日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引


#1

LANCP> SET NODE VAXSYS/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                      /FILE=APB.EXE - 
                      /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                      /BOOT_TYPE=ALPHA_SATELLITE
 

このコマンドは,ノード VAXSYS を,OpenVMS Cluster の Alpha サテライトとしてブートするように設定します。

APB.EXE ファイルは,実際には, $64$DIA14:<SYS10.SYSCOMMON. SYSEXE> に置かれています。 <SYSCOMMON.SYSEXE> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#2

LANCP> SET NODE VAXSYS/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                      /FILE=NISCS_LOAD.EXE - 
                      /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                      /BOOT_TYPE=VAX_SATELLITE
 

このコマンドは,ノード VAXSYS を, OpenVMS Cluster の VAX サテライトとしてブートするように設定します。

NISCS_LOAD.EXE ファイルは,実際には,$64$DIA14: <SYS10. SYSCOMMON.SYSLIB> に置かれています。 <SYSCOMMON.SYSLIB> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#3

LANCP> SET NODE VAXSYS/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33/NOROOT
 

このコマンドは,ノード VAXSYS に関連付けられている LAN アドレスを変更し,現在のルート指定をクリアします。

#4

SET NODE CALPAL/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33/FILE=APB_061.EXE

このコマンドは,ノード CALPAL を,InfoServer イメージをブートするように設定します。これは,ノード CALPAL から,ファイル名が含まれていないロード要求が受信されたときにロードするファイルを定義します。

ファイルにはディレクトリ指定が含まれていないので,論理名 LAN$DLL がファイルの位置を定義します。ファイル名を使用するか,/ROOT 修飾子を使用することにより,ディレクトリ指定を指定することもできます。

ブート・コマンドの中でファイル名を明示的に指定すると,ノード・データベース・エントリの中で指定されたファイル名が無効になることに注意してください。

SHOW CONFIGURATION

システム上の LAN 装置のリストとその特性を表示します。

形式

SHOW CONFIGURATION


パラメータ



なし


修飾子



/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,出力を格納します。

/USERS

Alpha システムでは,どのプロトコルがどのテンプレート装置を使用しているかを表示します。


LANCP> SHOW CONFIGURATION
LAN Configuration: 
   Device   Medium      Default LAN Address   Version 
   ------   ------      -------------------   ------- 
    EWA0    CSMA/CD      08-00-2B-E4-00-BF    02000023 
    EWB0    CSMA/CD      08-00-2B-92-A4-0D    02000023 
    IRA0    Token Ring   00-00-93-58-5D-32    20000223 
 

この例は,3 つの LAN 装置,すなわち 2 つの DE435 と 1 つの DETRA を持っているノードに対して SHOW CONFIGURATION コマンドを実行したときの出力を示しています。

バージョンは,実際の(ハードウェアまたはファームウェアの) バージョンの装置固有の表現です。この例の, PCI バス上の 2 つの装置では,実際のバージョンは下位のバイトに格納されています(DE435 アダプタの場合は 2.3)。表示可能なバージョンを持たない装置は,バージョン・ゼロとして表示されます。

装置の特定のハードウェアまたはファームウェアの実装から返されるバージョンについては,装置のマニュアルを参照してください。

SHOW DEVICE

運用時装置データベースの中の情報を表示します。 LANACP プロセスが実行中でない場合は,現在の LAN 装置のリストを表示します。

形式

SHOW DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN コントローラの装置名を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,ユニット 0 のテンプレート装置の名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。これは,装置のパラメータとカウンタの大部分が保持されている LAN テンプレート装置を指します。また,装置名は,実際のユーザまたはプロトコルを表す装置を指すこともできます。たとえば,クラスタ・プロトコルは装置上で EWA1 として起動することができます。装置を指定して,装置固有のパラメータ情報を表示させることもできます。

装置名を指定しないと,すべての装置が表示されます。

装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が表示されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべてのイーサネット PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。

