日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/CLIP のキーワードとその意味は次のとおりです。

キーワード 意味
Enable 論理的IPサブネットに加わる。
Disable クライアントは論理的IPサブネットから外れる。



/DISABLE

LAN フェールオーバ・セットのアクティブな構成要素を使用不可能にします。この修飾子は,/ENABLE 修飾子の効果を無効にします。

/DLL=(有効オプション, 排他オプション, サイズ・オプション, 既知クライアントのみオプション)

装置のための MOP ダウンライン・ロード・サービス設定を指定します。

省略時の設定は,装置データベースの中のエントリの作成にのみ適用されます。既存のエントリを変更する場合,指定されなかったフィールドは変更のないまま残されます。

この修飾子では,次のキーワードを指定することができます。

  • 有効オプション

    ENABLE
    DISABLE (省略時の設定)

    この装置に対して MOP ダウンライン・ロード・サービスを有効にするのか,無効にするのかに応じて,ENABLE または DISABLE を指定します。

  • 排他オプション

    EXCLUSIVE
    NOEXCLUSIVE (省略時の設定)

    指定された LAN 装置上で,LANACP と同時に他の MOP ダウンライン・ロード・サービスのプロバイダが存在できないようにしたい場合は EXCLUSIVE を指定します。LAN MOP ダウンライン・ロード・サービスが他のインプリメンテーションと共存できるようにしたい場合は, NOEXCLUSIVE を指定します(特に,MOP プロトコルを共有モードで実行する DECnet フェーズ IV のインプリメンテーション)。

  • サイズ・オプション

    SIZE=

    SIZE= を使用して,個々のダウンライン・ロード・メッセージのファイル・データ部分のサイズをバイト単位で指定します。指定できる範囲は 246 バイトから 1482 バイトまでです。省略時の値は 246 バイトで,すべてのクライアントがこの値で適切に動作するはずです。一部のクライアントは,大きなサイズをサポートしていないことがあるので注意してください。
    ロードのパフォーマンスを上げ,サーバの負荷を下げるために推奨されるサイズは,すべてのクライアントのロードに成功したときの最大サイズです。1482 という値は, CSMA/CD (イーサネット)の最大パケット・サイズである 1518 バイトから,802e のヘッダと CRC(26 バイト)と,MOP プロトコルのオーバヘッド(10 バイト)を引いたものです。
    サイズはノードごとに変更することができます。詳細については,DEF NODE コマンドと SET NODE コマンドを参照してください。

  • 既知クライアントのみオプション

    KNOWNCLIENTSONLY
    NOKNOWNCLIENTSONLY (省略時の設定)

    MOP ダウンライン・ロード要求のサービスを,LAN パーマネント・ノード・データベースで定義されているクライアントだけに提供する場合は KNOWNCLIENTSONLY を指定します。 NOKNOWNCLIENTSONLY が選択されている場合,LANACP は, LAN パーマネント・ノード・データベースで定義されていないクライアントによって要求されたイメージを, LAN$DLL ディレクトリの中で探します。



/ELAN

Alpha システムでは,/ELAN 修飾子は enable と disable のどちらかの値です。/ELAN=ENABLE を STARTUP キーワードと組み合わせて指定すると,LANACP が起動するときに,LAN エミュレーションがロードされます。/ELAN=DISABLEでは, ENABLEと同じパラメータを使用できます。

/ELAN 修飾子の構文は次のとおりです。


DEFINE DEVICE/ELAN =(parent=parent device, 
                     name="ELAN NAME to join", 
                     size=1516 
                     type=CSMACD 
                     Enable, 
                     Disable, 
                     description = "description string,")                     

/ELANの構文の意味は次のとおりです。

オプション 意味
parent ATMアダプタ装置名。 DAPCA の親装置の例としては,コントローラ番号を nとして HW n0が考えられる。 DGLTA の親装置の例としては,コントローラ番号を nとして HC n0が考えられる。
name 特定のELANに加わりたい場合に,オプションとして指定する。省略時はnullである。
size 加わりたいLANの最大フレーム・サイズ。有効なサイズは1516,4544,または9234バイトである。省略時は1516である。
データ型 現時点では省略時の値のCSMACDだけがサポートされている。
description ELANに関する説明。表示の目的にのみ使用される。

