日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 4 章
システム管理に関するリリース・ノート

この章では,システムの保守と管理,性能の管理,ネットワーキングに関連する情報をまとめます。

このバージョンで提供される新機能の詳細については,『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 新機能説明書』を参照してください。

4.1 RIGHTSLIST.DAT へのチャネルが複数存在する ACME_SERVER

V7.3-2

ACME_SERVER プロセスは,サーバが無効化または再有効化されるたびに, RIGHTSLIST.DAT への新しいチャネルをオープンします。そしてサーバは,次の要求を少なくとも 1 つ処理します。


$ SET SERVER ACME/DISABLE 
$ SET SERVER ACME/ENABLE 

この操作が何回か繰り返されると,サーバはその FILLM プロセス・クォータに達し,反応しなくなることがあります。

この問題を解決をするには,次のコマンドのいずれかを使用して,サーバを停止します。


$ STOP/ID 
$ SET SERVER ACME/ABORT 

その後,次のいずれかのコマンドを使用して,サーバを再起動します。


$ SYS$STARTUP:ACME$STARTUP.COM        ! for OpenVMS authentication 
$ SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME.COM ! for NT authentication with 
                                      ! COM for OpenVMS applications 



4.2 AUTOGEN: NEWPARAMS.DAT ファイルに関する新しい動作

V7.3-2

AUTOGEN は,レイヤード・プロダクト・キットが,製品名を含まない NEWPARAMS.DAT レコードを渡すことを許さなくなりました。これまでこの規則に従っていなかった,最も一般的に使用されている製品は, DECwindows と DECnet-Plus です。 OpenVMS Alpha Version 7.3-2 をインストールする際には,両方の製品の新しいバージョンをインストールしなければなりません ( 第 1.9.5 項 を参照)。

AUTOGEN は,SYS$SYSTEM:NEWPARAMS.DAT;* というファイルを探します。このファイルには,レイヤード・プロダクトが消費するシステム・リソースの量を示す, SYSGEN パラメータの変更が入っています。ソフトウェア・インストール・キットは,インストールされるソフトウェアの要件を満たすために,システム・マネージャに MODPARAMS.DAT を変更させる代わりに, NEWPARAMS.DAT ファイルを用意します。詳細は,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』の AUTOGEN の章を参照してください。

4.3 DECdtm サービス

ここでは,DECdtm サービスに関する問題と制限について説明します。

4.3.1 Oracle® 8i および 9i での DECdtm/XA (Alpha のみ)

V7.3-2

DECdtm/XA を使用して Oracle 8i/9i XA 準拠リソース・マネージャ (RM) のトランザクションを調整する場合は, XA switch (xaoswd) の動的登録は使用しないでください。動的登録をサポートしている Version 9.0.1.0.0 の Oracle 共有ライブラリは,動作しません。必ず静的登録 XA switch (xaosw) を使用して, Oracle RM を DECdtm/XA Veneer にバインドしてください。

DECdtm/XA V2.1 Gateway は,クラスタ単位のトランザクション回復をサポートするようになりました。クラスタ単位の DECdtm Gateway Domain Log を使用するアプリケーションのトランザクションは,単一ノード障害から回復できるようになりました。残りのクラスタ・ノードで実行されているゲートウェイ・サーバは,障害の発生したノードの代わりに,トランザクション回復プロセスを起動できます。

4.3.2 IPC-E-BCKTRNSFAIL エラー・メッセージ

V7.3

ここでは,ACMS ユーザ,場合によっては Rdb ユーザ,および DECdtm を呼び出して,次の特徴を持つリモート・システムとの分散トランザクションに参加するユーザ作成アプリケーションを実行しているユーザに関する注意事項を説明します。

