日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

LIST DEVICE

LAN パーマネント装置データベースの中の情報を表示します。

形式

LIST DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN コントローラ装置名を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,ユニット 0 のテンプレート装置の名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。これは,装置のパラメータとカウンタの大部分が保持されている LAN テンプレート装置を指します。また,装置名は,実際のユーザまたはプロトコルを表す装置を指すこともできます。たとえば,クラスタ・プロトコルは装置上で EWA1 として起動することができます。装置を指定して,装置固有のパラメータ情報を表示させることもできます。

装置名を指定しないと,すべての装置が表示されます。

装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が表示されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。

注意

修飾子を指定しないと,ユーティリティは,合致する装置を詳細情報を付けずに表示します。


修飾子



/ALL

LAN パーマネント装置データベースのすべての装置をリストします。

/CHARACTERISTICS

Alpha システムでは,装置の状態と関連情報をリストします。 /PARAMETERS 修飾子と同じです。

/DLL

ダウンライン・ロードの属性を表示します。

/MAP

機能アドレス・マッピング・テーブルの現在の構成をリストします。

/MOPDLL

/DLL 修飾子と同じです。

/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,それに出力を格納します。

/PARAMETERS

Alpha システムでは,装置の状態と関連情報をリストします。

/SR_ENTRY

Alpha システムでは,現在のソース・ルーティング・キャッシュ・テーブルの内容をリストします。

#1

LANCP> LIST DEVICE/MOPDLL
 
Device Listing, permanent  database: 
              --- MOP Downline Load Service Characteristics --- 
   Device     State   Access Mode      Clients           Data Size 
   ------     -----   -----------      -------           --------- 
   EXA0      Enabled  Exclusive    KnownClientsOnly      1400 bytes 
   FXA0      Disabled NoExclusive  NoKnownClientsOnly     246 bytes 

このコマンドは,LAN パーマネント装置データベースの中のすべての既知の装置について MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。

#2

LANCP> LIST DEVICE/MOPDLL EXA0
 
Device Listing, permanent database: 
              --- MOP Downline Load Service Characteristics --- 
   Device     State   Access Mode      Clients           Data Size 
   ------     -----   -----------      -------           --------- 
   EXA0      Enabled  Exclusive    KnownClientsOnly      1400 bytes 

このコマンドは,LAN パーマネント装置データベースの中の装置 EXA0 について MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。

LIST NODE

LAN パーマネント・ノード・データベースの中の情報,特に MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。

形式

LIST NODE ノード名


パラメータ



ノード名

ノード名を指定します。これはノード・アドレスに関連付けられた 63 文字までの名前です。ノード名が指定されていない場合は,すべてのノードが表示されます。

修飾子



/ALL

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のすべてのノードのデータを表示します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は A で始まるすべてのノードを選択します。

/OUTPUT=ファイル名

指定されたファイルを作成し,出力を格納します。ファイル・タイプが .com の場合,出力は DEFINE NODE コマンドまたは SET NODE コマンドのリストの形式で格納されます。この結果として得られたコマンド・ファイルを使って,LAN ノード・データベースを作成することができます。


LANCP> LIST NODE
Node Listing: 
 
GALAXY (08-00-2B-2C-51-28): 
  MOP DLL: Load file:   APB.EXE 
           Load root:   $64$DIA24:<SYS11.> 
           Boot type:   Alpha satellite 
 
ZAPNOT (08-00-2B-18-7E-33): 
  MOP DLL: Load file:   NISCS_LOAD.EXE 
           Load root:   LAVC$SYSDEVICE:<SYS10.> 
           Boot type:   VAX satellite 
 
CALPAL (08-00-2B-08-9F-4C): 
  MOP DLL: Load file:   READ_ADDR.SYS 
           Last file:   LAN$DLL:APB_X5WN.SYS 
           Boot type:   Other 
           2 loads requested, 1 volunteered 
           1 succeeded, 0 failed 
           Last request was for a system image, in MOP V4 format 
           Last load initiated 10-JUN-1998 09:11:17 on EXA0 for 00:00:06.65 
           527665 bytes, 4161 packets, 0 transmit failures 
        
Unnamed (00-00-00-00-00-00): 
 
Totals: 
  Requests received    2 
  Requests volunteered 1 
  Successful loads     1 
  Failed loads         0 
  Packets sent         2080 
  Packets received     2081 
  Bytes sent           523481 
  Bytes received       4184 
  Last load            CALPAL at 10-JUN-1998 09:11:17.29 
 
 
 
 

