日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



FILE_SYSTEM_CACHE クラス・レコードは,ファイルシステム ACP,XQP のキャッシュ動作を示すデータです。FILE_SYSTEM_CACHE クラス・レコードのレコード・タイプは 11,サイズは 69 バイトです。

次の図にFILE_SYSTEM_CACHE クラス・レコードの形式を示します。

図 H-13 FILE_SYSTEM_CACHE クラス・レコードの形式


次の表にFILE_SYSTEM_CACHE クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Directory FCB
Cache Hits
MNR_FIL$L_DIRFCB_HIT ディレクトリ FCB キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
Directory FCB
Cache Attempts
MNR_FIL$L_DIRFCB_TRIES ディレクトリ FCB キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
Directory Data
Cache Hits
MNR_FIL$L_DIRDATA_HIT ディレクトリ・データ・キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
Directory Data
Cache Attempts
MNR_FIL$L_DIRDATA_TRIES ディレクトリ・データ・キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
File Header
Cache Hits
MNR_FIL$L_FILHDR_HIT ファイル・ヘッダ・キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
File Header
Cache Attempts
MNR_FIL$L_FILHDR_TRIES ファイル・ヘッダ・キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
File ID
Cache Hits
MNR_FIL$L_FIDHIT ファイル ID キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
File ID
Cache Attempts
MNR_FIL$L_FID_TRIES ファイル ID キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
Extent Cache
Hits
MNR_FIL$L_EXTHIT 拡張キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
Extent Cache
Attempts
MNR_FIL$L_EXT_TRIES 拡張キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
Quota Cache
Hits
MNR_FIL$L_QUOHIT クォータ・キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
Quota Cache
Attempts
MNR_FIL$L_QUO_TRIES クォータ・キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)
Storage Bitmap
Cache Hits
MNR_FIL$L_STORAGMAP_HIT 記憶ビットマップ・キャッシュにおけるヒット数 (ロングワード,C)
Storage Bitmap
Cache Attempts
MNR_FIL$L_STORAGMAP_TRIES 記憶ビットマップ・キャッシュにおける試み数 (ロングワード,C)



入出力クラス・レコードは,入出力サブシステムの動作を示すデータです。入出力クラス・レコードのレコード・タイプは 4,サイズは 69 バイトです。

次の図に入出力クラス・レコードの形式を示します。

図 H-14 入出力クラス・レコードの形式


次の表に入出力クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Direct I/Os MNR_IO$L_DIRIO 直接入出力動作の数 (ロングワード,C)
Buffered I/Os MNR_IO$L_BUFIO バッファード入出力動作の数 (ロングワード,C)
Mailbox Writes MNR_IO$L_MBWRITES メールボックスへの書き込み要求の数 (ロングワード,C)
Split Transfers MNR_IO$L_SPLTTRNS 分割転送の数 (ロングワード,C)
Logical Name
Translations
MNR_IO$L_LOGNAM 論理名変換の数 (ロングワード,C)
Files Opened MNR_IO$L_OPENS オープンしたファイルの数 (ロングワード,C)
Page Faults MNR_IO$L_FAULTS すべてのワーキング・セットのページ・フォルトの数 (ロングワード,C)
Page Reads MNR_IO$L_PREADS ページ・フォルトの結果ディスクから読み込んだページ数 (ロングワード,C)
Page Read I/Os MNR_IO$L_PREADIO ページ・フォルトの結果ディスクに対して行われた読み込み動作の数 (ロングワード,C)
Page Writes MNR_IO$L_PWRITES ページ・ファイルに書き込んだページ数 (ロングワード,C)
Page Write I/Os MNR_IO$L_PWRITIO ページ・ファイルに対する書き込み動作の数 (ロングワード,C)
Inswaps MNR_IO$L_ISWPCNT スワップ・ファイルからメモリに読み込んだワーキング・セットの数 (ロングワード,C)
Free Page Count MNR_IO$L_FREECNT 現在空きページ・リストに存在するページ数 (ロングワード,L)
Modified Page
Count
MNR_IO$L_MFYCNT 現在変更対象ページ・リストに存在するページ数 (ロングワード,L)



