日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

回復可能なユーザ・バグチェック・エントリ例

回復不可能なバグチェック例を次に示します。回復可能なユーザ・バグチェック・レポートも,形式は同じです。識別部分,バグチェックの理由とプロセスの情報,システム・レジスタ情報の 3 つの部分で構成されます。


 Error Log Report Generator                                    Version 7.3-1 
 
 ******************************* ENTRY      25. ******************************* 
 ERROR SEQUENCE 15.                              LOGGED ON:  CPU_TYPE 00000002 
 DATE/TIME 22-JUL-2002 13:43:48.96                           SYS_TYPE 00000003 
 SYSTEM UPTIME: 90 DAYS 00:07:26 
 SCS NODE: LSR3                                              OpenVMS V7.3-1 
 
 FATAL BUGCHECK SYS_TYPE = 03 
 
 OPERATOR, Operator requested system shutdown 
 
       PROCESS NAME    Aut 
       PROCESS ID      00010004 
 
       ERROR PC        00000000 000304A0 
 
    Process Status = 08000000 00001F03, SW = 03, Previous Mode = USER 
    System State = 00, Current Mode = KERNEL 
    VMM = 00 IPL = 31, SP Alignment = 8 
 STACK POINTERS 
    
 KSP 00000000 7FF95F08  ESP 00000000 7FF9A000  SSP 00000000 7FFA04C0  
 USP 00000000 7FE63B80 
 
 GENERAL REGISTERS 
    
 R0  00000000 00000001  R1  00000000 00000000  R2  FFFFFFFF 805ED100 
 R3  00000000 00000001  R4  00000000 00000001  R5  00000000 00000001 
 R6  00000000 00000000  R7  00000000 00000000  R8  00000000 7FFA05F8 
 R9  00000000 7FFA0800  R10 00000000 00000000  R11 00000000 7FFBE3E0 
 R12 00000000 00000004  R13 00000000 00010100  R14 00000000 02080061 
 R15 FFFFFFFF 80403C30  R16 00000000 00000474  R17 00000000 00004000 
 R18 00000000 00000000  R19 00000000 00000000  R20 FFFFFFFF 805C04B6 
 R21 00000000 00800000  R22 FFFFFFFF 804308E8  R23 88000000 E4000003 
 R24 00000000 00000000  R25 00000000 00000001  R26 00000000 00000002 
 R27 00000000 00000002  R28 00000000 00030440  FP  00000000 7FF95F10 
 SP  00000000 7FF95F08  PC  00000000 000304A0  PS  08000000 00001F03 
 SYSTEM REGISTERS 
    
       PTBR            00000000 000005D3 
                                       Page Table Base Register 
       PCBB            00000000 00B98080 
                                       Privileged Context Block Base 
       PRBR            FFFFFFFF 805C0000 
                                       Processor Base Register 
       SCBB            00000002 00000000 
                                       System Control Block Base 
       SISR            00000000 0000017B 
                                       Software Interrupt Summary Register 
       ASN             00000000 00000000 
                                       Address Space Number 
       ASTSR_ASTEN     00000000 0000003F 
                                       AST Summary/AST Enable 
       AT              00000000 0000000F 
                                       Absolute Time 
 

未知エントリ例

未知のエラー・ログ・エントリのレポート例を次に示します。このレポートは,識別部分とエラー・ログ・レコード部分で構成されます。エラー・ログ・レコード部分に格納されるレコードには,解釈可能レコードと解釈不可能レコードの 2 種類があります。レコードのフィールドを ERF が解釈できる場合,フィールドの名前とその内容を示し,そのフィールドを解釈します。解釈できないフィールドがレコードにある場合,フィールドとその内容のロングワード値を 16 進で示します。


**************************** ENTRY      95. **************************** 
ERROR SEQUENCE 2.                                 LOGGED ON SID 03003600 
 
"UNKNOWN DEVICE" ENTRY,  4-MAR-00 10:12:12.44 
                         KA730 REV# 0. MIC# 54. 
 
ERROR LOG RECORD 
 
      ERF$L_SID       03003600 
                                      SYSTEM ID REGISTER 
      ERL$W_ENTRY         0062 
                                      ERROR ENTRY TYPE 
      EXE$GQ_SYSTIME  C9764980 
                      008C2F30        64 BIT TIME WHEN ERROR LOGGED 
      ERL$GL_SEQUENCE     0002 
                                      UNIQUE ERROR SEQUENCE = 2. 
      UCB$W_STS           0110 
                                      DEVICE STATUS 
      UCB$B_DEVCLASS        42 
                                      DEVICE CLASS = 66. 
      UCB$B_DEVTYPE         42 
                                      DEVICE TYPE = 66. 
      UCB$W_UNIT          0000 
                                      PHYSICAL UNIT NUMBER = 0. 
      UCB$W_ERRCNT        0001 
                                      UNIT ERROR COUNT = 1. 
      UCB$L_OPCNT     00000001 
                                      UNIT OPERATION COUNT = 1. 
      ORB$L_OWNER     00010004 
                                      OWNER UIC = [001,004] 
      UCB$L_DEVCHAR   0C440007 
                                      DEVICE CHARACTERISTICS 
      UCB$B_SLAVE           00 
                                      DEVICE SLAVE CONTROLLER = 0. 
      DDB$T_NAME      41515403 
                      00000000 
                      00000000 
                      00000000 
                                      /.TQA............/ 
      LONGWORD 1.     00000008 
 
      LONGWORD 2.     00000007 
 
      LONGWORD 3.     00000502 
 
      LONGWORD 4.     04000000 
 
      LONGWORD 5.     00010000 
 
      LONGWORD 6.     00000000 
 
      LONGWORD 7.     00000080 
 
      LONGWORD 8.     00000000 
 
      LONGWORD 9.     00000000 
 
 
**************************** ENTRY     161. **************************** 
ERROR SEQUENCE 213.                               LOGGED ON SID 070001FF 
 
"UNKNOWN ENTRY", 4-MAR-00 11:35:15.73 
                 UVAX1 REV# 255. MIC# 1. 
 
ERROR LOG RECORD 
 
      ERF$L_SID       070001FF 
                                      SYSTEM ID REGISTER 
      ERL$W_ENTRY         0008 
                                      ERROR ENTRY TYPE 
      EXE$GQ_SYSTIME  89953F20 
                      008C3E2A        64 BIT TIME WHEN ERROR LOGGED 
 
      ERL$GL_SEQUENCE     00D5 
                                      UNIQUE ERROR SEQUENCE = 213. 
      LONGWORD 1.     00000001 
                                      /..../ 
      LONGWORD 2.     00410001 
                                      /..A./ 

簡略レポート例

/BRIEF 修飾子で作成したレポート例を次に示します。


 
 Error Log Report Generator                                Version 7.3-1 
 
 **************************** ENTRY       1. **************************** 
 ERROR SEQUENCE 11.                          LOGGED ON:      SID 08000000 
 DATA/TIME 18-JUL-2002 22:53:41.57                      SYS_TYPE 00000000 
 
 DEVICE ERROR  KA630 
 
 RD32 SUB-SYSTEM, UNIT _RICHIE$DUA0: 
 
       DMA ADDRESS       000000 
 
       DSECT      CHEAD      DHEAD      CCYL       DCYL       SCNT       
       06         14         14         9C         9C         01         
 
       RTCNT      CSTAT      MODE       DSTAT      TERM       ISTAT      
       F0         08         C0         B2         BD         28         
 
       CMD        
       56         
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項