日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



図 F-3 は,監査データ・パケットの形式を示しています。 NSA$K_PKT_HDR_LENGTHは各パケット・ヘッダの現在のサイズ(バイト数)を定義します。

監査データ・パケットは,イベント・メッセージ内に前もって定義されている順序で格納されるわけではなく,同じイベント・メッセージ内にパケット・タイプが2回以上格納されることもあります。

さまざまなイベント・メッセージに格納されるデータ・タイプの例については,『OpenVMS Guide to System Security』のアラーム・メッセージの付録を参照してください。

図 F-3 監査データ・パケットの形式


表 F-4 は,これらのパケットのフィールドを示しています。

表 F-4 監査データ・パケットの説明
フィールド シンボリック・オフセット 内容
パケット・サイズ NSA$W_PACKET_SIZE データ・パケットのサイズを示す。 (ワード)
パケット・タイプ NSA$W_PACKET_TYPE 表 F-5 の説明に従って,パケット内のデータのタイプを示す。
パケット・データ NSA$R_PACKET_DATA パケット・データを格納した可変長フィールド。

表 F-5 は,監査パケット内のデータのタイプを示しています。

表 F-5 監査パケット内のデータのタイプ
シンボル パケットの内容
NSA$_ACCESS_DESIRED $ARMDEFによって定義されるオブジェクトに与えたアクセス権または要求されたアクセス権(ロングワード)
NSA$_ACCESS_MODE プロセスのアクセス・モード(バイト)
NSA$_ACCOUNT プロセスに対応するアカウント名(1〜32文字の文字列)
NSA$_ALARM_NAME レコードを受信するユーザ(またはセキュリティ・クラス・オペレータ・ターミナル)の名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_ASSOCIATION_NAME プロセス間通信(IPC)の関係名(1〜256文字の文字列)
NSA$_AUDIT_FLAGS 許可または禁止されたイベントのビット・マスク。これは,HP が使用するために予約されている。(40バイトのレコード) (1〜65文字の文字列)
NSA$_AUDIT_NAME 監査レコードを受信するジャーナル・ファイル (1〜65文字の文字列)
NSA$_COMMAND_LINE ユーザが入力したコマンド行(1〜2048文字の文字列)
NSA$_CONNECTION_ID プロセス間通信(IPC)の接続識別(ロングワード)
NSA$_DECNET_LINK_ID DECnet論理リンク識別(ロングワード)
NSA$_DECNET_OBJECT_NAME DECnetオブジェクト名(1〜16文字の文字列)
NSA$_DECNET_OBJECT_NUMBER DECnetオブジェクト番号(ロングワード)
NSA$_DEFAULT_USERNAME 入力ネットワーク代理要求の省略時のローカル・ユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_DEVICE_NAME ボリュームが存在するデバイス名(1〜64文字の文字列)
NSA$_DIRECTORY_ENTRY ファイル・システム操作に関連するディレクトリ・エントリ(ロングワード)
NSA$_DIRECTORY_ID ディレクトリ・ファイル識別(3ワードの配列)
NSA$_DIRECTORY_NAME ディレクトリ・ファイル名
NSA$_DISMOUNT_FLAGS STARLET内の$DMTDEFマクロはディスマウント・フラグを定義する。各フラグは 1クォドワードである
NSA$_EFC_NAME イベント・フラグ・クラスタ名(1〜16文字の文字列)
NSA$_EVENT_FACILITY 作成されたイベントの機能コード(ワード)
NSA$_FIELD_NAME 変更対象のフィールドの名前。これは NSA$_ORIGINAL_DATAおよびNSA$_NEW_DATAと組み合わせて使用される(1〜256文字の文字列)
NSA$_FILE_ID ファイル識別(ワード配列)
NSA$_FINAL_STATUS 監査機能を起動する原因となった状態(成功または失敗)(ロングワード)
NSA$_HOLDER_NAME 識別子を保有するユーザの名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_HOLDER_OWNER 保有者の所有者(UIC)(ロングワード)
NSA$_ID_ATTRIBUTES 識別子の属性,STARLET内の$KGBDEFマクロによって定義される(ロングワード)
NSA$_IDENTIFIERS_USED オブジェクトをアクセスするために使用された識別子(アクセスを許可するアクセス制御エントリ(ACE)から抽出したもの) (ロングワード配列)
NSA$_ID_NAME 識別子の名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_ID_NEW_ATTRIBUTES 識別子の新しい属性,STARLET内の $KGBDEFマクロによって定義される(ロングワード)
NSA$_ID_NEW_NAME 識別子の新しい名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_ID_NEW_VALUE 識別子の新しい値(ロングワード)
NSA$_ID_VALUE 識別子の値(ロングワード)