注意

修飾子を指定しないと,ユーティリティは合致する装置を詳細な情報なしに表示します。


修飾子



/ALL

装置名と一致するすべての装置を表示します。

/CHARACTERISTICS

Alpha システムでは,/PARAMETERS 修飾子と同じです。

/COUNTERS

装置カウンタを表示します。

/DLL

装置の MOP ダウンライン・ロードに関連する LAN 運用時装置データベース情報を表示します。

/INTERNAL_COUNTERS

内部カウンタを表示します。省略時の設定では,ゼロ・カウンタは表示されません。ゼロを含め,すべてのカウンタを表示するには,追加の修飾子 /ZERO を使用します。デバッグ・カウンタを表示するには,追加の修飾子 /DEBUG を使用します。

/MAP

ファンクショナル・アドレス・マッピング・テーブルの現在の構成を表示します。

/MOPDLL

/DLL 修飾子と同じです。

/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,出力を格納します。

/PARAMETERS

装置に関するステータスと,その関連情報を表示します。

/REVISION

装置の現在のファームウェア・リビジョンを表示します(そのようなリビジョンが存在する場合)。すべての LAN 装置がリビジョン情報を返すわけではありません。リビジョンのない LAN 装置の場合は,リビジョンがゼロとして表示されます。

/SR_ENTRY

現在のトークン・リング・ソース・ルーティング・キャッシュ・テーブルの内容を表示します。

/TRACE=装置名

LAN ドライバ・トレース・データを表示します。


#1

LANCP> SHOW DEVICE/COUNTERS EXA0
Device Counters EXA0: 
             Value  Counter 
             -----  ------- 
            259225  Seconds since last zeroed 
           5890496  Data blocks received 
           4801439  Multicast blocks received 
            131074  Receive failure 
         764348985  Bytes received 
         543019961  Multicast bytes received 
                 3  Data overrun 
           1533610  Data blocks sent 
            115568  Multicast packets transmitted 
            122578  Blocks sent, multiple collisions 
             86000  Blocks sent, single collision 
            189039  Blocks sent, initially deferred 
         198120720  Bytes sent 
          13232578  Multicast bytes transmitted 
           7274529  Send failure 
                 0  Collision detect check failure 
                 0  Unrecognized frame destination 
                 0  System buffer unavailable 
                 0  User buffer unavailable 

このコマンドは,イーサネット装置 EXA0 のカウンタを表示します。

#2

LANCP> SHOW DEVICE/MAP ICA0
 
Multicast to Functional Address Mapping ICA0: 
   Multicast address   Functional Address   Bit-Reversed 
   -----------------   ------------------   ------------ 
   09-00-2B-00-00-04   03-00-00-00-02-00    C0:00:00:00:40:00 
   09-00-2B-00-00-05   03-00-00-00-01-00    C0:00:00:00:80:00 
   CF-00-00-00-00-00   03-00-00-08-00-00    C0:00:00:10:00:00 
   AB-00-00-01-00-00   03-00-02-00-00-00    C0:00:40:00:00:00 
   AB-00-00-02-00-00   03-00-04-00-00-00    C0:00:20:00:00:00 
   AB-00-00-03-00-00   03-00-08-00-00-00    C0:00:10:00:00:00 
   09-00-2B-02-00-00   03-00-08-00-00-00    C0:00:10:00:00:00 
   09-00-2B-02-01-0A   03-00-08-00-00-00    C0:00:10:00:00:00 
   AB-00-00-04-00-00   03-00-10-00-00-00    C0:00:08:00:00:00 
   09-00-2B-02-01-0B   03-00-10-00-00-00    C0:00:08:00:00:00 
   09-00-2B-00-00-07   03-00-20-00-00-00    C0:00:04:00:00:00 
   09-00-2B-00-00-0F   03-00-40-00-00-00    C0:00:02:00:00:00 
   09-00-2B-02-01-04   03-00-80-00-00-00    C0:00:01:00:00:00 
   09-00-2B-02-01-07   03-00-00-02-00-00    C0:00:00:40:00:00 
   09-00-2B-04-00-00   03-00-00-04-00-00    C0:00:00:20:00:00 
   09-00-2B-02-01-00   03-00-00-00-08-00    C0:00:00:00:10:00 
   09-00-2B-02-01-01   03-00-00-00-10-00    C0:00:00:00:08:00 
   09-00-2B-02-01-02   03-00-00-00-20-00    C0:00:00:00:04:00 
   03-00-00-00-00-01   03-00-00-00-00-01    C0:00:00:00:00:80 
   03-00-02-00-00-00   03-00-02-00-00-00    C0:00:40:00:00:00 

