日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

付録 D
ANALYZE/DISK_STRUCTURE - 段階チェック

ANALYZE/DISK_STRUCTURE がボリュームやボリューム・セットに対して行うチェックは,8 つの段階に分かれます。この 8 つの段階において,エラーのレポートとその処置に使用する情報が集められます。

それぞれの段階の前に,次の初期化処理が行われます。

  • 装置名を読み込み,装置へのアクセス権をチェックし,装置名をセーブする。

  • /LIST 修飾子と /USAGE 修飾子にユーザがファイルを指定している場合はそれらを読み込み,該当するファイルをオープンする。

  • チェック対象装置にチャネルを割り当てる。

  • ボリューム・セットをライト・ロックして同時更新を禁止する。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE によるディスク・チェックの 8 つの段階について,以降で説明します。/REPAIR 修飾子が指定されていることを前提として説明を進めます。 ANALYZE/DISK_STRUCTURE の出力例を,注釈を付けて最後に記載します。

D.1 段階 1

段階 1 では,クラスタ・サイズ,ボリューム・ラベル,ボリューム・セットを構成しているボリューム数など,各種のボリューム情報を複数の予約ファイルから取り出し,情報が正確であるかどうかをチェックし,矛盾点があればすべてレポートし,この段階で検出した問題を解決します。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,INDEXF.SYS のホーム・ブロックのパラメータを使用してボリュームとその特性を識別します。情報を確認すると,現在のバージョンの VOLSET.SYS をメモリに作成し,BITMAP.SYS の状態制御ブロック (SCB) を読み込み,チェックします。

次に,メモリに格納された VOLSET.SYS のボリューム・セット属性を,ボリュームに常駐している VOLSET.SYS のボリューム属性と比較し,矛盾点をレポートし,エラーを修正します。

D.2 段階 2

段階 2 では,現在のバージョンの QUOTA.SYS をワーキング・メモリにコピーし,もう 1 つの QUOTA.SYS ファイルを段階 3 以降で作成するときに使用する構造を設定します。これらのコピー・ファイルは,段階 7 で比較され,非整合性がレポートされます。

D.3 段階 3

段階 3 では,予約ファイル INDEXF.SYS を使用する ANALYZE/DISK_STRUCTURE 動作の構成をチェックします。まず INDEXF.SYS をオープンし,各ファイル・ヘッダを読み込み,次の処理を行います。

  • 各ファイルの FID をチェックし,すべてのファイルを FID で呼び出せることを確認する。

  • 各ファイルのヘッダと更新日付をチェックする。

  • 各ファイルの拡張ヘッダがある場合は,それらをチェックする。

  • 各セグメント番号が拡張ヘッダのシーケンスを正しく反映していることを確認する。

段階 3 では,次の処理も行います。

  • ヘッダ・リンケージのマップを作成し,曖昧さを検出できるようにする。

  • ハイ・ブロック (HIBLK) とエンド・オブ・ファイル・ブロック (EFBLK) のレコード属性を決定し,INDEXF.SYS に記録されている値と比較する。

  • ハイ・ウォータ・マーク (HIWATERMARK) をチェックする。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,これらのチェックを行うときに,段階 4 以降で使用するマップを作成します。 表 D-1 は,段階 3 で作成するマップを示しています。

表 D-1 段階 3 のマップ
ビットマップ 機能
ファイル番号 INDEXF.SYS のビットマップの現在の状態
紛失ファイル番号 ディレクトリでまだ検出されていないすべてファイル番号
ディレクトリ・ファイル すべてのディレクトリ・ファイルのリスト
拡張リンケージ すべての拡張ヘッダのリスト
マルチ設定クラスタ 複数のヘッダで参照されるすべてのクラスタのリスト
設定クラスタ ボリュームまたはボリューム・セットに割り当てられているすべてのクラスタ
システム・マップ 新しい記憶ビットマップ
有効なファイル・バックリンク 有効なすべてのファイル・バックリンクのマップ
誤ったバックリンク 誤ったすべてのバックリンクのマップ



D.4 段階 4

段階 4 では,段階 3 で作成したマップを使用して,現在のバージョンの BITMAP.SYS を作成します。さらに,各ヘッダのマップと記憶ビットマップとの間に矛盾点があれば,それらをすべてレポートします。段階 4 で行う処理は,次のとおりです。

  • BITMAP.SYS をワーキング・メモリにコピーする。

  • INDEXF.SYS をもとに作成したマップと修正した BITMAP.SYS を比較する。

  • 修正した BITMAP.SYS をディスクに書き込む。

  • マルチ設定クラスタをレポートする。



D.5 段階 5

段階 5 では,誤ったバックリンクのマップのすべてのエントリに対する処理を行います。ボリュームのディレクトリ階層を検索し,ディレクトリ木構造によって INDEXF.SYS 内のすべてのファイルを呼び出せることを確認します。さらに,ロスト・ディレクトリを検出し,これらのディレクトリに対する有効なバックリンクを設定します。

