日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

TMSCP_LOAD を 0 に設定した場合,テープ・サーバのローディングとローカル・テープのサービングを禁止します。TMSCP_LOAD を 1 に設定した場合,システムをブートしたときに,テープ・サーバをメモリにロードし,直接接続されているすべてのテープ・ドライブをクラスタ単位で使用可能とします。次の表は,このパラメータの 2 つの状態を示します。

状態 機能
0 TMSCP テープ・サーバをロードしない。ローカル・テープ装置をクラスタ単位でサーブしない。省略時の値。
1 TMSCP テープ・サーバをロードする。すべての TMSCP ローカル・テープ装置を,クラスタ単位でサーブする。



TMSCP_SERVE_ALL

TMSCP_SERVE_ALL テープのサービングを制御するビット・マスクです。テープの設定は,システムのブート時に有効になります。システムの稼働中にはこの設定を変更することはできません。

OpenVMS バージョン 7.2 から,サービング・タイプがビット・マスクとして実装されるようになりました。システムが実行するサービング・タイプを指定する場合,次に示す表で必要なタイプを探し,その値を指定してください。なかには,割り当てクラスが一致しないテープ以外のすべてのテープをサーブさせるなど, 2 種類のサービング・タイプを指定するシステムもあるでしょう。そのような組み合わせを指定するには,各タイプの値を加算し,その合計を指定してください。

OpenVMS のバージョン 7.1-x や,それよりも前のオペレーティング・システムを稼働しているシステムを含む,バージョンが混在したクラスタでは,利用可能なすべてのテープをサーブすることは,システムの (バージョン 7.2 よりも前の) ノード割り当てクラスに一致しない割り当てクラスを持つテープ以外のすべてのテープをサーブすることに制限されています。この種のサービングを指定するには,値 9 を使用してください。これは,ビット 0 とビット 3 を設定するものです。次の表は,それぞれのビットで制御されるサービング・タイプとその 10 進数の値を説明しています。

ビット 設定されたときの値 説明
ビット 0 1 利用可能なすべてのテープ (ローカルに接続されたテープ,および,HS x コントローラと DSSI コントローラに接続されたテープ) をサーブする。 (ALLOCLASS パラメータで設定される) システムの割り当てクラスとは異なる割り当てクラスを持つテープも,ビット 3 が設定されていないのであれば,サーブされる。
ビット 1 2 ローカルに接続された (HS x や DSSI 以外に接続された) テープをサーブする。
ビット 2 使用しない 予約済み。
ビット 3 8 ビット 0 によって指定されたサービングを制限する。 (ALLOCLASS パラメータによって設定された) システムの割り当てクラスとは違う割り当てクラスを持つテープ以外のすべてのテープがサーブされる。

これはバージョン 7.2 よりも前の動作である。クラスタの中に, OpenVMS 7.1- x やそれよりも前のバージョンのシステムがあり,利用可能なすべてのテープをサーブしようとしている場合,このビットとビット 0 を設定した,値 9 を指定する必要がある。

サービング・タイプがビット・マスクで実装されるようになったものの,ビット 0 とビット 1 で指定される,0,1,2 の値はこれまでと同じ意味を持ちます。

  • 0 --- テープをまったくサーブしない (以前の OpenVMS での省略時の値)。

  • 1 --- 利用可能なすべてのテープをサーブする。

  • 2 --- ローカルに接続された (HSx や DSSI 以外の) テープだけをサーブする。

TMSCP_LOAD システム・パラメータが0の場合, TMSCP_SERVE_ALL は無視されます。

TTY_ALTALARM

先読みを可能にする代替バッファ・アラームのサイズを設定します。TTY_ALTYPAHD パラメータで指定したサイズの先読みを可能にする代替バッファを使用しているターミナルに XOFF を送信する時点を指示します。

TTY_ALTYPAHD

先読みを可能にする代替バッファのサイズを設定します。このパラメータにより,ブロック・モードのターミナルと通信回線の効率を上げることができます。

通常は省略時の値が適しています。最大値 32767 以下の値を指定してください。

TTY_AUTOCHAR (D)