このコマンドは,トークン・リング装置 ICA0 のマッピング情報を表示します。

#3

LANCP> SHOW DEVICE/MOPDLL
 
Device Listing, volatile database: 
              --- MOP Downline Load Service Characteristics --- 
   Device     State   Access Mode      Clients           Data Size 
   ------     -----   -----------      -------           --------- 
   EXA0      Enabled  Exclusive    KnownClientsOnly      1400 bytes 
   FXA0      Disabled NoExclusive  NoKnownClientsOnly     246 bytes 

このコマンドは,すべての既知の装置について, LAN 運用時装置データベースの中の MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。

#4

LANCP> SHOW DEVICE/MOPDLL EXA0
 
Device Listing, volatile database: 
              --- MOP Downline Load Service Characteristics --- 
   Device     State   Access Mode      Clients           Data Size 
   ------     -----   -----------      -------           --------- 
   EXA0      Enabled  Exclusive    KnownClientsOnly      1400 bytes 

このコマンドは,装置 EXA0 について, LAN 運用時装置データベースの中の MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。

#5

LANCP> SHOW DEVICE/PARAMETERS IRA0
Device Parameters IRA0: 
             Value  Parameter 
             -----  --------- 
            Normal  Controller mode 
          External  Internal loopback mode 
 00-00-93-58-5D-32  Hardware LAN address 
        Token Ring  Communication medium 
           Enabled  Functional address mode 
                No  Full duplex enable 
                No  Full duplex operational 
                16  Line speed (megabits/second) 
           16 Mbps  Ring speed 
               STP  Line media 
           Enabled  Early token release 
          Disabled  Monitor contender 
               200  SR cache entries 
                 2  SR discovery timer 
                60  SR Aging Timer 
           Enabled  Source routing 
                 3  Authorized access priority 
 AA-00-04-00-92-FF  Upstream neighbor 
                 0  Ring number 

このコマンドは,トークン・リング装置 IRA0 のステータス情報とパラメータ情報を表示します。

#6

LANCP> SHOW DEVICE/REVISION FXA0
Device revision FXA0:  05140823

このコマンドは,FDDI 装置 FXA0 のリビジョン情報を表示します。

#7

LANCP> SHOW DEVICE/SR_ENTRY ICA0
Source Routing Cache Table ICA0: 
      LAN address      State    XmtTmo   RcvTmo  StaleTmo DiscvTmo 
   -----------------   -----   -------- -------- -------- -------- 
   AA-00-04-00-92-FF   LOCAL   00000028 00000028 00000245 00000000 

このコマンドは,トークン・リング装置 ICA0 のソース・ルーティング・エントリ情報を表示します。

SHOW DLL

システムの MOP ダウンライン・ロード・サービスの現在の状態を表示します。これには,MOP ローディングが有効になっている装置とカウンタ情報が含まれます。

形式

SHOW DLL


パラメータ

なし。

修飾子



/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,出力を格納します。


LANCP>SHOW DLL
LAN DLL Status: 
 EXA enabled in exclusive mode for known nodes only, 
       data size 1482 bytes 
 FXA disabled 
 
