日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

パスワードが満了しないようにするには,時間に NONE を指定します。省略時の設定では,パスワードは 90 日で満了します。

/PWDMINIMUM=値

最小パスワード長を文字数で指定します。この値を使用するのは,DCL の SET PASSWORD コマンドだけです。 AUTHORIZE を使用してアカウントを作成または変更する場合には,この最小長より短いパスワードを入力できます。省略時のパスワード長は,6 文字以上です。 /PWDMINIMUM修飾子に指定した値が,/GENERATE_PASSWORD修飾子またはDCLの SET PASSWORD/GENERATEコマンドで使用する値と矛盾する場合には,オペレーティング・システムは小さい方の値を選択します。作成されるパスワードの最大値は10です。

/QUEPRIO=値

将来の使用のため予約されています。

/REMOTE[=(範囲[,...])]

ネットワーク遠隔ターミナルからの会話型ログインに許可するアクセス時間数を指定します (DCL の SET HOST コマンド使用)。範囲の指定方法については,/ACCESS 修飾子を参照してください。省略時の設定では,遠隔ログインのアクセスには制約がありません。

/SHRFILLM=値

ユーザが一度にオープンできる最大共用ファイル数を指定します。省略時の値は,無制限を意味する 0 です。

/TQELM

ユーザが一度に持つことができる一時的共通イベント・フラグ・クラスタ数とタイマ・キュー・エントリの合計値を指定します。省略時の値は,10 です。

/UIC=値

UIC (ユーザ識別コード) を指定します。 UIC 値は,1 〜 37776 の 8 進グループ番号と 0 〜 177776 の 8 進メンバ番号で構成されます。番号はコンマで区切り,大括弧で囲みます。グループ1とグループ300〜377は HP が使用するために確保されています。

各ユーザに,一意の UIC を指定してください。省略時の UIC 値は,[200,200] です。

/WSDEFAULT=値

省略時のワーキング・セット・サイズを指定します。この値は,プロセスが使用できる物理ページ数の初期リミットです。 DCL の SET WORKING_SET コマンドにより,省略時の値を WSQUOTA まで変更できます。省略時の設定は,VAX システムでは 256 ページ,Alpha システムでは 2000 ページレットです。 WSMAX 以上の値は指定できません。

値は WSMAX 以下でなければなりません。このクォータ値は,PQL_MWSDEFAULT の値がこの値より小さい場合,その値の代わりに使用されます。

/WSEXTENT=値

ワーキング・セットの最大値を指定します。この値は,プロセスに許可する最大物理メモリ容量です。プロセスに対し,システムがワーキング・セット・クォータを超えるメモリを与えるのは,余剰の空きページがある場合だけです。必要に応じ,システムが追加メモリを再呼び出しします。この値は,WSQUOTA 以上の整数です。省略時の設定は,VAX システムでは 1024 ページ, Alpha システムでは 16384 ページレットです。WSMAX 以上の値は指定できません。

値は WSQUOTA に等しいか,またはそれより大きい整数です。省略時の値は, VAX システムでは 1024 ページであり,Alpha システムでは 16384 ページレットです。値は WSMAX 以下でなければなりません。このクォータ値は,PQL_MWSEXTENT がこの値より小さい場合,その値の代わりに使用されます。

/WSQUOTA=値

ワーキング・セット・クォータを指定します。この値は,ユーザ・プロセスがそのワーキング・セットにロックできる最大物理メモリ容量です。システムがプロセスのために予約する最大スワップ空間や,システム全体のメモリの需要が高いときにシステムがプロセスに対して許可する最大物理メモリ容量でもあります。 WSMAX 以上の値,あるいは 64K ページ以上の値は指定できません。

値は WSMAX 以下でなければならず,64K ページ以下でなければなりません。このクォータ値は,PQL_MWSQUOTA がこの値より小さい場合,その値の代わりに使用されます。


説明

新しいユーザに設定された修飾子が弊社の標準の値と異なっている場合は, DEFAULT レコードを変更します。次の修飾子はよく変更される省略時のレコード内のフィールドと対応します。

修飾子 変更の理由
/CLI このユーザが使用する省略時のコマンド・ライン・インタプリタを指定する (ほとんどの OpenVMS ユーザは DCL コマンド・インタプリタを使用する)。
/DEVICE ほとんどのユーザの省略時ログイン装置が同じである場合,新しく作成するユーザの省略時ログイン装置を指定できる。

