日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/COMMENT

出力セーブ・セット修飾子

出力セーブ・セットにコメントを挿入します。コメント文字列が 2 語以上である場合,または英数以外の文字を含んでいる場合,二重引用符 (" ") で囲みます。コメントの文字数は,1,024 文字までです。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /COMMENT=文字列



$ BACKUP [REMARKS] DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET -
_$ /COMMENT="Remote operations for July 20, 2002"
$ BACKUP/LIST DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET
Listing of save set
 
Save set:          20JULREM.BCK
Written by:        WALRUS
UIC:               [360,054]
Date:              20-JUL-2002 15:22:06.62
Command:           BACKUP [REMARKS] DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET/COMMENT=Remote 
operations for July 20, 2002
 
Operating system:  OpenVMS Alpha Version V7.3-1
 
BACKUP version:    V7.3-1
CPU ID register:   0138084C
Node name:         _ABBEY::
Written on:        _ABBEY$DMA1:
Block size:        32256
Group size:        10
Buffer count:      3
 
[REMARKS]BAC.RES;1                                       2  20-JUL-2002 14:13
[REMARKS]COM.LIS;1                                       1  20-JUL-2002 14:04
[REMARKS]DTOP.DIR;1                                      1  20-JUL-2002 14:18
. 
. 
. 
Total of 40 files, 535 blocks
End of save set
 

最初の BACKUP コマンドは,ディレクトリ [REMARKS] を順編成ディスク・セーブ・セットにセーブし,コメントを記録します。 BACKUP/LIST コマンドは,新しく作成したセーブ・セットの内容を表示します。ディスク上にセーブ・セットを作成する場合は, /SAVE_SET 修飾子が必要です。

/COMPARE

コマンド修飾子

第 1 パラメータで指定したセーブ・セット,装置,ファイルを,第 2 パラメータで指定した Files-11 装置,ファイルの内容と比較し,両者に違いがあれば,エラー・メッセージを表示します。


形式

/COMPARE ファイル指定 ファイル指定

/COMPARE セーブ・セット指定 ファイル指定

/IMAGE/COMPARE 装置指定 装置指定

/IMAGE/COMPARE セーブ・セット指定 装置指定

/PHYSICAL/COMPARE 装置指定 装置指定

/PHYSICAL/COMPARE セーブ・セット指定 装置指定


説明

BACKUP 比較処理の第 1 パラメータには,Files-11 ファイル 1 つ,複数のファイルを表すワイルドカード文字,ディスク上または磁気テープ上の BACKUP セーブ・セット,テープ装置,ディスク装置のいずれかを指定します。コマンド修飾子 /PHYSICAL を指定しないかぎり,第 2 パラメータは,Files-11 ディスク・ファイル,複数のファイルを示すワイルドカード文字, Files-11 ディスク装置のいずれかを指定します。/PHYSICAL を指定し,かつ第 1 パラメータでディスク装置を指定する場合,比較対象ディスクは,両方とも /FOREIGN 修飾子でマウントされていなければなりません。

比較対象ファイルに違いがある場合,次のエラー・メッセージが表示されます。


%BACKUP-E-VERIFYERR, verification error for ...

/COMPARE 修飾子は,セーブ・セットを元のファイルと比較する場合や,BACKUP でコピーしたファイルやボリュームを元のファイルと比較する場合に使用します。BACKUP ではファイルをブロック単位で処理するので,BACKUP で出力したもの以外のファイルを格納すると,同一のファイル間でも不一致エラーが生じる恐れがあります。

ファイル指定でバージョン番号の省略時の値は,ファイルのすべてのバージョンを処理するワイルドカード文字のアスタリスク ;* です。

比較処理のパラメータは,ともに入力指定子です。

2 つの Files-11 ボリューム全体を比較する場合は,次のようにイメージ比較処理を行います。


$ BACKUP/IMAGE/COMPARE DBA1: DBA2:

コマンド修飾子 /DELETE,/RECORD は,比較処理では使用できません。

出力ファイル修飾子 /NEW_VERSION はバージョン番号を変更するので, /NEW_VERSION 修飾子を使って復元またはコピーしたファイルには,比較処理を行わないようにしてください。


#1

$ BACKUP/COMPARE JAZZ.DAT BLUES.DAT

Files-11 ファイル 2 つを比較しています。バージョン番号は指定されていないので,各ファイルのすべてのバージョンを比較します。

#2

$ BACKUP/COMPARE/IMAGE MTA0:SWING.BCK DBA2:

