日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

EXIT

SCACP の実行を停止し,制御を DCL コマンド・レベルに戻します。また,Ctrl/Z を押すといつでも終了できます。

形式

EXIT


パラメータ

なし。

修飾子

なし。


SCACP> EXIT
$

SCACP の実行を停止し,制御を DCL コマンド・レベルに戻します。

HELP

SCACP ユーティリティに関するオンライン・ヘルプ情報を提供します。

形式

HELP [トピック]


パラメータ



トピック

情報を表示する SCACP コマンドまたはコマンドとコマンド・キーワードを指定します。HELP SET のように,HELP コマンドとコマンド名のみを入力した場合には, SET コマンドで使用される全コマンド・キーワードのリストが表示されます。

修飾子

なし。


SCACP> HELP SET TRACE

SET TRACE コマンドに関する情報が表示されます。


SET 
 
   TRACE 
 
        Sets or modifies PEDRIVER tracing parameters. 
 
        Format 
 
          SET TRACE 
 
     Additional information available: 
 
     Parameters Qualifiers 
     /AFTER   /DEFAULT   /EVENT   /EXCLUDE   /LOCAL_DEVICE 
     /REMOTE_DEVICE      /STOP   /SIZE 
 
     Examples 
 
 SET TRACE Subtopic? 

SET CHANNEL

優先順位の値を含めた,CHANNEL 管理パラメータを設定します。

注意

LAN 装置がクラスタ通信による使用のために使用不可にされた場合,その装置に関連付けられているすべてのチャネルは削除されます。つまり,LAN 装置に対するすべての管理設定が削除されます。


形式

SET CHANNEL ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定のノードへのチャネルを含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードへのすべてのチャネルが含められます。

修飾子



/EXCLUDE=(ノード名[,...])

特定のノードへのチャネルを除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードへのすべてのチャネルが含められます。

/LOCAL_DEVICE=(LAN装置名[,...])

チャネルのローカル終端を識別する LAN 装置を指定します。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

/PRIORITY=n

選択したノードへのチャネル用の管理優先順位の値を設定します。 n には -127 〜 +127 の値を指定できます。

/REMOTE_DEVICE=(LAN装置名[,...])

チャネルの遠隔終端を識別する LAN 装置を指定します。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

使い方に関する注意

  • SHOW CHANNEL コマンドを使用すると,ノード名,およびローカルと遠隔の装置名を表示できます。

  • SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,装置名を表示できます。

  • 遠隔ノードに SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,遠隔装置名を表示できます。


#1

SCACP> SET CHANNEL/PRIORITY=3 NODE5

ノード NODE5 への全チャネルの優先順位を 3 に設定します。

#2

SCACP> SET CHANNEL/LOCAL=EWA/REMOTE=EWB -
_SCACP> NODE10,NODE15/L=F*/R=F*,NODE20/PRIORITY=10

これは次のコマンドと同じです。


SET CHANNEL NODE10/L=EWA/R=EWB,NODE15/L=F*/R=F*,NODE20/L=*/R:*/PRIORITY=10 

このコマンドは,次のチャネルの優先順位を 10 に設定します。

  • ノード NODE10 に対しては,ローカル装置 EWA と遠隔装置 EWB のチャネル

  • ノード NODE15 に対しては,F で始まるローカル LAN 装置と F で始まる遠隔 LAN 装置

  • ノード NODE20 に対しては,すべてのチャネル

SET CIRCUIT

サーキット管理優先順位の値を設定します。

注意

サーキットは,クローズされると削除されます。つまり,そのサーキットの管理設定も削除されます。

もう一度サーキットがオープンされると,サーキットの管理設定は省略時の値になります。


形式

SET CIRCUIT ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定ノードのサーキットに名前を付けます。指定にはワイルドカードを使用できます。それぞれのノード名には,単一のサーキットを一意に識別するパラメータを追加して修飾することができます。

修飾子



/EXCLUDE=(ノード名[/PORT=ポート名[/RSTATION=n]][,...])

あるノードへの特定のサーキットを除外できます。同一のノードに対して複数のサーキットが存在する場合, /PORT および /RSTATION 修飾子を使用すると一意にサーキットを識別できます。

/PORT=ポート名[/RSTATION=n]

同一のノードに対して複数のサーキットが存在する場合, /PORT および /RSTATION 修飾子を使用すると一意にサーキットを識別できます。 /RSTATION 修飾子は,/PORT 修飾子とともにのみ使用できます。

/PRIORITY=n

選択したサーキットに管理優先順位値を設定します。 n には -127 〜 +127 の値を指定できます。


SCACP> SET CIRCUIT CLUIO1 /PORT=PIB0 /PRI=10

PIB0 を経由するノード CLUIO1 へのサーキットの優先順位を 10 に設定します。 /PORT 修飾子を使用する必要があるのは,ノード CLUI01 に複数のサーキットが存在し, PIB0 経由のサーキットのみの優先順位を上げる場合です。

SET LAN_DEVICE

装置管理優先順位パラメータを設定します。

形式

SET LAN_DEVICE LAN 装置名


パラメータ



LAN 装置名[...,]

特定の LAN 装置を含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。

使い方に関する注意

  • /EXCLUDE 修飾子を使用すると,LAN 装置を除外できます。

  • SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,装置名を表示できます。


修飾子



/EXCLUDE=(LAN装置名1[,...])

