日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

MONITOR PROCESSES

MONITOR PROCESSESコマンドを実行すると,PROCESSESクラスの監視が開始され,システム内の全プロセスに関する情報が表示されます。

マルチファイル要約を要求した場合には,CLUSTERとPROCESSESのクラスが無視されます。コマンド行でこれらのクラスしか指定しないと, MONITORはこれらのクラスを無視し,"no classes specified" というエラー・メッセージを表示します。


形式

MONITOR PROCESSES




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/TOPBIO

画面への出力と要約の出力について,標準的な形式ではなく,入出力のバッファリング回数が多いユーザを棒グラフで出力することを指定します。値は,1秒あたりのバッファリングされた入出力回数で表されます。

/TOPCPU

画面への出力と要約の出力について,標準的な形式ではなく,CPUの使用時間が多いユーザを棒グラフで出力することを指定します。値は,1秒あたりのクロック・チック(10ミリ秒)回数で表されます。

バージョン 7.3 より前の OpenVMS では, MONITOR PROCESSES/TOPCPU 表示で 1 つの画面に最大 8 プロセスしか表示できませんでした。 OpenVMS バージョン 7.3 以降は,システムの CPU 数に応じて, 3 種類の画面から適切なものが表示されるようになりました。この項の例を参照してください。

/TOPDIO

画面への出力と要約の出力について,標準的な形式ではなく,直接入出力の回数が多いユーザを棒グラフで出力することを指定します。値は,1秒あたりの直接入出力の回数で表されます。

/TOPFAULT

画面への出力と要約の出力について,標準的な形式ではなく,ページ・フォルトの回数が多いプロセスを棒グラフで出力することを指定します。値は,1秒あたりのページ・フォルト回数で表されます。

/TOPRBS (VAXのみ)

VAXシステムで,画面への出力と要約の出力について,標準的な形式ではなく,バランス・スロットのフォルト回数が多いプロセスを棒グラフで出力することを指定します。値は,1秒あたりのバランス・スロットのフォルト回数で表されます。

説明

例にあるとおり,PROCESSES 表示と要約出力は,他のクラスと形式が異なり,次の情報が出力されます。

データ項目 説明
PID システムが設定した 16 進プロセス識別子
STATE プロセスのスケジューラ状態 (STATES コードについては, MONITOR STATES コマンドの項を参照)
PRI 基本優先順位に相対する,プロセスの現在の優先順位
NAME プロセス名
PAGES 共用可能ページ数と,現在プロセスが使用している総ページ数
DIOCNT プロセス作成後にプロセスが実行した直接入出力動作数

プロセスをスワップ・アウトした場合は表示されません。

FAULTS プロセス作成後のページ・フォルト数

プロセスをスワップ・アウトした場合は表示されません。

CPU TIME プロセス作成後にプロセスが使用した CPU 時間

形式は, 時間 : 分 : 秒 です。プロセスをスワップ・アウトした場合は表示されません。

表示の上部左右には,システムを最後にブートした後のシステム内のプロセス数と,日付と時間が示されます。スワップ・アウトしたプロセスは,その旨記されます。

画面上に一度に表示できる数を超えるプロセスが存在する場合,複数の画面が使用されます。/VIEWING_TIME 修飾子で指定した時間間隔で,画面が切り替わります。5 種類の /TOP バー・グラフ表示には, 8 名のトップ・ユーザそれぞれについて,PID とプロセス名が表示されます。

他のバー・グラフ表示と同様,トップ・ユーザの表示では,値が近似整数に丸められます。0 以外の値を持つプロセスが,最大 8 つ表示されます。トップ・ユーザ・リストに入るためには,プロセスが表示間隔の始めと終わりに存在し,スワップ・インされていなければなりません。この資格条件は,要約出力のすべての対象期間の始めと終わりにも適用されます。

1 つの MONITOR 要求で選択できるのは,トップ・ユーザの中の 1 つまたは通常の PROCESSES 表示です。



MONITOR> MONITOR/INPUT=PROCS.DAT/INTERVAL=6 PROCESSES
 
 


 
  
 
  
Process Count: 20            OpenVMS Monitor Utility       Uptime:    1 23:26:10 
                                   PROCESSES 
                                 on node SAMPLE 
                              29-APR-2003 12:39:09 
 