磁気テープ上のイメージ・セーブ・セットを Files-11 ボリュームと比較しています。

/CONFIRM

入力ファイル選択修飾子

各ファイルを処理する前に,ターミナルに確認のためのプロンプトを表示します。ファイルを処理するには,Y または YES と入力し RETURN キーを押して応答しなければなりません。


形式

入力指定子/CONFIRM 出力指定子



$ BACKUP *.LIS/CONFIRM/LOG  DLA2:LIST.BCK/SAVE_SET
DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]REB.LIS;1, copy? (Y or N): N
DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]VERS.LIS;1, copy? (Y or N): N
. 
. 
. 
$

ファイル・タイプが .LIS のすべてのファイルを取り出し,確認プロンプトを表示してから,DLA2 上の LIST.BCK に各ファイルをセーブしています。コマンド修飾子 /LOG は,処理する各ファイルに関する情報を表示します。ディスク上にセーブ・セットを作成するときは,出力セーブ・セット修飾子 /SAVE_SET が必要です。

/CONVERT

入力ファイル選択修飾子

ODS-5ファイル名をODS-2ファイル名に変換します。出力ボリュームをODS-2として保持する場合は, /NOINIT修飾子を併用しなければなりません。

ODS-5ファイル名をODS-2ファイル名に変換すると,ODS-5ファイル属性のすべてが失われる点に注意してください。


形式

入力指定子 /CONVERT 出力指定子



$ BACKUP/LOG/CONVERT/IMAGE DKA500: DKA200:[000000]IMAGE.BCK/SAVE

ODS-5 ディスクから,ODS-2 イメージ・セーブ・セットを作成しています。セーブ・セットは,OpenVMS Version 7.2 より前のバージョンを実行しているシステムで読み込むことができます。

/CRC

入力セーブ・セット修飾子

ソフトウェア巡回冗長チェック (CRC) を行うことを指定します。


形式

入力セーブ・セット指定 /[NO]CRC 出力指定子


説明

省略時の値は,/CRC です。CRC チェックを禁止するには,/NOCRC を指定します。/NOCRC は処理時間を短縮しますが,データを消失する恐れが高くなります。


$ BACKUP MTA2:988SAVE.BCK/NOCRC []

([]) が示す現在の省略時のディレクトリに,セーブ・セット 988SAVE.BCK を復元しています。入力セーブ・セット修飾子 /NOCRC は,CRC を禁止します。

/CRC

出力セーブ・セット修飾子

ソフトウェア巡回冗長チェック (CRC) を実行し,結果を出力セーブ・セットのデータ・ブロックに格納することを指定します。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /[NO]CRC


説明

省略時の値は,/CRC です。チェックを禁止するには,/NOCRC を指定します。 /NOCRC は処理時間を短縮しますが,データを消失する恐れが高くなります。


$ BACKUP/RECORD []/SINCE=BACKUP MTA2:988SAVE.BCK/NOCRC

現在の省略時のディレクトリに存在し,最後の BACKUP/RECORD 処理以降に作成または変更されたすべてのファイルを,セーブ・セット 988SAVE.BCK にセーブしています。出力セーブ・セット修飾子 /NOCRC は,巡回冗長チェックを禁止します。

/CREATED

入力ファイル選択修飾子

各ファイル・ヘッダ・レコードの作成日フィールドの値にしたがって,ファイルを選択します。


形式

入力指定子 /BEFORE=日時/CREATED出力指定子

入力指定子/SINCE= 日時/CREATED出力指定子


説明

/CREATED には,/BEFORE 修飾子または /SINCE 修飾子を併用してください。 /BEFORE または /SINCE で指定する日時により,処理するファイルが決まります。

/CREATED は,/BACKUP,/MODIFIED,/EXPIRED のいずれかの修飾子と併用することはできません。



$ BACKUP *.SDML/SINCE=YESTERDAY/CREATED DLA2:[SAVEDIR]/SAVE_SET

昨日 (昨夜午前 0 時より前の 24 時間) に作成され,ファイル・タイプが .SDML のすべてのファイルをセーブしています。

/DELETE

コマンド修飾子

BACKUP の保存操作またはコピー操作で,すべてのファイルを正しく処理した後,選択されたファイルを入力ボリュームから削除することを指定します。


形式

/DELETE ファイル指定 セーブ・セット指定


説明

/DELETE 修飾子を指定できるのは,BACKUP のセーブまたはコピー処理で使用した場合に限定されます。また,ファイルを削除するための特権が必要です。特権がない場合,削除保護ファイルは削除されません。コマンド修飾子 /VERIFY を /DELETE と併用した場合,チェックが失敗したファイルは削除されません。

