日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 12 章
LAN 制御プログラム・ユーティリティ(LANCP)



12.1 LANCP について

LAN 制御プログラム(LANCP)ユーティリティは,OpenVMS システム上で LAN ソフトウェアを構成し制御します。LANCP により,次の処理が行えます。

  • LAN 装置のカウンタ,リビジョン,構成情報を取得する

  • システム上の LAN 装置の動作パラメータを変更する

  • LAN の装置とノードのパーマネント・データベースと運用時データベースを保守する

  • LANACP LAN Server プロセスを制御する (MOP (Maintenance Operations Protocol) ダウンライン・ロード・サーバ関連の機能を含む)

  • MOP コンソール・キャリア操作と MOP トリガ・ブート操作を起動する



12.2 LANCP 使用法の要約

LANCP ユーティリティにより,次の処理が行えます。

  • LAN パラメータを設定して LAN 環境をカスタマイズする。

  • LAN の設定とカウンタを表示する。

  • ターミナル・サーバ,X端末,LAN ベースのプリンタなどの装置のサポートや, OpenVMS Cluster 環境でのサテライトのブートのために, MOPダウンライン・ロード・サポートを提供する。これは,DECnet ソフトウェアを使うという従来の手法の代わりとして使用できます。


形式

LANCP [コマンド]


パラメータ



コマンド

LANCP コマンドを指定します。このパラメータはオプションです。コマンドが指定されなかった場合,ユーティリティはプロンプトを表示して,コマンドの入力を待ちます。

説明

LANCP を起動するには,DCL コマンド・プロンプトで次のコマンドを入力します。


$ RUN SYS$SYSTEM:LANCP

LANCP ユーティリティは LANCP> プロンプトを表示します。以降で説明する LANCP コマンドはすべて,このプロンプトに対して入力できます。

LANCP を外部コマンドとして定義するには,DCL プロンプトか,スタートアップまたはログイン・コマンド・ファイルに,次のように入力します。


$ LANCP :== $SYS$SYSTEM:LANCP

その後,DCL プロンプトで LANCP コマンドを入力してユーティリティを起動し,LANCP コマンドを入力することができます。

LANCP コマンドを入力すると,次の処理が行われます。

  • コマンド修飾子を指定しなかった場合,LANCP ユーティリティは LANCP> プロンプトを表示します。このプロンプトに対してコマンドを入力することができます。

