日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



System Generation ユーティリティ(SYSGEN)は,装置を接続し,装置ドライバをロードし,オペレーティング・システムとドライバが動作を調整する場合に使用するデータ構造を作成し,装置初期化ルーチンを呼び出します。通常,SYSGEN は,システム・スタートアップ・コマンド・プロシージャ SYS$SYSTEM:STARTUP.COM の最後の部分で実行されます。

STARTUP.COM が SYSGEN コマンドの AUTOCONFIGURE ALL を実行すると,SYSGEN の自動構成機能が VAXstation 2000 と MicroVAX 2000 の装置テーブルをチェックし ( 表 K-2 を参照),どの装置がシステムに接続されているかを調べ,テーブルの情報を使用して既存装置を設定します。

STARTUP.COM は,できるだけ省略時の設定のままで使用してください。特定の装置を設定対象から除外する場合は,SYSBOOT の NOAUTOCONFIG パラメータを設定して STARTUP.COM による自動構成を禁止する必要があります。非同期の基本シリアル・ポートは,次のコマンドを入力して必ず自動構成するようにしてください。


SYSGEN> AUTOCONFIGURE ALL/SELECT=TT:

AUTOCONFIGURE ALL/EXCLUDE=(装置名[,...]) を実行した場合も,シリアル回線が含まれます。CONNECT コマンドの /CSR 修飾子には, 表 K-2 に示す csr_addr値を指定します。csr_addr 値は,VAXstation 2000 と MicroVAX 2000 の入出力空間 EXE$GL_CPUNODSP の先頭からのオフセットであるので,CONNECT コマンドで UNIBUS 装置に従来指定していたバス・アドレスとは異なります。

表 K-2 VAXstation 2000 の自動構成テーブル (VAX のみ)
装置 名前 ドライバ CSR ベクタ数 第 1 ベクタ ベクタ・
オフセット
標準シリアル回線 TT YEDRIVER ^X0800   2 ^O300     4
ディスク・コントローラ ST506 DU DVDRIVER ^X0C00   1 ^O774     ---
テープ・コントローラ TK50 MU TVDRIVER ^X0C80   1 ^O770     ---
イーサネット・コントローラ ES ESDRIVER ^X4E00   1 ^O120     ---
MicroVAX 2000 シリアル回線 YF YFDRIVER ^X6800   2 ^O104     4
32 チャネル同期回線 ZS ZSDRIVER ^X6800   1 ^O110     ---
カラー・ビデオ・オプション VA VFDRIVER ^X6A00   2 ^O104     4
白黒ビデオ・オプション VC VEDRIVER ^X5000   1 ^O104     ---

VAXstation 2000 と MicroVAX 2000 の装置に対する CONNECT コマンドの実行例を次に示します。


CONNECT ESA0 /ADAP=0 /CSR=%X4E00 /VECT=%O120 /NUMV=01 /DRIVER=ESDRIVER 
CONNECT MUA0 /ADAP=0 /CSR=%X0C80 /VECT=%O770 /NUMV=01 /DRIVER=TVDRIVER 
CONNECT DUA0 /ADAP=0 /CSR=%X0C00 /VECT=%O774 /NUMV=01 /DRIVER=DVDRIVER 
CONNECT DUA1 /ADAP=0 /CSR=%X0C00 /VECT=%O774 /NUMV=01 /DRIVER=DVDRIVER 
CONNECT DUA2 /ADAP=0 /CSR=%X0C00 /VECT=%O774 /NUMV=01 /DRIVER=DVDRIVER 
CONNECT VCA0 /ADAP=0 /CSR=%X5000 /VECT=%O104 /NUMV=01 /DRIVER=VEDRIVER 
CONNECT VCA0 /ADAP=0 /CSR=%X5000 /VECT=%O104 /NUMV=02 /DRIVER=VFDRIVER 
 


索引 目次

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項