日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

付録 J
システム・パラメータ

この付録では,OpenVMS システム・パラメータについて説明します。

注意

システム・パラメータを変更する場合は,AUTOGENを使用してください。しかし,特別な場合には,会話型ブートを使用してパラメータ値を一時的に変更できます。パラメータ値を恒久的に変更するには,MODPARAMS.DATを変更し,AUTOGENを実行しなければなりません。詳しくは『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。



システム・パラメータは, 付録 J.1.1 項 に示すように,いくつかのカテゴリに分類することができます。また,それぞれのパラメータは「 付録 J.1.1 項 」に示すように 1 つ以上の属性を持つことができます。さらに,それぞれのパラメータは値を持ちます。

この付録のパラメータはアルファベット順に並べられており,その属性も示しています。

J.1.1 パラメータのカテゴリと属性

システム・パラメータは,次のカテゴリに分類されます ( 表 J-1 も参照してください)。

カテゴリ 説明
ACP ファイル・システム・キャッシュと Files-11 補助制御プロセス (ACP) に関係するパラメータ。
CLUSTER VAXcluster の動作を制御するパラメータ。
JOB ジョブ制御パラメータ。
LGI ログイン・セキュリティ・パラメータ。
PQL プロセス作成の制限値とクォータに関係するパラメータ。
RMS OpenVMS レコード管理サービス (RMS) に関係するパラメータ。
SCS システム通信サービス (SCS) とポート・ドライバの動作を制御するパラメータ。 SCS 動作を制御するパラメータには SCS,ポート・ドライバ CI780/CI750 を制御するパラメータには PA の接頭辞が付く。
SPECIAL 弊社で使用する特殊パラメータ。弊社の担当者から指示があった場合,または弊社提供のレイヤード製品のインストレーション・マニュアルやリリース・ノートで変更するよう明示されている場合を除き,これらの特殊パラメータは変更してはならない。
SYS システムの全体的動作を制御するパラメータ。
TTY ターミナルの動作に関係するパラメータ。

USERD1,USERD2,USER3,USER4 の 4 つのパラメータは,ユーザが定義することができます。USERD1 と USERD2 は,動的パラメータです。

パラメータの属性

パラメータには,次の属性を 1 つまたは複数持たせることができます。

属性 説明
AUTOGEN 値を計算し,変更する。
DYNAMIC アクティブ値を変更できる。
FEEDBACK AUTOGENでの計算のために使用する情報を提供する。
GEN ブート時に,データ構造の作成と初期化を制御する。
MAJOR ほとんどの場合,変更する必要がある。

