日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 3 章
一般ユーザ向けのリリース・ノート

この章では, OpenVMS オペレーティング・システムのすべてのユーザのための情報をまとめます。一般に使用するコマンドとユーティリティに関する情報が含まれています。

オペレーティング・システムのこのバージョンで提供される新機能については,『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 新機能説明書』を参照してください。

3.1 OpenVMS Freeware CD-ROM

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3-2 CD-ROM キットには, OpenVMS Freeware Version 6.0 CD-ROM が付属しています。 Freeware CD-ROM には,アプリケーションを作成し, OpenVMS システムを管理するためのフリー・ソフトウェア・ツールとユーティリティが収録されています。

Freeware CD-ROM をマウントするには,CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入し,マウントするフリーウェア・ボリュームに合わせて次のコマンドを入力します。フリーウェアの詳細については,FREEWARE_README.TXT ファイルを参照してください。

Freeware Volume 1:


$ MOUNT ddcu: FREEWARE60_1 
$ TYPE DISK$FREEWARE60_1:[FREEWARE]FREEWARE_README.TXT 

Freeware Volume 2:


$ MOUNT ddcu: FREEWARE60_2 
$ TYPE DISK$FREEWARE60_2:[FREEWARE]FREEWARE_README.TXT 

これらの MOUNT コマンドでは,ddcu の指定は, OpenVMS システム上の CD-ROM デバイスのデバイス名です。

システムで使用している CD-ROM 装置の名前が分からない場合は,次のコマンドを使用して名前を見つけます。


$ PIPE SHOW DEV DK/FULL | SEARCH SYS$INPUT RRD 

適切な CD-ROM ディスクをマウントしたら, DIRECTORY などの標準の DCL コマンドを使用して,キット・ディレクトリに直接アクセスできます。または,次のコマンドを使用して,ボリュームの Freeware メニューを表示することができます。


$ @ddcu:[FREEWARE]FREEWARE_MENU 



3.2 オンライン・ヘルプのトピック名の変更

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3 では,新しい類似のトピック名と区別するため, 4 つの従来のオンライン・ヘルプのトピック名が変更されました。この後,名前の始めの部分が他のトピック名と同じである独立したトピックをオンライン・ヘルプで区別できるように, OpenVMS ライブラリアンが変更されました。この変更により,この 4 つのトピック名が,元の,短い名前に戻されました。次の表に,名前の変更と,関連ルーチンのヘルプ・トピックの名前を示します。

V7.3 〜 V7.3-1
のトピック名
V7.3-2 と,V7.3より
前のトピック名
関連ルーチンのトピック名
BACKUP_Command BACKUP BACKUP_API
FDL_Files FDL FDL_Routines
MAIL_Command MAIL MAIL_Routines
NCS_Command NCS NCS_Routines

これらの短い名前のヘルプ・トピックについては,関連ルーチンの長いトピック名と区別するために,名前全体を入力しなければなりません。トピック名全体を入力しないと,ヘルプ・ライブラリアンは,コマンドのショートカットと関連ルーチンのショートカットを区別できません。ルーチンのヘルプを指定するには,トピック名の始めから下線までの文字を入力しなければなりません。

3.3 COPY コマンドの性能

V7.3-2

コピー操作の性能を改善するために, COPY コマンドが使用する I/O サイズのデフォルトが, 64 ブロックから 127 ブロックに増やされました。この変更により,コピー操作の実行に必要な I/O と CPU 時間の両方が,大幅に削減されました。

PGFLQUOTA が小さい場合,RMS がバッファを割り当てるときに, RMS$_DME エラーが発生することがあります。この問題を解決するには, PGFLQUOTA のサイズを大きくしてみてください。

3.4 ATI RADEON 7500 グラフィック

本リリースには,ATI RADEON 7500 グラフィックのサポートが含まれています。 OpenVMS Version 7.3-2 でサポートされている機能については,『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 新機能説明書』を参照してください。また, 第 6.9 節 のリリース・ノートを参照してください。

3.5 HP Secure Web Browser: 必要メモリ量の増加

V7.3-1

OpenVMS ワークステーションで, Mozilla ベースの HP Secure Web Browser (SWB) を使用している場合は, 128 MB 以上のメモリが必要です。ただし,処理を安定させるために,メモリを 256 MB にすることをお勧めします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項