日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



SYSTEM クラス・レコードは,システムの主要構成要素である CPU,メモリ,入出力機構の全体的動作を示すデータです。 SYSTEM クラス・レコードのレコード・タイプは 17,サイズは 49 バイトです。SYSTEM クラスを記録すると,明示的に指定していない場合でも,PROCESSES,STATES,MODES の各クラスもともに記録されます。

次の図にSYSTEM クラス・レコードの形式を示します。

図 H-24 SYSTEM クラス・レコードの形式


次の表にSYSTEM クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
CPU Busy MNR_SYS$L_BUSY システムをブートしてからすべての CPU モードで使用した 10 ミリ秒単位によるクロック・ティック数 (ロングワード,C)
Other States MNR_SYS$L_OTHSTAT LEF,LEFO,HIB,HIBO,COM,COMO,PFW,MWAIT 以外の状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Process Count MNR_SYS$L_PROCS システム内のプロセスの数 (ロングワード,L)
Page Faults MNR_SYS$L_FAULTS すべてのワーキング・セットのページ・フォルト数 (ロングワード,C)
Read I/Os MNR_SYS$L_PREADIO ディスク・ページ・フォルトの結果行われた読み込み動作の数 (ロングワード,C)
Free Page Count MNR_SYS$L_FREECNT 現在空きページリストにあるページ数 (ロングワード,L)
Modified Page Count MNR_SYS$L_MFYCNT 現在変更済みページ・リストにあるページ数 (ロングワード,L)
Direct I/Os MNR_SYS$L_DIRIO 直接入出力動作の数 (ロングワード,C)
Buffered I/Os MNR_SYS$L_BUFIO バッファード入出力動作の数 (ロングワード,C)



TIMER クラス・レコードは, OpenVMS エグゼクティブがタイマ・キュー・エントリ (TQE) を監視する際に便利なデータです。 TIMER クラス・レコードのレコード・タイプは 26,サイズは 29 バイトです。

図 H-25 に TIMER クラス・レコードの形式を示します。

図 H-25 TIMER クラス・レコードの形式


次の表に TIMER クラス・レコード・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Total TQEs MNR_TMR$L_TQE_TOTAL 1 秒間に処理された全 TQE の数
SYSUB TQEs MNR_TMR$L_TQE_SYSUB 1 秒間に処理された SYSUB TQE の数
Timer TQEs MNR_TMR$L_TQE_TIMER 1 秒間にユーザから発行されたタイマ要求の数
Wakeup TQEs MNR_TMR$L_TQE_WAKEUP 1 秒間にユーザから発行されたウェイクアップ・タイマ要求の数



TRANSACTION クラス・レコードは,DECdtm トランザクション・マネージャの動作を示すデータです。 TRANSACTION クラス・レコードのレコード・タイプは 22,サイズは 69 バイトです。

次の図にTRANSACTION クラス・レコードの形式を示します。

図 H-26 TRANSACTION クラス・レコードの形式


次の表にTRANSACTIONクラス・レコード・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Starts MNR_TRA$L_STARTS 始動したトランザクション動作の数。システム・サービス $START_TRANS が正常終了した回数 (ロングワード,C)
Prepares MNR_TRA$L_PREPARES 作成されたトランザクションの数 (ロングワード,C)
One Phase Commits MNR_TRA$L_ONE_PHASE 1 フェーズのコミット・イベントを呼び出した回数 (ロングワード,C)
Commits MNR_TRA$L_COMMITS コミットしたトランザクションの数。1 フェーズ・コミットと 2 フェーズ・コミットの合計 (ロングワード,C)
Aborts MNR_TRA$L_ABORTS アボートしたトランザクションの数。計画アボートと非計画アボートの合計 (ロングワード,C)
Ends MNR_TRA$L_ENDS 終了したトランザクションの数。 $END_TRANS が正常終了した回数 (ロングワード,C)
Branches MNR_TRA$L_BRANCHS 遠隔の親に対する遠隔始動ブランチ動作の数 (ロングワード,C)
Adds MNR_TRA$L_ADDS 遠隔の下位の親に対する遠隔追加ブランチ動作の数 (ロングワード,C)
0-1 Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS1 1 秒未満のトランザクションの数 (ロングワード,C)
1-2 Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS2 1 〜 2 (1.99) 秒のトランザクションの数 (ロングワード,C)
2-3 Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS3 2 〜 3 秒のトランザクションの数 (ロングワード,C)
3-4 Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS4 3 〜 4 秒のトランザクションの数 (ロングワード,C)
4-5 Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS5 4 〜 5 秒のトランザクションの数 (ロングワード,C)
5+ Transactions MNR_TRA$L_BUCKETS6 5 秒を超えるトランザクションの数 (ロングワード,C)



VAXシステムにおいて,VBSクラス・レコードには仮想バランス・スロット(VBS)機構の操作に関する統計情報が格納されます。 VBSクラス・レコードは,レコード・タイプが24で,サイズは21バイトです。

次の図はVBSクラス・レコードの形式を示しています。

図 H-27 VBSクラス・レコードの形式 (VAX のみ)


次の表はVBSクラス・レコードのデータ・ブロックのフィールドを示しています。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
VBS Faults MNR_VBS$L_VRBS_TRAN 仮想バランス・スロットから実バランス・スロットへのフォルトの数(ロングワード,C)
VBS Clock Ticks MNR_VBS$L_VCPUTICKS 仮想バランス・スロット・クロック・ティックの数 (10ミリ秒単位) (ロングワード,C)



VECTOR クラス・レコードは,ベクタ機能付きプロセッサにベクタ使用プロセスがスケジューリングされた時間を示すデータです。 VECTOR クラス・レコードのレコード・タイプは 23 であり,サイズは,システム内のアクティブ・プロセッサの数によって異なります。すべてのプロセッサがアクティブであると仮定した場合,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞およびデータ・ブロックを次の式で加算してサイズを求めます。


        13 + (5 * MNR_SYI$B_VPCPUS) 

次の図にVECTOR クラス・レコードの形式を示しています。

図 H-28 VECTOR クラス・レコードの形式


次の表にVECTORクラス・レコード・フィールドの説明を示します。 \VECTOR_FIELD_TAB)

フィールド シンボリック・オフセット 内容
CPU ID MNR_VEC$B_CPUID データの収集元であるプロセッサの ID (1 バイト)
Ticks MNR_VEC$L_TICKS ベクタ使用プロセスがプロセッサにスケジューリングされた 10 ミリ秒単位のクロック・ティック数 (1 ロングワード)

VECTOR クラスをサポートするため,システム情報レコードの MNR_SYI$B_VPCPUS と MNR_SYI$L_VPCONF が使用されます。これらの項目の詳細については, 付録 H.3.2 項 の表を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項