日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

ネットワーク・ブロック数は,データの送受信に使用する入出力バッファに RMS が割り当てるブロック数です。ただし,遠隔ファイルへのアクセスに使用するバッファ・サイズは,RMS と遠隔ファイル・アクセス・リスナ (FAL) との間で交渉されます。2 つのサイズの内,小さいバッファ・サイズが選択されます。

したがって,この値は使用されているネットワーク・バッファ・サイズの上限です。遠隔ファイルとの間で転送できるレコード・サイズの上限でもあります。すなわち,転送できる最大レコードは, RMS_DFNBC に 512 バイトを掛けた値以下となります。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_EXTEND_SIZE (D)

書き込み時にファイルが拡張するブロック数を指定します。各ファイルの終端で無駄になるディスク空間と,大量拡張の頻度を抑えることによる性能向上とのバランスをとる値を設定してください。小さいディスク・クォータを使用する場合には,ディスク・クラスタ・サイズなどの小さい数値を指定し,ユーザのディスク・クォータが使用されないようにします。 0 を指定すると,VMS RMS は大量の超過値を割り当て,ファイルがクローズしたときに実際の使用量に戻します。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_FILEPROT

エラー・ログ,オペレータ・ログ,ジョブ・コントローラなどのシステム・プロセスに使用する,省略時のファイル保護を指定します。ジョブ・コントローラが作成したプロセスに使用する省略時のファイル保護も指定します (会話型プロセスとバッチ・プロセスの両方)。

プロセスは,そのプロセスを作成したプロセスの省略時のファイル保護を必ず継承するので,RMS_FILEPROT が省略時のファイル保護を指定する対象は,ログイン・コマンド・プロシージャや会話型セッションで DCL の SET PROTECTION/DEFAULT を実行しないユーザだけです。

保護はマスクで表します。保護マスクの指定方法については,『OpenVMS System Services Reference Manual』のシステム・サービス $CRMPSC の説明を参照してください。省略時のマスクは,次の保護を表す 64,000 (10 進) または FA00 (16 進) です。


(S:RWED,O:RWED,G:RE,W:) 

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_HEURISTIC (D)

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社から指示した場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

RMS_PROLOGUE (D)

索引編成ファイルの作成時に RMS が使用する省略時のプロローグを指定します。省略時の値 0 では,ファイルの特性にもとづいて RMS がプロローグを決定します。 2 を指定した場合はプロローグ 2 または 1,3 を指定した場合はプロローグ 3 が使用されます。 RMS プロローグについては,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』を参照してください。

RMS_SEQFILE_WBH (D)

(Alpha のみ) RMS_SEQFILE_WBH では,共用されていないシーケンシャル・ディスク・ファイルが書き込みアクセスを指定されたイメージ入出力に対してオープンされる場合,このファイルに対するシステム省略値として RMS 後書き機能を有効にできます。次に示すのは可能な設定です。

設定 説明
0 (省略時の設定) 後書き機能を有効にしない。RAB$L_ROP の RAB$V_WBH を設定することで,ユーザが後書きを要求する場合にのみ,後書きを使用する以前の動作を保持する。
1 少なくとも 2 つのローカル・バッファの割り当てを含み,システムの省略時の設定として後書き機能を有効にする。



RSRVPAGCNT

このパラメータは,OpenVMS バージョン 7.2 以降, Alpha システムでは使用されなくなりました。

VAX システムでは,現在のプロセス・ページ・ファイルのために予約され,預けられるページ数を設定します。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

S0_PAGING

S0_PAGING はシステム・コードのページングを制御します。

  • ビット 0 をセットすると,すべての Exec コードとデータのページングが禁止されます。

  • ビット 1 をセットすると,すべての RMS コードとデータのページングが禁止されます。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

S2_SIZE

(Alpha のみ) S2_SIZE は S2 空間に対して確保されるメガバイト数です。この値は,XFC (拡張ファイル・キャッシュ) に必要なサイズは含みません。

SA_APP

SA_APPは弊社が使用するために予約されている特殊パラメータです。

SAVEDUMP

ダンプ・ファイルがページ・ファイルに保存される場合には,SAVEDUMP はダンプ・ファイルを分析するまで,ページ・ファイルを保存するかどうかを指定します。省略時の値は 0 であり,その場合はページ・ファイルは保存されません。値が 1 の場合は,ページ・ファイルに書き込んだダンプは, SDA ユーティリティを使用してコピーまたは解放されるまで,保存しなければなりません。

SBIERRENABLE

(VAX のみ) SBIエラー検出とロギングを許可(1)します。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