/DELETE は,/PHYSICAL,/RECORD,/COMPARE のいずれのコマンド修飾子とも併用できません。


#1

$ BACKUP/DELETE BOP.DAT MTA0:BOP.BCK/LABEL=DANCE

セーブ・セット BOP.BCK を MTA0 上に作成した後,BOP.DAT ファイルを削除しています。

#2

$ BACKUP/VERIFY/DELETE RAY.DAT,JOE.DAT,ELLA.DAT MTA0:OSCAR.BCK/LABEL=FRIEND

選択したファイルのリストを MTA0 上の OSCAR.BCK にセーブして出力セーブ・セットを入力ファイルと比較した後,このファイル・リストを削除しています。出力セーブ・セットと入力ファイルの内容に違いがある場合,入力ファイルは削除されません。

/DENSITY

出力セーブ・セット修飾子

出力磁気テープの記録密度を指定します。磁気テープ・ドライブによってサポートされている値を指定してください。

/DENSITY 修飾子を指定しない場合,省略時の記録密度は磁気テープ・ドライブの現在の記録密度となります。 /DENSITY では,出力セーブ・セット修飾子 /REWIND を指定してください。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /DENSITY=キーワード

以下の表は,テープでサポートされる記録密度の一覧です。

キーワード 意味
省略時値 省略時の記録密度
800 NRZI 800 ビット/インチ (BPI)
1600 PE 1600 BPI
6250 GRC 6250 BPI
3480 IBM 3480 HPC 39872 BPI
3490E IBM 3480 圧縮
833 DLT TK50: 833 BPI
TK50 DLT TK50: 833 BPI
TK70 DLT TK70: 1250 BPI
6250 RV80 6250 BPI 相当
注意: 以上のシンボルのみが, OpenVMS Version 7.2 以前の TMSCP/TUDRIVER コードによって解釈される。この表の以下のシンボルは,Alpha システムでのみサポートされる。
TK85 DLT Tx85: 10625 BPI---Cmpt III - Alpha のみ
TK86 DLT Tx86: 10626 BPI---Cmpt III - Alpha のみ
TK87 DLT Tx87: 62500 BPI---Cmpt III - Alpha のみ
TK88 DLT Tx88: (Quantum 4000)---Cmpt IV - Alpha のみ
TK89 DLT Tx89: (Quantum 7000)---Cmpt IV - Alpha のみ
QIC すべての QIC ドライブは,ドライブ設定可能なもののみ - Alpha のみ
8200 Exa-Byte 8200 - Alpha のみ
8500 Exa-Byte 8500 - Alpha のみ
DDS1 Digital Data Storage 1---2G - Alpha のみ
DDS2 Digital Data Storage 2---4G - Alpha のみ
DDS3 Digital Data Storage 3---8-10G - Alpha のみ
DDS4 Digital Data Storage 4 - Alpha のみ
AIT1 Sony Advanced Intelligent Tape 1 - Alpha のみ
AIT2 Sony Advanced Intelligent Tape 2 - Alpha のみ
AIT3 Sony Advanced Intelligent Tape 3 - Alpha のみ
AIT4 Sony Advanced Intelligent Tape 4 - Alpha のみ
DLT8000 DLT 8000 - Alpha のみ
8900 Exabyte 8900 - Alpha のみ
SDLT SuperDLT1 - Alpha のみ
SDLT320 SuperDLT320 - Alpha のみ

説明

磁気テープ・ハードウェアがサポートしている値を指定してください。省略時の値は,出力テープ・ドライブの現在の密度です。

/DENSITY 修飾子は,出力セーブ・セット修飾子 /NOREWIND と互換性がありません。/DENSITY 修飾子を使用する場合は,出力セーブ・セット修飾子 /REWIND を指定して磁気テープを初期化する必要があります。/DENSITY/REWIND を指定すると,テープの先頭までテープが巻き戻されます。次に,新しい密度でテープが初期化され,テープに格納されていた以前のすべてのデータに対するアクセス権が取り消されます。



$ BACKUP *.PAS MTA2:SAVEPAS.BCK/DENSITY=1600/REWIND/LABEL=PASCAL

MTA2: ドライブ上の磁気テープを初期化しています。現在の省略時のディレクトリに存在しファイル・タイプが PAS のすべてのファイルを,セーブ・セット SAVEPAS.BCK にセーブします。/DENSITY 修飾子は,記録密度を 1,600 bpi に設定します。