/ELAN 修飾子のキーワードとその意味は次のとおりです。

キーワード 意味
Enable 指定したエミュレートされるLANへの加入を開始する。また,ドライバがロードされていないときは,ドライバをロードする。
Disable クライアントはエミュレートされた LAN を終了する。



/ENABLE

(以前 LAN フェールオーバ・セットのメンバとして識別された) LAN 装置を, LAN フェールオーバ・セットのアクティブな構成要素として使用可能にします。

/FAILOVER_SET=(装置名[,...])



/[NO]FAILOVER_SET=(装置名[,...])

LAN フェールオーバ・セットの構成要素を指定します。

/PRIORITY=

LAN 装置のフェールオーバ優先順位を設定します。 LAN フェールオーバ・セットのアクティブな構成要素を選択するときに, LAN フェールオーバ構成要素に最も高い優先順位が与えられます。

/PVC=(vci[,...])



/[NO]PVC=(vci[,...])

Alpha システムでは, ATM クライアント経由でクラシカル IP によって使われるパーマネント仮想サーキット (PVC) を定義します。これはオプション修飾子です。

PVC のリストは,CLIP クライアントが使用するために定義されます。このコマンドは,CLIP クライアントを有効にする前に使用しなければなりません。 PVC は,ATM スイッチの中で,手動で設定しなければなりません。

vci は,使用する PVC の VCI (仮想サーキット ID) です。

/UPDATE

LAN パーマネント装置データベースに含まれていない LAN 装置を,そのデータベースに追加します。装置のエントリは,初期状態では,すべてのパラメータについて省略時の値を使用します。パーマネント・データベースを運用時データベースの最新情報で更新するには, DEFINE DEVICE コマンドで /VOLATILE_DATABASE 修飾子を使用します。 /UPDATE 修飾子と /VOLATILE_DATABASE 修飾子は 1 つの DEFINE DEVICE コマンドで同時に使用することができます。

/VOLATILE_DATABASE

LAN パーマネント装置データベースの装置エントリを,運用時データベースに現在設定されているデータで更新します。これにより,更新された各エントリについてパーマネント・データベースに対してコマンドを繰り返して適用する代わりに,運用時データベースのデータを変更した後に,パーマネント・データベースを一括して更新することができます。

#1

LANCP> DEFINE DEVICE EXA0/MOPDLL=(ENABLE,EXCLUSIVE)

このコマンドは,LANACP MOP ダウンライン・ロード・サービスを排他モードで有効にするために LAN 装置 EXA0 を定義しています。 KNOWNCLIENTSONLY と SIZE の設定は変更されません。装置エントリが LAN パーマネント装置データベースに存在しない場合,これらの設定は省略時の値に設定されます。

#2

LANCP> DEFINE DEVICE/ALL/MOPDLL=NOEXCLUSIVE

このコマンドは,LANACP MOP ダウンライン・ロード・サービスに関して,LAN パーマネント装置データベースに定義されているすべての LAN 装置を非排他モードに設定します。

#3

LANCP> DEFINE DEVICE/ALL/UPDATE/VOLATILE_DATABASE

このコマンドは,すべてのイーサネット装置を LAN パーマネント装置データベースに入力し,現在のパラメータ値でエントリを更新します。

DEFINE NODE

LAN パーマネント・ノード・データベースにノードを入力するか,既存のエントリを変更します。SYSPRV 特権が必要です。

形式

DEFINE NODE ノード名


パラメータ



ノード名

LAN パーマネント・ノード・データベースに追加するノードの名前か,変更するエントリを指定します。一般に,ノード名はシステム・パラメータ SCSNODE で指定されたものと同じですが,必ずしもそうである必要はありません。ノード名の長さは 63 文字以内です。

