日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha | HPE 日本

OpenVMS Alpha
V7.3-2 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 1 章
OpenVMS Alpha ソフトウェアのインストールおよびアップグレードに関するリリース・ノート

この章では,OpenVMS Alpha Version 7.3-2 オペレーティング・システムのインストールやアップグレードに必要な情報について説明します。

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 のインストールまたはアップグレード前に次のマニュアルをすべてお読みください。

  • 『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 リリース・ノート[翻訳版]』 (本書)

  • 『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 新機能説明書』

  • 『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 Upgrade and Installation Manual』

また,ハードウェアのリリース・ノートについては 第 6 章 ,関連製品については 第 2 章 を参照してください。

1.1 弊社ソフトウェアのテクニカル・サポート方針

V7.3-2

弊社では,OpenVMS オペレーティング・システム・ソフトウェアの最新版 (現在出荷されているバージョン) と,直前のバージョンの製品について,ソフトウェアのテクニカル・サポートを行います。各バージョンは,リリース日より 24 カ月間,または次の次のバージョンがリリースされるまでの期間 (いずれか長い方),サポートされます。「バージョン」は,新しい機能と拡張を含むリリースと定義されます。サポート方針としては,パッチ・キットやメンテナンス専用のリリースは,この「バージョン」の定義に当てはまりません。

これらのガイドラインに基づいて,OpenVMS のバージョンごとに, OpenVMS オペレーティング・システム・ソフトウェアの,現行バージョン・レベルのサポート (標準サポート (SS)) と旧バージョンのサポート (PVS) が行われます。 OpenVMS Alpha と OpenVMS VAX の最近のバージョンに対する現在のサポート・レベルは,オンラインで参照できます。最新のサポート情報は,次の Web ページで入手してください。


http://H28005.www1.hp.com/services/software/ss_openvms.html 

オペレーティング・システムのサポート方針は,すべての OpenVMS メジャー・リリース,新機能リリース,および拡張リリースに適用されます。各リリースの定義は,次のとおりです。

  • メジャー・リリースには,根本的な新機能が含まれます。バージョン番号の整数部分に,次に大きい数字が使用されます (例: 6.2-1H1 から 7.0 へ)。
    アプリケーションへの影響: OpenVMS の内部インタフェースが変更されています。大半のアプリケーションではバイナリ互換性が維持されますが,独立系ソフトウェア・ベンダ (ISV) は,新しいバージョンでテストを行い,場合によっては新しいアプリケーション・キットをリリースする必要があります。アプリケーション・パートナは,オペレーティング・システムの新しい機能を活用するために,新しいアプリケーション・キットをリリースすることもできます。

  • 新機能リリースには,新機能,拡張機能,およびメンテナンス上の更新が含まれます。バージョン番号の小数第 1 位に,次に大きい数字が使用されます (例: 7.2 から 7.3 へ)。
    アプリケーションへの影響: このリリースでは,公開されたアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) は廃止されません。ただし,重要な新機能の追加や性能の向上により, OpenVMS の内部インタフェースが変更されていることがあります。マニュアルに記載されている API を使用するアプリケーションのほとんど (95%) については,新しいアプリケーション・キットは不要です。デバイス・ドライバとカーネル・レベルのアプリケーション (標準で規定されていない API または説明されていない APIを使用するアプリケーション) については,適合性テストが必要になることがあります。

  • 拡張リリースには,既存の機能に対する拡張機能やメンテナンス上の更新が含まれます。バージョン番号のダッシュ (-) 以降に,次に大きい数字が使用されます (例: 7.3-1)。
    アプリケーションへの影響: このリリースには,新しいハードウェア・サポート,ソフトウェアの拡張機能,およびメンテナンス上の更新が含まれていますが,この変更は公開された API を使用するアプリケーションに影響を及ぼしません。 ISV では新しいリリースをテストしたり,新しいアプリケーション・キットを作成したりする必要はありせん。

  • ハードウェア・リリースは,特定のハードウェア・サポートを含む次のリリースが出されてから 12 カ月間,現行バージョン・レベルでサポートされます。ハードウェア・リリースは,新しいハードウェアを購入いただいた場合にのみ送付されます。サービス契約だけの場合は,ご利用いただけません。

OpenVMS の次の主な製品は,同時に出荷されたオペレーティング・システムのバージョンと同じ期間だけ同じレベル (標準サポートまたは旧バージョンのサポート) でサポートされます。

  • HP Advanced Server for OpenVMS

  • HP DECnet (フェーズ IV)