/EXACT_ORDER

出力セーブ・セット修飾子

コマンド行に指定された他の修飾子により, /EXACT_ORDER 修飾子で以下のことが可能になります。

  • BACKUP操作で使用するテープ・ボリューム・ラベルの正確な順序を指定できます。

  • テープの既存のボリューム・ラベルを保存できます。

  • マルチボリューム・セーブ操作の前のボリュームが上書きされるのを防止できます。


形式

入力指定子出力セーブ・セット指定/EXACT_ORDER


説明

/EXACT_ORDER修飾子を使用すれば,次の操作が可能です。

  • BACKUP操作で使用するテープ・ボリューム・ラベルの正確な順序を指定できます。ラベルの順序を指定するには,/LABEL=(ラベル1,ラベル2,...)修飾子を使用しなければなりません。ドライブ内のテープのラベルがコマンド行の対応するラベルと一致する間は,BACKUPは操作を継続します。操作を終了するのに必要な数のラベルをコマンド行に指定しなかった場合には,ドライブ内のテープのラベルを入力するように要求するプロンプトが表示されます。

  • 既存のボリューム・ラベルをテープに保存できます。コマンド行に/LABEL修飾子を指定しなかったとき,テープにANSIラベルが登録されている場合には,BACKUPは既存のラベルを使用します。

  • マルチボリューム・セーブ操作で前のボリュームが上書きされるのを防止します。 BACKUPは操作ですでに使用したボリューム・ラベルを管理します。前のボリュームを誤ってマウントした場合には,次のエラー・メッセージが表示されます。


    %BACKUP-W-MOUNTERR, volume 1 on MKB100: was not mounted 
     because its label does not match the one requested 
     Volume with label TAPE1 was already used in this save 
     operation. Specify option (QUIT or NEW tape) 
    BACKUP>     
    

/EXACT_ORDER出力修飾子を使用する場合には,次の制約があります。

  • /EXACT_ORDER修飾子を使用する場合には,6文字より長いラベルをコマンド行に指定できません。6文字より長いラベルを指定した場合には,次のエラー・メッセージが表示されます。


    %BACKUP-F-INVQUAVAL, value 'label_name' invalid for 
    /LABEL qualifier 
    

  • /IGNORE=LABEL_PROCESSING修飾子と/EXACT_ORDER修飾子を組み合わせて使用することはできません。

  • /LABEL修飾子と/EXACT_ORDER修飾子を組み合わせて使用する場合,重複するラベルを指定できません。

省略時の設定は,/NOEXACT_ORDERです。


#1

$ BACKUP/IMAGE/RECORD/VERIFY/NOASSIST
_From: DKA100:
_To: MKB100:MAR11.SAV/LABEL=(TAPE1,TAPE2,TAPE3)/EXACT_ORDER

この例では,BACKUP操作の正確なレベルの順序を指定するために,/EXACT_ORDER修飾子を使用しています。/ASSIST修飾子を指定した場合には,BACKUPはオペレータ・ターミナルにメッセージを表示し,次の操作を実行します。

  1. MKB100:のテープのボリューム・ラベルと,コマンド行に指定した最初のラベル(TAPE1)とを比較します。ラベルが正確に一致する場合には,セーブ操作を開始します。ラベルが一致しない場合や,テープにANSIラベルが記録されていない場合には,次のメッセージが表示されます。


    %BACKUP-W-MOUNTERR, volume 1 on MKB100: was not mounted 
     because its label does not match the one requested 
    %BACKUP-W-EXLABEER, volume label processing failed 
     because volume TAPE4 is out of order, Volume label 
     TAPE1 was expected. Specify option (QUIT, NEW tape, 
     OVERWRITE tape, USE loaded tape) 
    BACKUP> OVERWRITE 
    


    指定したオプションに応じて,バックアップ操作を終了するか(QUIT),古いテープをディスマウントして新しいテープをマウントするか(NEW),テープのラベルとデータを上書きするか(OVERWRITE),ロードされているテープのラベルを使用してテープにデータを書き込むか(USE)が可能です。

  2. 最初のテープが満杯になると,次のメッセージが表示されます。


    %BACKUP-I-RESUME, resuming operation on volume 2 
    %BACKUP-I-READYWRITE, mount volume TAPE2 on MKB100: 
     for writing. Respond with YES when ready: 
    

  3. 2番目のテープをロードし,YESと入力すると,2番目のテープのラベルがコマンド行に指定した2番目のラベル(TAPE2)と比較されます。これはステップ1aで実行した処理と同じです。

  4. ボリューム・ラベルが一致する場合には,操作が終了するか,またはすべてのボリューム・ラベルが使用されてしまうまで,処理は継続されます。操作を終了するのに必要な数のラベルをコマンド行に指定しなかった場合には,次に示すように,ドライブ内のテープのラベルを入力するように要求するプロンプトが表示されます。


    目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項