この例は,3 つのノード(GALAXY,ZAPNOT および CALPAL)が定義されているローカル・ノードに対して発行された LIST NODE コマンドの出力を示しています。CALPAL は 2 つのロード要求を発行しています。

  • 1 つ目の要求は,ローカル・ノードが受け入れを表明したことを示す,CALPAL からのマルチキャスト要求です。

  • 2 つ目の要求は,実際のロード・データに関して,CALPAL によって直接にローカル・ノードに送信されたロード要求です。2 つ目のロード要求からロードが終わるまでに経過した時間は 6.65 秒でした。

PURGE DEVICE

LAN パーマネント装置データベースから装置を削除します。SYSPRV 特権が必要です。

形式

PURGE DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN コントローラの装置名を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,ユニット 0 のテンプレート装置の名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。すべての LAN 装置を選択するには,装置名を省略して /ALL 修飾子を指定してください。


修飾子



/ALL

LAN パーマネント装置データベースの中のすべての LAN 装置を削除します。装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が選択されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。


LANCP> PURGE DEVICE/ALL

このコマンドは,LAN パーマネント装置データベースからすべての装置を削除します。

PURGE NODE

LAN パーマネント・ノード・データベースからノードを削除します。 SYSPRV 特権が必要です。

形式

PURGE NODE ノード名


パラメータ



ノード名

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のノードの名前を指定します。

修飾子



/ALL

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のすべての LAN ノードを削除します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は,名前が A で始まるすべてのノードを削除します。


LANCP> PURGE NODE/ALL

このコマンドは,LAN パーマネント・ノード・データベースからすべてのノードを削除します。

SET ACP

LANACP LAN Server プロセスの動作を変更します。SYSPRV 特権が必要です。

形式

SET ACP


パラメータ

なし。

修飾子



/ECHO



/NOECHO (省略時の設定)

受信および送信されたダウンライン・ロード・メッセージの部分的なトレースを行うことができます(各メッセージのデータ部分の最初の 32 バイト)。最後の 1 つまたは 2 つの MOP メッセージは全体が表示されることに注意してください。クラスタ・パラメータを含んでいるメモリ・ロード・メッセージと,ロードに含まれている場合は,転送アドレス付きのパラメータ・ロード・メッセージです。

データはログ・ファイル SYS$MANAGER:LAN$node-name.LOG に書き込まれます。

各メッセージの内容全体を表示したい場合は次のように /FULL 修飾子を使用します。


SET ACP/ECHO/FULL 



/FULL



/NOFULL (省略時の設定)

/ECHO が有効になっていると,受信および送信されたダウンライン・ロード・メッセージの内容全体を表示します。

/OPCOM (省略時の設定)



/NOOPCOM

LANACP LAN Server プロセスからの OPCOM メッセージを有効にします。

メッセージは,装置ステータスが変化したとき,ロード要求が受信されたとき,およびロードが完了したときに, LANACP LAN Server プロセスによって生成されます。これらのメッセージはオペレータのコンソールに表示され, LANACP によって書き込まれるログ・ファイル SYS$MANAGER:LAN$ACP.LOG に取り込まれます。

/STOP

LANACP プロセスを停止します。 SYS$STARTUP:LAN$STARTUP コマンド・ファイルを再実行すれば再起動ができます。



LANCP> SET ACP/ECHO/FULL

このコマンドは,受信および送信されたダウンライン・ロード・メッセージのトレースを可能にします。/FULL 修飾子は,受信および送信されたダウンライン・ロード・メッセージの内容全体を表示します。

SET DEVICE (Alpha のみ)

Alphaシステムでは,LAN 装置パラメータの設定または変更を行います。 PHY_IO 特権が必要です。


形式

SET DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN 運用時装置データベースに入力する装置,またはパラメータを変更する装置を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,ユニット 0 のテンプレート装置の名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

修飾子



/AGING_TIMER=

トークン・リング・ソース・ルーティング・キャシュ・エントリを古い内容としてマークするまでの秒数を設定します。このタイマは,指定された秒数の間,遠隔ノードとの間でトラフィックが起こらなかったときに満了します。省略時の値は 60 秒です。

アイドル接続が古い状態と既知の状態の間で往復する場合は,大きな値を設定してください。この値を小さくしすぎると, LAN 上で不要なエクスプローラ・トラフィックが発生する可能性があります。

/ALL

すべての LAN 装置のデータを設定します。装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が選択されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。