  • HP DECnet-Plus for OpenVMS

  • HP OpenVMS Cluster Client Software

  • HP OpenVMS Cluster Software for OpenVMS

  • HP PathWorks または HP PATHWORKS for OpenVMS

  • HP RMS Journaling for OpenVMS

  • HP TCP/IP Services for OpenVMS

  • HP Volume Shadowing for OpenVMS

  • HP X.25 for OpenVMS

これらの製品には,個別のサポート契約が必要です。オペレーティング・システムのサポート契約には含まれていません。

1.2 アプリケーションの互換性

OpenVMS では,公開された API は,どのリリースでも一貫してサポートされます。通常,公開された API を使用するアプリケーションで OpenVMS の新しいリリースをサポートするために変更が必要になることはありません。廃止された API は,マニュアルから削除されますが,OpenVMS では引き続きAPIとして使用できます。

1.3 OpenVMS Alpha Version 7.3-2 のファームウェア

V7.3-2

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 は, Alpha Systems Firmware CD-ROM Version 6.5 に収められているプラットフォーム固有ファームウェアでテストされています。ファームウェア CD-ROM に含まれなくなった古いプラットフォームについては, OpenVMS Version 7.3-2 は,最新のファームウェア・バージョンでテストされています。 OpenVMS をアップグレードする前に,最新のファームウェアにアップグレードすることをお勧めします。

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 CD-ROM パッケージには, Alpha Systems Firmware CD-ROM とリリース・ノートが同梱されています。ファームウェアをインストールする前にリリース・ノートに目を通してください。

AlphaServer ES47/ES80/GS1280 システムでは, Alpha Systems Firmware Version 6.6 以降を使用してください。 Version 6.6 と,最新のファームウェアの情報については,次の Web サイトを参照してください (URL の大文字と小文字は区別されます)。


ftp://ftp.digital.com/pub/Digital/Alpha/firmware/ 


http://ftp.digital.com/pub/Digital/Alpha/firmware/ 



1.4 アップグレード・パス

V7.3-2

バージョン 7.3-2 へのアップグレード

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 に 直接アップグレードできるのは, OpenVMS Alpha の次のバージョンだけです。

Version 7.3-1
Version 7.3
Version 7.2-2
Version 7.2-1
Version 7.2-1H1
Version 7.2

現在,OpenVMS Alpha Version 6.2x 〜 7.1x を実行している場合は, 2 段階の手順でアップグレードしなければなりません (まず Version 7.2-2 または 7.3 にアップグレードし,次に Version 7.3-2 にアップグレードします)。これ以外のサポートされていないバージョンの OpenVMS を実行している場合は,以前のバージョンのドキュメントに記載されているアップグレード・パスを使用して,複数のアップグレードを行わなければなりません。

クラスタの同時アップグレード

クラスタを一度にアップグレードする場合には,クラスタ全体をシャットダウンして,各システム・ディスクをアップグレードします。各コンピュータでアップグレードとその後のリブートが完了するまでクラスタを使用することはできません。各コンピュータがリブートされると,各コンピュータではアップグレード後のオペレーティング・システムが実行されます。

クラスタのローリング・アップグレード

クラスタをローリング・アップグレードする場合は,各システム・ディスクを個別にアップグレードします。この場合,新旧バージョンのオペレーティング・システムを同じクラスタ内で同時に実行できます (複合バージョン・クラスタ)。ただし,システム・ディスクが複数必要です。アップグレード中でないシステムは,使用可能です。

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 を含む複合バージョン・クラスタでサポートされる OpenVMS Alpha と OpenVMS VAX のバージョンは,次のとおりです。

Version 7.3-1 (Alpha)
Version 7.3 (Alpha と VAX)
Version 7.2-2 (Alpha)
Version 7.2 (VAX)

クラスタ環境でアップグレードを行う場合は, OpenVMS Alpha オペレーティング・システムの Version 7.2-2,7.3,および 7.3-1 からのローリング・アップグレードがサポートされています。クラスタ内にこの他のバージョンが存在する場合,それらのバージョンを,サポートされているバージョンにアップグレードするまで,ローリング・アップグレードはできません。

これらのバージョンの一部では,レジストリ・サーバや,レジストリ・サービスを使用するアプリケーションを実行中のクラスタ・メンバに対して,複合バージョンのサポートに制限が課せられます。 第 1.9.10 項 を参照してください。