        PID   STATE PRI   NAME         PAGES      DIOCNT  FAULTS  CPU TIME 
 
     00000081 HIB   16 SWAPPER         0/0             0       0 00:00:15.8 
     00000102 LEFO   4 SAMPLE1001      87/232      SWAPPED OUT 
     00000103 COM    4 SAMPLE1101      16/100       7127   51298 00:05:11.0 
     00000084 HIB    8 ERRFMT          64/174       2750     125 00:00:43.9 
     00000086 LEF    8 OPCOM           73/272        283     178 00:00:07.7 
     00000087 HIB    9 JOB_CONTROL     57/293        707     167 00:00:10.5 
     00000088 HIB    8 CONFIGURE       43/205         22     123 00:00:00.6 
     0000008A HIB    6 SYMBIONT_0001   5/56           50     617 00:03:15.1 
     0000008B HIB    8 JNLACP          75/580      15149    4922 00:21:51.1 
     0000008C HIB    8 NETACP          5/954          11    1057 00:25:06.8 
     0000008D HIB    5 EVL             7/56           44   34384 00:00:20.5 
     0000008E HIB    9 REMACP          5/54           13     107 00:00:01.3 
     00000112 COM    4 SAMPLE1601      45/111      13131   39992 00:06:39.1 
     0000011E CUR    9 SMITH           89/298        138     830 00:00:07.1 

PROCS.DAT という入力ファイルで作成した PROCESSES 表示です。システム内の各プロセスにつき,1 行が表示されます。表示されるのは現在値だけであり,平均値,最小値,最大値は表示されません。スワップ・アウトされたプロセスの場合,右側の 3 つの項目は適用されないので,これらの項目に SWAPPED OUT と表示されます。プレイバックが要求されているので,MONITOR データが記録された時点のシステム使用可能時間が表示されています。

表示不能文字は,ピリオドで表されます。


MONITOR> MONITOR/INPUT=PROCS.DAT PROCESSES/TOPDIO
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                         TOP DIRECT I/O RATE PROCESSES 
                                 on node SAMPLE 
                              29-APR-2003 16:13:38 
 
                                     0         25        50        75       100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 000000C7  SAMPLE0901            25  |********** 
                                     |         |         |         |          | 
 00000112  SAMPLE1601            17  |****** 
                                     |         |         |         |          | 
 00000102  SAMPLE1001            14  |***** 
                                     |         |         |         |          | 
 00000103  SAMPLE1101            12  |**** 
                                     |         |         |         |          | 
 00000080  NULL                  12  |**** 
                                     |         |         |         |          | 
 0000011E  SMITH                  4  |* 
                                     |         |         |         |          | 
 0000008C  NETACP                 1  | 
                                     |         |         |         |          | 
                                     | 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 

最後の監視期間における直接入出力ユーザのトップは, 1 秒あたり 25 のプロセス SAMPLE091 であることを示しています。


MONITOR> MONITOR PROCESSES/TOPCPU
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
                             TOP CPU TIME PROCESSES 
                                 on node BRS004 
                             5-JUN-2003 10:47:49.21 
 
                                     0         25        50        75       100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 00000121  BATCH_36                6  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 0000012A  BATCH_45                6  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 00000117  BATCH_26                6  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 0000011D  BATCH_32                5  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 0000011A  BATCH_29                5  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 0000012B  BATCH_46                5  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 00000125  BATCH_40                5  ** 
                                     |         |         |         |        | 
 0000011F  BATCH_34                5  ** 
 
                                      + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 

単一 CPU システムの MONITOR PROCESSES/TOPCPU 画面表示を示しています。


MONITOR> MONITOR PROCESSES/TOPCPU
 
 


 
  
 
  
 
                            OpenVMS Monitor Utility 
                             TOP CPU TIME PROCESSES 
                                 on node BRS012 
                             5-JUN-2003 10:48:39.38 
 
                                     0         25        50        75       100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 0000012B  BATCH_46                7  ** 
 00000128  BATCH_43                6  ** 
 0000012A  BATCH_45                5  ** 
 00000125  BATCH_40                5  ** 
 00000123  BATCH_38                5  ** 
 00000121  BATCH_36                5  ** 
 00000129  BATCH_44                5  ** 
 0000011F  BATCH_34                5  ** 
 0000011E  BATCH_33                5  ** 
 0000011D  BATCH_32                5  ** 
 00000117  BATCH_26                5  ** 
 00000127  BATCH_42                5  ** 
 00000120  BATCH_35                5  ** 
 0000011B  BATCH_30                5  ** 
 00000119  BATCH_28                5  ** 
 

