日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

SET INTERVAL

表示の更新間隔を変更します。表示情報が画面に表示されてから更新されるまでの時間の長さです。SHOW CLUSTER コマンドに /INTERVAL 修飾子を付けて実行しないかぎり,表示は省略時の値である 15 秒ごとに更新されます。/INTERVAL 修飾子を付けて SHOW CLUSTER コマンドを実行すると,指定した時間が省略時の値となります。

形式

SET INTERVAL= 秒数


パラメータ



秒数

秒単位による表示更新間隔

修飾子



なし


COMMAND> SET INTERVAL=5

このコマンドは,表示間隔を 5 秒に変更しています。

SET SCREEN

最大 511 カラムでターミナルを設定します。このコマンドを使用できるのは,弊社互換のターミナルだけです。

形式

SET SCREEN= 画面幅


パラメータ



画面幅

画面表示の幅を指定します。ターミナルの種類によりますが,511 までの値を指定できます。

修飾子



なし

説明

SET SCREEN コマンドは,指定したカラム数に表示幅を再定義します。

単一表示モードで初期化ファイルを使用し,その初期化ファイルの中で SET SCREEN という画面のサイズを変更するコマンドを使用すると, SHOW CLUSTER は画面を指定したサイズに設定し,そして,その画面が更新されると,画面は元のサイズに戻ります。



COMMAND> SET SCREEN=132

このコマンドは,画面幅を 132 カラムに設定しています。

WRITE

ハードコピー装置で印刷できるファイルに,現在の表示を出力します。

形式

WRITE [ファイル指定]


パラメータ



ファイル指定

印刷可能な出力ファイルを指定します。省略時の出力ファイル名は,SHOW_CLUSTER.LIS です。

修飾子



/ALL

すべてのクラスとすべてのフィールドを出力ファイルに格納することを指定します。/ALL 修飾子を指定したときに,すべてのフィールドを表示するのに必要な情報が用意されていない場合があるため,ファイルを出力する前に表示が更新されます。この結果,コマンドを入力した時点の画面表示と出力ファイルとが異なる場合があります。ファイル出力と同時に画面も更新されるので,その後の内容は同じです。

クラスタ関連の問題を弊社にお知らせいただく場合は, /ALL 修飾子を使用して出力ファイルまたはハードコピー・ファイルを作成してください。



Command> WRITE/ALL

このコマンドは,すべての SHOW CLUSTER フィールドを格納する SHOW_CLUSTER.LIS ファイルを作成しています。このファイルは,ハードコピー装置で印刷できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項