       #Loads  Packets    Bytes     Last load time     Last loaded 
       ------  -------    -----  --------------------  ------------ 
 EXA      5     1675    4400620  22-SEP-2002 10:27.51    GALAXY 
 FXA      0        0          0 
 

このノードには,EXA (DEMNA) と FXA (DEMFA) の 2 つの LAN 装置があります。 MOP ダウンライン・ロード・サービスは EXA 上で排他モードで有効になっています。

LANACP ノード・データベースに定義されているノードについてのみ,要求への応答が行われます。ロード・メッセージの中のイメージ・データ・サイズは 1482 バイトです。ダウンライン・ロードは 5 回行われており,最後のダウンライン・ロードはノード GALAXY 上で 10:27 に起こっています。最後に,現在,ダウンライン・ロード・サービスが無効になっている FXA については,ダウンライン・ロードは記録されていません。

SHOW LOG

最近のダウンライン・ロード・アクティビティを表示します(ログ・ファイル SYS$MANAGER:LAN$ACP.LOG に書き込まれたログ・データの最後の 2048 バイト)。

形式

SHOW LOG


パラメータ

なし。

修飾子



/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,出力を格納します。


LANCP> SHOW LOG
 
SYS$MANAGER:LAN$ACP.LOG latest contents: 
 
17-MAR-2001 07:29:51.71  Volunteered to load request on EXA0 from HELENA 
    Requested file:  LAVC$SYSDEVICE:<SYS1A.>[SYSCOMMON.SYSLIB]NISCS_LOAD.EXE 
17-MAR-2001 07:29:53.00  Load succeeded for HELENA on EXA0 
    MOP V3 format, System image, 
LAVC$SYSDEVICE:<SYS1A.>[SYSCOMMON.SYSLIB]NISCS_LOAD.EXE 
    Packets:  84 sent, 84 received 
    Bytes:    121492 sent, 168 received, 120988 loaded 
    Elapsed time:  00:00:01.09, 110998 bytes/second 
17-MAR-2001 07:29:53.60  Could not respond to load request on EXA0 from AJAX, 
file not found 
    Requested file:  LAN$DLL:READ_ADDR.SYS 
17-MAR-2001 07:29:54.46  Could not respond to load request on EXA0 from AJAX, 
file not found 
    Requested file:  LAN$DLL:READ_ADDR.SYS 
17-MAR-2001 07:29:57.36  Volunteered to load request on EXA0 from HELENA 
    Requested file:  LAVC$SYSDEVICE:<SYS1A.>[SYSCOMMON.SYSLIB]NISCS_LOAD.EXE 
17-MAR-2001 07:29:58.49  Volunteered to load request on EXA0 from AJAX 
    Requested file:  LAVC$SYSDEVICE:<SYS10.>[SYSCOMMON.SYSLIB]NISCS_LOAD.EXE 
17-MAR-2001 07:29:59.49  Load succeeded for HELENA on EXA0 
    MOP V3 format, System image, 
LAVC$SYSDEVICE:<SYS1A.>[SYSCOMMON.SYSLIB]NISCS_LOAD.EXE 
    Packets:  84 sent, 84 received 
    Bytes:    121492 sent, 168 received, 120988 loaded 
    Elapsed time:  00:00:01.73, 69935 bytes/second 
17-MAR-2001 07:30:03.66  Volunteered to load request on EXA0 from AJAX 
    Requested file:  LAN$DLL:ONE.SYS 
17-MAR-2001 07:30:04.05  Load succeeded for AJAX on EXA0 
    MOP V3 format, System image, LAN$DLL:ONE.SYS 
    Packets:  9 sent, 9 received 
    Bytes:    11354 sent, 18 received, 11300 loaded 
    Elapsed time:  00:00:00.04, 282500 bytes/second 
17-MAR-2001    Requested file:  LAN$DLL:ONE.SYS 
17-MAR-2001 07:30:05.18  Load succeeded for AJAX on EXA0 
    MOP V3 format, System image, LAN$DLL:ONE.SYS 
    Packets:  9 sent, 9 received 
    Bytes:    11354 sent, 18 received, 11300 loaded 
    Elapsed time:  00:00:00.04, 282500 bytes/second 
 