12 CPU システムの MONITOR PROCESSES/TOPCPU 画面表示を示しています。


MONITOR> MONITOR PROCESSES/TOPCPU
 
 


 
  
 
  
 
 
                            OpenVMS Monitor Utility 
                             TOP CPU TIME PROCESSES 
                                 on node BRS016 
                             5-JUN-2003 10:51:10.89 
 
                                     0         25        50        75       100 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 00000127  BATCH_42                6  ** 
 00000125  BATCH_40                6  ** 
 00000124  BATCH_39                5  ** 
 00000118  BATCH_27                5  ** 
 00000129  BATCH_44                5  ** 
 00000122  BATCH_37                5  ** 
 00000120  BATCH_35                5  ** 
 0000011F  BATCH_34                5  ** 
 0000011D  BATCH_32                5  ** 
 0000011C  BATCH_31                5  ** 
 00000119  BATCH_28                5  ** 
 00000128  BATCH_43                5  ** 
 00000123  BATCH_38                5  ** 
 0000011B  BATCH_30                4  * 
 0000012B  BATCH_46                4  * 
 00000126  BATCH_41                4  * 

16 CPU システムの MONITOR PROCESSES/TOPCPU 画面表示を示しています。

MONITOR RLOCK

MONITOR RLOCK コマンドは, RLOCK (動的なロック再マスタリング) 統計クラスの監視を起動します。

形式

MONITOR RLOCK




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

すべての統計項目 (現在,平均,最小,最大) を表示出力と要約出力に含めることを指定します。要約出力の場合,すべてのクラスについて,この修飾子が省略時の値です。要約出力以外の場合,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES,SYSTEM, VECTOR を除くすべてのクラスについて,この修飾子が省略時の値です。

/AVERAGE

平均統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/CURRENT

現在の統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。この修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES, SYSTEM,VECTOR の各クラスの省略時の値です。

/MAXIMUM

最大統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/MINIMUM

最小統計のバー・グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

説明

RLOCK クラスを使うと,ノードの動的なロック再マスタリング統計を監視できます。ローカルなロック処理は遠隔ロック処理よりもコストがかからないので,ロック・ツリーは性能を向上させるためにノード間で移動されます。ロック・ツリーの移動には次のような理由が考えられます。

  • 現在のマスタよりも,同じクラスタ内の別のノードの方がツリーに対してさらにアクティブである場合

  • 高い LOCKDIRWT のノードが,低い LOCKDIRWT のノードがマスタである資源へのロックをキューに登録する場合

  • この資源に対してロックを持つノードがクラスタ内でただ 1 つなので,それがマスタになる場合

RLOCK クラスは,次のデータ項目から構成されます。これらのデータ項目は秒単位の割合として表示されます。

データ項目 説明
Lock Tree Outbound Rate このノードから移動されたロック・ツリーの割合。
Higher Activity クラスタ内の別のノードにおけるロック処理が高いために移動されたツリーの割合。
Higher LOCKDIRWT SYSGEN パラメータ LOCKDIRWT の値が高いノードに移動されたツリーの割合。
Sole Interest 移動先のノードがツリーに残っているロックの唯一のノードであるために,そのノードに移動されたツリーの割合。
Remaster Msg Send Rate このノードから送信された再マスタリング・メッセージの割合。
Lock Tree Inbound Rate このノードに移動されたツリーの割合。
Remaster Msg Receive Rate このノードで受信された再マスタリング・メッセージの割合。



MONITOR> MONITOR RLOCK
 
 


 
  
 
  
 
                    DYNAMIC LOCK REMASTERING STATISTICS 
                                 on node JYGAL2 
                            30-OCT-2003 12:19:55.27 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    Lock Tree Outbound Rate           0.33       0.02       0.00       0.33 
      (Higher Activity)               0.33       0.02       0.00       0.33 
      (Higher LCKDIRWT)               0.00       0.00       0.00       0.00 
      (Sole Interest)                 0.00       0.00       0.00       0.00 
    Remaster Msg Send Rate            2.66       0.25       0.00       2.66 
 