1 つ以上の特定の LAN 装置を除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。

/PRIORITY=n

選択した装置の管理優先順位の値を設定します。 n には -127 〜 +127 の値を指定できます。

使い方に関する注意

SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,装置名を表示できます。



SCACP> SET LAN_DEVICE/PRIORITY=3 EWA

装置 EWA に管理優先順位 3 を設定します。

SET PORT

ポートの管理優先順位値を設定します。

形式

SET PORT ポート名


パラメータ



ポート名[,...]

SCA ポート名を指定します。指定にはワイルドカードを使用できます。

修飾子



/EXCLUDE=(ポート名[,...])

操作から特定のポートを除外します。

/PRIORITY=n

選択したポートの管理優先順位値を設定します。 n には -127 〜 +127 の値を指定できます。

使い方に関する注意

  • システムで利用可能なすべてのポートを表示するには, SHOW PORT コマンドを使用します。

  • /EXCLUDE 修飾子を使用すると,特定のポートを除外できます。


#1

SCACP> SET PORT PEA0/PRIORITY=5

PEA0 ポートの管理優先順位を 5 に設定します。

#2

SCACP> SET PORT PEA0 /PRIORITY=5 /EXCLUDE=PEA0

PEA0 を除くすべてのポートの管理優先順位を 5 に設定します。

SET TRACE

SET TRACE は,PEDRIVER トレース・パラメータを設定または変更します。

注意

このコマンドは,弊社のサービス担当および OpenVMS Engineering 部門の使用に限定されています。トレース用コマンドとその出力は今後のリリースで変更する可能性があります。


形式

SET TRACE ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定のノードへのチャネルと VC を含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連付けられたすべてのチャネルに加えて,指定されたノードへの VC も含められます。

修飾子



/AFTER=n

トレース停止条件が満たされた後,n イベント用のトレースを続行してから停止します。 /AFTER を指定しない場合は,トレース停止イベント後はトレースは続行されません。 n には 0 〜 FFFFFFF の値を指定できます。

/DEFAULT

トレース・コンテキストを次のような省略時設定に戻します。


       trace all channels and VCs 
       /AFTER=0 
       /EVENT=default settings 
       /STOP 
       /SIZE=512 



/EVENT=(イベント1[,...])

特定のイベントのトレースを許可します。指定にはワイルドカードを使用できます。システム・パラメータ SYSTEM_CHECK が 0 に設定されているときの省略時の設定はイベントのサブセットであり,ほとんどのエラーと状態の変更が含まれます。 SYSTEM_CHECK が 1 に設定されているときの省略時の設定は「すべてのイベントを含む」になります。

/EXCLUDE=(ノード名[/LOCAL_DEVICE=LAN 装置名] [/REMOTEDEVICE=LAN 装置名][,...])

特定のノードへの VC またはチャネル,あるいはその両方を除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連付けられた VC とすべてのチャネルは除外されます。

/LOCAL_DEVICE=(LAN 装置名[,...])

チャネルのローカル終端を識別する特定の LAN 装置を含めます。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

/REMOTE_DEVICE=(LAN 装置名[,...])

チャネルの遠隔終端を識別する特定の LAN 装置を含めます。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

/STOP=(イベント1[,...])

特定のイベントに対するトレースを停止します。指定にはワイルドカードを使用できます。省略時の設定は「イベントは何も含まない」です。

/SIZE=n

各トレース・バッファ用に PEDRIVER が使用する n バイトのトレース・バッファ・サイズを指定します。トレース・バッファのうち 1 つはグローバルな PEDRIVER の使用に, 1 つは選択した各チャネル用に,1 つは選択した各 VC 用になります。 n には 0 〜 FFFFFFF の値を指定できます。

使い方に関する注意

  • SHOW CHANNEL コマンドを使用すると,ノード名,およびローカルと遠隔の装置名を表示できます。

  • SHOW TRACE/CONTEXT コマンドを使用すると,イベント名を表示できます。

  • SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,装置名を表示できます。


#1

SCACP> SET TRACE/EVENT=CC_STATE/SIZE=1000

各チャネル,VC,グローバル・バッファ用のトレース・バッファがそれぞれ 1000 バイト長になるように指定します。

#2

SCACP> SET TRACE/EVENT=* NODE10/LOCAL=EWA,NODE20

すべてのイベントを記録するように指定します。ただし,適用されるのは特定のノードに対してであり,ノード NODE10 と NODE20 へのチャネルと VC のみが含まれます。

