日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

VAX システムにおいて,各調整間隔で自動的にワーキング・セット・リミットが拡大されるページ数を指定します (クォンタム・エンド)。たとえば,150 に設定した場合には,システムは拡大が必要になるたびに,ワーキング・セット・リミットを 150 ページずつ拡大します。 VAX システムの省略時の値は 150 ページ (1 ページは 512 バイト) です。

Alpha システムでは,各調整間隔でワーキング・セット・リミットが自動的に拡大されるときのページレット数を指定します (クォンタム・エンド)。たとえば,150 に設定した場合には,システムは拡大が必要になるたびに,ワーキング・セット・リミットを 150 ページレットずつ拡大します。Alpha システムの省略時の値は 2400 ページレット (1 ページは 512 バイト) です (Alpha のページでは 150ページ (1 ページは 8192 バイト))。

0 を設定した場合,すべてのプロセスのワーキング・セット制限の自動調整を禁止します。制限値は基本値のままとなります。DCL の SET WORKING_SET コマンドを実行することにより,ワーキング・セット制限の自動調整をプロセス単位で禁止することができます。

WSMAX (A,G,M)

ワーキング・セットの最大ページ数を,システム単位で設定します。 WSMAX は,最初の32MBの4分の1,32MBから256MBの第16番目, 256MB以上(もし存在すれば)の64番目の合計で算出されます。

これは実際,それほどワーキング・セットが大きくないユーザを多数持つシステムの管理者を助けてくれるものです。ユーザ数(プロセス数)が多くないが非常に多くの物理メモリを必要とするようなシステムでは,MIN_WSMAX をこれらのプロセスが満足できるような値に設定しておく必要があります。

WS_OPA0

(VAX のみ) ワークステーションの QVSS 画面への OPA0 出力を許可します。1 を指定した場合,OPA0 が QVSS 画面に出力され, 0 を指定した場合,OPA0 の出力は無視されます。

XFMAXRATE (D)

DR32 装置に設定できるデータ転送速度を制限します。一部のハードウェア構成 (特にインターリーブ・メモリがないもの) に高い DR32 転送速度を設定すると,マシン・チェックが行われる可能性があります (CPU タイムアウト)。このパラメータのコード化方法については,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください

XQPCTL2

高度な並行処理を制御します。省略時の値は 1 で並行処理をオンにします。 XQPCTL2 を 0 に設定すると,高度な並行処理がオフになります。このパラメータは拡張キャッシュとファイル ID キャッシュへのローカル・アクセスに影響を与えます。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

XQPCTLD1

マルチスレッドを制御します。マルチスレッドは, PATHWORKS サーバでのみ使用することができます。省略時の値は 8 でマルチスレッドを許可します。 XQPCTLD1 を 0 に設定すると,マルチスレッドが禁止されます。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

ZERO_LIST_HI (A,D)

(Alpha のみ) ゼロ化しゼロ化ページ・リストに記録される最大ページ数を示します。このリストは,0 だけを格納するページのキャッシュとして使用します。このため,ゼロ化ページの割り当て効率が向上します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項