SCH_CTLFLAGS (D)

(Alpha のみ) このビットマスク内のビットは,次のことを表します。

ビット 設定またはクリア 意味
0 クリア 従来のスケジューリング・アルゴリズム
  設定 新規の 1 CPU リリース・スケジューリング・アルゴリズム
1 設定 主 CPU にスケジュールされるプロセスはない

OpenVMS バージョン 7.3-1 からは,SCH_CTLFLAGS の省略時の値が 1 になりました。

SCSBUFFCNT (A,F,G)

VAXシステムにおいて,システムのすべてのシステム通信アーキテクチャ (SCA) に対して設定されているバッファ記述子の数を指定します。SCA装置がシステムで設定されていない場合には,このパラメータは無視されます。一般的にデータ転送では,バッファ記述子が必要です。したがって,バッファ記述子の数によって,同時入出力数が制限されます。様々な性能モニタによって,指定された作業付加に対してバッファ記述子が不足していることが報告された場合は,このパラメータの値を大きくしてください。VAXシステムの場合のみ,AUTOGENはこのパラメータの値をフィードバックします。

Alphaシステムでは,システム通信サービス (SCS) バッファは必要に応じて割り当てられ, SCSBUFFCNTは弊社が使用するために予約されています。

SCSCONNCNT

OpenVMS バージョン 7.2 からこのパラメータは使用されなくなりました。 SCS 接続は,必要な場合にだけ割り当てられ,最大 65,000 の制限まで拡大されるようになりました。

SCSFLOWCUSH (D)

遠隔システム通信サービス (SCS) が新しい受信バッファの存在を SCS に通知し始める受信バッファの下限を指定します。各接続について,SCS は受信バッファ数を調べ,遠隔 SCS に通知します。ただし,新しい受信バッファそれぞれについて SCS がこの作業を行う必要はありません。遠隔 SCS に通知した数値が SCSFLOWCUSH 近くまで低下している場合は,新しい受信バッファの存在を遠隔 SCS に通知します。

省略時の値は,ほとんどのシステムにおいて適切です。システム通信アーキテクチャ (SCA) ポートが設定されていないシステムでは,このパラメータは無視されます。

SCSI_NOAUTO (D)

(VAX のみ) この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

SCSI サード・パーティ・デバイスを含むシステム構成で,特定のデバイス ID に対してディスクまたはテープの SCSI クラス・ドライバのロードを禁止します。 SCSI_NOAUTO システム・パラメータは 32 ビットのビット・マスクを格納します。下位バイトは最初の SCSI バス (PKA0) に対応し,2 バイト目は 2 番目のSCSIバス (PKB0) に対応します。以下も同様です。


各 SCSI バスに対して下位ビットを設定すると,SCSI デバイス ID が 0 であるデバイスの自動構成が禁止されます。下位 2 ビット目を設定すると,SCSI デバイス ID が 1 であるデバイスの自動構成が禁止されます。以下も同様です。たとえば, 0000200016 という値は,SCSI ポート ID B によって識別されるバスで SCSI ID が 5 のデバイスの設定を禁止します。省略時の設定では,マスク内のビットはすべてクリアされた状態であり,すべてのデバイスは設定可能です。

SCSICLUSTER_P[1〜4]

(Alpha のみ) SCSICLUSTER_P[1〜4] パラメータを使用すると, SCSI クラスタ内で弊社以外の周辺装置 (CPU など) を使用できるようになります。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

SCSMAXDG (G)

このパラメータは,弊社が使用するために予約されています。

SCSMAXMSG (G)

このパラメータは,弊社が使用するために予約されています。

SCSNODE (A,G)

コンピュータの名前を指定します。このパラメータは動的ではありません。

最大6文字の文字列を二重引用符で囲んで指定します。

注意

最大値である 6 文字は必ず守るようにしてください。 SCSNODE システム・パラメータのサイズが 6 文字を超えている場合, SYSBOOT はこのパラメータの値を切り捨てます。

コンピュータがOpenVMS Clusterに接続されている場合には, SCSNODEはクラスタ内で固有の文字列でなければなりません。ヌル文字列は指定しないでください。

コンピュータがDECnet for OpenVMSを実行している場合には,このパラメータの値はDECnetノード名と同じです。

SCSRESPCNT (A,F,G)

すべてのシステム・アプリケーションで使用する応答記述子テーブル・エントリ (RDTE) の総数です。

SCA ポートや DSA ポートが設定されていないシステムでは, SCSRESPCNT は無視されます。

SCSSYSTEMID (G)