NSA$_ID_VALUE_ASCII $IDTOASCによって与えられた識別子の値 (ロングワード)
NSA$_IMAGE_NAME イベントが発生したときに実行されていたイメージの名前 (1〜1024文字の文字列)
NSA$_INSTALL_FILE インストールされたファイルの名前(1〜255文字の文字列)
NSA$_INSTALL_FLAGS INSTALLフラグはInstallユーティリティの修飾子に対応する(たとえば, NSA$M_INS_EXECUTE_ONLY)。各フラグは1ロングワードである
NSA$_LNM_PARENT_NAME 親論理名テーブルの名前(1〜31文字の文字列)
NSA$_LNM_TABLE_NAME 論理名テーブルの名前(1〜31文字の文字列)
NSA$_LOCAL_USERNAME 入力ネットワーク代理要求で使用できるアカウントのユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_LOGICAL_NAME デバイスに対応する論理名(1〜255文字の文字列)
NSA$_MAILBOX_UNIT メールボックス・ユニット番号(ロングワード)
NSA$_MATCHING_ACE アクセスを許可または禁止するACE (バイト配列)
NSA$_MESSAGE 関連するメッセージ・コード。変換については NSA$_MSGFILNAMを参照(ロングワード)
NSA$_MOUNT_FLAGS STARLET内の$MNTDEFマクロによって定義される MOUNTフラグ(ロングワード)
NSA$_MSGFILNAM NSA$_MESSAGE内のメッセージ・コードの変換を格納したメッセージ・ファイル (1〜255文字の文字列)
NSA$_NEW_DATA イベントが発生した後,NSA$_FIELD_NAMEに名前が指定されたフィールドの内容。NSA$_ORIGINAL_DATAには,イベントが発生する前のフィールドの内容が格納される(1〜n文字の文字列)
NSA$_NEW_IMAGE_NAME 新しいイメージの名前(1〜1024文字の文字列)
NSA$_NEW_OWNER 新しいプロセス所有者(UIC)(ロングワード)
NSA$_NEW_PRIORITY 新しいプロセス優先順位(ロングワード)
NSA$_NEW_PRIVILEGES 新しい特権(クォドワード)
NSA$_NEW_PROCESS_ID プロセスの新しい識別(ロングワード)
NSA$_NEW_PROCESS_NAME プロセスの新しい名前(1〜15文字の文字列)
NSA$_NEW_PROCESS_OWNER プロセスの新しい所有者(UIC) (ロングワード)
NSA$_NEW_USERNAME 新しいユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_NOP 処理されないようにするために静的イベント・リストに指定するパケット
NSA$_OBJECT_CLASS システムまたはユーザによって定義されたオブジェクト・クラス名(1〜23文字の文字列)
NSA$_OBJECT_MAX_CLASS オブジェクトの最高アクセス分類(20バイトのレコード)
NSA$_OBJECT_MIN_CLASS オブジェクトの最低アクセス分類(20バイトのレコード)
NSA$_OBJECT_NAME オブジェクトの名前(1〜255文字の文字列)
NSA$_OBJECT_NAME_2 代替オブジェクト名。現在のところ,グローバル・セクションの代替名がファイル名であるような,ファイルによって支援されるグローバル・セクションに適用される(1〜255文字の文字列)
NSA$_OBJECT_OWNER 監査可能イベントの原因となったプロセスの汎用識別子またはUIC(ロングワード)
NSA$_OBJECT_PROTECTION オブジェクトのUIC保護(ワードまたはロングワードのベクタ)
NSA$_OBJECT_TYPE $ACLDEFでリストされているオブジェクトのタイプ・コード。(1〜23文字の文字列)
NSA$_OLD_PRIORITY 以前のプロセス優先順位(ロングワード)
NSA$_OLD_PRIVILEGES 以前の特権(クォドワード)
NSA$_ORIGINAL_DATA イベントが発生する前の,NSA$_FIELD_NAMEに指定されたフィールドの内容。NSA$_NEW_DATAには,イベントが発生した後のフィールドの内容が格納される(1〜n文字の文字列)
NSA$_PARAMS_INUSE SYSGENのUSEコマンドに与えられるパラメータ値の集まり(1〜255文字の文字列)
NSA$_PARAMS_WRITE SYSGENのWRITEコマンドに対するファイル名 (1〜255文字の文字列)
NSA$_PARENT_ID 親プロセスのプロセス識別子(PID)。監査イベントがサブプロセスに関係する場合にのみ使用する(ロングワード)
NSA$_PARENT_NAME 親のプロセス名。監査イベントがサブプロセスに関係する場合にのみ使用する(1〜15文字の文字列)
NSA$_PARENT_OWNER 親プロセスの所有者(UIC)(ロングワード)
NSA$_PARENT_USERNAME 親プロセスに対応するユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_PASSWORD 失敗したブレークインの試みで使用されたパスワード(1〜32文字の文字列)
NSA$_PRIVILEGES 特権マスク(クォドワード)
NSA$_PRIVS_MISSING 不足している特権(ロングワードまたはクォドワード)