属性については, 付録 J.2 節 で詳しく説明します。

表 J-1 は,カテゴリ別にシステム・パラメータを示しています。脚注は動的パラメータとシステム固有のパラメータを示しています。

表 J-1 システム・パラメータ
ACPパラメータ    
ACP_BASEPRIO 1 ACP_DATACHECK 1 ACP_DINDXCACHE 1
ACP_DIRCACHE 1 ACP_EXTCACHE 1 ACP_EXTLIMIT 1
ACP_FIDCACHE 1 ACP_HDRCACHE 1 ACP_MAPCACHE 1
ACP_MAXREAD 1 ACP_MULTIPLE 1 ACP_QUOCACHE 1
ACP_REBLDSYSD ACP_SHARE 1 ACP_SWAPFLGS 1
ACP_SYSACC 1 ACP_WINDOW 1 ACP_WORKSET 1
ACP_WRITEBACK 1 ACP_XQP_RES 1  
CLUSTERパラメータ    
ALLOCLASS +CHECK_CLUSTER CLUSTER_CREDITS
CWCREPRC_ENABLE DISK_QUORUM 1 ++DR_UNIT_BASE
EXPECTED_VOTES LOCKDIRWT MPW_WRTCLUSTER
MSCP_BUFFER MSCP_CMD_TMO MSCP_CREDITS
MSCP_LOAD MSCP_SERVE_ALL NISCS_CONV_BOOT
NISCS_LOAD_PEA0 NISCS_MAX_PKTSZ NISCS_PORT_SERV
QDSKINTERVAL QDSKSVOTES RECNXINTERVAL 1
TAPE_ALLOCLASS TMSCP_LOAD TMSCP_SERVE_ALL
VAXCLUSTER VOTES  
JOBパラメータ    
DEFPRI 1 DEFQUEPRI 1 IJOBLIM 1
MAXQUEPRI 1 NJOBLIM 1 RJOBLIM 1
LGIパラメータ    
LGI_BRK_DISUSER 1 LGI_BRK_LIM 1 LGI_BRK_TERM 1
LGI_BRK_TMO 1 LGI_CALLOUTS 1 LGI_HID_TIM 1
LGI_PWD_TMO 1 LGI_RETRY_LIM 1 LGI_RETRY_TMO 1
MULTIPROCESSINGパラメータ  
++IO_PREFER_CPUS MULTIPROCESSING SMP_CPUS
SMP_LNGSPINWAIT SMP_SANITY_CNT SMP_SPINWAIT
PQLパラメータ    
PQL_DASTLM 1 PQL_DBIOLM 1 PQL_DBYTLM 1
PQL_DCPULM 1 PQL_DDIOLM 1 PQL_DENQLM 1
PQL_DFILLM 1 PQL_DJTQUOTA PQL_DPGFLQUOTA 1
PQL_DPRCLM 1 PQL_DTQELM 1 PQL_DWSDEFAULT
PQL_DWSEXTENT 1 PQL_DWSQUOTA 1 PQL_MASTLM 1
PQL_MBIOLM 1 PQL_MBYTLM 1 PQL_MCPULM 1
PQL_MDIOLM 1 PQL_MENQLM 1 PQL_MFILLM 1
PQL_MJTQUOTA 1 PQL_MPGFLQUOTA 1 PQL_MPRCLM 1
PQL_MTQELM 1 PQL_MWSDEFAULT PQL_MWSEXTENT 1
PQL_MWSQUOTA 1    
RMSパラメータ    
RMS_CONPOLICY RMS_DFMBC 1 RMS_DFMBFIDX 1
RMS_DFMBFREL 1 RMS_DFMBFSDK 1 RMS_DFMBFSMT 1
RMS_DFMBFSUR 1 RMS_DFNBC 1 RMS_EXTEND_SIZE 1
RMS_FILEPROT RMS_HEURISTIC RMS_PROLOGUE 1
++RMS_SEQFILE_WBH 1    
SCSパラメータ    
PAMAXPORT 1 PANOPOLL 1 PANUMPOLL 1
PAPOLLINTERVAL 1 PAPOOLINTERVAL 1 PASANITY 1
PASTDGBUF PASTIMOUT 1 PRCPOLINTERVAL 1
SCSBUFFCNT SCSCONNCNT SCSFLOWCUSH 1
SCSMAXDG SCSMAXMSG SCSNODE
SCSRESPCNT SCSSYSTEMID SCSSYSTEMIDH
++SMCI_FLAGS 1 ++SMCI_PORTS TIMVCFAIL 1
UDABURSTRATE    
特殊パラメータ    
AFFINITY_SKIP AFFINITY_TIME BREAKPOINTS
CHANNELCNT +CLOCK_INTERVAL CONCEAL_DEVICES
CRD_CONTROL CTLIMGLIM CTLPAGES
DISABLE_UPCALLS 1 +DLCKEXTRASTK DNVOSI1
EXUSRSTK ++FAST_PATH ++FAST_PATH_PORTS
IMGIOCNT IOTA JOBCTLD
LOAD_SYS_IMAGES LOCKRETRY MAXCLASSPRI 1
++MC_SERVICES_P0-9 MINCLASSPRI 1 MPW_PRIO
NOAUTOCONFIG 1 NOCLUSTER NOPGFLSWP
PAGTBLPFC PE* ++PFN_COLOR_COUNT
++PHYSICAL_MEMORY +PHYSICALPAGES PIOPAGES 1
PIXSCAN 1 POOLCHECK 1 POOLPAGING
PRIORITY_OFFSET +PSEUDOLOA PU_OPTIONS