論理名を使用するようにしてしてください。

/LGICMD ユーザのログイン時に起動されるコマンド・プロシージャのファイル名を指定する。

  1. OpenVMS によって,まず,システムの論理名 SYS$SYLOGIN を使用してシステムのログイン・コマンド・プロシージャが検索される。この論理名が正しいファイル指定に正常に変換される場合,コマンド・インタプリタによって,結果として変換されたコマンド・プロシージャがログイン時に起動される。

    ファイル指定にファイル・タイプがない場合,コマンド・インタプリタによって,コマンド・インタプリタ自体に固有の省略値が適用される。 DCL インタプリタの場合,省略時のファイル・タイプは .COM 。

  2. 次に,OpenVMS によって LGICMD 指定が検索される。この指定が見つかった場合, OpenVMS によってそのコマンド・プロシージャが起動される。

    LGICMD 指定にファイル・タイプがない場合,現在のコマンド・インタプリタによって,省略時の値が適用される。 DCL インタプリタの場合,省略時のファイル・タイプは .COM 。

ログイン時のユーザ名プロンプトに対して, /NOCOMMAND または /LGICMD の修飾子を指定すると,ログイン時のコマンド・プロシージャ起動を無効にする,または他のプロシージャを優先することができる。

CAPTIVE フラグと RESTRICTED フラグも参照してください。

/PRIVILEGES 弊社提供の特権以外の特権をユーザに許可する場合。
クォータ修飾子 省略時のクォータが不十分であるか適切でない場合。



UAF> DEFAULT /DEVICE=SYS$USER/LGICMD=SYS$MANAGER:SECURELGN -
_UAF> /PRIVILEGES=(TMPMBX,GRPNAM,GROUP)
%UAF-I-MDFYMSG, user record(s) updated

DEFAULT レコードを変更して,省略時の装置,省略時のログイン・コマンド・ファイル,省略時の特権を変えるコマンド例です。

EXIT

AUTHORIZE を終了し,DCL コマンド・レベルに戻ります。Ctrl/Z を押しても,コマンド・レベルに戻れます。

形式

EXIT


パラメータ



なし

修飾子



なし

GRANT/IDENTIFIER

指定した識別子をユーザに割り当て,識別子の保持者としてユーザを権利データベースに記録します。

形式

GRANT/IDENTIFIER 識別子名 ユーザ指定


パラメータ



識別子名

識別子名を指定します。識別子名は,1 〜 31 文字の英数字です。アンダスコアとドル記号も使用できます。数字だけの識別子は認められません。必ず,英字を 1 文字以上使用してください。

ユーザ指定

システム上のユーザを一意で識別する UIC 識別子を指定します。この識別子は,[GROUP1,JONES] のように英数形式です。

修飾子



/ATTRIBUTES=(キーワード[,...])

識別子と対応づける属性を指定します。有効なキーワードは,次のとおりです。

DYNAMIC DCL の SET RIGHTS_LIST コマンドを使用することにより,識別子の保持者は,プロセス権利リストに格納されている識別子を削除し復元できる。
HOLDER_HIDDEN 識別子自体を保有している場合を除き,識別子を保有するユーザのリストを検索することを禁止する。
NAME_HIDDEN 識別子の保有者がバイナリからASCIIへ,またはASCIIからバイナリへ識別子を変換することを許可するが,登録されていないユーザが識別子を変換することは禁止する。
NOACCESS 識別子のアクセス権を空白にし,削除する。ユーザにNo Access属性を持つ識別子が与えられている場合には,その識別子は,オブジェクトへのユーザのアクセス権にまったく影響しない。この属性はResourceまたは Subsystem属性を持つ識別子をさらに修飾する属性である。
RESOURCE 識別子の保持者は,ディスク空間を識別子に対して請求できる。ファイル・オブジェクト専用。
SUBSYSTEM 識別子の保有者が,サブシステムACEをサブシステム内のアプリケーション・イメージに割り当てることによって,保護されたサブシステムを作成し,管理することを許可する。ファイル・オブジェクト専用。

識別子から属性を削除するには,NO 接頭辞を付けます。たとえば Resource 属性を削除するには, /ATTRIBUTES=NORESOURCE と指定します。



UAF> GRANT/IDENTIFIER INVENTORY [300,015]
%UAF-I-GRANTMSG, identifier INVENTORY granted to CRAMER

識別子 INVENTORY を [300,015] の UIC を持つ Cramer という名前のユーザに設定するコマンド例です。ユーザ Cramer が,識別子と割り当てられた資源の保持者となります。次のコマンドでも,結果は同じです。


UAF> GRANT/IDENTIFIER INVENTORY CRAMER

HELP

コマンド,パラメータ,修飾子の形式と説明など,AUTHORIZE の使用法に関する情報を表示します。

形式

HELP [キーワード[,...]