修飾子



/ADDRESS=ノード・アドレス



/NOADDRESS (省略時の設定)

LAN アドレスをノード名に関連付けます。アドレスは,ハイフンで区切った 16 進表記の 6 バイトとして指定します。アドレスは一意である必要はありません(アドレスが不明で,存在しないアドレスを指定した場合など)。

複数のノード・アドレスを 1 つのノード名に関連付ける場合,それぞれの組み合わせに対して,ノード名に拡張子を付けて指定することができます。たとえば,ノード VAXSYS の EXA 装置については VAXSYS.EXA,ノード VAXSYS 上の最初の LAN 装置については VAXSYS_1 などです。

/ADDRESS 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOADDRESS 修飾子はフィールドをクリアします。

/ALL

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のすべてのノードのデータを定義します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は,A で始まるすべてのノードを選択します。

/BOOT_TYPE=ブート・オプション



/NOBOOT_TYPE

ダウンライン・ロード要求に必要な処理のタイプを示します。この修飾子では,次のキーワードのいずれか 1 つが指定できます。

  • VAX_SATELLITE--- OpenVMS Cluster VAX サテライト・ブート

  • ALPHA_SATELLITE--- OpenVMS Cluster Alpha サテライト・ブート

  • OTHER---指定されたイメージ。追加のデータを必要としない非クラスタ・サテライト・ロード

OpenVMS Cluster サテライト・ロードでは,/FILE 修飾子で指定されたロード・イメージにクラスタ関連のデータが追加される必要があるため,この区別が必要となります。省略時の値は OTHER です。

/BOOT_TYPE 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOBOOT_TYPE 修飾子はフィールドをクリアします。

/DECNET_ADDRESS=



/NODECNET_ADDRESS

DECnet アドレスをノード名に関連付けます。 DECnet の表記法 (xx.xxxxx) でアドレスを指定します。

/DECNET_ADDRESS= 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NODECNET_ADDRESS 修飾子はフィールドをクリアします。

/FILE=ファイル指定



/NOFILE

ダウンライン・ロード要求にファイル名が含まれない場合に使用されるブート・ファイルのファイル名を指定します (たとえば OpenVMS Cluster サテライト・ブートの場合)。ファイル指定の長さは 127 文字以内です。

ファイル名が指定されない場合,OpenVMS Cluster サテライト・ロードは,ブート・タイプが ALPHA に設定されている場合は省略時に APB.EXE を,ブート・タイプが VAX に設定されている場合は省略時に NISCS_LOAD.EXE を使用します。

/FILE 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOFILE 修飾子はフィールドをクリアします。

/IP_ADDRESS=



/NOIP_ADDRESS

IP アドレスをノード名に関連付けます。標準的なドット表記法 (xxx.xxx.xxx.xxx) でアドレスを指定します。

/IP_ADDRESS= 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOIP_ADDRESS 修飾子はフィールドをクリアします。

/ROOT=ディレクトリ指定



/NOROOT

ファイル名に関連付けるディレクトリ指定を指定します。クラスタ・サテライト・サービスでは,/ROOT 修飾子はサテライト・ルート・ディレクトリを指定します。非クラスタ・サービスでは,この修飾子はファイルの位置を指定します。ブート要求で指定されたファイル指定またはファイル名にディレクトリ名が含まれる場合,この修飾子は無視されます。ディレクトリ指定の長さは 127 文字以内です。

/ROOT 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOROOT 修飾子はフィールドをクリアします。

/SIZE=



/NOSIZE

各ダウンライン・ロード・メッセージのファイル・データ部分のサイズをバイト単位で指定します。省略時の設定では,装置に対して指定されたロード・データ・サイズが使用されます。指定できる範囲は 246 バイトから 1482 バイトまでです。ロードのパフォーマンスを上げ,サーバの負荷を下げるには,大きな値を使用してください。

