日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

2 次修飾子: /LOG

各入力ファイルについて選択するエントリと拒否するエントリの数を指定する情報メッセージを SYS$OUTPUT に送るかどうかを制御します。省略時の設定では,このメッセージは表示されません。

形式

/[NO]LOG



$ DIAGNOSE/LOG ERRLOG.OLD;5

ERRLOG.OLD;5 に関する情報メッセージが,SYS$OUTPUT に送られます。

2 次修飾子: /NODE

OpenVMS Cluster システムの特定のノードに関するエラー・ログ・エントリで構成されるレポートを作成します。

形式

/NODE= (ノード名[,...])


パラメータ



ノード名

1 つ以上の OpenVMS Cluster メンバの名前を指定します。名前は 6 文字以内です。複数の名前を指定する場合,それぞれの名前をコンマで区切り,リスト全体を括弧で囲んでください。



$ DIAGNOSE/NODE=(GARCIA,LESH) SYS$SYSROOT:[SYS*.SYSERR]ERRLOG.SYS

クラスタ・システムを,BROOME,GARCIA,LESH,PUTNAM のメンバで構成しています。GARCIA と LESH について記録されたエントリだけが,出力される詳細 (省略時の設定) レポートに含まれます。

2 次修飾子: /OUTPUT

レポートの出力ファイルを指定します。

形式

/OUTPUT [=ファイル指定]


パラメータ



ファイル指定

レポートの出力ファイル。ファイルの指定方法については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

説明

/OUTPUT 修飾子を省略した場合,出力は SYS$OUTPUT に送られます。 /OUTPUT 修飾子にファイル指定を指定すると,選択した出力ファイルにレポートが格納されます。装置やディレクトリの指定を省略すると,現在の装置と省略時のディレクトリが使用されます。ファイル名を省略すると,入力ファイルのファイル名が使用されます。ファイル・タイプを省略すると,省略時のファイル・タイプ .LIS が使用されます。

/OUTPUT は,/BINARY 修飾子と併用しないようにしてください。



$ DIAGNOSE/OUTPUT=ERROR_LOG.LIS ERRLOG.OLD;72

ERRLOG.OLD;72 から作成されたエントリを,省略時の詳細レポート ERROR_LOG.LIS に格納しています。

2 次修飾子: /REJECTED

拒否するエントリのバイナリ・レコードを格納させるファイルの名前を指定できます。

形式

/REJECTED [=ファイル指定]


パラメータ



ファイル指定

拒否するエントリを格納させるファイルの名前を指定します。

説明

/REJECTED 修飾子は,オリジナルのバイナリ・イベント・ログ・エントリのコピーを格納するバイナリ・ファイルを作成します。 /SINCE,/BEFORE,/ENTRY 修飾子で時間間隔を指定したり,/INCLUDE, /EXCLUDE 修飾子でフィルタを指定したりしたためにイベント・ログ・エントリが拒否された場合,このエントリは指定ファイルに書き込まれます。

拒否するエントリは,次のいずれかに該当するため変換されないエントリです。

  • /EXCLUDE 修飾子で指定したエントリ

  • /INCLUDE 修飾子で指定しなかったエントリ

  • /SINCE 修飾子と /BEFORE 修飾子で指定した期間に発生しないエントリ

  • /ENTRY 修飾子で指定したエントリ範囲にないエントリ

/REJECTED 修飾子にファイル指定を指定すると,拒否するレコードのイメージ・コピーが出力ファイルに格納されます。装置やディレクトリを指定しない場合,現在の装置と省略時のディレクトリが使用されます。ファイル名を省略すると,入力ファイルのファイル名が使用されます。ファイル・タイプを省略すると,省略時のファイル・タイプ .REJ が使用されます。



$ DIAGNOSE/INCLUDE/BINARY=MTA0/REJECTED=REAL_ERRS.DAT ERRLOG.OLD;5

MTA0 装置に適用するエントリは除き,ERRLOG.OLD;5 のすべてのエントリのイメージ・コピーが,出力ファイル REAL_ERRS.DAT に格納されます。 /BINARY 修飾子が使用されています。

2 次修飾子: /REVERSE

イベント・レコードを,最も新しいイベントを最初にして,時間的に逆行する順序で変換するように指定できます。省略時の設定では,イベントは時間通りの順序で表示されます。

形式

/REVERSE



$ DIAGNOSE/DUMP ALPHA.ERROR /REVERSE

この例のコマンドは,時間的に逆行する順序でイベント・ファイルの内容をダンプします。

2 次修飾子: /SINCE

指定した日時以降の日付のエントリだけをレポート対象として指定します。

形式

/SINCE [=日時]


パラメータ



日時

エラー・レポートの対象を,指定した日時以降の日付のエントリに制限します。

説明

絶対時刻による指定だけが有効です。時刻の指定方法については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/SINCE 修飾子を省略すると,すべてのエントリが処理されます。日時を指定せずに /SINCE を指定した場合,省略時の設定の TODAY が使用されます。