+QBUS_MULT_INTR RESALLOC RSRVPAGCNT
S0_PAGING SA_APP +SBIERRENABLE
++SCH_CTLFLAGS 1 +SCSI_NOAUTO 1 ++SCSICLUSTER_P[1-4]
SMP_CPUSH SMP_TICK_CNT SSINHIBIT
+SWPALLOCINC SWPFAIL SWPRATE
SWP_PRIO SYSPFC TBSKIPWSL
TIME_CONTROL 1 TTY_DEFPORT +VBN_CACHE_S
+VBSS_ENABLE +VBSS_ENABLE2 ++VCC_FLAGS
++VCC_MAXSIZE +VCC_MINSIZE +VCC_PTES
VMS WPRE_SIZE 1 WPTTE_SIZE 1
WRITABLESYS WRITESYSPARAMS 1 XQPCTL2
XQPCTLD1    
SYSパラメータ    
++ARB_SUPPORT 1 AUTO_DLIGHT_SAV AWSMIN 1
AWSTIME 1 BALSETCNT BORROWLIM 1
BUGCHECKFATAL 1 BUGREBOOT 1 CLASS_PROT 1
CLISYMTBL 1 ++CRDENABLE ++DBGTK_SCRATCH
DCL_CTLFLAGS DEADLOCK_WAIT 1 DEFMBXBUFQUO 1
DEFMBXMXMSG 1 DELPRC_EXIT 1 ++DEVICE_NAMING
DORMANTWAIT 1 DUMPBUG DUMPSTYLE 1
ERLBUFFERPAGES ERRORLOGBUFFERS EXTRACPU 1
FREEGOAL 1 FREELIM ++GALAXY
GBLPAGES 1 GBLPAGFIL 1 GBLSECTIONS
++GH_EXEC_CODE ++GH_EXEC_DATA ++GH_RES_CODE
++GH_RES_DATA GH_RSRVPGCNT ++GLX_INST_TMO
GLX_SHM_REG GROWLIM 1 ++IMGREG_PAGES
+INTSTKPAGES 1 ++KSTACKPAGES +LAMAPREGS
++LAN_FLAGS 1 ++LCKMGR_CPUID ++LCKMGR_MODE
LNMPHASHTBL LNMSHASHTBL LOAD_PWD_POLICY
LOCKIDTBL LONGWAIT 1 ++MAXBOBMEM 1
MAXBUF 1 MAXPROCESSCNT MAXSYSGROUP 1
MINWSCNT MMG_CTLFLAGS 1 ++MPDEV_AFB_INTVL
++MPDEV_ENABLE ++MPDEV_LCRETRIES ++MPDEV_POLLER
++MPDEV_REMOTE MPW_HILIMIT MPW_IOLIMIT
MPW_LOLIMIT MPW_LOWAITLIMIT 1 MULTITHREAD
++MVSUPMSG_INTVL 1 ++MVSUPMSG_NUM 1 MVTIMEOUT 1
NET_CALLOUTS 1 NPAGEDYN ++NPAGERAD
NPAGEVIR ++NPAG_AGGRESSIVE 1 ++NPAG_BAP_MIN
++NPAG_BAP_MIN_PA ++NPAG_GENTLE 1 ++NPAG_INTERVAL 1
++NPAG_RING_SIZE PAGEDYN +PAGFILCNT
PFCDEFAULT 1 PFRATH 1 PFRATL 1
POWEROFF 1 PROCSECTCNT QUANTUM 1
++RAD_SUPPORT +REALTIME_SPTS 1 RESHASHTBL
++S2_SIZE SAVEDUMP SECURITY_POLICY
SETTIME SHADOWING SHADOW_MAX_COPY 1
SHADOW_MAX_UNIT SHADOW_MBR_TMO 1 ++SHADOW_REC_DLY 1
++SHADOW_SITE_ID 1 SHADOW_SYS_DISK SHADOW_SYS_TMO
SHADOW_SYS_UNIT SHADOW_SYS_WAIT +SPTREQ
STARTUP_P1-8 +SWPFILCNT SWPOUTPGCNT 1
SYSMWCNT SYSTEM_CHECK TAILORED
TAPE_MVTIMEOUT 1 TIMEPROMPTWAIT UAFALTERNATE
USERD1 1 USERD2 1 USER3
USER4 ++VCC_MAX_CACHE 1 ++VCC_MAX_IO_SIZE 1
++VCC_MAX_LOCKS ++VCC_READAHEAD 1 ++VCC_WRITEBEHIND
+VECTOR_MARGIN 1 +VECTOR_PROC VIRTUALPAGECNT
WBM_MSG_INT 1 WBM_MSG_LOWER 1 WBM_MSG_UPPER 1
WBM_OPCOM_LVL 1 WINDOW_SYSTEM 1 ++WLKSYSDSK
WSDEC 1 WSINC 1 WSMAX
+WS_OPA0 XFMAXRATE 1 ++ZERO_LIST_HI 1
TTYパラメータ    
TTY_ALTALARM TTY_ALTYPAHD TTY_AUTOCHAR 1
TTY_BUF TTY_CLASSNAME TTY_DEFCHAR
TTY_DEFCHAR2 TTY_DIALTYPE TTY_DMASIZE 1
TTY_PARITY TTY_RSPEED TTY_SCANDELTA
TTY_SILOTIME TTY_SPEED TTY_TIMEOUT 1
TTY_TYPAHDSZ    

1動的パラメータ
++Alphaのみ
+VAXのみ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項