LOCK クラス・レコードは,ローカル管理サブシステムの動作を示すデータです。LOCK クラス・レコードのレコード・タイプは 7,サイズは 53 バイトです。

次の図にLOCK クラス・レコードの形式を示します。

図 H-15 LOCK クラス・レコードの形式


次の表にLOCK クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
New ENQs MNR_LCK$L_ENQNEW 新 ENQ (ロック) 要求の数 (ロングワード,C)
Converted ENQs MNR_LCK$L_ENQCVT 変換した ENQ (ロック) 要求の数 (ロングワード,C)
DEQs MNR_LCK$L_DEQ DEQ (アンロック) 要求の数 (ロングワード,C)
Blocking ASTs MNR_LCK$L_BLKAST キューに登録されたブロッキング AST の数 (ロングワード,C)
ENQ Waits MNR_LCK$L_ENQWAIT ロックが直ちにに許可されず,待ち状態となった回数 (ロングワード,C)
ENQs Not Queued MNR_LCK$L_ENQNOTQD ロックが直ちにに許可されず,待ち状態ではなくエラー状態となった回数 (ロングワード,C)
Deadlock Searches MNR_LCK$L_DLCKSRCH デッドロック検索を行った回数 (ロングワード,C)
Deadlocks Found MNR_LCK$L_DLCKFND デッドロックが検出された回数 (ロングワード,C)
Current Locks MNR_LCK$L_NUMLOCKS 現在システムに存在するロック数 (ロングワード,L)
Current Resources MNR_LCK$L_NUMRES 現在システムに存在する資源の数 (ロングワード,L)



MODES クラス・レコードは,各プロセッサ・モードで使用した時間を示すデータです。MODES クラス・レコードのレコード・タイプは 2 であり,サイズは監視対象システム上のアクティブ CPU の数によって異なります。バイト単位で表されるサイズは,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞,データ・ブロックのサイズを次の式で加算して求めます。この式では,すべての CPU がアクティブであると仮定しています。


13 + 8 (33 * MNR_SYI$B_MPCPUS) 

次の図にMODES クラス・レコードの形式を示します。

図 H-16 MODES クラス・レコードの形式


次の表にMODES クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
CPU ID MNR_MOD$B_CPUID CPU ID (バイト,I)
Interrupt Stack MNR_MOD$L_INTER システムをブートしてから割り込みスタックに使用した 10 ミリ秒単位によるクロック・ティックの数 (ロングワード,C)
MP Synchronization MNR_MOD$L_MPSYNC システムをブートしてから複数の CPU の同期をとるのに使用したクロック・ティックの数
Kernel MNR_MOD$L_KERNEL システムをブートしてからカーネル・モードで使用したクロック・ティックの数。割り込みスタック時間を除く。(ロングワード,C)
Executive MNR_MOD$L_EXEC システムをブートしてからエグゼクティブ・モードで使用したクロック・ティックの数 (ロングワード,C)
Supervisor MNR_MOD$L_SUPER システムをブートしてからスーパバイザ・モードで使用したクロック・ティックの数 (ロングワード,C)
User MNR_MOD$L_USER システムをブートしてからユーザ・モードで使用したクロック・ティックの数。互換モード時間を除く。(ロングワード,C)
Compatibility MNR_MOD$L_COMPAT システムをブートしてから互換モードで使用したクロック・ティックの数 (ロングワード,C)
Idle MNR_MOD$L_IDLE システムをブートしてから NULL プロセスの実行に使用したクロック・ティックの数 (ロングワード,C)



MSCP_SERVER クラス・レコードは,MSCP サーバの動作を示すデータです。 MSCP_SERVER クラス・レコードのレコード・タイプは 21,サイズは 65 バイトです。

次の図にMSCP_SERVER クラス・レコードの形式を示します。

図 H-17 MSCP_SERVER クラス・レコードの形式


次の表にMSCP_SERVER クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Requests MNR_MSC$L_REQUEST 遠隔プロセッサによる入出力転送要求の数 (ロングワード,C)
Reads MNR_MSC$L_READ 遠隔プロセッサによる読み込み転送要求の数 (ロングワード,C)
Writes MNR_MSC$L_WRITE 遠隔プロセッサによる書き込み転送要求の数 (ロングワード,C)
Fragments MNR_MSC$L_FRAGMENT サーバが出力する追加フラグメントの数 (ロングワード,C)
Splits MNR_MSC$L_SPLIT サーバが出力したフラグメンテーションされた要求の数 (ロングワード,C)
Buffer Waits MNR_MSC$L_BUFWAIT MSCP バッファ・メモリの使用を待たなければならなかった要求の数 (ロングワード,C)
1 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE1 1 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
2---3 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE2 2 〜 3 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
4---7 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE3 4 〜 7 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
8---15 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE4 8 〜 15 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
16---31 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE5 16 〜 31 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
32---63 Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE6 32 〜 63 ブロックの長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)
64+ Block I/Os MNR_MSC$L_SIZE7 64 ブロック以上の長さの入出力要求の数 (ロングワード,C)



