日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 22 章
XA Gateway Control Program ユーティリティ (XGCP)(Alpha のみ)



22.1 XGCP について

OpenVMS Alpha システムでは, XA Gateway Control Program ユーティリティ (XGCP) は, DECdtm XA Gateway との管理インタフェースを提供し, DECdtm XA Gateway で使用されるトランザクション・ログを作成します。また,XA Gateway サーバの停止と再起動にも使用できます。

DECdtm XA Gateway では, RMS Journaling または Oracle Rdb などの DECdtm 準拠のリソース・マネージャを XA 準拠のトランザクション・マネージャとともに使用できます。

22.2 XGCP のコマンド

次の表は XGCP コマンドの一覧です。

コマンド 説明
CREATE_LOG 新しい XA Gateway ログを作成する
EXIT XGCP を終了する
START_SERVER XA Gateway サーバを起動する
STOP_SERVER XA Gateway サーバを停止する



22.3 XGCP 使用法の要約


形式

RUN SYS$SYSTEM: XGCP


説明

XGCP を起動するには,DCL プロンプトに対して次のコマンドを入力します。


$ RUN SYS$SYSTEM:XGCP

XGCP から次のプロンプトが表示されるので,ここから XGCP コマンドを入力できます。


XGCP> 

XGCP を終了するには,XGCP> プロンプトに対して EXIT コマンドを入力するか, Ctrl/Z を押します。

CREATE_LOG

新しい XA Gateway ログを作成します。 SYSPRV 特権,または SYS$JOURNAL ディレクトリに対する読み込みと書き込みのアクセスが必要です。

形式

CREATE_LOG /GATEWAY_NAME=名前 /SIZE=サイズ


パラメータ

なし。

修飾子



/GATEWAY_NAME=名前

この修飾子は必須です。 15 文字以内でゲートウェイ名を指定します。

SYS$JOURNAL:name.DDTM$XG_JOURNAL というファイル名のゲートウェイ・ログが作成されます。 XA アプリケーションを実行させる各ゲートウェイ名に対して別個のゲートウェイ・ログが作成されます。

/SIZE=サイズ

ログの初期サイズをブロック単位で指定します。この修飾子を省略した場合は,ログは初期サイズ 242 ブロックで作成されます。ログ・ファイルのサイズは必要に応じて自動的に拡張されます。


XGCP> CREATE_LOG/GATEWAY_NAME=MYLOG1/SIZE=150

SYS$JOURNAL:MYLOG1.DDTM$XG_JOURNAL というゲートウェイ・ログが作成されます。初期サイズは 150 ブロックです。

EXIT

XGCP を終了します。Ctrl/Z を押すことでも XGCP を終了できます。

形式

EXIT


パラメータ

なし。

修飾子



なし

START_SERVER

XA Gateway サーバを起動します。 IMPERSONATE 特権が必要です。

形式

START_SERVER


パラメータ

なし。

修飾子



なし


XGCP> START_SERVER

DCL コマンド・ファイル SYS$STARTUP:DDTM$XG_STARTUP.COM を実行し,このファイルが DDTM$XG_SERVER というサーバ・プロセスを起動します。

STOP_SERVER

DDTM$XG_SERVER という XA Gateway サーバ・プロセスを現在のノードで停止させます。

OPER,SYSPRV,および AUDIT 特権が必要です。


形式

STOP_SERVER


パラメータ

なし。

修飾子



なし


XGCP> STOP_SERVER

この例のコマンドは,ゲートウェイ・サーバ・プロセス DDTM$XG_SERVER を停止します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項