コンピュータを識別する番号を指定します。このパラメータは動的ではありません。 48ビットのシステム識別番号の中の下位32ビットです。

コンピュータがOpenVMS Clusterに接続されている場合には,クラスタ内で固有の値を指定します。ゼロの値は使用しないでください。

コンピュータがDECnet for OpenVMSを実行している場合には,次の公式を使用してDECnetアドレスからSCSSYSTEMIDを計算します。


SCSSYSTEMID = ((DECnet エリア番号) * 1024) + (DECnet ノード番号) 

例: DECnetアドレスが2.211の場合には,次のようになります。


SCSSYSTEMID = (2 * 1024) + 211 = 2259 



SCSSYSTEMIDH (G)

48 ビットのシステム識別番号の上位 16 ビットを指定します。必ず 0 を設定します。このパラメータは,弊社が使用するために予約されています。

SECURITY_POLICY

システムを C2 構成または B1 構成で実行し,評価した構成以外の機能を除外したり,以前のバージョンのオペレーティング・システムとの互換性を維持したりすることで,機能の特定の部分をサブセットにすることができます。 C2 構成と B1 構成の評価についての詳しい説明は,『OpenVMS Guide to System Security』を参照してください。

次のビットが定義されています。

ビット 説明
0 Postscript tm 拡張機能を表示するために DECwindows を許可する。
1 複数のユーザ名を DECW$SERVER に接続することを許可する。
2 評価されていない DECwindows トランスポート (TCP/IP など) を許可する。
3 $SIGPRC および $PRCTERM がジョブ・ツリーをスパンすることを許可する。
4 オブジェクト・サーバが存在しないために,クラスタ・データベース VMS$OBJECTS.DAT を更新できないときに,ローカル・ノードで保護されているオブジェクトに対してセキュリティ・プロファイル変更を許可する。
5 オブジェクト・サーバが存在しないために,クラスタ・データベース VMS$OBJECTS.DAT を更新できないときに,ローカル・ノードで保護されたオブジェクトの作成を許可する。
6 CAPTIVE アカウントにおいて SPAWN コマンドや LIB$SPAWN コマンドの実行を許可する。
7 弊社の使用のため予約。
8 弊社の使用のため予約。
9 システム全体で ACME エージェント間のパスワード同期を禁止する。これは SYS$SINGLE_SIGNON 論理名ビット・マスク値 4 を LOGINOUT にすることと機能的に同等である。
10 期限切れになっている,またはモードの制限でアカウントの使用が禁止されている SYSUAF レコードに主要名がマップされているユーザに対して,特権つきアプリケーションでの正常な認証を許可する。

禁止されているまたはパスワードが期限切れになっている SYSUAF レコードは,この方式では省略できない (従来の OpenVMS 認証の場合)。

SECURITY 特権のあるアプリケーションは,登録チェックに優先するように SYS$ACM の ACME$M_NOAUTHORIZE 関数修飾子を指定する。

11 外部認証を使って SYSUAF ファイルのすべてのレコードをマップすることを許可する。
12 命令をクラスタワイドにするか,ローカルごとにする。このビットがクリアされていると,命令はクラスタワイドになる。

省略時の値は 7 であり,既存の DECwindows Motif の動作との互換性を維持します。値が 0 の場合には,評価されていない構成はすべて禁止されます。

SETTIME

システムのブート時の時間要求を許可 (1) または禁止 (0) します。通常はオフ (0) に設定し,ブート時の時間にプロセスの時間レジスタの値が設定されるようにします。システム始動後,DCL の SET TIME コマンドを実行すれば,時間を再設定することができます。『OpenVMS DCL ディクショナリ』を参照してください。

SHADOW_D1-D5

弊社の使用のために予約されている特殊な動的パラメータです。

SHADOWING

SHADOWING は,ホスト・ベースのボリューム・シャドウイング・ドライバをロードします。シャドウィングを許可またはボリューム・シャドウイングのシステム・パラメータの設定についての詳細は,『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』を参照してください。

次のいずれかの値を指定します。

説明
0 シャドウイングを許可しない。 SHDRIVER はロードされない。省略時の値。
2 ホスト・ベースのボリューム・シャドウイングを許可する。 SHDRIVER がロードされる。ホスト・ベースのボリューム・シャドウイングでは,スタンドアロン・システムまたは OpenVMS Cluster システムに置かれているすべてのディスクのシャドウイングが行われる。



SHADOW_MAX_COPY (A,D)