PAGE クラス・レコードは,ページ管理サブシステムの動作を示すデータです。PAGE クラス・レコードのレコード・タイプは 3,サイズは 65 バイトです。

次の図にPAGE クラス・レコードの形式を示します。

図 H-18 PAGE クラス・レコードの形式


次の表にPAGE クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明をに示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Page Faults MNR_PAG$L_FAULTS すべてのワーキング・セットのページ・フォルトの数 (ロングワード,C)
Reads MNR_PAG$L_PREADS ページ・フォルトの結果ディスクから読み込んだページ数 (ロングワード,C)
Read I/Os MNR_PAG$L_PREADIO ディスク・ページ・フォルトの結果行われた読み込み動作の数 (ロングワード,C)
Writes MNR_PAG$L_PWRITES ページ・ファイルに書き込んだページ数 (ロングワード,C)
Write I/Os MNR_PAG$L_PWRITIO ページ・ファイルへの書き込み動作数 (ロングワード,C)
Free Page
List Faults
MNR_PAG$L_FREFLTS ページ・フォルトの結果空きリストから読み込んだページ数 (ロングワード,C)
Modified Page
List Faults
MNR_PAG$L_MFYFLTS ページ・フォルトの結果変更済みリストから読み込んだページ数 (ロングワード,C)
Demand-zero
Faults
MNR_PAG$L_DZROFLTS フォルトの結果設定された 0 だけのページ数 (ロングワード,C)
Global Valid
Faults
MNR_PAG$L_GVALID システム・グローバル・ページ・テーブル内の正しい参照ページが対応するページ・フォルトの数 (ロングワード,C)
Write in Progress
Faults
MNR_PAG$L_WRTINPROG フォルト発生時にディスクに書き込み中であったプロセスに存在していた読み込み済みページ数 (ロングワード,C)
System Faults MNR_PAG$L_SYSFAULTS システム空間に存在する参照ページが対応するページ・フォルトの数 (ロングワード,C)
Free Page Count MNR_PAG$L_FREECNT 現在空きページ・リストに存在するページ数 (ロングワード,L)
Modified Page
Count
MNR_PAG$L_MFYCNT 現在変更済みページ・リストに存在するページ数 (ロングワード,L)



PROCESSES クラス・レコードは,システム内のすべてのプロセスを示すデータです。PROCESSES クラス・レコードのレコード・タイプは 0 であり,サイズは監視対象プロセス数によって異なります。バイト単位によるサイズは,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞,データ・ブロックのサイズを次の式で加算して求めます。


13 + 8 + (63 * MNR_CMP$L_ELTCT の値) 

図 H-19 にPROCESSES クラス・レコードの形式を示します。

図 H-19 PROCESSESクラス・レコードの形式


次の表にPROCESSES クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Internal Process ID MNR_PRO$L_IPID 内部プロセス ID (ロングワード,I)
UIC MNR_PRO$L_UIC ユーザ識別コード。 Group は上位ワード,Member は下位ワード。 (ロングワード,I)
State MNR_PRO$W_STATE 現在のスケジューリング状態コード (ワード,I)
Priority MNR_PRO$B_PRI 現在のソフトウェア優先順位 (31 の補数)(バイト,I)
Name MNR_PRO$T_LNAME プロセス名 (指定された長さの ASCII 文字列)(16 バイト,I)
Global Page Count MNR_PRO$L_GPGCNT 現在のグローバル・ページ数 (ロングワード,L)
Process Page Count MNR_PRO$L_PPGCNT 現在のプロセス・ページ数 (ロングワード,L)
Status Flags MNR_PRO$L_STS ソフトウェア・プロセス状態フラグ。PCB$V_RES ビットがクリアされている場合は,スワップ・アウトされたことを示す。 (ロングワード,I)
Direct I/Os MNR_PRO$L_DIOCNT 直接入出力数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
Page Faults MNR_PRO$L_PAGEFLTS ページ・フォルト数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
CPU Time MNR_PRO$L_CPUTIM 10 ミリ秒ティック単位による累積 CPU 時間。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
Buffered I/Os MNR_PRO$L_BIOCNT バッファード入出力数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
Extended Process ID MNR_PRO$L_EPID 拡張プロセス ID (ロングワード,I)
Event Flg Weight Mask MNR_PRO$L_EFWM イベント・フラグ待ちマスク。MWAIT に使用。 (ロングワード,I)
RBS Transitions MNR_PRO$L_RBSTRAN 実バランス・スロット遷移(ロングワード,C)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項