NSA$_PRIVS_USED オブジェクトをアクセスするために使用された特権 (ロングワードまたはクォドワード)
NSA$_PROCESS_ID 監査イベントの原因となったプロセスのPID (ロングワード)
NSA$_PROCESS_NAME 監査可能イベントの原因となったプロセスの名前 (1〜15文字の文字列)
NSA$_REM_ASSOCIATION_NAME プロセス間通信(IPD)のリモート関係名(1〜256文字の文字列)
NSA$_REMOTE_LINK_ID リモート論理リンク識別番号(ロングワード)
NSA$_REMOTE_NODE_ID リモート・プロセスのDECnetアドレス(ロングワード)
NSA$_REMOTE_NODENAME リモート・プロセスのDECnetノード名(1〜6文字の文字列)
NSA$_REMOTE_USERNAME リモート・プロセスのユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_REQUEST_NUMBER システム・サービス呼び出しに対応する要求番号(ロングワード)
NSA$_RESOURCE_NAME ロック資源名(1〜32文字の文字列)
NSA$_SECTION_NAME グローバル・セクション名(1〜42文字の文字列)
NSA$_SNAPSHOT_BOOTFILE スナップショット・ブート・ファイルの名前。これは,システムをブートするときに使用したシステム・イメージ・ファイルである (1〜255文字の文字列)
NSA$_SNAPSHOT_SAVE_FILNAM スナップショット・セーブ・ファイルの名前。これはシステムを保存した時点でのスナップショット・ファイルの格納場所である(1〜255文字の文字列)
NSA$_SNAPSHOT_TIME システム構成をスナップショット・ブート・ファイルに保存した時刻(クォドワード)
NSA$_SOURCE_PROCESS_ID 要求を出したプロセスの識別(ロングワード)
NSA$_SUBJECT_CLASS 監査可能イベントの原因となったプロセスの現在のアクセス・クラス(20バイトのレコード)
NSA$_SUBJECT_OWNER イベントの原因となったプロセスの所有者(UIC) (ロングワード)
NSA$_SYSTEM_ID イベントが発生したクラスタ・ノードのSCS識別 (SYSGENパラメータSCSSYSTEMID) (ロングワード)
NSA$_SYSTEM_NAME イベントが発生したシステム通信サービス(SCS)・ノード名(SYSGENパラメータSCSNODE) (1〜6文字の文字列)
NSA$_SYSTEM_SERVICE_NAME イベントに対応するシステム・サービスの名前(1〜256文字の文字列)
NSA$_SYSTIM_NEW 新しいシステム時刻(クオドワード)
NSA$_SYSTIM_OLD 元のシステム時刻(クオドワード)
NSA$_TARGET_DEVICE_NAME ターゲット・デバイス名(1〜64文字の文字列)
NSA$_TARGET_PROCESS_CLASS ターゲット・プロセスの分類(20バイトのベクタ)
NSA$_TARGET_PROCESS_ID ターゲット・プロセス識別子(PID) (ロングワード)
NSA$_TARGET_PROCESS_NAME ターゲット・プロセス名(1〜64文字の文字列)
NSA$_TARGET_PROCESS_OWNER ターゲット・プロセス所有者(UIC) (ロングワード)
NSA$_TARGET_USERNAME ターゲット・ユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_TERMINAL 監査可能イベントが発生したときにプロセスが接続されていたターミナルの名前(1〜256文字の文字列)
NSA$_TIME_STAMP イベントが発生した時刻(クォドワード)
NSA$_TRANSPORT_NAME トランスポートの名前。これはプロセス間通信(IPC),DECnet,システム管理インテグレータ(SMI)のいずれかであり, SYSMANユーティリティからの要求を処理する(1〜256文字の文字列)
NSA$_UAF_ADD 追加される登録レコードの名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_UAF_COPY コピーされる登録レコードの元の名前と新しい名前 (1〜32文字の文字列)
NSA$_UAF_DELETE 削除される登録レコードの名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_UAF_FIELDS 登録レコード内で変更されるフィールドとその新しい値。HP が使用するために予約されている(クォドワードのビット・マスク)。
NSA$_UAF_MODIFY 変更される登録レコードの名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_UAF_RENAME 名前が変更される登録レコードの名前(1〜32文字の文字列)
NSA$_UAF_SOURCE Authorizeユーティリティ(AUTHORIZE)のコピー操作のコピー元レコードのユーザ名(1〜32文字の文字列)
NSA$_USERNAME 監査可能イベントの原因となったプロセスのユーザ名 (1〜32文字の文字列)
NSA$_VOLUME_NAME ボリューム名(1〜15文字の文字列)
NSA$_VOLUME_SET_NAME ボリューム・セット名(1〜15文字の文字列)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項