$ DIAGNOSE/SINCE=19-APR-2002:15:00 ERRLOG.OLD;56

ERRLOG.OLD;56 から作成される詳細 (省略時の設定) レポートには, 2002 年 4 月 19 日 15 時以降に記録されたエントリが格納されます。

2 次修飾子: /SUMMARY

イベント・ログのすべてのイベントの要約情報を作成します。

DECevent ユーティリティの出力例の項に,要約レポートの例が記載されています。


形式

/SUMMARY


説明

/SUMMARY 修飾子によって,指定した入力イベント・ログ・ファイルから要約レポートを作成します。

/BINARY 修飾子は,/SUMMARY と併用しないようにしてください。



$ DIAGNOSE/SUMMARY ERRLOG.OLD;5

ERRLOG.OLD;5 のすべてのエントリの要約レポートが出力されます。

2 次修飾子: /TERSE

簡潔レポートを作成します。

DECevent ユーティリティの出力例の項に,簡潔レポートの例が記載されています。


形式

/TERSE


説明

/TERSE 修飾子を指定すると,各イベント・エントリのレジスタおよびヘッダが標準のレポート形式になりますが,各レジスタの内容はユーザが読めるメッセージには変換されません。

/TERSE レポート修飾子を /BINARY 修飾子と併用しないでください。



$ DIAGNOSE/TERSE ERRLOG.OLD;97

ERRLOG.OLD;97 からレジスタおよびヘッダ情報が含まれる簡潔レポートが出力されます。



9.4 DECevent ユーティリティの出力例

イベント・ログ・レポート例

DECevent イベント管理ユーティリティでは,次の 5 種類のレポートを出力することができます。

  • 詳細

  • 簡略

  • 簡潔

  • 要約

  • FSTERR

ここでは,各レポート・タイプの例を挙げて説明します。

詳細レポートの例

詳細レポートを作成するには,/FULL 修飾子を使用します。詳細レポート形式では,イベント・ログの各エントリのすべての情報が変換されます。詳細レポートは,レポート・タイプをコマンド行で指定しない場合の省略時のレポート・タイプです。

次の 2 つのコマンドはいずれも,詳細レポートを出力します。


$ DIAGNOSE/FULL 
 
$ DIAGNOSE   

次の例に詳細レポートの形式を示します。


******************************** ENTRY    1 ******************************** 
Logging OS                        1. OpenVMS 
System Architecture               2. Alpha 
OS version                           V7.3-1 
Event sequence number          1583. 
Timestamp of occurrence              18-APR-2002 09:21:18 
System uptime in seconds      58004. 
Error mask                x00000000 
Flags                         x0001  Dynamic Device Recognition present 
Host name                            COGENT 
 
Alpha HW model                       DEC 3000 Model 400 
System type register      x00000004  DEC 3000 
Unique CPU ID             x00000002 
mpnum                     x000000FF 
mperr                     x000000FF 
 
Event validity                   -1. Unknown validity code 
Event severity                   -1. Unknown severity code 
Entry type                      100. 
Major Event class                 3. IO Subsystem 
 
IO Minor Class                    1. MSCP 
IO Minor Sub Class                5. Logged Message 
 
---- Device Profile ---- 
Vendor 
Product Name                         RAID 0 - Host Based 
Unit Name                            COGENT$DPA 
Unit Number                      10. 
Device Class                  x0001  Disk 
 
---- IO SW Profile ---- 
VMS DC$_CLASS                     1. 
VMS DT$_TYPE                    175. 
 
---- MSCP Logged Msg ---- 
 
Logged Message Type Code         22. RAID Message 
RAID Event Type                   8. Remove Member 
Distinguished Member              0. 
Member Index                      1. 
RAID Urgency                      4. Global Disk Error 
RAID Status               x00180009  Bit 00 - Reduced 
                                     Bit 03 - Striped 
                                     Bit 19 - FE Dis FE 
                                     Bit 20 - BC Buff Copy Off 
RAIDset Name                         KGB 
 
**************************************************************************** 
 

簡略レポートの例

簡略レポートを作成するには,/BRIEF 修飾子を使用します。簡略レポート形式では,イベント・ログの各エントリのキー情報が変換されます。

簡略レポート形式を作成するには,次のコマンドを入力します。


$ DIAGNOSE/BRIEF 

次の例は簡略レポートの形式を示しています。


******************************** ENTRY    1 ******************************** 
 
Logging OS                        1. OpenVMS 
System Architecture               2. Alpha 
OS version                           V7.3-1 
Event sequence number          1583. 
Timestamp of occurrence              18-APR-2002 09:21:18 
System uptime in seconds      58004. 
Error mask                x00000000 
Host name                            COGENT 
 
Alpha HW model                       DEC 3000 Model 400 
System type register      x00000004  DEC 3000 
Unique CPU ID             x00000002 
mpnum                     x000000FF 
mperr                     x000000FF 
 
