日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

MONITOR VBS (VAX のみ)

VAXシステムで,MONITOR VBSコマンドを実行すると,仮想バランス・スロット(VBS)の処理に関する情報が表示されます。

形式

MONITOR VBS


説明

MONITOR VBS コマンドには,次のデータ項目があります。

データ項目 説明
RBS Fault Rate プロセスが仮想バランス・スロットから実バランス・スロット (RBS) にフォルトする割合。
CPU Utilization 仮想バランス・スロット機能をサポートするために,オペレーティング・システムが使用した CPU 時間 (1 秒間に 10 ミリ秒クロック・ティックの割合)

どのプロセスが最高の RBS フォルト率であるかを判断するには, MONITOR PROCESSES/TOPRBS コマンドを使用します。


#1

MONITOR> MONITOR VBS
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                         VIRTUAL BALANCE SLOT STATISTICS 
                                 on node SAMPLE 
                              29-APR-2003 12:43:28 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
     RBS Fault Rate                   4.62       3.80       0.33       7.61 
     CPU Utilization                  0.99       0.24       0.00       0.99 
 

この例は VBS を表形式で表示します。

MONITOR VECTOR

MONITOR VECTORコマンドは,システムに現在構成されている各ベクタ・プロセッサについて,ベクタ使用先(1つまたは複数)がスケジューリングされた時間を,1秒あたりのクロック・チック(10ミリ秒)回数で表示します。

形式

MONITOR VECTOR




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

MONITOR VECTOR コマンドは,システム内で現在設定されている各ベクタ・プロセッサに対して 1 つ以上のベクタ消費者をスケジューリングするときに要した 1 秒あたりの 10 ミリ秒クロック・ティック数を表示します。オペレーティング・システムがベクタ消費者をスケジューリングする対象は,"vector present" と定義されているプロセッサだけであるため,"vector absent" と定義されているプロセッサのベクタ CPU 時間を VECTOR クラスで表示されることはありません。

ベクタ消費者は,ベクタが存在するプロセッサのベクタ CPU とスカラ CPU のいずれかまたは両方を使用できます。このため, VECTOR クラスで出力されるベクタ CPU 時間は,ベクタ CPU の実際の使用量ではなく,ベクタ消費者がベクタ CPU とスカラ CPU の両方を予約した期間を意味します。

VECTOR クラスのデータ項目は Vector Scheduled Rate です。ベクタが存在する CPU それぞれに対してベクタ消費者がスケジューリングされている 1 秒あたりの 10 ミリ秒単位クロック・ティック数が表示されます。



MONITOR>  MONITOR VECTOR
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                          VECTOR PROCESSOR STATISTICS 
              +-----+             on node SAMPLE 
              | CUR |          12-JUN-2003  22:52:42 
              +-----+ 
 Vector Consumers Scheduled          0         25        50        75      100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 Vector Present CPU ID  0          13|***** 
 Vector Absent  CPU ID  1            | 
 Vector Absent  CPU ID  2            | 
 Vector Present CPU ID  4          58|********************** 
                                     |         |         |         |          | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 

CPU 0,CPU 4 という,ベクタが存在するプロセッサ 2 つが実装された多重処理システムの VECTOR クラス表示です。 1 秒あたりの 10 ミリ秒クロック・ティック数が示されています。最後の収集間隔において,ベクタ消費者は,CPU 0 に 1 秒あたり平均 13 ティック分スケジューリングされており,CPU 4 には 1 秒あたり平均 58 ティック分スケジューリングされています。

SET DEFAULT

SET DEFAULT コマンドは,MONITOR コマンドのためにコマンド修飾子,クラス名パラメータ,およびクラス名修飾子を省略時の設定にします。各 SET DEFAULT コマンドは,ユーザが指定したコマンド修飾子のみ設定します。ただし,クラス名パラメータおよびクラス名修飾子全体を置き換えます。すべての修飾子およびクラス名は,MONITOR コマンドの修飾子およびクラス名と同じです。

形式

SET DEFAULT [/修飾子[,...]] クラス名[,...] [/修飾子[,...]]


パラメータ



クラス名[,...]

1つ以上のクラス名を指定します。



コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上のクラス名修飾子。

説明

コマンド修飾子とクラス名修飾子は,MONITOR クラス名   コマンドの修飾子と同じです。

#1

MONITOR> SET DEFAULT /INTERVAL=10 PAGE/AVERAGE+IO/MAXIMUM /NODE=(LARRY,MOE,CURLEY)

MONITOR コマンドの省略時のクラスとして PAGE と IO を選択し,統計表示間隔として 10 秒を指定しています。 PAGE クラスには AVERAGE 統計を表示し,IO クラスには MAXIMUM 統計を表示することを指定しています。さらに,LARRY,MOE,CURLEY の各ノードでデータを収集することを指定しています。以上の省略時の値を定義すれば,修飾子やパラメータを指定せずに MONITOR コマンドを実行できます。

SHOW DEFAULT

SHOW DEFAULT コマンドは,SET DEFAULT コマンドで設定した省略時の値を表示します。

形式

SHOW DEFAULT


パラメータ

なし。

修飾子

なし。

説明

SHOW DEFAULT コマンドにより,SET DEFAULT コマンドで設定した省略時の値をチェックできます。


MONITOR> SHOW DEFAULT
 
 


 
  
 
  
/BEGINNING = current time               /INTERVAL     = 10 
/ENDING    = indefinite                 /VIEWING_TIME = 10 
 
/FLUSH_INTERVAL = 300 
 
/NOINPUT 
 
/NORECORD 
 
/DISPLAY   = SYS$OUTPUT:.; 
 
/NOSUMMARY 
 
/NOFILENAME 
 
/NOCOMMENT 
 
Classes: 
 PAGE/AVERAGE              IO/MAXIMUM 
 
Nodes: 
 LARRY                     MOE                       CURLEY 

SET DEFAULT コマンドで指定した省略時の値を表示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項