    Lock Tree Inbound Rate            0.00       0.01       0.00       0.33 
    Remaster Msg Receive Rate         0.00       0.09       0.00       1.66 
 
 
 

この例で,送出される数は少量です。ほとんどの場合,これらの数値が非常に大きな値になることはあり得ません。再マスタリングは 8 秒ごとしか試行されず,そのとき,一度に処理されるツリーは最大で 5 ツリーです。例外は,通常のシャットダウンのときであり,システムはノードのシャットダウン時にすべてのツリーを強制的にオフにします。

MONITOR RMS

MONITOR RMSコマンドを実行すると,統計情報のOpenVMSレコード管理サービス(OpenVMS RMS)クラスの監視が特定のファイルについて開始されます。

形式

MONITOR RMS




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/FILE=(ファイル名[,...])

MONITOR RMSコマンドの実行対象となるファイル(1つまたは複数)のリストを指定します。ノード名をファイル指定に含めても無視されます。ノードを選択する場合は,/NODE コマンド修飾子を使用してください。複数のノードを /NODE コマンド修飾子で指定する場合,指定したファイルは,指定したすべてのノード上に存在していなければなりません。5,000 個までのファイルを指定できます。ワイルドカード文字は使用できません。

/ITEM=(キーワード[,...])

表示出力と要約出力の対象とする 1 つ以上のデータ項目を選択します。複数のキーワードを指定する場合は,括弧で囲み,コンマで区切ってください。省略時の値は,/ITEM=OPERATIONS です。

次の表は /ITEM 修飾子のキーワードを説明しています。

キーワード 説明
OPERATIONS 選択したファイルについて, RMS 基本動作統計を表示することを指定する
DATA_RATES 選択したファイルについて, RMS データ率統計を表示することを指定する
LOCKING 選択したファイルについて, RMS ロッキング統計を表示することを指定する
CACHING 選択したファイルについて, RMS キャッシング統計を表示することを指定する



/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

MONITOR RMS コマンドでは,/FILE 修飾子で入力ファイルを指定する必要があります。指定したファイルに関する RMS 統計が表示されます。入力ファイルの統計が表示されるのは,入力ファイルに統計が許可されており,入力ファイルがオープン状態である場合に限定されます。ファイルからの統計を許可する方法については,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』と『OpenVMS DCL ディクショナリ』の SET FILE コマンドの項を参照してください。

MONITOR RMS コマンドは,次の種類の RMS 統計を出力します。

基本動作 (OPERATIONS 項目を指定した場合)
動作あたりのデータ率 (DATA_RATES 項目を指定した場合)
ファイル・ロッキング (/LOCKING 項目を指定した場合)
キャッシング (/CACHING 項目を指定した場合)

基本動作統計のデータ項目は,次のとおりです。

Sequential $Get Call Rate
Keyed $Get Call Rate
RFA $Get Call Rate
Sequential $Find Call Rate
Keyed $Find Call Rate
RFA $Find Call Rate
Sequential $Put Call Rate
Keyed $Put Call Rate
$Read Call Rate
$Write Call Rate
$Update Call Rate
$Delete Call Rate
$Truncate Call Rate
$Extend Call Rate
$Flush Call Rate

データ率統計のデータ項目は,次のとおりです。

Total $GET Call Rate
Bytes per $GET
Total $PUT Call Rate
Bytes Per $PUT
Total $UPDATE Call Rate
Bytes per $UPDATE
$READ Call Rate
Bytes per $READ
$WRITE Call Rate
Bytes per $WRITE
$TRUNCATE Call Rate
Blocks per $TRUNCATE
$EXTEND Call Rate
Blocks per $EXTEND

ファイル・ロッキング統計のデータ項目は,次のとおりです。

New ENQ Rate
DEQ Rate
Converted ENQ Rate
Blocking AST Rate
Bucket Split Rate
Multi-Bucket Split Rate

キャッシング統計のデータ項目は,次のとおりです。

Local Cache Hit Percent
Local Cache Attempt Rate
Global Cache Hit Percent
Global Cache Attempt Rate
Global Buffer Read I/O Rate
Global Buffer Write I/O Rate
Local Buffer Read I/O Rate
Local Buffer Write I/O Rate

注意

MONITOR RMS コマンドは,RMS Journaling の回復メカニズムによる入出力については出力しません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項