日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

付録 E
ANALYZE/DISK_STRUCTURE - 使用量ファイル

/USAGE 修飾子を指定すると,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,ディスク使用量会計ファイルを作成します。このファイルの最初のレコードである識別レコードには,ディスクとボリュームの特性の要約が格納されます。識別レコードの後には,数多くのファイル要約レコードが続きます。ファイル要約レコードは,ディスク上の 1 つのファイルに対して 1 つのレコードが格納されます。ファイル要約レコードの内容は,ファイルの所有者,サイズ,名前です。

識別レコードは,USG$B_TYPE フィールドに格納されるタイプ・コード USG$K_IDENT によって識別されます。 表 E-1 は識別レコードのフィールドの一覧です。

表 E-1 識別レコードの形式(Length USG$K_IDENT_LEN)
フィールド 意味
USG$L_SERIALNUM ボリュームの通し番号。8 進ロングワード。
USG$T_STRUCNAM ボリュームがボリューム・セットに属している場合,ボリューム・セット名。Files-11 構造レベル 1 ボリュームの場合はバイナリ・ゼロ,ボリューム・セットに属していない Files-11 構造レベル 2 または 5 ボリュームの場合は空白文字である。フィールド長は,USG$S_STRUCNAME。
USG$T_VOLNAME 相対ボリューム 1 のボリューム名。フィールド長は,USG$S_VOLNAME。
USG$T_OWNERNAME ボリューム所有者名。フィールド長は,USG$S_OWNERNAME。
USG$T_FORMAT ボリューム形式タイプ。Files-11 構造レベル 1 ボリュームの場合は "DECFILE11A",Files-11 構造レベル 2 または 5 ボリュームの場合は "DECFILE11B" である。フィールド長は,USG$S_FORMAT。
USG$Q_TIME 使用量ファイルを作成したクォドワード・システム時間。フィールド長は,USG$S_TIME。

ファイル要約レコードは,USG$B_TYPE フィールドに格納されるタイプ・コード USG$K_FILE によって識別されます。 表 E-2 は,ファイル要約レコードのフィールドの一覧です。

表 E-2 ファイル・レコードの形式 (Length USG$K_FILE_LEN)
フィールド 意味
USG$L_FILEOWNER ファイル所有者の UIC。ロングワード 1 つまたはワード 2 つ (USG$W_UICMEMBER と USG$W_UICGROUP)。
USG$W_UICMEMBER ファイル所有者 UIC のメンバ・フィールド。8 進ワード。
USG$W_UICGROUP ファイル所有者 UIC のグループ・フィールド。8 進ワード。
USG$L_ALLOCATED ファイル・ヘッダを含む,ファイルのブロック数。10 進ロングワード。
USG$L_USED エンド・オブ・ファイル・ブロックを含む,使用ブロック数。10 進ロングワード。
USG$W_DIR_LEN 大括弧を含む,USG$T_FILESPEC のディレクトリ文字列長。10 進ワード。
USG$W_SPEC_LEN USG$T_FILESPEC のファイル指定全体の長さ。 10 進ワード。
USG$T_FILESPEC 次の形式によるファイル指定。

[ディレクトリ]ファイル名.タイプ;バージョン

このフィールドは,可変長である。複数のディレクトリ・エントリが格納されているファイルは,最初に検出されたファイル指定の下にリストされる。紛失ファイルのディレクトリ文字列は空であり ("[]"),ファイル名はファイル・ヘッダから取り出される。この情報が存在しない場合もあるので,使用量ファイルを処理するアプリケーション・プログラムを作成するときには,この点に留意する。フィールド長は,USG$S_FILESPEC。

識別レコードとファイル要約レコードで参照するシンボリック名は,システム定義マクロ $USGDEF で定義します。識別レコードの長さは USG$K_IDENT_LEN,ファイル要約レコードの長さは USG$K_FILE_LEN です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項