日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引



V7.3-2

DECwindows Motif for OpenVMS Alpha Version 1.3-1 で用意されている言語バリアントは,ヘブライ語と日本語だけです。

DECwindows Motif で別の言語バリアントが必要な場合は,弊社のサポート担当者に連絡して,その言語バリアントが用意されている以前のバージョンを確認するか,ソフトウェアの変換方法について相談してください。

2.12.5 インストールに必要なシステム・パラメータ値

V7.3-1

設定したシステム・パラメータ GBLPAGES,FREE_GBLPAGES,および CLISYMTBL の値が小さすぎると,DECwindows Motif for OpenVMS Version 1.3 以降のインストール・プロシージャが失敗することがあります。

インストールが失敗すると,次のエラー・メッセージが表示されます。


%SYSTEM-W-NOSUCHFILE, no such file 
\sys$library:decw$xlibshr.exe\

インストールが失敗した場合には,これらのパラメータに,次の表に示す値以上を設定し,製品を再インストールします。

  GBLPAGES FREE_GBLPAGES CLISYMTBL
Alpha 150000 92000 512
VAX 62000 47000 265



2.13 MultiNet Version 4.3

V7.3

DCE と Process Software Multi Net Version 4.3 (またはそれ以前) を使用するユーザは, Process Software から UCXDRIVER-041_a043 (またはそれ以降) の ECO をインストールする必要があります。 MultiNet Version 4.4 には,この修正が含まれています。

最新のパッチと使用中のバージョンに対応したパッチは,次の Web サイトからダウンロードするか, Process Software の技術サポートに連絡して入手してください。


http://www.multinet.process.com/eco.html 



2.14 Pascal

ここでは,HP Pascal のリリース・ノートをまとめます。

2.14.1 STARLET ライブラリの作成には V5.8A が必要

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3-2 の変更により, V5.8A より前のバージョンの Pascal では,インストール中に STARLET ライブラリ・ファイルを作成できません。

STARLET ライブラリ・ファイルを作成してインストールするかという質問に "NO" とこたえると,OpenVMS Version 7.3-2 上に,以前のバージョンの Pascal をインストールできます。また,以前にインストールされた Pascal コンパイラと,以前に作成された STARLET ライブラリ・ファイルは,古い OpenVMS システムを Version 7.3-2 にアップグレードした後も動作します。

OpenVMS Version 7.3-2 で動作しないのは, Pascal のインストールの,STARLET ライブラリ作成の部分だけです。 Pascal V5.8A キットには, STARLET ライブラリ・ファイルを OpenVMS Version 7.3-2 上で正しく構築する拡張インストール・プロシージャが含まれています。

Pascal V5.8A は,最新のコンソリデーテッド・レイヤード・プロダクト CD-ROM で入手できます。

2.14.2 アップグレード後の HP Pascal のインストール

V7.3

この注意事項は,すべてのバージョンの HP Pascal と,すべてのバージョンの OpenVMS オペレーティング・システムにあてはまります。

OpenVMS のアップグレード後,HP Pascal を再インストールして,新しいバージョンの STARLET.PAS ファイルと他の定義ファイルを作成し,アップグレード後のシステムと一致させなければなりません。

OpenVMS のアップグレード後に HP Pascal を再インストールしない場合でも,コンパイラは正しく起動しますが,STARLET.PAS ファイルと他の定義ファイルに, OpenVMS のアップグレードで提供される新しい定義や修正後の定義が含まれません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項