/ATMADDRESS=LES

非同期転送モード (ATM) の LAN エミュレーション・サーバ (LES) アドレスを設定します。通常,ユーザはアドレスを指定しません。この修飾子は特定のアドレスを使用したい場合にのみ使用されます。省略時の設定では,アドレスは LES の構成サーバのソフトウェアによって決定されます。

/ATMADDRESS=LES修飾子の構文は次のとおりです。


SET DEVICE/ATMADDRESS = ([NO]LES=the ATM server) 
 



/ATMADDRESS=ARP

ATM 経由のクラシカル IP のアドレス解決プロトコル(ARP)サーバ・アドレスを設定します。ローカル・ホストがARPサーバでない場合, LISを有効にするためにはこの修飾子を指定する必要があります。

/ATMADDRESS=ARP修飾子の構文は次のとおりです。


 
SET DEVICE/ATMADDRESS = (ARP=atm_arp_server) 



/AUTONEGOTIATE (省略時の設定)



/NOAUTONEGOTIATE

リンク設定を判断する自動ネゴシエーションの使用を有効または無効にします。自動ネゴシエーションをサポートするスイッチまたは装置に接続したときは,リンクの自動ネゴシエーションを無効にする必要があります。

/CACHE_ENTRIES=

トークン・リング・ソース・ルーティング・アドレス・エントリのキャッシングのために予約するエントリの数を設定します。省略時の値は 200 エントリです。

システムが多数のシステムと直接通信を行っている場合は,この値を増やしてください。

/CLIP

ATM を経由するクラシカル・インターネット・プロトコル (CLIP) を設定します (RFC1577)。 CLIP 修飾子は,クライアントとして,または,論理的 IP サブネット (LIS) のサーバとして,データ・リンク・レベル装置を実装します。これにより, IP プロトコルは ATM ネットワークを経由してイーサネット・フレームを送出できるようになります。 /CLIP=ENABLEコマンドにより,システムは LIS に加わります。 /CLIP=DISABLE コマンドにより,クライアントは論理 IP サブネットから外れます。

LIS はサーバを必要とし,各サブネットについてサーバは 1 つしか存在できないことに注意してください。サブネット間の通信は,ルータによってのみ行うことができます。各 ATM アダプタについて存在できるクライアントは 1 つのみです。

/CLIP修飾子の標準的なインターネットのドット表記法を使った構文は次のとおりです。


SET DEVICE/CLIP =(ip_subnet=a.b.c.d, 
                  ip_address=a.b.c.d, 
                  parent=devnam, 
                  name="ip subnet name", 
                  enable, disable 
                  type = client|server) 

/CLIPの構文の意味は次のとおりです。

オプション 意味
ip_address CLIP クライアントのIPアドレスを指定する。
ip_subnet CLIP クライアントのサブネット・マスクを指定する。
parent=devnam 親装置名を指定する。
name 操作と診断を支援するLISの名前を指定する。
データ型=client クラシカルIPのクライアントのみを起動する。省略時の設定。
データ型=server クラシカルIPのサーバを起動する。1つの LIS に1つのサーバしか使用できない。サーバは最初に起動する必要がある。
データ型=(server,client) クラシカルIPのサーバとクライアントを起動する。

/CLIP のキーワードとその意味は次のとおりです。

キーワード 意味
Enable 論理的IPサブネットに加わる。
Disable 論理的IPサブネットから外れる。



/CONTENDER



/NOCONTENDER (省略時の設定)

トークン・リング装置がリングを結合するときに, Monitor Contention プロセスに加わることを指定します。 /NOCONTENDER 修飾子は,現在のリング・サーバと競合しないように装置に指示を与えます。

/DEVICE_SPECIFIC=(FUNCTION="xxxx",VALUE=n)

装置独自のパラメータを調整できます。装置独自のパラメータは,デバッグ目的または性能計測中の実験に便利です。装置に影響を与える他の LANCP コマンドと同様,このコマンドでも SYSPRV 特権が必要です。

表 12-1 は,コマンドとその意味の一覧です。

表 12-1 装置固有機能コマンド
コマンドの機能 意味
FUNCTION="CCOU" 装置とドライバのカウンタをゼロクリアする。値が指定されても無視する。
FUNCTION="DXMT", VALUE=n 割り込みが生成される転送要求の完了後,マイクロ秒単位で転送遅延値を変更する。

