関するリリース・ノート
第 6 章 ハードウェアに関するリリース・ノート
付録 A リタイア製品情報
付録 B インターロックされたメモリ命令の使用
  索引
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 OpenVMS Alpha ソフトウェアのインストールおよびアップグレードに関するリリース・ノート
     1.1     弊社ソフトウェアのテクニカル・サポート方針
     1.2     アプリケーションの互換性
     1.3     OpenVMS Alpha Version 7.3-2 のファームウェア
     1.4     アップグレード・パス
         1.4.1         クラスタのローリング・アップグレード: 『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 Upgrade and Installation Manual』の訂正
     1.5     ネットワーク・オプション
     1.6     修正キットの入手方法
     1.7     クラスタでのシステム・スタートアップの障害
     1.8     SHADOW_MAX_UNIT のデフォルト設定とメモリ使用量
     1.9     OpenVMS のインストールおよびアップグレードに影響を与える関連製品
         1.9.1         圧縮形式で出荷される製品キット
         1.9.2         ACMS キット: ファイル削除の問題
         1.9.3         OpenVMS Version 7.2-1 または 7.2-1H1 が稼働しているクラスタでの,COM for OpenVMS のアップグレード
         1.9.4         一部のシステムでは DECevent Version 3.1 以降が必要
         1.9.5         DECnet-Plus と DECwindows は新しいバージョンが必要
         1.9.6         DECnet-Plus のインストール: PCSI-I-RETAIN メッセージ
         1.9.7         HP PATHWORKS および HP Advanced Server for OpenVMS
             1.9.7.1             HP Advanced Server for OpenVMS
             1.9.7.2             HP PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server)
             1.9.7.3             PATHWORKS V5 for OpenVMS (LAN Manager) のサポートの中止
             1.9.7.4             V6.1 より前の PATHWORKS (Advanced Server) を実行するシステムのアップグレード
             1.9.7.5             Advanced Server Version 7.2x for OpenVMS のアップグレード
         1.9.8         HP X.25 Version 1.6へのアップグレードが必要
         1.9.9         アップグレード前の Kerberos V1.0 の削除
         1.9.10         OpenVMS Version 7.2-1 または 7.2-1H1 からのレジストリのアップグレード
         1.9.11         SSL: HP SSL V1.1-A のインストール
         1.9.12         System Event Analyzer (SEA) ユーティリティ
第 2 章
2 OpenVMS の関連製品に関するリリース・ノート
     2.1     関連製品のサポート
     2.2     ACMS: エラー報告の変更
     2.3     BASIC: STARLET ライブラリの作成に V1.5A が必要
     2.4     COBOL: I/O 実行時診断と RMS 特殊レジスタの変更
     2.5     COM for OpenVMS
         2.5.1         NTA$LOGON の /TYPE 修飾子の動作の変更
         2.5.2         アプリケーションの重負荷によるレジストリ・アクセス・エラー
     2.6     OpenVMS Version 7.3-2 では DECdfs Version 2.3-3 が必要
     2.7     DECforms Web Connector Version 3.0
     2.8     DEC PL/I: OpenVMS での RTL のサポート
     2.9     FMS ECO キット
     2.10     Graphical Configuration Manager (GCM)
     2.11     HP DECram
         2.11.1         OpenVMS Version 7.3-2 では DECram Version 3.2 が必要
         2.11.2         DECram Version 2.5
         2.11.3         DECram Version 3.* の最大ディスク・サイズ
         2.11.4         旧バージョンの DECram
         2.11.5         DECram コマンドとエラー
         2.11.6         DECram とボリューム・シャドウイング
     2.12     HP DECwindows Motif for OpenVMS
         2.12.1         サポートされているバージョン
         2.12.2         LAT トランスポート・インタフェースのサポートの復活
         2.12.3         ユーザが作成したトランスポートはサポートされない
         2.12.4         利用可能な言語バリアント
         2.12.5         インストールに必要なシステム・パラメータ値
     2.13     MultiNet Version 4.3
     2.14     Pascal
         2.14.1         STARLET ライブラリの作成には V5.8A が必要
         2.14.2         アップグレード後の HP Pascal のインストール
第 3 章
3 一般ユーザ向けのリリース・ノート
     3.1     OpenVMS Freeware CD-ROM
     3.2     オンライン・ヘルプのトピック名の変更
     3.3     COPY コマンドの性能
     3.4     ATI RADEON 7500 グラフィック
     3.5     HP Secure Web Browser: 必要メモリ量の増加
第 4 章
4 システム管理に関するリリース・ノート
     4.1     RIGHTSLIST.DAT へのチャネルが複数存在する ACME_SERVER
     4.2     AUTOGEN: NEWPARAMS.DAT ファイルに関する新しい動作
     4.3     DECdtm サービス
         4.3.1         Oracle® 8i および 9i での DECdtm/XA (Alpha のみ)