ジョブ・コントローラが通知を受けたときにターミナル・ドライバがエコーする文字を設定します。

TTY_BUF

ターミナルの省略時の行幅を設定します。

TTY_CLASSNAME

ブート時に必要なターミナル・クラス・ドライバ名の 2 文字の接頭辞を指定します。新しいターミナル・ドライバをデバッグする場合,接頭辞を変更すると便利です。

TTY_DEFCHAR

ターミナルの省略時の特性を設定します。次の 16 進値を加算したコードを使用します。

特性 値 (16 進) 機能
PASSALL        1 すべての特性を渡す
NOECHO        2 非エコー・モード
NOTYPEAHEAD 1        4 先読みを可能にするバッファなし
ESCAPE        8 エスケープ・シーケンス処理
HOSTSYNC       10 ホストが XON/XOFF を送信できる
TTSYNC       20 ターミナルが XON,XOFF を送信できる
SCRIPT       40 内部での使用専用
LOWER       80 小文字
MECHTAB      100 機械的タブ
WRAP      200 行末尾でラップする
CRFILL 1      400 キャリッジ・リターン・フィルを行う
LFFILL 1      800 行送りフィルを行う
SCOPE     1000 ターミナルはスコープである
REMOTE     2000 内部使用専用
EIGHTBIT     8000 8 ビット・ターミナル
MBXDSABL    10000 メールボックス禁止
NOBRDCST    20000 ブロードキャスト禁止
READSYNC    40000 読み込みの XON/XOFF
MECHFORM    80000 機械的紙送り
HALFDUP   100000 半二重動作の設定
MODEM   200000 モデム信号の設定
PAGE FF000000 ページ・サイズ。省略時の値は 24

1この特性は,TTY_DEFCHAR の省略時の値に設定しないようにしてください。

条件が偽の場合,値は 0 です。

上位バイトはページ長です。省略時の特性はページあたり 24 行,ターミナル同期,ラップ,小文字,スコープ,半二重です。

TTY_DEFCHAR2

省略時のターミナル特性の 2 番目のロングワードを設定します。省略時の特性は次の 16 進値を加算したコードです。

特性 機能
LOCALECHO        1 ローカル・エコー・ターミナル・ロジックを許可する。 TTY_DEFCHAR NOECHO 特性とともに使用する。
AUTOBAUD        2 自動ボー検出を許可する
HANGUP        4 ログアウト時にハング・アップする
MODHANGUP        8 特権なしの HANGUP の変更を許可する
BRDCSTMBX       10 ブロードキャストのメールボックスへの送信を許可する
XON       20 (機能なし)
DMA       40 (機能なし)
ALTYPEAHD       80 先読みを可能にする代替パラメータを使用する
SETSPEED      100 特権なしの速度設定を許可する
DCL_MAILBX      200 弊社だけが使用できる機能。
DECCRT4      400 ターミナルは,DEC CRT レベル 4 である
COMMSYNC      800 モデム信号によるフロー制御を許可する
EDITING     1000 行編集を許可する
INSERT     2000 挿入省略時モードを設定する
FALLBACK     4000 このビットは,SYSGEN では設定しない。ターミナル・フォールバック機能による FALLBACK ターミナル特性の設定方法については,『OpenVMS Terminal Fallback Utility Manual』 1 を参照
DIALUP     8000 ターミナルは,ダイアルアップ回線である
SECURE    10000 Break キーを押した後,ターミナルにプロセスを接続しないようにする
DISCONNECT    20000 ハングアップ発生時に,ターミナルを切り離す
PASTHRU    40000 ターミナルは,PASTHRU モードにある
SYSPWD    80000 システム・パスワードによるログイン専用
SIXEL   100000 シクセル・グラフィック
DRCS   200000 ターミナルは,ロード可能文字フォントをサポートする
PRINTER   400000 ターミナルに,プリンタ・ポートがある
APP_KEYPAD   800000 終了時にキーパッドに設定する状態をアプリケーション・プログラムに通知する
ANSICRT  1000000 ターミナルは,ANSI CRT プログラミング標準に準拠している
REGIS  2000000 ターミナルに,REGIS CRT 機能がある
BLOCK  4000000 ブロック・モード・ターミナル
AVO  8000000 ターミナルに,最新ビデオがある
EDIT 10000000 ターミナルに,ローカル編集機能がある
DECCRT 20000000 ターミナルは,DEC CRT である
DECCRT2 40000000 ターミナルは,DEC CRT レベル 2 である
DECCRT3 80000000 ターミナルは,DEC CRT レベル 3 である