  • ネットワーク接続が,HP DECnet-Plus for OpenVMS である。

  • ノードが IP ルータだけを使用して接続されている。

DECnet によって返される,次のようなエラーが発生することがあります。


IPC-E-BCKTRNSFAIL, failure on the back translate address request 

このエラーは,リモート・ノード名が DECnet-Plus によって変換されない場合に,論理接続障害によって表示されます。リモート・システムの DECnet-Plus ノード名がローカルな DECnet-Plus データベースに定義されておらず,リモート・ノードの TCP/IP ネーム・サーバで ALIAS としてのみ定義される場合に,このエラーが発生することがあります。たとえば,ノード XXYZZY は,次のように定義することができます。


20.43.136.54    XXYZZY.ABC.DEF.COM, XXYZZY 

この状況を回避するには,ノード名をローカルな DECnet-Plus データベースに定義するか,または論理名 SYS$DECDTM_NODE_NAME を次のいずれかと等しくなるように定義します。

  • システム・パラメータ SCSNODE の値

  • DECnet-Plus 単純名

  • TCP/IP 別名 (上の例にあるように,XXYZZY のような 6 文字からなるノード名)

他の必要条件や制限事項については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』の DECdtm Services の管理についての説明を参照してください。

4.4 ECP Data Collector と Performance Analyzer V5.4D

V7.3-2

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 向けの Enterprise Capacity and Performance (ECP) Data Collector と Enterprise Capacity and Performance (ECP) Analyzer の推奨バージョンは, Version 5.4D です。 ECP Data Collector と ECP Performance Analyzer はどちらも OpenVMS Version 6.2 以降のバージョンと下位互換性があります。

4.5 EDIT/FDL: 推奨バケット・サイズの変更

V7.3

OpenVMS Version 7.3 より前のバージョンでは,EDIT/FDL の実行時に計算されるバケット・サイズ (最大バケット・サイズは 63) が,常に最も近いディスク・クラスタのバウンダリに切り上げられていました。そのため,ディスク・クラスタ・サイズが大きい場合に,ファイルの元々のバケット・サイズは小さいが,バケット・サイズが必要以上に大きく切り上げられるという問題が発生することがありました。バケット・サイズが大きくなるほど,レコードとバケット・ロックの争奪が増加し,性能に大きく影響します。

OpenVMS Version 7.3 以降では,推奨バケット・サイズを計算するためのアルゴリズムが変更され,ディスク・クラスタが大きい場合に,より妥当なサイズが提案されます。

4.6 Error Log Viewer (ELV) ユーティリティ

ここでは,OpenVMS 用 Error Log Viewer (ELV) ユーティリティの注意事項をまとめます。

4.6.1 OpenVMS Version 7.2 〜 7.3-1 からのエラー・ログ・ファイルの変換

V7.3-2

ELV TRANSLATE コマンドを使用して, OpenVMS Version 7.2 〜 7.3-1 を実行しているシステム上で作成されたエラー・ログ・ファイルを調べる際に,ある種のイベントの変換後,次のメッセージが表示されることがあります。


 
%ELV-E-B2TNOTFND, valid bit-to-text translation data not found 
-ELV-W-NODNOTFND, bit-to-text node not found 
 

これらのメッセージは,OpenVMS Version 7.3-1 と 7.3-2 の間のエラー・ログ・ファイルのフォーマットの軽微な変更によるもので,無視して構いません。影響を受けるイベントも,その他の点では正しく変換されます。

4.6.2 TRANSLATE コマンドでの /PAGE 修飾子の使用

V7.3-2

TRANSLATE コマンドで /PAGE 修飾子を使用してレポートを参照している際にメッセージが通知された場合,表示が乱れることがあります。この問題を回避するには,Ctrl/W を使用して,表示をリフレッシュします。

メッセージが通知された直後に Ctrl/Z を押すと,プログラムが突然終了します。この問題を回避するには,通知されたメッセージを越えてスクロールした後に Ctrl/Z を押します。

4.7 拡張ファイル・キャッシュ (XFC) 修復キット

V7.3-2

Version 7.3 で XFC を無効にする原因となった問題は, Version 7.3-1 で解決されました。データの破損とシステムのハングを引き起こす問題は修正され,同時に XFC の性能も向上しました。 XFC を有効にすることをお勧めします。