これらすべてのバージョンで複合バージョンをサポートするには,修正キットをインストールする必要があります。詳細は, 第 4.13.1 項 を参照してください。

注意

現在 1 つのクラスタでは,アーキテクチャにかかわらず,一度に 2 つのバージョンの OpenVMS の実行のみがサポートされます。

OpenVMS オペレーティング・システムでアップグレードが保証される組み合わせ,移行可能な組み合わせ,OpenVMS Alpha Version 7.3-2 のインストール/アップグレード手順などの詳細は,『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

1.4.1 クラスタのローリング・アップグレード: 『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 Upgrade and Installation Manual』の訂正

V7.3-2

『HP OpenVMS Alpha Version 7.3--2 Upgrade and Installation Manual』の第 5 章の「Cluster Rolling Upgrades」の項に漏れがあります。 OpenVMS Alpha Version 7.3-2 での複合バージョン・クラスタがサポートされるバージョンのリストが不完全です。このリストには,OpenVMS Version 7.2 (VAX) も含まれます。

1.5 ネットワーク・オプション

V7.3-2

OpenVMS では,使用するネットワーク・プロトコルを柔軟に選択できます。 DECnet が必要な場合も,TCP/IP が必要な場合も, OpenVMS ではネットワークにとって最適なプロトコルあるいはプロトコルの組み合わせを選択できます。 OpenVMS では,弊社のネットワーキング製品とサード・パーティのネットワーキング製品のどちらも使用できます。

OpenVMS Version 7.3-2 のインストール手順で,次のサポートされている HP ネットワーキング・ソフトウェアをインストールすることができます。

  • HP DECnet-Plus Version 7.3-2 for OpenVMS または HP DECnet フェーズ IV Version 7.3-2 for OpenVMS (2 つの DECnet 製品をシステムで同時に実行することはできません)
    DECnet-Plus には DECnet フェーズ IV 製品のすべての機能に加えて, TCP/IP または OSI プロトコルを介して DECnet を実行する機能も含まれています。
    Prior Version Support 契約を結ばれているお客様に対しては, DECnet フェーズIV がサポートされます。 Prior Version Support サービスについての詳細は, 第 1.1 節 を参照してください。

  • HP TCP/IP Services for OpenVMS Version 5.4
    TCP/IP Services と DECnet は,システム上で同時に実行できます。システムに HP DECnet-Plus for OpenVMS と TCP/IP Services をインストールすると, DECnet アプリケーション,OSI アプリケーション,またはその両方を, TCP/IP ネットワーク上で実行できます。 TCP/IP 上での DECnet の実行 (RFC 1859),TCP/IP 上での OSI の実行 (RFC 1006) についての詳細は,『DECnet-Plus for OpenVMS Management Guide』を参照してください。

または,OpenVMS をインストールした後で, OpenVMS Version 7.3-2 で動作するサード・パーティ・ネットワーキング製品をインストールすることもできます。

インストールの後で HP ネットワーキング・ソフトウェアを構成したり管理したりする方法については,TCP/IP,DECnet-Plus,または DECnet の各マニュアルを参照してください。オンライン形式のマニュアルは,OpenVMS Documentation CD-ROM で提供されます。印刷物が必要な場合は,弊社へご注文ください。

1.6 修正キットの入手方法

V7.3-2

弊社製品の修正キットは, HP IT リソース・センタ (ITRC) からオンラインで入手できます。 ITRC パッチ・ダウンロード・サイトを使用するには,ユーザ登録とログインが必要です。すぺてのユーザが登録可能で,サービス契約は不要です。次の URL で,登録とログインができます。


http://www2.itrc.hp.com/service/patch/mainPage.do 

また,FTP を使用して,次の場所からパッチを入手することもできます。


ftp://ftp.itrc.hp.com/openvms_patches 



1.7 クラスタでのシステム・スタートアップの障害

V7.3-2

システムのスタートアップ中,システム・ディスクに対して SET VOLUME/SUBSYSTEM が実行されます。この操作は,クラスタ環境でシステム・ディスクがロックされていた場合 (たとえば,再構築操作中),何も表示せずに失敗することがあります。 SET VOLUME/SUBSYSTEM が失敗した場合は,サブシステムを使用可能にするために, SYSTARTUP_VMS.COM の呼び出し後に再試行されます。それでもロックが解放されず,操作が失敗した場合は,次の警告が出力されます。