         4.3.2         IPC-E-BCKTRNSFAIL エラー・メッセージ
     4.4     ECP Data Collector と Performance Analyzer V5.4D
     4.5     EDIT/FDL: 推奨バケット・サイズの変更
     4.6     Error Log Viewer (ELV) ユーティリティ
         4.6.1         OpenVMS Version 7.2 〜 7.3-1 からのエラー・ログ・ファイルの変換
         4.6.2         TRANSLATE コマンドでの /PAGE 修飾子の使用
     4.7     拡張ファイル・キャッシュ (XFC) 修復キット
     4.8     外部認証
         4.8.1         DECterm 端末セッションでの SET PASSWORD の動作
         4.8.2         ワークステーションではパスワードの有効期限切れは通知されない
     4.9     INITIALIZE コマンド: 不正なメッセージの出力
     4.10     ロック・マネージャ: 高速ロック再マスタリングと PE1
     4.11     Logical Disk (LD) ユーティリティ: RMS 使用時のエラー
     4.12     MAIL ユーティリティ: ドキュメントの訂正
     4.13     OpenVMS Cluster システム
         4.13.1         クラスタの互換性のために必要なパッチ・キット
         4.13.2         Fibre Channel および SCSI マルチパスと,サード・パーティ製品との非互換性を修正する新しい API
         4.13.3         SCSI テープ・ドライブ: テープのディスマウント後の MEDOFL エラー
         4.13.4         CLUSTER_CONFIG.COM と,ルート・ディレクトリ名の制限
         4.13.5         複合バージョンのクラスタにおける FDDI 経由のサテライトのブート
         4.13.6         PEdriver のエラー・メッセージの変更
         4.13.7         優先順位 -128 の PEdriver チャネルは使用されない
         4.13.8         CI と LAN との間の回線切り替えによるクラスタの性能の低下
         4.13.9         OpenVMS Cluster システムでの Gigabit Ethernet スイッチの制限事項
         4.13.10         マルチパス・テープ・フェールオーバの制限事項
         4.13.11         SCSI マルチパス媒体チェンジャでは自動フェールオーバは行われない
     4.14     OpenVMS Galaxy
         4.14.1         OpenVMS Graphical Configuration Manager
         4.14.2         Smart Array 5300 の制限事項
         4.14.3         ファームウェアおよびパッチ・キットの要件
         4.14.4         共用メモリのグローバル・セクション作成で誤ったステータスが返されることがある
         4.14.5         ES40 上の Galaxy: 非圧縮ダンプの制限事項
         4.14.6         ES40 上の Galaxy: Fast Path の無効化
     4.15     OpenVMS Management Station
     4.16     OpenVMS Registry は Version 2 フォーマットのデータベースを壊すことがある
     4.17     RMS Journaling
         4.17.1         カーネル・スレッドと互換性のないリカバリ・ユニット・ジャーナリング
         4.17.2         変更されたジャーナル・ファイルの作成
         4.17.3         OSI 環境でのリカバリ・ユニット・ジャーナリングされたファイルへのリモート・アクセス
         4.17.4         順方向 (AI) ジャーナリング
         4.17.5         VFC 形式の順編成ファイル
     4.18     セキュリティ: DIRECTORY コマンド出力の変更
     4.19     サーバ管理プロセス (SMHANDLER)
     4.20     SYSGEN: セキュリティ監査の修正
     4.21     SYSMAN ユーティリティ
         4.21.1         DUMP_PRIORITY LOAD コマンド
         4.21.2         XP LUN の自動構成に失敗することがある
     4.22     システム・パラメータ
         4.22.1         新しいシステム・パラメータ
         4.22.2         変更されたシステム・パラメータ
         4.22.3         廃止されたシステム・パラメータ
         4.22.4         SCSNODE パラメータ・サイズの厳密な強制
         4.22.5         AlphaServer GS シリーズ: NPAGERAD システム・パラメータのデフォルトの動作
     4.23     Terminal Fallback Facility (TFF)
     4.24     UETP: DEGPA デバイスのエラー
     4.25     VMSINSTAL: NOBROADCAST オプション
     4.26     Volume Shadowing for OpenVMS
         4.26.1         デバイス名の必要条件
         4.26.2         DCL コマンド・プロシージャ内での SET SHADOW と SHOW SHADOW の使用についての警告
         4.26.3         異種デバイス・シャドウイング (DDS): 最初の異種メンバ追加での制限事項
         4.26.4         書き込みビットマップと異種デバイス・シャドウイング (DDS) の注意事項
         4.26.5         KZPDC (Smart Array 5300) の制限事項
         4.26.6         SHOW DEVICE/BITMAP コマンドで SYSTEM-F-INTDIV エラーが発生することがある
         4.26.7         SHOW DEVICE/BITMAP には LOG_IO 特権が必要
         4.26.8         シャドウ・セット・マージ遅延の算出方法の変更
         4.26.9         コントローラ・ペアからの Fibre Channel デバイスの削除
         4.26.10         ANALYZE/DISK/SHADOW コマンドの動作
         4.26.11         異種デバイス・シャドウ・セットでの ANALYZE/DISK/SHADOW コマンドの動作
         4.26.12         /MINICOPY を使用したシャドウ・セット・メンバのディスマウント


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項