日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引


大きいバッファ
オブジェクト
    アクセスの制御
オブジェクト・クラス
    セキュリティ・クラス・オブジェクト
オブジェクト・タイプ
    オブジェクト・クラスも参照
オペレータ支援
    BACKUP
会計情報
    イメージ・レベル会計情報の許可 #1
    イメージ・レベル会計情報の許可 #2
会計情報ファイル
    レコード形式
    レコードのコピー #1
    レコードのコピー #2
    レコードのタイプ
    レポート出力 #1
    レポート出力 #2
    レポート出力 #3
会計情報レポート
    簡略レポート
    詳細レポート
    要約レポート
会話型コマンド
    ANALYZE/AUDIT ユーティリティのコマンド・モードも参照
カウンタ
    再設定
    表示
        サービス
        ノード用
        ポート
        リンク用
仮想メモリ
    ビットマップのために必要な
環境
    定義
        SYSMAN ユーティリティ
関係番号
    表示 #1
    表示 #2
    表示 #3
簡潔レポート
    
監査
    ANALYZE/AUDIT ユーティリティも参照
監査 ACE
    アクセスの指定
    属性の指定
監査イベント・フラグ
    セキュリティ監査イベント・フラグも参照
監査データ・パケット
    セキュリティ監査データ・パケットも参照
監査ヘッダ・パケット
    セキュリティ監査ヘッダ・パケットも参照
監査メッセージ
    セキュリティ監査イベント・メッセージも参照
監査レポート
    セキュリティ監査レポートも参照
監査ログ・ファイル
    セキュリティ監査ログ・ファイルも参照 #1
    セキュリティ監査ログ・ファイルも参照 #2
管理環境
    定義
簡略形式リスト
簡略レポート
    
画面
    LATCP からの再表示
キー (キーボード)
    LATCP における定義
    SYSMAN における定義
    定義
    定義の表示
キーの定義
    SYSMAN コマンドの実行
キーパッド定義 #1
キーパッド定義 #2
    SHOW CLUSTER
キーパッド編集
    LK201 固有編集コマンド
    編集コマンド
既知イメージ
    インストール効果の評価
    更新 #1
    更新 #2
    削除 #1
    削除 #2
    作成
    属性
    代入 #1
    代入 #2
    置換
    追加
既知ファイル・エントリ
既知ファイル・リスト
記録ファイル
    MONITOR ユーティリティ
        RLOCK クラス・レコード
        RMS クラス・レコード
        RMS ファイル・レコード
        SCS クラス・レコード
        クラス・ヘッダ
        クラス・レコード
        弊社制御レコード
        コンポーネント・クラスのクラス接頭辞
        システム情報レコード
        説明
        データ・ブロック
        ノード遷移レコード
        ファイル・ヘッダ・レコード
    クラス・タイプ
    入出力クラス・レコード
        MONITOR ユーティリティ
クォータ・ファイル
    エントリの削除 #1
    エントリの削除 #2
    更新
    作成
    適応の再開
    適応の停止
    表示
    変更
クラス
    SHOW CLUSTER
クラス・スケジューラ・データベース
クラスタ性能統計
    MONITOR ユーティリティ
クラス名修飾子
    MONITOR ユーティリティ
        /ALL
        /CPU
        /ITEM #1
        /ITEM #2
        /TOPBCPU
        /TOPBIO
        /TOPDIO
        /TOPFAULT
        /TOPRBS
グループ
    LAT 環境におけるサービスへのアクセス
    サービス・ノードへのアクセス #1
    サービス・ノードへのアクセス #2
グループ番号
    OpenVMS Cluster
        表示
形式
    ソフトウェア・キットの
        変更
権利データベース
    RIGHTSLIST も参照
構成テーブル
    Alpha システム上での再構築 #1
    Alpha システム上での再構築 #2
構文
    BACKUP コマンド
コマンド
    再呼びだし
コマンド構文
コマンド・プロシージャ
    DO による DCL コマンドの実行
    SHOW CLUSTER 出力の制御
    作成
    システム時間の修正
    システムのスタートアップ時の実行
    実行 #1
    実行 #2
        SYSMAN ユーティリティ
    パラメータ
コマンド要約
    AUTHORIZE ユーティリティのコマンド
サーキット・タイマ
サーバ
    MSCP
サービス
    LATCP による削除
    LATCP による作成
    LATCP による指定 #1
    LATCP による指定 #2
    LATCP による情報表示
    アプリケーション #1
    アプリケーション #2
    アプリケーション #3
    アプリケーション #4
    アプリケーション #5
    アプリケーション #6
    一般的タイムシェアリング
    カウンタの表示
    識別子 #1
    識別子 #2
    識別子 #3
    ターゲット
    データベース #1
    データベース #2
    特性表示
    特性変更
    ノード・データベースのサイズ制限 #1
    ノード・データベースのサイズ制限 #2
    レーティング #1
    レーティング #2
    レーティング #3
    レーティング #4
    レスポンダ
サービス・ノード
    アクセスの制御 #1
    アクセスの制御 #2
    サービスの通知 #1
    サービスの通知 #2
    指定
    特性変更 #1
    特性変更 #2
    ポートの削除
再構築
    Alpha システム上での構成テーブルの
再転送上限
作成
    ディスク使用量会計ファイル
作成者ACE
    アクセスの指定
    属性の指定
サブシステム
    アクセスの制御
サブシステムACE
    識別子の指定
    識別子の属性の指定
    