#3

SCACP> SET TRACE/EVENT=(ALL,NOTIMER) NODE10

タイマ・イベントを除くノード NODE10 のすべてのイベントが含まれるように指定します。

#4

SCACP> SET TRACE/LOCAL=EWA/REMOTE=EWB NODE10,NODE15/L=F*/R=F*,NODE20

これは次のコマンドと同じです。


SET TRACE NODE10/L=EWA/R=EWB,NODE15/L=F*/R=F*,NODE20/L=EWA/R:EWB 

次のチャネルに対してトレースを設定します。

  • ノード NODE10 に対しては,ローカル装置 EWA と遠隔装置 EWB のチャネル

  • ノード NODE15 に対しては,F で始まるローカル LAN 装置と F で始まる遠隔 LAN 装置

  • ノード NODE20 に対しては,ローカル LAN 装置 EWA と遠隔 LAN 装置 EWB のチャネル

SET VC

VC 管理パラメータであるチェックサム値を設定します。

形式

SET VC ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定のノードへの VC を含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。

使い方に関する注意

  • /EXCLUDE 修飾子を使用すると,特定のノードへの VC を除外できます。

  • SHOW CHANNEL コマンドまたは SHOW VC コマンドを使用すると,VC 名を表示できます。 VC 名は単なる遠隔ノードの名前になります。


修飾子



/CHECKSUMMING/



NOCHECKSUMMING (省略時の設定)

特定のノードへの選択した VC に対するチェックサム検証を許可または禁止します。

このコマンドは単独で,またはシステム・パラメータ NISCS_PORT_SERV と組み合わせて使用できます (詳細については NISCS_POST_SERV のオンライン・ヘルプを参照してください)。

VC クローズの副作用

サーキットに対するチェックサムの許可または禁止を行うと,サーキットはすぐにクローズし,指定された操作モードを使って再オープンします。これはサーキットの両端の同期を保証するために必要です。

SET VC/CHECKSUMMING の設定は,システムがシャットダウンされると有効ではなくなるので,常に有効にするには,スタートアップ・ファイルに SET VC/CHECKSUMMING コマンドを含めるか,これらのコマンドを次回のブート時に再発行します。



/EXCLUDE=(ノード名[,...])

特定のノードへの VC を除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。


SCACP> SET VC/CHECKSUMMING NODE10,NODE20

ノード NODE10 と NODE20 への VC のチェックサム検証を許可します。

SHOW CHANNEL

特定のノードの PEDRIVER チャネル情報を表示します。それぞれのチャネルは,ローカル・システムの LAN 装置と遠隔システムの LAN 装置の間にある単一の NISCA 通信パスです。

使い方に関する注意 SHOW CHANNEL コマンドを使用すると,ノード名および,ローカルと遠隔の装置名を表示できます。


形式

SHOW CHANNEL ノード名


パラメータ



ノード名[,...]

特定のノードへのチャネルを含めます。指定にはワイルドカードを使用できます。各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連するすべてのチャネルが含められます。

修飾子



/ALL

全チャネル・データを含めます。

/COUNTERS

チャネル・カウンタ・データを含めます。

/ECS



/NOECS

ECS のメンバである (またはメンバではない) チャネルのみを含めます。

/EXCLUDE=(ノード名[,...])

特定のノードへのチャネルを除外します。指定にはワイルドカードを使用できます。

各ノード名には,オプションの修飾子を使ってローカルや遠隔の装置名を追加することができます。ローカルと遠隔の装置名が何も指定されない場合,指定されたノードに関連するすべてのチャネルが含められます。

/INTERVAL

/COUNTERS の表示に対して,最後に SHOW コマンドを実行した後で変化したカウンタを表示します。

/LOCAL_DEVICE=(LAN 装置名[,...])

チャネルのローカル終端を識別する特定の LAN 装置を含めます。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

/n

n 番目のページを表示します。複数ページ表示で特定のページを選択するには,表示するページの番号を指定します。

/OUTPUT=ファイル指定

指定したファイルを作成し,そこに出力します。

/REMOTE_DEVICE=(LAN 装置名[,...])