XFC が割り当てるメモリの最小容量が約 0.25MB から 3.2MB へ拡張されました。 3.2MB は VIOC のデフォルト値と同じです。

OpenVMS Version 7.3 の XFC キットが利用可能です。これには OpenVMS Version 7.3-1 に組み込まれている XFC のすべての修正が含まれています。

OpenVMS Alpha または OpenVMS VAX の以前のバージョンを含む OpenVMS Cluster システムを使用し, OpenVMS Version 7.3 以降で XFC を使用したい場合は, OpenVMS の以前のバージョンを実行しているシステムに,修正キットをインストールする必要があります。必要なキットについては, 第 4.13.1 項 を参照してください。

警告

これらの修正キットでは, XFC の前身である VIOC のキャッシュ・ロック・プロトコルのエラーが修正されるため,古いバージョンのキャッシュを新しい XFC で安全に操作することができます。修正キットの機能を使用しないと,システムまたはプロセスがハングする場合があります。



ここでは,外部認証に関する注意事項をまとめます。外部認証は OpenVMS Version 7.1 で導入されたオプションの機能であり,この機能を利用すると,OpenVMS システムは外部のユーザ ID とパスワードを使用して,指定されたユーザを認証できます。外部認証についての詳細は,『OpenVMS Guide to System Security』を参照してください。

4.8.1 DECterm 端末セッションでの SET PASSWORD の動作

V7.2

DECterm 端末セッションでは,ログインで使用する外部ユーザ名にアクセスすることができず, SET PASSWORD 操作で外部ユーザ名を入力しなければなりません。外部ユーザ名のデフォルトは,プロセスのOpenVMS ユーザ名です。デフォルトが適切でない場合 ( つまり,外部ユーザ名とマッピングされた OpenVMS ユーザ名が異なる場合 ),正しい外部ユーザ名を入力しなければなりません。

次の例に,外部ユーザ名が JOHN_DOE であるユーザが開始したSET PASSWORD 操作を示します。マッピングされた OpenVMS ユーザ名は JOHNDOE であり,これは SET PASSWORD 操作で使用されるデフォルトです。この場合,デフォルトは正しくないので,実際の外部ユーザ名がユーザによって指定されています。


$ set password 
External user name not known; Specify one (Y/N)[Y]? Y 
External user name [JOHNDOE]: JOHN_DOE 
Old password: 
New password: 
Verification: 
%SET-I-SNDEXTAUTH, Sending password request to external authenticator 
%SET-I-TRYPWDSYNCH, Attempting password synchronization 
$ 



4.8.2 ワークステーションではパスワードの有効期限切れは通知されない

V7.1

LAN Manager ドメインでは,パスワードの有効期限が切れた後,ログインすることはできません。

PC のユーザには,外部ユーザ・パスワードの有効期限が間もなく切れることが通知されるので,有効期限が切れる前にパスワードを変更できます。ところが,外部認証を使用して OpenVMS ワークステーションからログインする場合,ログイン・プロセスは外部パスワードの有効期限が間もなく切れるかどうか判断できません。したがって,パスワードの有効期限が設定されていて,ユーザの大半が PC を使用していないサイトでは,ワークステーション・ユーザに対して外部認証を使用しない方が賢明です。

4.9 INITIALIZE コマンド: 不正なメッセージの出力

V7.3-2

エラーにより, %INIT-I-LIMITCHANGED メッセージとともに,誤ったメッセージが表示されます。 %INIT-I-LIMITCHANGED メッセージは,INITIALIZE/LIMIT で指定した値が, INITIALIZE によって無効になることをユーザに知らせます。

%INIT-I-LIMITCHANGED メッセージが表示されたら, /LIMIT 修飾子に指定した値をチェックしてください。この値は,ディスクの物理サイズ以上でなくてはなりません。 INITIALIZE は,/LIMIT の値が小さすぎた場合,もっと大きな値を使用します。 INITIALIZE は正常に完了し,ディスクは適切にマウントされます。このメッセージは無視しても構いませんが,コマンドを再入力して, /LIMIT により大きな値を指定するか,値なしで /LIMIT を指定することもできます。値を指定しない場合は,ディスクの最大拡張サイズが設定されます。