段階 5 で行う処理は,次のとおりです。

  • 段階 3 で作成したディレクトリ・マップ内のすべてのディレクトリの記憶位置と,これらのディレクトリに格納されたファイルの記憶位置を確認する。

  • すべてのロスト・ディレクトリを入力し,親が存在する場合は,親の記憶位置を確認する。



D.6 段階 6

段階 6 では,紛失ファイルのヘッダを整理する処理を主に行います。本当に失われているファイル,つまり,存在していないディレクトリをバックリンクが指しているファイルのリストが,段階 5 を終了した時点で作成されています。これらのファイルは,ディレクトリ木構造を使用して検索することができません。また,バックリンクが正しくないファイルのリストも作成されています。これらのファイルをディレクトリ木構造で検索することはできますが,そのバックリンクは,ファイルを格納しているディレクトリを指していません。

段階 6 で行う処理は,次のとおりです。

  • バックリンク・マップをチェックし,バックリンクが誤っているすべてのファイルを検索し,バックリンクを修正する。

  • 紛失ファイル・ビットマップから紛失ファイルを取り出し,/REPAIR が指定されている場合には,これらのファイルを [SYSLOST] に格納する。

  • /USAGE 修飾子が指定されている場合,各紛失ファイルのエントリを作成する。



D.7 段階 7

段階 7 では,段階 2 で作成したクォータ・ファイルの値を,予約ファイル QUOTA.SYS の値と比較します。 QUOTA.SYS をオープンし,次の処理を行います。

  • QUOTA.SYS にリストされている各 UIC のブロック使用量を,段階 2 で作成した QUOTA.SYS にリストされているパラレル統計値と比較する。

  • QUOTA.SYS を変更し,段階 2 で作成した QUOTA.SYS の値と同じ値にする。

  • QUOTA.SYS をクローズする。



D.8 段階 8

1 から 7 までの段階で実行できなかった処理は,保留リストに格納されます。このリストの内容は,処理別にソートされた FID です。段階 8 では,保留リストに格納されているすべての処理を行います。段階 8 で行う処理は,次のとおりです。

  • 保留リストから FID を削除し,ファイルをリネームして SYSLOST.DIR またはユーザ指定ディレクトリに追加する。

  • QUOTA.SYS を更新し,紛失ファイルを受け取った UIC が使用した追加ブロックを,すべて反映させる。

  • VOLSET.SYS を更新し,1 から 7 までの段階で検出した非整合性を修正する。



D.9 注釈付き出力例

ANALYZE/DISK_STRUCTURE セッションの出力例を,注釈を付けて次の表に示します。この例では,コマンドに /REPAIR 修飾子を付けていません。