現在の設定は内部カウンタに表示される。この機能はギガビット・イーサネット NIC に適している。

FUNCTION="DRCV", VALUE=n 割り込みが生成される受信の完了後,マイクロ秒単位で受信遅延値を変更する。

現在の設定は内部カウンタに表示される。この機能はギガビット・イーサネット NIC に適している。

FUNCTION="CXMT", VALUE=n 割り込みが生成される前に処理される転送バッファ記述子の数である転送合体値を変更する。割り込みは,転送遅延しきい値に到達した場合,あるいは受信の代わりの割り込みまたはリンク状態の変更が生成されたときに生成される。

現在の設定は内部カウンタに表示される。この機能はギガビット・イーサネット NIC に適している。

FUNCTION="CRCV", VALUE=n 割り込みが生成される前に値が入る受信バッファ記述子の数である受信合体値を変更する。割り込みは,受信遅延しきい値に到達した場合,あるいは転送の代わりの割り込みまたはリンク状態の変更が生成されたときに生成される。

現在の設定は内部カウンタに表示される。この機能はギガビット・イーサネット NIC に適している。



/DISABLE

LAN フェールオーバ・セットのアクティブな構成要素を使用不可能にします。

/DISCOVERY_TIMER=

ソース・トークン・リング・ルーティング・ルート発見プロセスの実行の際に,遠隔ノードからの返信を待つ秒数を設定します。省略時の値は 2 秒です。

大きな LAN で,応答が遅いノードが存在する場合は, LAN 上を移動するエクスプローラ・トラフィックの量を減らすために,この値を大きくしなければならないことがあります。

/DLL=(有効オプション, 排他オプション, サイズ・オプション, 既知クライアントのみオプション)

装置のための MOP ダウンライン・ロード・サービス設定を指定します。

省略時の設定は,装置データベースの中のエントリの作成にのみ適用されます。既存のエントリを変更する場合,指定されなかったフィールドは変更のないまま残されます。

この修飾子では,次のキーワードを指定することができます。

  • 有効オプション

    ENABLE
    DISABLE (省略時の設定)

    この装置に対して MOP ダウンライン・ロード・サービスを有効にするのか,無効にするのかに応じて,ENABLE または DISABLE を指定します。

  • 排他オプション

    EXCLUSIVE
    NOEXCLUSIVE (省略時の設定)

    指定された LAN 装置上で,LANACP と同時に他の MOP ダウンライン・ロード・サービスのプロバイダが存在できないようにしたい場合は EXCLUSIVE を指定します。LAN MOP ダウンライン・ロード・サービスが他のインプリメンテーションと共存できるようにしたい場合は, NOEXCLUSIVE を指定します(特に,MOP プロトコルを共有モードで実行する DECnet フェーズ IV のインプリメンテーション)。

  • サイズ・オプション

    SIZE=

    SIZE= を使用して,個々のダウンライン・ロード・メッセージのファイル・データ部分のサイズをバイト単位で指定します。指定できる範囲は 246 バイトから 1482 バイトまでです。省略時の値は 246 バイトで,すべてのクライアントがこの値で適切に動作するはずです。一部のクライアントは,大きなサイズをサポートしていないことがあるので注意してください。
    ロードのパフォーマンスを上げ,サーバの負荷を下げるために推奨されるサイズは,すべてのクライアントのロードに成功したときの最大サイズです。1482 という値は, CSMA/CD (イーサネット)の最大パケット・サイズである 1518 バイトから,802e のヘッダと CRC(26 バイト)と,MOP プロトコルのオーバヘッド(10 バイト)を引いたものです。
    サイズはノードごとに変更することができます。詳細については,DEF NODE コマンドと SET NODE コマンドを参照してください。

  • 既知クライアントのみオプション

    KNOWNCLIENTSONLY
    NOKNOWNCLIENTSONLY (省略時の設定)

    MOP ダウンライン・ロード要求のサービスを,LAN パーマネント・ノード・データベースで定義されているクライアントだけに提供する場合は KNOWNCLIENTSONLY を指定します。 NOKNOWNCLIENTSONLY が選択されている場合,LANACP は, LAN パーマネント・ノード・データベースで定義されていないクライアントによって要求されたイメージを, LAN$DLL ディレクトリの中で探します。



/EARLY (省略時の設定)



/NOEARLY

装置上で Early Token Release を有効にします。この修飾子の否定形である /NOEARLY は,Early Token Release を無効にします。

/ELAN

/ELAN 修飾子は ENABLE と DISABLE の 2つの値のみ持ちます。/ELAN=ENABLE がキーワード STARTUP とともに指定されていると,LANACP の起動時に LAN エミュレーションがロードされます。 /ELAN=DISABLE の場合も,ENABLE と同じパラメータが使用できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項