日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引


$ SET SERVER REGISTRY/START 


クラスタ内の一部のノードだけをアップグレードし,アップグレード済みノードのレジストリ・サービスに切り替えることもできます。その場合はまず上記の手順 1 〜 6 により,クラスタ内の残りの OpenVMS Version 7.2-1 および 7.2-1H1 ノードで,レジストリ・サーバ,レジストリ・サービスを使用中のアプリケーションをシャットダウンします。そしてアップグレードされたノード上のレジストリ・サーバを起動します。

  • 次のコマンドを実行し,レジストリが機能していることを確認します。


    $ REG$CP :== $REG$CP 
    $ REG$CP LIST KEY HKEY_LOCAL_MACHINE 
    


    後のコマンドでは, HKEY_LOCAL_MACHINE ルート・キーのサブ・キーが 4 つ以上表示されます。 HKEY_USERS ルート・キーについてもこのコマンドを繰り返し実行します。この場合,1 つ以上のサブ・キーが表示されます。

    注意

    例外的にレジストリが動作しない場合は,『COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide』の手順に従って,スナップショット・ファイルからデータベースを復元します。この手順が失敗した場合,SYS$REGISTRY ディレクトリのファイルをすべて削除するか,ディレクトリ名を変更し,SYS$STARTUP:REG$CONFIG を起動して,レジストリ・サーバを再構成します ( 詳細は『COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide』を参照)。その後で,手順 3 で保存したデータベース・ファイルをインポートします。

  • 次のコマンドを実行し,他のアップグレード済みノードのバックアップ・レジストリ・サーバを起動します。


    $ SET SERVER REGISTRY/START 
    

  • SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM ファイルの "TO_BE_STARTED" 論理名定義と SYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM ファイルの Advanced Server の起動に関する変更を元に戻します。
    一部のノードだけをアップグレードする場合,手順 6 の説明のとおり,クラスタ内の残りの OpenVMS Version 7.2-1 ノードで, SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM ファイル内の適切な "TO_BE_STARTED" 論理名定義をコメント・アウトするか FALSEを設定し, SYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM ファイル内の Advanced Server のスタートアップをコメント・アウトするか削除します。

  • アップグレード済みノードで,Advanced Server,COM for OpenVMS,およびレジストリを使用するその他のアプリケーションを,順に再起動します。



    1.9.11 SSL: HP SSL V1.1-A のインストール

    V7.3-2

    OpenVMS Alpha システムにインストールされている SSL のバージョンが HP SSL V1.1-A よりも古い場合,オペレーティング・システムを OpenVMS Version 7.3-2 にアップグレードし, TCP/IP Services for OpenVMS をインストールした後で, HP SSL V1.1-A にアップグレードしなければなりません。 (SSL には TCP/IP サービスが必要なため,システムのアップグレードまたはインストール時には,必ず TCP/IP を選択してください。) HP SSL V1.1-A キットは,レイヤード・プロダクト CD-ROM に収められています。詳細は,『HP Open Source Security for OpenVMS, Volume 2: HP SSL for OpenVMS』を参照してください。

    1.9.12 System Event Analyzer (SEA) ユーティリティ

    V7.3-2

    System Event Analyzer (SEA) for OpenVMS を実行している場合は, OpenVMS Version 7.3-2 を実行しているシステム上で作成されたエラー・ログ・ファイルを分析するためには, SEA Version 4.2 以降にアップグレードしなければなりません。以前のバージョンの SEA では, OpenVMS Version 7.3-2 が稼働しているシステムで作成されたエラー・ログ・ファイルを分析することはできません。

    オペレーティング・システムの要件と, SEA でサポートされているハードウェアについての詳細は,『WEBES Installation Guide』を参照してください。このドキュメントは次の Web サイトで,他の WEBES ドキュメントと一緒に掲載されています。


    http://H28023.www1.hp.com/support/svctools/webes/ 
    


    目次 索引

  • 印刷用画面へ
    プライバシー 本サイト利用時の合意事項