チャネルの遠隔終端を識別する特定の LAN 装置を含めます。 LAN 装置の指定にはワイルドカードを使用できます。

/SDA

1 つのチャネルに対して 1 つの表示ですべてのデータを収集する, SDA 形式で表示されたチャネル・データを含めます。

/SUMMARY

チャネル要約データを含めます。これは,/ALL,/COUNTERS,/SDA の修飾子が指定されていない場合の省略時の設定です。

使い方に関する注意

SHOW LAN_DEVICE コマンドを使用すると,装置名を表示できます。


#1

SCACP> SHOW CHANNEL

次に似た出力を生成します。


AFFC6 PEA0 Channel Summary 19-AUG-2003 08:53:11.80: 
 
Remote  LAN Dev Channel  Total    ECS     Priority       Buffer   Delay   Load    Total    ---- Most Recent... 
 Node   Loc Rmt  State  Errors   State    Cur  Mgt  Hops  Size    (uSec)  Class  Pkts(S+R)    CH Opened Time...    
 ----   --- ---  -----  ------   -----    ---  ---  ----  ----    ------  -----  ---------    --------------    
AFFC5   EWA EWA  Open        2  N(T,I,F)    0    0    2   1426     249.9    10    1043542  12-AUG 08:59:52.40  
AFFC5   EBA EBA  Open        2  Y(T,P,F)    0    0    2   7268   18722.7 30000    1343885  12-AUG 08:59:51.37  
AFFC6   LCL LCL  Open        1  Y(T,P,F)    0    0    2   1426     241.0     0    1038822  12-AUG 08:58:41.67 
 

#2

SCACP> SHOW CHANNEL/ALL

チャネル要約情報の他に,次に似た出力を生成します。


   .
   .
   .
AFFC6 PEA0 Channel Miscellaneous 19-AUG-2003 08:53:24.61: 
 
Remote    -- LAN Device --         Local              Remote        ------ Buffer Size --------  ... 
 Node     Local     Remote      LAN Address        LAN Address      Cur   Neg   Mgt   Loc   Rmt  ... 
 ----     -----     ------      -----------        -----------      ---   ---   ---   ---   ---  
AFFC5   EWA DE450 EWA DE450  AA-00-04-00-3F-4D  08-00-2B-C3-1F-C8  1426  1426  8120  1426  1426  
AFFC5   EBA SMLAN EBA SMLAN  AA-00-04-00-3F-4D  00-00-00-00-02-00  7268  7268  8120  7268  7268  
AFFC6   LCL       LCL        00-00-00-00-00-00  00-00-00-00-00-00  1426  1426  8120  1426  1426  
 
 
AFFC6 PEA0 Channel Equivalent Channel Set (ECS) 19-AUG-2003 08:53:24.61: 
 
Remote  LAN Dev    ECS     ECS      ECS       Average     Remote      Remote    Rsvp       Channel... 
 Node   Loc Rmt   State  Losses  Transitions   RTTime    Ring Size   Rcv Cache  Thresh    Open Time... 
 ----   --- ---   -----  ------  -----------   -----     ---------   ---------  ------    ---------   
AFFC5   EWA EWA  N(T,I,F)      0          2      249.1         16        31         2   23:53:32.20   
AFFC5   EBA EBA  Y(T,P,F)      0          3    18650.9         15        31         0   23:53:33.23   
AFFC6   LCL LCL  Y(T,P,F)      0          1      241.0          8        31         1   23:54:42.93   
  
 
AFFC6 PEA0 Channel Counters and Errors 19-AUG-2003 08:53:24.61: 
 
Remote  LAN Dev     -- Transmit --          -- Receive --                Rexmit   TransmitFail Receive... 
 Node   Loc Rmt    Messages    Bytes     Messages    Bytes    Xmt:Rexmit Errors   Penalties    Errors ... 
 ----   --- ---    --------    -----     --------    -----    ---------- ------   ---------    ------    
AFFC5   EWA EWA      392983   40871612     650580   67661700     392983       1          0          0    
AFFC5   EBA EBA      542506   40213388     801402   67138651     542506       1          0          0    
AFFC6   LCL LCL      393036   40877022     645808   67165310   Infinite       0          0          0    
 
 
AFFC6 PEA0 Channel Errors 19-AUG-2003 08:53:24.61: 
 
Remote  LAN Dev   -------------------- Receive --------------------    -- Timeouts --  No MSCP   Disk Not... 
 Node   Loc Rmt  Bad Auth Bad ECO Bad MCA  Short  Incompat  Old Chan  Handshake Listen  Server    Served ... 
 ----   --- ---  -------- ------- -------  -----  --------  --------  --------- ------  ------   ------    
AFFC5   EWA EWA       0       0       0      0         0         0         0       0       0         0     
AFFC5   EBA EBA       0       0       0      0         0         0         0       0       0         0   
AFFC6   LCL LCL       0       0       0      0         0         0         0       0       0         0   
 

#3

SCACP> SHOW CHANNEL NODE20/LOCAL=EWA


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