日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

MONITOR SYSTEM

MONITOR SYSTEMコマンドを実行すると,統計情報のSYSTEMクラスの監視が開始され,他のクラスの最も重要な項目がいくつか表示されます。

形式

MONITOR SYSTEM




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

SYSTEM クラスは,他のクラスの統計の中で重要度が最も高い性能統計を収集して 1 つの表示に出力するため,システム管理者やユーザがシステム動作全体を把握するときに特に便利です。SYSTEM クラスのデータ項目は,次のとおりです。
Interrupt Stack (VAXシステム) または Interrupt State (Alphaシステム)
MP Synchronization
Kernel Mode
Executive Mode
Supervisor Mode
User Mode
Compatibility Mode (VAX システムのみ)
Idle Time
Process Count
Page Fault Rate
Page Read I/O Rate
Free List Size
Modified List Size
Direct I/O Rate
Buffered I/O Rate

次の 2 種類の形式を,クラス名修飾子で指定できます。

  • /ALL 修飾子では,表形式

  • /AVERAGE,/CURRENT,/MAXIMUM,/MINIMUM の修飾子では,バー・グラフ形式

これらの形式の例をこの項の最後に示します。 2 番目の例にあるバー・グラフでは,表形式とは異なる次のデータが表示されます。

  • Idle Time 以外のすべての CPU プロセッサ・モードが, CPU Busy セグメントに表示される。

  • ページ読み込み率が Page Fault セグメントに縦線で表示される。読み込み動作の原因となったページ・フォルトの全体量を目で確認できる (ハード・フォルト率)。ハード・フォルト率は,線の左側に表示される。

  • CPU,ページ・フォルト,直接入出力,バッファード入出力の最終画面更新以降のトップ・ユーザが,4 つのセグメントに表示される。

OpenVMS バージョン 7.3 から,MONITOR SYSTEM バー・グラフ画面表示の割合 (Rate) フィールドが次のように増えました。

割合 (Rate) 名 これまでの割合 新しい割合
Page Fault 100 500
Hard Page Fault (Page Fault 表示の縦線) 100 500
Direct I/O 60 500
Free List Size K ブロック単位での表示 K,M,G のいずれかの (適切な) ブロック単位での表示
Mod (変更された) List Size 5 桁。K ブロック単位 8 桁。 K,M,G のいずれかの (適切な) ブロック単位
Buffered I/O 150 500

トップ・ユーザ・プロセスはすべて,表示間隔の始めと終わりまたは要約対象期間全体の始めと終わりの時点で,スワップ・インされていなければなりません。

下のバー・グラフ (トップ・ユーザ) とそれに対応する上のバー・グラフ (システム全体値) の対象統計と時間間隔が例 2 のように同じである場合,この 2 つのグラフを比較検討できます。次のような状況が該当します。

  • SYSTEM クラスだけを監視している。つまり,他のクラス名を MONITOR コマンドで指定していない。

  • CURRENT 統計が指定されている。

  • /INTERVAL 値と /VIEWING_TIME 値が等しい。

上記以外の場合,トップ・ユーザ統計は必ず CURRENT ですが,システム全体統計は CURRENT,AVERAGE,MAXIMUM,MINIMUM のいずれでもあり得るので,比較作業を行う場合は注意してください。

トップ・ユーザの割合は,2 つの連続する画面表示間の時間間隔にもとづいて計算されますが,システム全体の割合は,収集間隔をもとに計算されます。1 つ以上のクラスを SYSTEM クラスと同時に監視する場合や /INTERVAL 値と /VIEWING_TIME 値が異なる場合には,両者の時間間隔が異なる可能性があります。

Free List Size と Modified List Size 以外の上限値は定数ですが,この 2 者の数値は個々のシステムの物理メモリ構成とシステム・パラメータによって異なります。Free List の上限値は, VMS に永久設定するページ数を引いた残りのページ数です。 バランス・セット・メモリとも呼ばれるこの数字は,プロセス,Free List,Modified List に使用できるページ数です。 Modified List の上限値は,MPW_HILIMIT システム・パラメータの値です。これらの上限値は,MONITOR 要求起動時に計算され,その後変更されることはありません。