  • コマンド修飾子を指定した場合,LANCP ユーティリティはそのコマンドを実行した後に終了し,DCL コマンド・プロンプトに制御を戻します。

注意

一部の LANCP コマンドは特殊な特権を必要とします。

LANCP ユーティリティを終了するには,LANCP> プロンプトで EXIT コマンドを入力するか,または Ctrl/Z を押します。

LANCP ユーティリティの詳細については, LANCP> プロンプトで HELP コマンドを入力してください。



この項では,LANCP コマンドについて例を挙げて説明します。次の表は LANCP コマンドを要約したものです。

コマンド 機能
@ (プロシージャの実行) コマンド・プロシージャを実行する。
CLEAR DEVICE LAN 運用時装置データベースから装置を削除する。
CLEAR DLL すべてのノードと装置の MOP ダウンライン・ロード・カウンタをクリアする。
CLEAR MOPDLL CLEAR DLL コマンドと同じ。
CLEAR NODE LAN 運用時ノード・データベースからノードを削除する。
CONNECT NODE MOP コンソール・キャリア・プロトコルを使って管理インタフェースを実現している,ターミナル・サーバなどの LAN 装置に接続する。
CONVERT DEVICE_DATABASE 装置データベースを,LANCP の現在のバージョンで必要とされる形式に変換する。
CONVERT NODE_DATABASE ノード・データベースを,LANCP の現在のバージョンで必要とされる形式に変換する。
DEFINE DEVICE 装置を LAN パーマネント装置データベースに入力する,あるいは既存のエントリを変更する。
DEFINE NODE ノードを LAN パーマネント・ノード・データベースに入力する,あるいは既存のエントリを変更する。
EXIT LANCP の実行を中止し,DCL コマンド・レベルに制御を戻す。
HELP LANCP ユーティリティに関するオンライン・ヘルプ情報を表示する。
LIST DEVICE LAN パーマネント装置データベースの情報を表示する。
LIST NODE LAN パーマネント・ノード・データベースの情報を表示する。
PURGE DEVICE LAN パーマネント装置データベースから装置を削除する。
PURGE NODE LAN パーマネント・ノード・データベースからノードを削除する。
SET ACP LANACP LAN Server プロセスの動作を変更する。
SET DEVICE LAN 運用時装置データベースに装置を入力する,あるいは既存のエントリを修正し,装置パラメータを設定する。
SET NODE LAN 運用時ノード・データベースにノードを入力する,あるいは既存のエントリを変更する。
SHOW CONFIGURATION システム上の LAN 装置のリストを表示する。
SHOW DEVICE LAN 運用時装置データベースの情報を表示し,装置データを表示する。
SHOW DLL MOP ダウンライン・ロード・サービスの現在の状態を表示する。
SHOW LOG 最近のダウンライン・ロード・アクティビティを表示する。
SHOW MOPDLL SHOW DLL コマンドと同じ。
SHOW NODE LAN 運用時ノード・データベースの情報を表示する。
SPAWN 現在のプロセスのサブプロセスを作成する。
TRIGGER NODE 遠隔ノードに対して再ブートの要求を発行する。

@ (プロシージャの実行)

コマンド・プロシージャを実行したり,コマンド・インタプリタに対して,特定のファイルまたは装置から後続のコマンド入力を読み込むように要求します。

形式

@ ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

コマンドのための入力装置またはファイルを指定するか,実行するコマンド・プロシージャを指定します。

修飾子



なし



$ CREATE COUNT.COM
SHOW DEVICE/COUNTERS
SPAWN WAIT 00:01:00
@COUNT
[Ctrl/Z]
$ RUN SYS$SYSTEM:LANCP
LANCP> @COUNT
 
Device Counters EXA0: 
             Value  Counter 
             -----  ------- 
        4294967295  Seconds since last zeroed 
          38731696  Data blocks received 
          28378137  Multicast blocks received 
           2621447  Receive failure 
        4294967295  Bytes received 
        3203299230  Multicast bytes received 
                 1  Data overrun 
          13771761  Data blocks sent 
            672064  Multicast packets transmitted 
            662415  Blocks sent, multiple collisions 
            502863  Blocks sent, single collision 
           1056303  Blocks sent, initially deferred 
        1462759444  Bytes sent 
          76562996  Multicast bytes transmitted 
          40042529  Send failure 
                 0  Collision detect check failure 
                 0  Unrecognized frame destination 
                 0  System buffer unavailable 
                 0  User buffer unavailable
 
 

この例は,コマンド・プロシージャ COUNT.COM を作成して実行します。このコマンド・プロシージャは,1 分ごとに装置カウンタを表示します。

CLEAR DEVICE

LAN 運用時装置データベースから装置を削除します。SYSPRV 特権が必要です。

形式

CLEAR DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN コントローラの装置名を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,ユニット 0 のテンプレート装置の名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: として指定できます。


修飾子



/ALL

LAN 運用時装置データベースのすべての LAN 装置を削除します。装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が選択されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。


LANCP> CLEAR DEVICE EXA0

このコマンドは,LAN 運用時装置データベースから装置 EXA0 を削除します。

CLEAR DLL

このコマンドは,LAN 運用時装置データベースと LAN 運用時ノード・データベースから,すべてのノードと装置の MOP ダウンライン・ロード・カウンタをクリアします。SYSPRV 特権が必要です。