1このマニュアルはアップデートされていませんが, OpenVMS Documentation CD-ROM に入っています。

省略時の値は,AUTOBAUD と EDITING です。

TTY_DEFPORT

TTY_DEFPORT はポート・ドライバにフラグ・ビットを提供します。ビット0が値1であることは,ターミナル・コントローラが自動 XON/XOFF フロー・コントロールを提供しないことを示します。このビットは,弊社のコントローラに対してセットすべきではありません。弊社以外のコントローラについてはこのビットをセットする必要のあるものがあります。現在 YCDRIVER (DMF32, DMZ32) だけがこのビットを使用します。これ以外のビットは将来の使用のために予約されています。この特殊パラメータは,弊社からの依頼があったときにだけ変更してください。

TTY_DIALTYPE

ダイアルアップのフラグ・ビットを指定します。英国へのダイアルアップの場合,ビット 0 を 1 に設定します。その他の場合,ビット 0 は 0 に設定します。ビット 1 は,モデム・プロトコルを制御します。ビット 2 は,装置にチャネルが設定されていない場合に,CARRIER 検出後 30 秒間の間,モデム回線をハング・アップするかどうかを制御します。その他のビットは,将来の使用のため予約されています。フラグ・ビットの詳細については,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

TTY_DMASIZE (D)

出力バッファに格納する文字数を指定します。指定した値未満である場合,文字転送が実行されます。指定した値を超える場合,コントローラに DMA 入出力機能があれば DMA 転送が行われます。

TTY_PARITY

ターミナルの省略時のパリティを設定します。

TTY_RSPEED

ターミナルの受信速度を指定します。 0 を指定した場合,送信と受信の両方の速度が制御されます。最大値は 20 です。このパラメータが適用されるのは, DZ-32,DMF-32 など分割速度動作をサポートするコントローラだけです。

TTY_SCANDELTA

ダイアルアップ・イベントとハングアップ・イベントを検出するためのターミナル・ポーリング間隔を設定します。間隔が短い場合,プロセッサ時間の使用量が多くなり,間隔が長い場合,ハングアップ・イベントを検出できない可能性があります。

TTY_SILOTIME

受信した文字を検出するため,DMF-32 ハードウェアが入力サイロをポーリングする間隔を指定します。 DMF-32 非同期ターミナル・コントローラは,入力サイロに複数の文字が蓄積されるまで,入力割り込みの作成を遅延させることができます。このパラメータは,ハードウェアが入力割り込みを作成しないまま,文字を蓄積できる秒数を指定します。

TTY_SPEED

ターミナルの省略時のシステム単位の速度を設定します。ロー・バイトは送信速度,ハイ・バイトは受信速度です。ハイ・バイトを 0 に設定した場合,受信速度は送信速度と同じになります。最大値は 20 です。ボー・レートは $TTDEF マクロで定義します。

TTY_TIMEOUT (D)

切断したターミナルに対応するプロセスを削除するまでの秒数を設定します。通常,省略時の値の 300 秒が適しています。 1 年 (%X01E13380) を超える値を設定すると,オーバフロー・エラーとなり,切断した装置が直ちにタイムアウトしてしまう恐れがあります。

TTY_TYPAHDSZ

先読みを可能にするターミナル・バッファのサイズを設定します。通常,省略時の値が適しています。最大値 32767 以下を指定してください。

UAFALTERNATE (G,M)