 

このコマンドは,ログ・ファイル SYS$MANAGER:LAN$ACP.LOG に書き込まれたログ・データの最後の 2048 バイトを表示します。

SHOW NODE

LAN 運用時ノード・データベースの中の情報を表示します。

形式

SHOW NODE ノード名


パラメータ



ノード名

LAN 運用時ノード・データベースの中のノードの名前を指定します。これはノード・アドレスに関連付けられた 63 文字までの名前です。ノード名が指定されていない場合は,すべてのノードが表示されます。

修飾子



/ALL

LAN 運用時ノード・データベースの中のすべてのノードのデータを表示します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は A で始まるすべてのノードを選択します。

/OUTPUT=コマンド・ファイル名

指定されたファイルを作成し,出力をそのファイルに格納します。ファイル・タイプが .com の場合,出力は DEFINE NODE または SET NODE コマンドのリスト形式となります。この結果として得られたコマンド・ファイルを使って,LAN ノード・データベースを作成することができます。

/TOTAL

選択されたノードのカウンタの合計値だけを表示します。

#1

LANCP> SHOW NODE
Node Listing: 
 
GALAXY (08-00-2B-2C-51-28): 
 MOP DLL: Load file: APB.EXE 
          Load root: $64$DIA24:<SYS11.> 
          Boot type: Alpha satellite 
 
ZAPNOT (08-00-2B-18-7E-33): 
 MOP DLL: Load file: NISCS_LOAD.EXE 
          Load root: LAVC$SYSDEVICE:<SYS10.> 
          Boot type: VAX satellite 
 
CALPAL (08-00-2B-08-9F-4C): 
 MOP DLL: Load file: READ_ADDR.SYS 
          Last file: LAN$DLL:APB_X5WN.SYS 
          Boot type: Other 
          2 loads requested, 1 volunteered 
          1 succeeded, 0 failed 
          Last request was for a system image, in MOP V4 format 
          Last load initiated 12-JUN-2002 09:11:17 on EXA0 for 00:00:06.65 
          527665 bytes, 4161 packets, 0 transmit failures 
 
Unnamed (00-00-00-00-00-00): 
 
Totals: 
  Requests received    2 
  Requests volunteered 1 
  Successful loads     1 
  Failed loads         0 
  Packets sent         2080 
  Packets received     2081 
  Bytes sent           523481 
  Bytes received       4184 
  Last load            CALPAL at 12-JUN-2002 09:11:17.29 
 
 
 
 
 

この例は,3 つのノード(GALAXY,ZAPNOT および CALPAL)が定義されているローカル・ノードに対して発行されたコマンドの出力を示しています。 CALPAL は,次の 2 つのロード要求を発行しています。

  • 1 つ目の要求は,ローカル・ノードが受け入れを表明したことを示す,CALPAL からのマルチキャスト要求です。

  • 2 つ目の要求は,実際のロード・データに関して,CALPAL によって直接にローカル・ノードに送信されたロード要求です。2 つ目のロード要求からロードが終わるまでに経過した時間は 6.65 秒でした。

#2

LANCP> SHOW NODE VAXSYS
 

ノード VAXSYS の LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#3

LANCP> SHOW NODE/ALL VAX
 

名前が VAX で始まるすべてのノードについて, LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#4

LANCP> SHOW NODE/ALL
 

すべてのノードについて, LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#5

LANCP> SHOW NODE/ALL/OUTPUT=TMP.INI
 

すべてのノードのリストをファイル TMP.INI に書き込みます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