形式

CLEAR DLL


パラメータ



なし


修飾子



なし



LANCP> CLEAR DLL
 

このコマンドは,LAN 運用時装置データベースと LAN 運用時ノード・データベースから,すべてのノードと装置の MOP ダウンライン・ロード・カウンタをクリアします。

CLEAR NODE

LAN 運用時ノード・データベースからノードを削除します。 SYSPRV 特権が必要です。

形式

CLEAR NODE ノード名


パラメータ



ノード名

LAN 運用時ノード・データベースの中のノードの名前を指定します。

修飾子



/ALL

LAN 運用時ノード・データベースの中のすべての LAN ノードを削除します。ノード名を指定すると,それに合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は,名前が A で始まるすべてのノードを削除します。


LANCP> CLEAR NODE VAXSYS
 

このコマンドは,LAN 運用時ノード・データベースからノード VAXSYS を削除します。

CONNECT NODE

指定されたノードへの MOP コンソール・キャリア接続を開きます。これにより,ローカル・ターミナルが遠隔システムのためのコンソールとして動作できるようになります。

形式

CONNECT NODE ノード指定


パラメータ



ノード指定

ターゲット・ノードのノード名またはノード・アドレスを指定します。ノード名を指定した場合は,LAN 運用時ノード・データベースでノード名を参照することにより,ノード・アドレスが取得されます。ノード・アドレスを指定した場合,対応するノードが LAN 運用時ノード・データベースで定義されている必要はありません。アドレスの正規形式は,ハイフンで区切られた 6 バイトの 16 進文字から構成されます。アドレスのビットを逆転させた形式を指定するには,コロンを区切り文字として使用してください。

修飾子



/DEVICE=装置名

接続に使用する LAN コントローラ装置名を指定します。たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。

/DISCONNECT=切断文字

遠隔ノードへの接続を終了させるときに使用する文字を指定します。接続を終了させるには,Ctrl/切断文字を押します。C,M,Q,S,Y を除く @ から Z までの任意の ASCII 文字が選択できます。省略時の切断文字は D です。

/PASSWORD=16 桁の 16 進数

接続の開始時に使用するパスワードを 16 進数で指定します(たとえば /PASSWORD=0123456789ABCDEF)。省略時のパスワードはゼロです。先頭のゼロは省略できます。

/V3 または /V4

接続の確立時に,MOP バージョン 3 とバージョン 4 のどちらの形式のメッセージを使用するのかを指定します。省略時に,LANCP はまず遠隔ノードに MOP バージョン 4 形式で MOP 要求 ID メッセージを送信し,次にバージョン 3 形式で送信して,応答が受信されるかタイムアウトが起こるまでこのプロセスを繰り返すことによって形式を決定します。

形式の指定には,次の意味があります。

  • 要求 ID メッセージをサポートしていないノードへの接続を可能にする

  • いずれかの形式について実装上の問題がある場合に,それを回避する


#1

LANCP> CONNECT NODE GALAXY/DEVICE=EWA0

このコマンドは,イーサネット装置 EWA0 を使用して,ノード GALAXY へのコンソール・キャリア・コネクションの確立を試みます。

#2

LANCP> CONNECT NODE 08-00-2B-11-22-33/DEVICE=EWA0/PASSWORD=0123456789AB

このコマンドは,指定されたパスワードで,イーサネット装置 EWA0 を使用して,指定されたノード・アドレスへのコンソール・キャリア・コネクションの確立を試みます。

CONVERT DEVICE_DATABASE

装置データベースを LANCP が必要とする形式に変換します。データベースが更新されない場合,LANCP はデータベースを読み込むことができますが,データベース中のエントリを更新しません。 SYSPRV特権が必要です。

形式

CONVERT DEVICE_DATABASE 装置データベース


パラメータ

なし。

修飾子

なし。

CONVERT NODE_DATABASE

ノード・データベースを LANCP が必要とする形式に変換します。データベースが更新されない場合,LANCP はデータベースを読み込むことができますが,データベース中のエントリを更新しません。SYSPRV 特権が必要です。

