日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 5 章
5 プログラミングに関するリリース・ノート
     5.1     Backup API: ジャーナリング・コールバック・イベントの制限事項
     5.2     C プログラム: case=sensitive を設定したコンパイル
     5.3     C 実行時ライブラリ
         5.3.1         未定義シンボル GETADDRINFO_COMPAT43 の修正
         5.3.2         一部のソケット・ルーチンによる 64 ビット・ポインタのサポート
         5.3.3         fwrite 関数は不適切なレコードをファイルに書き込まなくなった
         5.3.4         FILE_TYPE マクロが <stdio.h> ヘッダから削除された
         5.3.5         tm_t 構造体が <time.h> ヘッダから削除された
         5.3.6         <ftw.h> ヘッダ・ファイルがローカル時間関数 ftw 互換になった
         5.3.7         64 ビット iconv() の不完全なサポートが削除された
         5.3.8         警告が出力された状態でリンクされたイメージで dlsym 関数が失敗しなくなった
         5.3.9         dlsym 関数が小文字の名前を認識するようになった
         5.3.10         catopen 関数が UNIX® スタイルのパス名をサポートするようになった
         5.3.11         メモリ管理関数がリエントラントになった
         5.3.12         ファイル指定の山括弧が正しく認識されるようになった
         5.3.13         sleep と usleep の競合状態の修正
         5.3.14         UNIX 名から OpenVMS 名への変換エラーの修正
         5.3.15         TZ が不正なときの tzset の動作の変更
         5.3.16         シーク不能ファイルに対して pread または pwrite を行った場合に,正しくエラーとして処理されるようになった
         5.3.17         オープン・ファイルの削除が機能論理名によって制御されるようになった
         5.3.18         fstat 関数がディスク・アクセス日が有効かどうかをチェックするようになった
         5.3.19         <time.h> や <signal.h> をインクルードするときの,構造体再定義の問題
         5.3.20         論理名混在の検索リストが動作するようになった
         5.3.21         プログラムのデッドロックの問題が修正された
         5.3.22         inet_ntop 関数が "const char *" を返すように定義された
         5.3.23         exec が 0x35DF94 エラーを返さなくなった
         5.3.24         OpenVMS Version 7.3-1 へアップグレードした後のコンパイラ・エラーがなくなった
         5.3.25         BSD 4.4 関数のエントリ・ポイント不足が修正された
         5.3.26         UCX$IPC_XHR.EXE 内の IPv6 シンボル名が正しくなった
         5.3.27         一部の UNIX ファイル名の変換上の問題が修正された
         5.3.28         rename 関数が論理名を正しく扱うようになった
         5.3.29         IPv6 プログラミングの注意事項
         5.3.30         glob 関数は,/POINTER_SIZE=LONG ではサポートされない
         5.3.31         新しい 64 ビット関数のサポート: 特記事項
     5.4     Common Data Security Architecture (CDSA) に関する考慮
     5.5     照合キーを指定する CONVERT/NOSORT で発生する可能のある CONVERT-I-SEQ エラー
     5.6     デバッガ: 旧バージョンのクライアント/サーバ・インタフェースはサポートされない
     5.7     デバッグ・モード: CPUSPINWAIT バグ・チェックの回避
     5.8     OpenVMS Alpha 用の HP COBOL 実行時ライブラリ (RTL)
         5.8.1         COBOL RTL と UNSTRING
         5.8.2         COBOL RTL が CLOSE 時のデバイス・フルを検出する
         5.8.3         COBOL RTL とレコード・ロックの制限事項
     5.9     Hypersort ユーティリティ
         5.9.1         ラージ・ファイルでの CONVERT の性能
         5.9.2         Hypersort と VFC ファイルの制限事項
         5.9.3         SORT と MERGE が大規模入力ファイルでハングアップすることがある
         5.9.4         /FORMAT=RECORD_SIZE の制限事項
         5.9.5         Hypersort と検索リスト,および論理名の使用
         5.9.6         作業ファイルの空き領域不足
         5.9.7         Hypersort と SORT32 の性能: ワーキング・セットとページ・ファイル・クォータ
         5.9.8         可変長レコードでの Hypersort と SORT32 の性能
         5.9.9         入力アスタリスク (*) の制限事項
         5.9.10         作業ファイル・ディレクトリの制限事項
     5.10     Librarian ユーティリティ: PGFLQUOTA は 23000 以上必要
     5.11     Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) API
         5.11.1         ld が NULL の場合の ldap_get_option ルーチンからのエラー戻り値 (-1)
         5.11.2         ber_flatten() ルーチンが中括弧の不一致を検出しない
     5.12     Linker ユーティリティ
         5.12.1         多数のファイルを指定した場合に Linker がハングアップしたように見える
         5.12.2         ライブラリ・チェックにおける Linker のデフォルト動作の変更
         5.12.3         スタックのエレメント数は最大 25 に制限
     5.13     LTDRIVER: CANCEL SELECTIVE の制限事項
     5.14     Mail ユーティリティ: 呼び出し可能メールのスレッドの制限事項
     5.15     POSIX スレッド・ライブラリ
         5.15.1         C 言語コンパイル・ヘッダ・ファイルの変更
         5.15.2         新しい優先順位調整アルゴリズム
         5.15.3         プロセス・ダンプ
         5.15.4         動的 CPU 構成の変更
         5.15.5         スレッド・プログラムの高度デバッグ
         5.15.6         デバッガ計測機能は動作しない
     5.16     特権付きインタフェースとデータ構造体
         5.16.1         スレッド単位のセキュリティは特権付きコードとデバイス・ドライバに影響する
         5.16.2         OpenVMS フォーク・スレッド作成のための IPL 要件の強制
     5.17     RTL ライブラリ (LIB$)
         5.17.1         LIB$FIND_IMAGE_SYMBOL: 『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』の正誤情報
         5.17.2         LIB$FIND_IMAGE_SYMBOL シグナル通知による警告
     5.18     Screen Management (SMG$) のドキュメント
     5.19     SORT32 ユーティリティ
         5.19.1         VFC ファイルが正しく書き込まれるようになった
         5.19.2         SORT32 が一時作業ファイルを削除しないことがある
         5.19.3         SORT/SPECIFICATION と複合条件の制限事項
         5.19.4         SORT32 と Hypersort の性能: ワーキング・セットとページ・ファイル・クォータ
         5.19.5         可変長レコードでの SORT32 と Hypersort の性能
         5.19.6         SORT32 作業ファイル・ディレクトリの制限事項
     5.20     システム・サービス: SYS$ACM(W) の変更
     5.21     タイマ・キュー・エントリ (TQE)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項