サブプロセス
    LANCP SPAWN コマンドによる作成
    LATCP からの作成 #1
    LATCP からの作成 #2
    SPAWN コマンドによる作成
    SPAWN コマンドも参照
    入力ストリームの制御への切り替え
識別子
    一般 #1
    一般 #2
    環境
    許可
    資源
        ディレクトリの所有権
    省略時の設定
    設定
    属性の指定
    タイプ
    取り消し
    名前の変更
    複数のペアの指定
    プロセスへの付与
識別子 ACE
    識別子のタイプ
資源
    会計
    使用量レポート出力 #1
    使用量レポート出力 #2
    使用量レポート出力 #3
    プログラミング情報
資源の会計情報
    プログラミング情報
システム管理
    LANCP SPAWN コマンド
    LANCP ユーティリティの起動
    LAN 装置パラメータの表示 #1
    LAN 装置パラメータの表示 #2
    MOP コンソール・キャリア
    MOP トリガ・ブート
    OPCOM メッセージの表示
    応答時間の制限
    カウンタのクリア #1
    カウンタのクリア #2
    環境
    スタートアップ・プロシージャ
        スタートアップ・データベースも参照
    ステータスとカウンタの表示 #1
    ステータスとカウンタの表示 #2
    ステータスとカウンタの表示 #3
    装置情報の削除 #1
    装置情報の削除 #2
    装置情報の設定
    ターゲット環境の表示
    ターゲット・システムの定義
    ディスク・クォータ・ファイルの作成
    ノード応答の待ち時間の設定
    ノード応答の待ち時間の表示
    ノード情報の削除 #1
    ノード情報の削除 #2
    ノード情報の表示 #1
    ノード情報の表示 #2
    ユーザ・プロファイルの表示
システム概要統計
    MONITOR ユーティリティ
システム時間
    設定
システム・スタートアップ
    状態
    フェーズ
    ロギング
システム・スタートアップの LPBEGIN フェーズ
システム・スタートアップの LPBETA フェーズ
システム・スタートアップの LPMAIN フェーズ
システムのシャットダウン
    変更したシステム・パラメータをインストールするため #1
    変更したシステム・パラメータをインストールするため #2
システム・パスワード
システム・パラメータ #1
システム・パラメータ #2
システム・パラメータ #3
    ACP
    AUTOGEN.COM コマンド・プロシージャも参照
    AUTOGEN 設定値のチェック
    AUTOGEN で処理する
    AUTOGEN のフィードバックで処理する
    NPAGECALC
    RMS
    VIRTUALPAGECNT #1
    VIRTUALPAGECNT #2
    VMS
    インストレーション中の変更
    カテゴリ
    システム通信サービス
    省略時のパラメータ・ファイル #1
    省略時のパラメータ・ファイル #2
    スタートアップ・プロシージャの指定 #1
    スタートアップ・プロシージャの指定 #2
    設定
        パラメータ・アドレス
        パラメータ値 #1
        パラメータ値 #2
        パラメータ値 #3
        パラメータ値 #4
        パラメータ値 #5
        方法
    セットアップ・プロシージャの指定
    説明
    ターミナルの動作
    チェック
    チェックの禁止
    内容の書き込み
    表示 #1
    表示 #2
        UNIBUS 入出力アドレス
        
        スタートアップ・プロシージャ
        装置構成の
        装置ドライバ・アドレス
        入出力サブシステム
        パラメータ値
    ファイル
        パラメータ・ファイルも参照 #1
        パラメータ・ファイルも参照 #2
    ファイルの書き込み
    プロセスの制限値とクォータ
    変更
        方法
    マルチポート・メモリの共用
    要約
    ログイン・セキュリティ #1
    ログイン・セキュリティ #2
    ワーク・エリア #1
    ワーク・エリア #2
システム・パラメータ STARTUP_Pn
    SYSMAN ユーティリティ
システム・パラメータの設定
    方法
システム・パラメータの変更
    方法
シャドウ・セット
    エラーの検出
    検査
    最大数
修飾子
    位置による意味の決定
    コマンド
    出力セーブ・セット
    出力ファイル
    入力セーブ・セット
    入力ファイル選択
出力
出力指定子
詳細レポート
    
省略時のパラメータ・ファイル
省略時の保護
    NET$PROXY.DAT
    NETPROXY.DAT
    RIGHTSLIST.DAT
    SYSUAF.DAT
省略時の保護 ACE #1
省略時の保護 ACE #2
省略時のユーザ登録レコード
    変更
初期化
    ホーム・ブロックの消去
初期化ファイル
    SHOW CLUSTER レポートの定義
    SYSMAN での使用
    作成
    省略時の指定
初期化プロシージャ
処理
    BACKUP
    比較
        BACKUP での
    リスト #1
    リスト #2
    リスト #3
使用量
    更新
侵入試行
    LAT プロトコル
    Telnet プロトコル
シンボル・テーブル
    コマンド・インタプリタ
時間
    OpenVMS Cluster
        表示
    OpenVMS Cluster における更新
    SYSMAN コマンド CONFIGURATION SHOW TIME も参照
    システムの設定
時間切れの値
    表示
磁気テープ装置
    クラスタ内での運用
時刻
    レコードの抽出
実行プロシージャ (@) コマンド
    LANCP ユーティリティ
    SHOW CLUSTER ユーティリティ
実行モード
    CHECK_FEEDBACK
    FEEDBACK
    INITIAL
    NOFEEDBACK
    SYSMAN スタートアップ・ファイル #1
    SYSMAN スタートアップ・ファイル #2
実サービス名
実ノード名
実ポート名
自動構成
    Alphaデバイス
    VAXstation 2000 と MicroVAX 2000 の装置
        テーブル
条件と制限
    ANALYZE/DISK_STRUCTURE
除外装置
除外リスト
    表示


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