/SIZE 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOSIZE 修飾子は設定をクリアします。

/V3



/NOV3

ダウンライン・ロードの目的で,要求された形式にかかわらず, MOP バージョン 3 形式のメッセージだけを使用することを示します。これにより,MOP バージョン 4 でのブートに問題があるシステムでもロードが可能になります。この修飾子を指定すると,MOP バージョン 4 のロード要求に応答がなかったときに,要求側のノードは MOP バージョン 4 から MOP バージョン 3 にフェイルオーバーします。

/V3 修飾子を指定しないと,設定は変更されないまま残ります。 /NOV3 修飾子は設定をクリアします。

/VOLATILE_DATABASE

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のノード・エントリを,運用時データベースに現在設定されているデータで更新します。これにより,更新された各エントリについてパーマネント・データベースに対してコマンドを繰り返して適用する代わりに,運用時データベースのデータを変更した後に,パーマネント・データベースを一括して更新することができます。

#1

LANCP> DEFINE NODE GALAXY/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=NISCS_LOAD.EXE - 
                  /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                  /BOOT_TYPE=VAX_SATELLITE

このコマンドは,LAN パーマネント・ノード・データベースの中のノード GALAXY を,OpenVMS Cluster の VAX サテライトとしてブートするように設定します。

NISCS_LOAD.EXE ファイルは,実際には,$64$DIA14: <SYS10. SYSCOMMON.SYSLIB> に置かれています。 <SYSCOMMON.SYSLIB> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#2

LANCP> DEFINE NODE ZAPNOT/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=APB.EXE - 
                  /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                  /BOOT_TYPE=ALPHA_SATELLITE

このコマンドは,ノード ZAPNOT を,OpenVMS Cluster の Alpha サテライトとしてブートするように設定します。

APB.EXE ファイルは,実際には,$64$DIA14:<SYS10.SYSCOMMON. SYSEXE> に置かれています。<SYSCOMMON.SYSEXE> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#3

LANCP> DEFINE NODE CALPAL/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=APB_061.EXE

このコマンドは,ノード CALPAL を,InfoServer イメージをブートするように設定します。これは,ノード CALPAL から,ファイル名が含まれていないロード要求が受信されたときにロードするファイルを定義します。

ファイルにはディレクトリ指定が含まれていないので,論理名 LAN$DLL がファイルの位置を定義します。ファイル名を使用するか,/ROOT 修飾子を使用することにより,ディレクトリ指定を指定することもできます。

ブート・コマンドの中でファイル名を明示的に指定すると,ノード・データベース・エントリの中で指定されたファイル名が無効になることに注意してください。

EXIT

LANCP の実行を中止し,DCL コマンド・レベルに制御を戻します。また,Ctrl/Z を入力すれば,いつでも終了することができます。

形式

EXIT


パラメータ

なし。

修飾子

なし。


LANCP> EXIT
$
 

このコマンドは LANCP の実行を中止し,DCL コマンド・レベルに制御を戻します。

HELP

LANCP ユーティリティに関するオンライン・ヘルプ情報を表示します。

形式

HELP [トピック]


パラメータ



トピック

情報を表示したい項目,つまり LANCP コマンド名または LANCP コマンド名とコマンド・キーワードの組み合わせを指定します。 HELP SET のように,HELP コマンドとコマンド名だけを入力すると, SET コマンドで使用するコマンドのキーワードがすべて表示されます。

修飾子

なし。


LANCP> HELP DEFINE DEVICE
DEFINE 
 
  DEVICE 
 
 
        DEVICE device-name/qualifiers 
        DEVICE/ALL/qualifiers 
 
      Sets device specific parameters for the specified LAN devices. 
 
      Requires SYSPRV privilege. 
 
 
 
    Additional information available: 
 
    Parameters Qualifiers 
    /ALL  /ATMADDRESS /DLL /ELAN /MOPDLL    /VOLATILE_DATABASE    /UPDATE 
    Examples 
 
DEFINE DEVICE Subtopic? 
 

このコマンドは LANCP コマンド DEFINE DEVICE のオンライン・ヘルプを表示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項