形式

CONVERT NODE_DATABASE ノード・データベース


パラメータ

なし。

修飾子

なし。

DEFINE DEVICE

LAN パーマネント装置データベースに装置を入力するか,既存のエントリを変更します。SYSPRV 特権が必要です。

形式

DEFINE DEVICE 装置名


パラメータ



装置名

LAN パーマネント装置データベースに追加する装置の名前か,変更するエントリの名前を指定します。装置名の形式は, dd を装置コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN 装置は,テンプレート装置の名前で指定し,これはユニット 0 になります。たとえば,最初の PCI イーサネット装置は EWA0, 2 つ目のイーサネット装置は EWB0 と指定されます。

修飾子



/ALL

LAN パーマネント装置データベースの中のすべての LAN 装置のためのデータを定義します。装置名を指定すると,合致するすべての LAN 装置が選択されます。たとえば,すべてのイーサネット装置を選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット装置を選択する場合は EW と指定します。

/ATMADDRESS=LES

Alphaシステムでは,非同期転送モード(ATM)の LANエミュレーション・サーバ(LES)アドレスを定義します。通常,ユーザはアドレスを指定しません。この修飾子は特定のアドレスを使用したい場合にのみ使用されます。省略時の設定では,アドレスはLESの構成サーバのソフトウェアによって決定されます。

/ATMADDRESS=LES修飾子の構文は次のとおりです。


DEFINE DEVICE/ATMADDRESS = ([NO]LES=the ATM server) 
 



/ATMADDRESS=ARP

Alphaシステムでは, ATM 経由のクラシカル IP の LANアドレス解決プロトコル(ARP)サーバ・アドレスを設定します。ローカル・ホストがARPサーバでない場合,論理的IPサブネット(LIS)を有効にするためにはこの修飾子を指定する必要があります。

/ATMADDRESS=ARP修飾子の構文は次のとおりです。


 
DEFINE DEVICE/ATMADDRESS = (ARP=atm_arp_server) 
 



/CLIP

Alpha システムで,ATM を経由するクラシカル・インターネット・プロトコル (CLIP) を定義します (RFC1577)。 CLIP 修飾子は,クライアントとして,または,論理的 IP サブネット (LIS) のサーバとして,データ・リンク・レベル装置を実装します。これにより, IP プロトコルは ATM ネットワークを経由してイーサネット・フレームを送出できるようになります。 /CLIP=ENABLEコマンドにより,システムは LIS に加わります。 /CLIP=DISABLEコマンドにより,クライアントは論理的 IP サブネットから外れます。

LIS はサーバを必要とし,各サブネットについてサーバは 1 つしか存在できないことに注意してください。サブネット間の通信は,ルータによってのみ行うことができます。各 ATM アダプタについて存在できるクライアントは 1 つのみです。

/CLIP 修飾子の標準的なインターネットのドット表記法を使った構文は次のとおりです。


DEFINE DEVICE/CLIP =(ip_subnet=a.b.c.d, 
                     ip_address=a.b.c.d, 
                     parent=devnam, 
                     name="ip subnet name", 
                     enable, disable 
                     type = client|server) 

/CLIPの構文の意味は次のとおりです。

オプション 意味
ip_address CLIPクライアントのIPアドレスを指定する。
ip_subnet CLIPクライアントのサブネット・マスクを指定する。
parent=devnam 親装置名を指定する。
name 操作と診断を支援するLISの名前を指定する。
データ型=client クラシカルIPのクライアントのみを起動する。省略時の設定。
データ型=server クラシカルIPのサーバを起動する。1つの LIS に1つのサーバしか使用できない。サーバは最初に起動する必要がある。
データ型=(server,client) クラシカルIPのサーバとクライアントを起動する。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