SYSUAFALT の論理名として SYSUAF を設定することを許可または禁止します。許可した場合,ユーザ特権管理ファイル SYSUAF に対する参照はすべて, SYS$SYSTEM:SYSUAFALT と変換されます。通常のユーザ特権管理ファイル SYS$SYSTEM:SYSUAF の使用を再開するには,システム論理名 SYSUAF の設定を解除します。このパラメータに 1 を設定するのは,限定されたユーザだけがシステムを使用している場合です。このパラメータを 1 に設定する場合,あらかじめ,ユーザ特権管理ファイル SYSUAFALT を作成する必要があります。

UDABURSTRATE (G)

弊社の使用のために予約されています。ユーザは使用できません。

USERD1 (D)

USERD1 は,ユーザのサイトで定義するため予約されている動的パラメータです。予約されているロングワードは,シンボル SGN$GL_USERD1 によって参照されます。

Alpha システムでは,このシンボルは SYS$LOADABLE_IMAGES:SYS$BASE_IMAGE モジュールにあります。

VAX システムでは,このシンボルは SYS$SYSTEM:SYS.STB モジュールにあります。

USERD2 (D)

USERD2 は,ユーザのサイトで定義するため予約されている動的パラメータです。予約されているロングワードは,シンボル SGN$GL_USERD2 によって参照されます。

Alpha システムでは,このシンボルは SYS$LOADABLE_IMAGES:SYS$BASE_IMAGE モジュールにあります。

VAX システムでは,このシンボルは SYS$SYSTEM:SYS.STB モジュールにあります。

USER3

ユーザのサイトで定義するため予約されているパラメータです。予約されているロングワードは,シンボル SGN$GL_USER3 によって参照されます。

Alpha システムでは,このシンボルは SYS$LOADABLE_IMAGES:SYS$BASE_IMAGE モジュールにあります。

VAX システムでは,このシンボルは SYS$SYSTEM:SYS.STB モジュールにあります。

USER4

ユーザのサイトで定義するため予約されているパラメータです。予約されているロングワードは,シンボル SGN$GL_USER4 によって参照されます。

Alpha システムでは,このシンボルは SYS$LOADABLE_IMAGES:SYS$BASE_IMAGE モジュールにあります。

VAX システムでは,このシンボルは SYS$SYSTEM:SYS.STB モジュールにあります。

VAXCLUSTER (A)

クラスタ・コードのローディングを制御します。次のいずれかを指定します。

説明
0 クラスタを構成,あるいは参加しない。
1 クラスタを構成する(または参加する)か,あるいはクラスタ・ハードウェアがあってもスタンドアロンで稼働するかの基本決定。
2 常にクラスタを構成, あるいは参加する。

省略時の値は 1 です。

VBN_CACHE_S

(VAX のみ)この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

静的システム・パラメータ VBN_CACHE_S はシステム・データ・キャッシュを許可または禁止します。省略時の設定では値は1で,これは仮想入出力キャッシュの許可を表し,システム起動時に仮想入出力キャッシュがロードされます。

値0はファイル・システム・データ・キャッシングの禁止を表します。ローカル・ノードとOpenVMS Cluster 全体にわたって禁止されます。 OpenVMS Cluster では,クラスタ内の他のノードは,禁止を指定されたノードがクラスタから抜けるか,あるいは VBN_CACHE_S の値を1で再起動するかいずれかをしないかぎり,どのノードもデータ・キャッシングをすることができません。

VBSS_ENABLE (A)

(VAX のみ) この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

このパラメータは,仮想バランス・スロット (VBS) の作成を許可します。仮想バランス・スロットは,現在,実バランス・スロット (RBS) を所有していないメモリ常駐プロセスのマッピングを格納します。実バランス・スロットはすべてのメモリ常駐プロセスでタイムシェアリングされます。VBS が許可されている場合には,メモリ常駐プロセスの数は,システム・パラメータ MAXPROCESSCNT によって制限されます。VBS が禁止されている場合には,メモリ常駐プロセスの数はシステム・パラメータ BALSETCNT によって制限されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項