#1

MONITOR> MONITOR SYSTEM/ALL
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                               SYSTEM STATISTICS 
                                 on node SAMPLE 
                              29-APR-2003 12:43:28 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    Interrupt Stack                   0.33       0.33       0.33       0.33 
    MP Synchronization                0.00       0.00       0.00       0.00 
    Kernel Mode                       0.16       0.16       0.16       0.16 
    Executive Mode                    0.00       0.00       0.00       0.00 
    Supervisor Mode                   0.00       0.00       0.00       0.00 
    User Mode                         0.50       0.49       0.50       0.50 
    Compatibility Mode                0.00       0.00       0.00       0.00 
    Idle Time                        99.00      98.67      99.00      99.00 
    Process Count                    14.00      14.00      14.00      14.00 
    Page Fault Rate                   0.33       0.33       0.33       0.33 
    Page Read I/O Rate                0.00       0.00       0.00       0.00 
    Free List Size                 4255.00    4255.00    4255.00    4255.00 
    Modified List Size              105.00     105.00     105.00     105.00 
    Direct I/O Rate                   0.00       0.00       0.00       0.00 
    Buffered I/O Rate                 0.16       0.16       0.16       0.16 

表形式による SYSTEM 表示です。

#2

MONITOR> MONITOR SYSTEM
 
 


 
  
 
  
 
Node: BRS004                OpenVMS Monitor Utility      5-JUN-2003 10:45:32 
Statistic: CURRENT             SYSTEM STATISTICS 
                                                     Process States 
          + CPU Busy (400)          -+         LEF:    15      LEFO:     0 
          |**************************|         HIB:    14      HIBO:     0 
CPU     0 +--------------------------+ 400     COM:     8      COMO:     0 
          |*                         |         PFW:     0      Other:    1 
          +--------------------------+         MWAIT:   0 
          Cur Top: BATCH_27 (6)                          Total: 38 
 
          + Page Fault Rate (1438)  -+         + Free List Size (35173)   + 
          |****|*********************|         |****************          | 54K 
MEMORY  0 +--------------------------+ 500   0 +--------------------------+ 
          |****                      |         |*************             | 5765 
          +--------------------------+         + Mod List Size (3078)     + 
          Cur Top: BATCH_29 (78) 
 
          + Direct I/O Rate (442)   -+         + Buffered I/O Rate (112) -+ 
          |**********************    |         |*****                     | 
I/O     0 +--------------------------+ 500   0 +--------------------------+ 500 
          |*                         |         |                          | 
          +--------------------------+         +--------------------------+ 
          Cur Top: BATCH_24 (23)               Cur Top: BATCH_24 (6) 
 

バー・グラフ形式による SYSTEM 表示です。

MONITOR TIMER

MONITOR TIMER コマンドは,TIMER 統計クラスの監視を起動します。 TIMER 統計クラスは,OpenVMS エグゼクティブが処理するタイマ・キュー・エントリ (TQE) の割合です。 TQE とはユーザまたはシステムが行うタイマ要求を表すデータ構造のことです。

形式

MONITOR TIMER




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

すべての統計項目 (現在,平均,最小,最大) を表示出力と要約出力に含めることを指定します。要約出力の場合,すべてのクラスについて,この修飾子が省略時の値です。要約出力以外の場合,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES,SYSTEM, VECTOR を除くすべてのクラスについて,この修飾子が省略時の値です。

/AVERAGE

平均統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/CURRENT

現在の統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。この修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES, SYSTEM,VECTOR の各クラスの省略時の値です。

/MAXIMUM

最大統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/MINIMUM

最小統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

説明

TIMER クラスは,次のデータ項目から構成されます。これらのデータ項目は秒単位の割合として表示されます。

データ項目 説明
Total TQE Rate 1 秒間に処理された TQE の合計割合。この統計は,次の 3 種類の TQE 割合が組み合わされた合計である。
SYSUB TQE Rate 1 秒間に処理された SYSUB TQE の割合。これらのシステム・サブルーチン TQE は, OpenVMS オペレーティング・システムによるタイマ要求を表している。
Timer TQE Rate 1 秒間に処理されたタイマ TQE の割合。これらの TQE は, $SETIMR システム・サービスを介したユーザによるタイマ要求を表している。
Wakeup TQE Rate 1 秒間に処理されたウェイクアップ TQE の割合。これらの TQE は, $SCHDWK システム・サービスを介したユーザによるタイマ要求を表している。


#1

MONITOR> MONITOR TIMER
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
                                TIMER STATISTICS 
                                 on node EBJB28 
                             6-OCT-2003 08:46:13.84 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    Total TQE Rate                   56.00      56.00      56.00      56.00 
 
    SYSUB TQE Rate                   51.33      51.33      51.33      51.33 
    Timer TQE Rate                    4.33       4.33       4.33       4.33 
    Wakeup TQE Rate                   0.33       0.33       0.33       0.33 
 