Event validity                   -1. Unknown validity code 
Event severity                   -1. Unknown severity code 
Major Event class                 3. IO Subsystem 
 
IO Minor Class                    1. MSCP 
IO Minor Sub Class                5. Logged Message 
 
---- Device Profile ---- 
Vendor 
Product Name                         RAID 0 - Host Based 
Unit Name                            COGENT$DPA 
Unit Number                      10. 
Device Class                  x0001  Disk 
 
 
 
Logged Message Type Code         22. RAID Message 
RAID Event Type                   8. Remove Member 
Distinguished Member              0. 
Member Index                      1. 
RAID Urgency                      4. Global Disk Error 
RAID Status               x00180009  Bit 00 - Reduced 
                                     Bit 03 - Striped 
                                     Bit 19 - FE Dis FE 
                                     Bit 20 - BC Buff Copy Off 
RAIDset Name                         KGB 
                                       
***************************************************************************** 

簡潔レポートの例

簡潔レポートを作成するには,/TERSE 修飾子を使用します。簡潔レポート形式では,バイナリ・イベント情報,レジスタ値,および ASCII メッセージが凝縮して出力されます。

簡潔レポートを作成するには,次のコマンドを入力します。


$ DIAGNOSE/TERSE 

次の例に簡潔レポートの形式を示します。


******************************** ENTRY    1 ******************************** 
 
Logging OS                           1. 
System Architecture                  2. 
OS version                  V7.3-1 
Event sequence number             1583. 
Timestamp of occurrence     2000041809211800 
System uptime in seconds         58004. 
Error mask                   x00000000 
Flags                            x0001 
Host name                   COGENT 
Alpha HW model               DEC 3000 Model 400 
System type register         x00000004 
Unique CPU ID                x00000002 
mpnum                        x000000FF 
mperr                        x000000FF 
Event validity                      -1. 
Event severity                      -1. 
Entry type                         100. 
Major Event class                    3. 
IO Minor Class                       1. 
IO Minor Sub Class                   5. 
---- Device Profile ---- 
Vendor 
Product Name                RAID 0 - Host Based 
Unit Name                   COGENT$DPA 
Unit Number                         10. 
Device Class                     x0001 
 
---- IO SW Profile ---- 
VMS DC$_CLASS                        1. 
VMS DT$_TYPE                       175. 
---- MSCP Logged Msg ---- 
 
Logged Message Type Code            22. 
RAID Event Type                      8. 
Distinguished Member                 0. 
Member Index                         1. 
RAID Urgency                         4. 
RAID Status                  x00180009 
RAIDset Name                KGB 
 
********************************************************************** 

要約レポートの例

要約レポートを作成するには,/SUMMARY 修飾子を使用します。要約レポート形式では,イベント・ログの各エントリの統計の要約が出力されます。

要約レポートを作成するには,次のコマンドを入力します。


$ DIAGNOSE/SUMMARY 

次の例に,要約レポートの形式を示します。


*************************************************************************** 
 
 SUMMARY OF ALL ENTRIES LOGGED ON NODE COGENT 
 
     IO Subsystem 
       MSCP                                  9. 
       Host Based RAID                       3. 
 
 DATE OF EARLIEST ENTRY                18-APR-2002 09:21:18 
 DATE OF LATEST ENTRY                  12-MAY-2002 10:44:54 
 
*************************************************************************** 

FSTERR レポートの例

FSTERR レポートを作成するには,/FSTERR 修飾子を使用します。


$ DIAGNOSE/FSTERR 

FSTERR レポートでは,ディスク装置やテープ装置のイベント・ログのエントリごとに 1 行のレポートが出力されます。これによって,膨大なイベント情報を取り除き,容易にイベントの分析やシステムの問題解決を行うことができます。

FSTERR レポートには,弊社サポート要員がテープ装置やディスク装置の問題を解決するために必要とする情報だけが出力されます。

次の例に,FSTERR レポートの形式を示します。


                                                                      Drive/ 
                                  MSCP               Physical     HSC Volume 
  Drive Name  yymmdd hhmmss Entry Evnt LED   LBN    Cyl Hd Sec RA  RP Serial 
============= ============= ===== ==== === ======= ==== == === === == ====== 
  LUKE$DUA070 921119 160754     3 00EB         255             70  71 V00717 
  LUKE$DUA070 921119 160754     4 00EB         255             70  71 V00717 
HSC015$DUA028 910323 113204     5 00EB                         70  51 V15039 
HSC015$DUA028 910323 113204     6 00EB                         71  51 V15039 
 BATES$DUA197 921118 002116     7 00EB                         72  32 V17524 
CHEWIE$DUA101 911205 114908     8 00EB                         73  81 V   17 
PMASON$DUA006 921207 165007    15 00EB         255             90  42 D23387 
PMASON$DUA006 921207 165007    16 00EB         255             90  42 D23387 
  C3P0$DUA242 870218 060031    17 01AB                         90  40 D48575 
  CHER$DU2132*901008 231053    18 00EB                         92  81 D 2345 
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項