/LIMIT についての詳細は,オンライン・ヘルプ,または『OpenVMS DCL ディクショナリ』の INITIALIZE/LIMIT コマンドの説明を参照してください。

4.10 ロック・マネージャ: 高速ロック再マスタリングと PE1

V7.3

OpenVMS 分散ロック・マネージャには,ロック再マスタリングという機能があります。ロック再マスタリングとは,リソース・ツリーのロック・マスタの権利をクラスタ内にある別のノードに移動することです。ロック・ツリーのマスタになるノードは,クラスタ内の別のノードとのやり取りが不要なため,ローカルなロック要求をより高速で処理することができます。ほとんどのロック処理を実行するノードにロック・ツリーがあると,システム全体の性能が向上します。

OpenVMS Version 7.3 より前のバージョンで,ロック再マスタリングを実行すると, 1 つのローカル・ロックにつき 1 つのメッセージがすべてのノードから新しいマスタに送信されていました。このため,非常に大規模なロック・ツリーの場合には,ロック再マスタリング処理を実行するために膨大な時間が必要でした。しかも,この処理中には,ロック・ツリーに対するすべてのアプリケーションのロックが停止されました。

OpenVMS Version 7.3 以降では,ロック・データの新しいマスタへの送信は,非常に大規模な転送で実行されます。これはより効率的な処理であり, 1 つのロック・ツリーを 3〜20 倍速く移動することができるようになります。

ロック再マスタリングの大規模転送を使用することができるのは, OpenVMS Version 7.3 以降のバージョンを実行しているノードだけです。 OpenVMS Version 7.3 以降のノードとそれより前のバージョンを実行しているノードとの間の再マスタリングでは,引き続き 1 つのロックにつき 1 つのメッセージを送信する必要があります。

PE1 システム・パラメータを使用して,再マスタリングの対象となりうるロック・ツリーのサイズを制限している場合には,その値を増やして大規模なロック・ツリーを移動できるようにするか,その値をゼロ (0) に設定してどのようなサイズのロック・ツリーでも移動できるようにします。

4.11 Logical Disk (LD) ユーティリティ: RMS 使用時のエラー

V7.3-2

Logical Disk (LD) ユーティリティの機能によって,論理ディスクを使用しているエンド・ユーザで問題が発生することがあります。この問題は,LD ユーティリティを使用していれば,どのバージョンの OpenVMS でも発生する可能性があります。

LD ユーティリティは,ディスクに対して操作しているときに,コンテナ・ファイルのキャッシュをバイパスします。 RMS がコンテナ・ファイルの読み取りや書き込みに使用される場合,ファイルへの接続と,その後の書き込み中の論理ディスクへの接続に LD ユーティリティが使用されると, RMS は古いデータを持つことになります。

この問題は,LD ユーティリティを使用して, CD-ROM に焼き付けるイメージを作成する場合に,主に発生します。

この問題を回避するには,次の DCL コマンドを実行して, LD ユーティリティ用のコンテナ・ファイルとして使用されるファイルのキャッシュをオフにします。


$ SET FILE/CACHING_ATTRIBUTE=NO_CACHING CONTAINER_FILE.DSK 

この DCL コマンドは,CDRECORD.COM コマンド・プロシージャの一部としては実行されません。このため, CDRECORD.COM で作成した論理ディスクのコンテナ・ファイルを再使用する場合は,このコマンドを使用してキャッシュをオフにしてください。

4.12 MAIL ユーティリティ: ドキュメントの訂正

V7.3-2

『OpenVMS システム管理者マニュアル』の「オペレーティング・システムのカスタマイズ」の章にある「MAIL のカスタマイズ」の項で, MAIL$SYSTEM_FLAGS 論理名に対する 2 つの値 (8 と 16) が,誤って VAX 専用と記載されています。これらの値は,Alpha システムにも有効です。