 

この例は,全体として比較的に低い TQE 処理を示しており,そのほとんどが OpenVMS によって要求されたものです。下の 3 つの割合を合計したものが,ほぼ先頭の割合になります。

MONITOR TRANSACTION

MONITOR TRANSACTION コマンドは,TRANSACTION クラスの監視を起動します。 TRANSACTION クラスは,DECdtm サービスによるトランザクションの情報を表示します。

形式

MONITOR TRANSACTION




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

TRANSACTION クラスのデータ項目は,次のとおりです。

データ項目 説明
Start Rate ローカル・ノードで新しいトランザクションを起動する割合。
Prepare Rate ローカル・ノードのトランザクションが DECdtmサービスによって準備状態に設定される割合。
One-Phase Commit Rate ローカル・ノードのトランザクションが 1フェーズ・コミット操作を使用して終了する割合。この操作は,使用するシステム資源がかなり少なく,1つの資源マネージャだけがドランザクションに関与する場合に使用される。
Total Commit Rate ローカル・ノードのトランザクションがコミットされる割合。この値は1フェーズ・コミット・トランザクションと 2フェーズ・コミット・トランザクションの合計値である。
Abort Rate ローカル・ノードのトランザクションが強制終了される割合。
End Rate ローカル・ノードで起動されたトランザクションがコミットされる割合。
Remote Start Rate トランザクション分岐がローカル・ノードで起動される割合。
Remote Add Rate トランザクション分岐がローカル・ノードで追加される割合。
Completion Rate トランザクションが終了する割合。

秒単位の所要時間別に分類されます。終了率の分類は,次のとおり。

Completion Rate 0--1 0 〜 1 秒 (1 秒未満) で終了したトランザクションの数
Completion Rate 1--2 1 〜 2 秒で終了したトランザクションの数
Completion Rate 2--3 2 〜 3 秒で終了したトランザクションの数
Completion Rate 3--4 3 〜 4 秒で終了したトランザクションの数
Completion Rate 4--5 4 〜 5 秒で終了したトランザクションの数
Completion Rate 5+ 5 秒より多い時間を終了に要したトランザクションの数

0.5 秒で終了したトランザクションは,Completion Rate 0-1 のカテゴリに該当する。


#1

MONITOR> MONITOR TRANSACTION/ALL
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                       DISTRIBUTED TRANSACTION STATISTICS 
                                 on node SAMPLE 
                              16-JAN-2003 14:52:34 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    Start Rate                       34.76      34.76      34.76      34.76 
    Prepare Rate                     33.77      33.77      33.77      33.77 
    One Phase Commit Rate             0.00       0.00       0.00       0.00 
    Total Commit Rate                35.09      35.09      35.09      35.09 
    Abort Rate                        0.00       0.00       0.00       0.00 
    End Rate                         35.09      35.09      35.09      35.09 
    Remote Start Rate                31.12      31.12      31.12      31.12 
    Remote Add Rate                  31.45      31.45      31.45      31.45 
 
    Completion Rate    0-1           35.09      35.09      35.09      35.09 
     by Duration       1-2            0.00       0.00       0.00       0.00 
     in Seconds        2-3            0.00       0.00       0.00       0.00 
                       3-4            0.00       0.00       0.00       0.00 
                       4-5            0.00       0.00       0.00       0.00 
                        5+            0.00       0.00       0.00       0.00 

ノード SAMPLE のすべてのトランザクションの状態を表示しています。

#2

MONITOR> MONITOR TRANSACTION/MAXIMUM
 
 


 
  
 
  
 
                            OpenVMS Monitor Utility 
            +-----+    DISTRIBUTED TRANSACTION STATISTICS 
            | MAX |              on node SAMPLE 
            +-----+           16-JAN-2003 14:51:04 
 
                                     0         25        50        75       100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 Start Rate                       35 |************** 
 Prepare Rate                     37 |************** 
 One Phase Commit Rate               | 
 Total Commit Rate                35 |************** 
 Abort Rate                          | 
 End Rate                         35 |************** 
 Remote Start Rate                33 |************* 
 Remote Add Rate                  32 |************ 
                                     |         |         |         |          | 
 Completion Rate    0-1           35 |************** 
  by Duration       1-2              | 
  in Seconds        2-3              | 
                    3-4              | 
                    4-5              | 
                     5+              | 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 

ノード SAMPLE のすべてのトランザクションの最大統計値を表示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項