%STARTUP-W-SUBSYSNOTENA, failed to enable subsystem ACEs on system disk 



1.8 SHADOW_MAX_UNIT のデフォルト設定とメモリ使用量

V7.3-2

この注意事項は,以前の注意事項を更新するものです。以前の注意事項は,このシステム・パラメータのデフォルト設定について説明していましたが,デフォルト設定で消費されるメイン・メモリの量については説明していませんでした。

OpenVMS Alpha Version 7.3 で, HP Volume Shadowing for OpenVMS でのミニコピーがサポートされました。ミニコピー機能の一環として,新しいボリューム・シャドウイング・システム・パラメータ, SHADOW_MAX_UNIT が導入されました。 OpenVMS Alpha システムでは,このシステム・パラメータのデフォルト値は 500 で,メイン・メモリを 24 KB 消費します。 OpenVMS VAX システムでは,デフォルト値は 100 で,メイン・メモリを 5 KB 消費します。

Volume Shadowing for OpenVMS を使用する予定がない場合は,この設定を最小値の 10 に変更することができます (この場合,消費するメイン・メモリは 480 バイトです)。デフォルト値から最小値に変更すると, OpenVMS Alpha システムでは 23.5 KB のメイン・メモリ, VAX システムでは 4.5 KB のメイン・メモリを解放することができます。

注意

SHAD_MAX_UNIT は,静的なシステム・パラメータです。新しい設定値を有効にするには,システムをリブートしなければなりません。

ボリューム・シャドウイングの SHADOW_MAX_UNIT 設定の推奨値については,『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』を参照してください。

1.9 OpenVMS のインストールおよびアップグレードに影響を与える関連製品

この章の残りの部分では,OpenVMS オペレーティング・システムのインストールまたはアップグレードに影響を与える関連製品について説明します。その他の関連製品のリリースノートについては, 第 2 章 を参照してください。

1.9.1 圧縮形式で出荷される製品キット

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3-2 から,オペレーティング・システムの POLYCENTER ソフトウェア・インストール・ユーティリティ・キットと,レイヤード・プロダクト CD-ROM の一部に,圧縮形式で提供されるものがあります。圧縮形式のキットは,ファイル・タイプで識別することができます。

  • 圧縮されたシーケンシャル・キットの拡張子は,.PCSI$COMPRESSED です。

  • 圧縮されていないシーケンシャル・キットの拡張子は,.PCSI です。

圧縮形式のキットは,CD-ROM 上のスペースを節約するために開発されました。その他に,CD-ROM ドライブのスピードが遅いユーザ・システムでは,圧縮キットのインストール時間が少し短縮されるというメリットがあります。これは,CD-ROM ドライブから転送するデータが少なくてすむためです。

ユーザは圧縮キットのインストールを意識する必要はありません。修飾子の指定や,特別な操作は必要ありません。 POLYCENTER ソフトウェア・インストール・ユーティリティは,製品のインストール時に,レコードをその場で展開 (圧縮解除) します。したがって,余分な作業ディスク・スペースは必要ありません。

OpenVMS Version 7.3-2 (およびこれ以降のバージョン) で用意されている POLYCENTER ソフトウェア・インストール・ユーティリティは,圧縮キットと非圧縮キットを交互に扱うことができます。ただし,7.3-2 より前のバージョンの OpenVMS では,適切な POLYCENTER ソフトウェア・インストール・ユーティリティ修正キットがインストールされていなければ,圧縮キット (.PCSI$COMPRESSED) を読み取ることはできません。この修正キットは,OpenVMS Version 7.3-2 の最終版がリリースされる前に,利用可能になる予定です。

圧縮キットの,非圧縮キットへの変換

POLYCENTER ソフトウェア・インストール・ユーティリティ修正キットを以前のシステムにインストールする方法の他に,圧縮キットを非圧縮形式に簡単に変換することができます。 OpenVMS Version 7.3-2 上で PRODUCT COPY コマンドを使用すると, .PCSI$COMPRESSED キットから標準の .PCSI キットを作成して,インストール用としてターゲット・システムに転送することができます。次のようなコマンドを使用して,変換を実行できます。


$ PRODUCT COPY product-name /SOURCE=device:[dir] - 
_$ /DESTINATION=device:[dir] /FORMAT=SEQUENTIAL 

OpenVMS Version 7.3-2 オペレーティング・システムおよびレイヤード・プロダクト CD-ROM で用意されているすべてのキットが,以前のバージョンの OpenVMS にインストールできるわけではありません。製品を以前のバージョンの OpenVMS にインストールする前に,製品のドキュメントを参照してそのキットのインストールがサポートされているかどうかを確認してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項