4.13 OpenVMS Cluster システム

ここでは,OpenVMS Cluster システムに関する注意事項をまとめます。

4.13.1 クラスタの互換性のために必要なパッチ・キット

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3-2 システムを既存の OpenVMS Cluster システムに導入する前に,以前のバージョンの OpenVMS を実行しているシステムに,パッチ・キット (修正キットとも呼ばれます) を適用しなければなりません。 Fibre Channel,XFC,または Volume Shadowing を使用している場合は,追加のパッチ・キットも必要です。これらのキットは,各バージョンに固有のものです。

表 4-1 に,パッチ・キットが必要な機能と,そのパッチ・キット名を示します。各パッチ・キットには,同じ名前の,対応する readme ファイルがあります (ファイル拡張子は .README です)。

次の Web サイトから,パッチ・キットをダウンロードしてください (「OpenVMS」パッチ・キットを選択します)。または,弊社のサポート担当者に連絡して,ご使用のシステムに合った媒体でパッチ・キットを入手してください。


http://H28007.www1.hp.com/support/files/index.html    

注意

パッチ・キットは,必要に応じて,定期的にアップデートされます。各機能に対する最新のパッチ・キット (キットの readme ファイルにバージョン番号が示されています) を必ず使用してください。各キットの最新バージョンは,Web サイトに掲載されているバージョンです。

表 4-1 クラスタの互換性のために必要なパッチ・キット
機能 ファイル名
OpenVMS Alpha Version 7.3-1
DECnet-Plus を除く,すべてのパッチ・キットを持つアップデート・キット DEC-AXPVMS-VMS731_UPDATE-V0100
DECnet-Plus DEC-AXPVMS-DNVOSIECO02-V0703-1-4.PCSI
OpenVMS Alpha Version 7.3
DECnet-Plus を除く,すべてのパッチ・キットを持つアップデート・キット DEC-AXPVMS-VMS73_UPDATE-V0200--4.PCSI
DECnet-Plus DEC-AXPVMS-DNVOSIECO03-V0703--4.PCSI
OpenVMS VAX Version 7.3
Audit Server VAXAUDS01_073
Cluster VAXSYSL01_073
DECnet-Plus VAXVMS-DNVOSIECO02-V0703--4.PCSI
DECwindows Motif VAXDWMOTMUP01_073
Files 11 VAXF11X02_073
MAIL VAXMAIL01_073
MOUNT VAXMOUN01_073
RMS VAXRMS01_073
Shadowing VAXSHAD01_073
System VAXSYS01_073
OpenVMS Alpha Version 7.2-2
次のキットを除く,すべてのパッチ・キットを持つアップデート・キット DEC-AXPVMS-VMS722_UPDATE-V0100-4.PCSI
Cluster DEC-AXPVMS-VMS722_DRIVER-V0300--4.PCSI
DECnet-Plus DEC-AXPVMS-DNVOSIECO06-V0702--4.PCSI
OpenVMS VAX Version 7.2
次のキットを除く,すべてのパッチ・キットを持つアップデート・キット VAXUPDATE01_072
Audit Server VAXAUDS01_072
Backup Utility VAXBACK02_072
CLI Utility VAXCLIU03_072
C RTL VAXACRT02_072
DCE DEC-VAXVMS-VAX_DCEECO_015_1-V0100--4.PCSI
DECnet-Plus DEC-VAXVMS-DNVOSIECO06-V0702--4.PCSI
DECwindows Motif VAXDWMOTMUP01_072
Fibre Channel VAXDRIV02_072
Files 11 VAXF11X04_072
LAT VAXLAT01_072
LIBRTL VAXLIBR01_072
MANAGE VAXMANA01_072
MIME VAXMIME02_072
Mutex Release Error VAXDUP01_072
ODS1 VAXODS1_01_072
PCSI DEC-VAXVMS-VMS72_PCSI-V0101--4.PCSI
PThreads VAXPTHR01_072
RMS VAXRMS02_072
Volume Shadowing VAXSHAD03_072
XFC/VCC 互換性サポートと論理名 VAXSYS03_072


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項