この値は 1 つのノードに許可するパラレル・コピー・スレッドの数を制御します。

シャドウィング対象ノードそれぞれのニーズを慎重に考慮したうえで,このパラメータを設定してください。値が大きすぎる場合,多くのコピー・スレッドがパラレルで動作するため,性能が劣化する恐れがあります。値が小さすぎる場合,システムが効率的に処理できるスレッド数が必要以上に制約されます。

ボリューム・シャドウィングのシステム・パラメータ設定方法の詳細については,『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』を参照してください。

SHADOW_MAX_UNIT

1 つのシステムに存在できるシャドウ・セットの最大数を指定します。設定は,システムに置くことを計画しているシャドウ・セットの数 以上にする必要があります。ディスマウントされたシャドウ・セット,未使用のシャドウ・セット,書き込みビットマップが割り当てられていないシャドウ・セットは,合計数に含まれます。

注意

この省略時の値は十分注意して検討してください。設定は,システムに置くことを計画しているシャドウ・セットの数 以上にする必要があります。 SHADOW_MAX_UNIT で指定されている数より多くのシャドウ・セットをマウントしようとすると, MOUNT コマンドは失敗します。ディスマウントされたシャドウ・セット,未使用のシャドウ・セット,書き込みビットマップが割り当てられていないシャドウ・セットは, SHADOW_MAX_UNIT の数に含まれます。

OpenVMS Alpha システムでは,このシステム・パラメータの省略時の値は 500 であり, 24KB のメイン・メモリを消費します。 OpenVMS VAX システムでは,省略時の値は 100 であり, 5KB のメイン・メモリを消費します。

Volume Shadowing for OpenVMS を使用する予定のない場合,設定を最低限の 10 (メイン・メモリの 480 バイトを消費) に変更できます。省略時の値を最低値に設定すると, OpenVMS Alpha システムでは 23.5KB のメイン・メモリが解放され, VAX システムでは 4.5KB のメイン・メモリが解放されます (このパラメータの最大値は 10,000 です)。

このシステム・パラメータは動的なパラメータではありません。つまり,設定を変更する際には再ブートが必要になります。

SHADOW_MBR_TMO (D)

シャドウ・セットの物理メンバをシステムがフェール・オーバする時間を制御します。指定時間が経過すると,システムは,これらの物理メンバを削除します。このパラメータは,以前の VMS リリースにおける一時的パラメータVMSD3 に相当します。SHADOW_MBR_TMO パラメータは,フェーズ II の OpenVMS ボリューム・シャドウィング専用です。フェーズ I の VAX ボリューム・シャドウィングには使用できません。

SHADOW_MBR_TMO パラメータは,Volume Shadowing for OpenVMS のフェーズ II に対してだけ使用できます。このパラメータをフェーズ I に対して使用することはできません。フェーズ I は現在はサポートされません。

1 〜 65,535 の 10 進値による秒数 (ワード) を指定します。この秒数が経過するまで,修復可能なシャドウ・セットの回復が試みられます。値を指定しない場合や 0 を指定した場合,省略時の値の 120 秒が使用されます。

SHADOW_MBR_TMO は動的パラメータであるため,永久的に値を変更するには, SYSGEN の WRITE CURRENT コマンドを実行してください。

SHADOW_REC_DLY (D)

(Alpha のみ) バージョン 7.3-1 以降の OpenVMS における,このシステムにマウントされる仮想ユニットに遷移状態の操作を管理するまでのシステムの待機秒数です。その仮想ユニットに対してマージ操作またはコピー操作が必要になると,シャドウ・セットは遷移状態になります。

SHADOW_SITE_ID (D)

(Alpha のみ) システム管理者に対してサイト値の定義を許可します。この値は,ボリューム・シャドウイングが読み込みを実行する最良のデバイスを決定し,それによってパフォーマンスを向上させるために使用します。

システム管理者は,システムにマウントされたすべてのシャドウ・セットに対して使用されるサイト値を定義できるようになりました。このパラメータは,ディザスタ・トレラント・クラスタのシステム管理者が調整する任意の数値です。シャドウ・セットのサイト値に一致するサイト値を持つデバイスからの読み込みは,異なるサイト値を持つデバイスからの読み込みよりも優先されます。詳細については,『OpenVMS DCL ディクショナリ』と『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』の $SET DEVICE/SITE の記述を参照してください。

SHADOW_SYS_DISK

SHADOW_SYS_DISK のパラメータ値が 1 になっていると,システム・ディスクのシャドウイングが有効になります。値 0 では,システム・ディスクのシャドウイングが無効になります。省略時の値は 0 です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項