%VERIFY-I-BADHEADER, file (487,173,1) MAIL$0004008EEAEE0572.MAI;1 (1)
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (531,112,1) MAIL$0004008EEFBB198B.MAI;1 
        invalid file header        
%VERIFY-I-BADHEADER, file (589,104,1) MAIL$0004008EEAF199B9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (604,157,1) MAIL$0004008EF12C3B28.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (674,247,1) MAIL$0004008EF6053C9B.MAI;1    
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (688,41,1) MAIL$0004008EF608AFF4.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (689,135,1) MAIL$0004008EEE445A31.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (750,71,1) MAIL$0004008EEED19ADF.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (753,217,1) MAIL$0004008EE7C4A017.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (780,236,1) MAIL$0004008EF777ACA8.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (852,57,1) MAIL$0004008EF06C15F6.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (856,44,1) MAIL$0004008EE7D2520D.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1059,42,1) MAIL$0004008EEB045608.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1134,76,1) MAIL$0004008EE9EC806D.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1316,147,1) MAIL$0004008EEEDA734F.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1350,74,1) MAIL$0004008EE89BA8B0.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1351,64,1) MAIL$0004008EEB09B036.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1490,104,1) MAIL$0004008EE8B448B0.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1493,106,1) LASTNOTIC.NIL;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1548,204,1) MAIL$0004008EF7B4D1B8.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1613,61,1) MAIL$0004008EECEE4BA5.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1812,81,1) MAIL$0004008EE7DF05EC.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1848,26,1) MAIL$0004008EF78659B9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1983,34119,1) MAIL$0004008EE7E49C13.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1987,33907,1) REMIND.CAL;9 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2196,123,1) MAIL$0004008EE6FA2DC9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2372,125,1) MAIL$0004008EF06339F9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2569,67,1) MAIL$0004008EF2BF0C15.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2605,72,1) MAIL$0004008EE856FC73.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2616,70,1) MAIL$0004008EF063C04F.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2774,29818,1) LASTNOTIC.NIL;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-ALLOCCLR, blocks incorrectly marked allocated (2)
        LBN 442398 to 445538, RVN 1 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (487,0,1) MAIL$0004008EEAEE0572.MAI;1  (3)
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (487,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (531,0,1) MAIL$0004008EEFBB198B.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (531,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (589,0,1) MAIL$0004008EEAF199B9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (589,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (604,0,1) MAIL$0004008EF12C3B28.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (604,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (674,0,1) MAIL$0004008EF6053C9B.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (674,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (688,0,1) MAIL$0004008EF608AFF4.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (688,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (689,0,1) MAIL$0004008EEE445A31.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (689,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (750,0,1) MAIL$0004008EEED19ADF.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (750,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (753,0,1) MAIL$0004008EE7C4A017.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (753,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (780,0,1) MAIL$0004008EF777ACA8.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (780,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (852,0,1) MAIL$0004008EF06C15F6.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (852,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (856,0,1) MAIL$0004008EE7D2520D.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (856,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1059,0,1) MAIL$0004008EEB045608.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1059,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1134,0,1) MAIL$0004008EE9EC806D.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1134,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1316,0,1) MAIL$0004008EEEDA734F.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1316,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1350,0,1) MAIL$0004008EE89BA8B0.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1350,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1351,0,1) MAIL$0004008EEB09B036.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1351,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1490,0,1) MAIL$0004008EE8B448B0.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1490,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1493,0,1) LASTNOTIC.NIL;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1493,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1548,0,1) MAIL$0004008EF7B4D1B8.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1548,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1613,0,1) MAIL$0004008EECEE4BA5.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1613,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1812,0,1) MAIL$0004008EE7DF05EC.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1812,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1848,0,1) MAIL$0004008EF78659B9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1848,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1983,0,1) MAIL$0004008EE7E49C13.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1983,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (1987,0,1) REMIND.CAL;9 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (1987,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2196,0,1) MAIL$0004008EE6FA2DC9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2196,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2372,0,1) MAIL$0004008EF06339F9.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2372,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2569,0,1) MAIL$0004008EF2BF0C15.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2569,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2605,0,1) MAIL$0004008EE856FC73.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2605,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2616,0,1) MAIL$0004008EF063C04F.MAI;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2616,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADHEADER, file (2774,0,1) LASTNOTIC.NIL;1 
        invalid file header 
%VERIFY-I-LOSTEXTHDR, file (2774,0,1) 
        lost extension file header 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [ALLWAY]NOTES.LOG;25 (4)
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN.BOOTS]LOADER.OBJ;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN.BOOTS]SYSGEN.OBJ;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]MAIL_20600841.TMP;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]NETSERVER.LOG;181 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]NETSERVER.LOG;180 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]NETSERVER.LOG;179 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]NETSERVER.LOG;178 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BLAIN]NETSERVER.LOG;170 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BOEMUS.MAIL]MAIL$0004008EF94A72A0.MAI;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BOEMUS]NETSERVER.LOG;10 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [BOEMUS]UPDATE.LOG;1 
%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [CALGON.GER]OBJ.DIR;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [CALGON]T.TMP;1 
%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [CLABIN.BACKUP.TMPSRC]BACKDEF.SDL;1 
%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [CLABIN.BACKUP.TMPSRC]COMMON.REQ;1 
%VERIFY-I-BACKLINK, incorrect directory back link [CLABIN.BACKUP.TMPSRC]DUMMY.MSG;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [CLABIN.NMAIL]NMAIL.LOG;77 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [CLABIN.NMAIL]NMAIL.LOG;76 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DESIN.8800]2840HT86.GNC;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DESIN.8800]2840TP86.GNC;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.MAIL]MAIL$0004008EF94A79B3.MAI;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]MORT.OBJ;15 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;36 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;35 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;34 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;33 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;32 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;31 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [DOWNE.PRO]OUTPUT.LOG;30 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GAMBLE]CONFLICTS.LIS;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GAMBLE.DOC]SMP.LOCK;6 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GAMBLE]NETSERVER.LOG;5 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GAMBLE.NMAIL]NMAIL.LOG;22 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GAMBLE.NMAIL]NMAIL.LOG;21 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GILLEY.MAIL]MAIL$0004008EF94A7B70.MAI;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [GILLEY]NETSERVER.LOG;657 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in 
directory entry [GILLEY]NETSERVER.LOG;656 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;33 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;32 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;31 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;30 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;29 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;28 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;27 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;26 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;25 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [HALL]2.LOG;24 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [NAMOLLY]NETSERVER.LOG;2 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [NAMOLLY]NETSERVER.LOG;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [RUSS]082654.LOG;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [SCHROEDER.LOGIN]NETSERVER.LOG;17 
%VERIFY-I-BADDIR, directory [SYSLOST.BOOTS] has invalid format 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOEN]NETSERVER.LOG;374 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOEN]NETSERVER.LOG;373 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOEN]NETSERVER.LOG;367 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOMAS.MAIL]MAIL$0004008EF94D75EB.MAI;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOMAS.MAIL]MAIL$0004008EF955DDF3.MAI;1 
%VERIFY-I-BADDIRENT, invalid file identification in directory entry [THOMAS.MAIL]MAIL$0004008EFD118B44.MAI;1 
%VERIFY-I-LOSTSCAN, due to directory errors, lost files will not be entered (5)
%VERIFY-I-INCQUOTA, QUOTA.SYS indicates 69663 blocks used, actual use is 69740 blocks for [11,402] (6)
%VERIFY-I-INCQUOTA, QUOTA.SYS indicates 1764 blocks used, actual use is 1770 blocks for [12,12] 
%VERIFY-I-INCQUOTA, QUOTA.SYS indicates 0 blocks used, actual use is 31 blocks for [11,720] 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項