パラメータ



キーワード[,...]

AUTHORIZE の HELP コマンドで情報を表示したいトピック,コマンド,修飾子,パラメータを指すキーワードを 1 つ以上指定します。

修飾子



なし

説明

キーワードを指定しない場合,ヘルプが存在するトピックとコマンドについて情報が表示されます。次に,"Topic?" と表示されるので,トピックやコマンド名を入力するか,または Return キーを押します。コマンド名と修飾子を指定すると,そのコマンドの詳細が表示されます。Return キーを押すと,ヘルプが終了します。Ctrl/Z を押しても,ヘルプを終了できます。

修飾子を使用できるコマンドの場合,コマンドのヘルプ情報の後に "Subtopic?" と表示されるので,修飾子名を入力するか,または Return キーを押します。Return キーを押した場合, "Topic?" と表示されます。このレベルでヘルプを直接終了するには,Ctrl/Z を押します。


#1

UAF> HELP ADD

ADD コマンドに関する情報を表示するコマンド例です。


ADD 
 
   Adds a user record to the SYSUAF and corresponding identifiers to 
   the rights database. 
 
   Format 
 
     ADD  newusername 
 
  Additional information available: 
 
  Parameter  Qualifiers 
  /ACCESS    /ACCOUNT   /ADD_IDENTIFIER       /ALGORITHM /ASTLM     /BATCH 
  /BIOLM     /BYTLM     /CLI       /CLITABLES /CPUTIME   /DEFPRIVILEGES 
  /DEVICE    /DIALUP    /DIOLM     /DIRECTORY /ENQLM     /EXPIRATION 
  /FILLM     /FLAGS     /GENERATE_PASSWORD    /INTERACTIVE          /JTQUOTA 
  /LGICMD    /LOCAL     /MAXACCTJOBS          /MAXDETACH /MAXJOBS   /NETWORK 
  /OWNER     /PASSWORD  /PBYTLM    /PGFLQUOTA /PRCLM     /PRIMEDAYS /PRIORITY 
  /PRIVILEGES           /PWDEXPIRED           /PWDLIFETIME 
  /PWDMINIMUM           /REMOTE    /SHRFILLM  /TQELM     /UIC 
  /WSDEFAULT /WSEXTENT  /WSQUOTA 
  Examples   /IDENTIFIER           /PROXY 
 
ADD Subtopic?       

#2

UAF> HELP MODIFY/WSDEFAULT

/WSDEFAULT 修飾子に関する情報を表示するコマンド例です。


MODIFY 
 
  /WSDEFAULT=value 
 
   Specifies the default working set size. This represents the 
   initial limit to the number of physical pages the process can 
   use. (The user can alter the default quantity up to WSQUOTA with 
   the DCL command SET WORKING_SET.) The minimum value is 50 pages 
   (on VAX systems) and 150 pagelets (on Alpha systems). By default, a user 
   has 150 pages (on VAX systems) and 150 pagelets (on Alpha systems). 

LIST

選択した UAF レコードのレポートを,現在の省略時のディレクトリ内の SYSUAF.LIS ファイルに書き込みます。

注意

LIST/IDENTIFIER,LIST/PROXY,LIST/RIGHTS は,別個のコマンドとして説明しています。


形式

LIST [ユーザ指定]


パラメータ



ユーザ指定

UAF レコードのユーザ名または UIC を指定します。 ユーザ指定パラメータがない場合,すべてのユーザのユーザ・レコードがリストされます。ユーザ名には,アスタリスク ( * ) とパーセント記号 ( % ) のワイルドカード文字を使用できます。

修飾子



/BRIEF

簡略レポートを SYSUAF.LIS に書き込むことを指定します。 /BRIEF修飾子は,省略時の修飾子です。 SYSUAF.LIS は省略時のディレクトリ内に置かれます。

/FULL

詳細レポートを SYSUAF.LIS に書き込むことを指定します。ユーザが保持する識別子が書き込まれます。 SYSUAF.LIS は SYS$SYSTEM ディレクトリ内に置かれます。

説明

LIST コマンドは,選択した UAF レコードのレポートを格納するリスト・ファイルを作成します。SYSUAF.LIS ファイルを印刷するには, DCL の PRINT コマンドを使用します。

1 つのユーザ名を指定すると,そのユーザだけのレポートが出力されます。LIST コマンドの後にワイルドカード文字のアスタリスクを指定すると,ユーザ名の昇順ですべてのユーザのレポートが出力されます。1 つの UIC を指定すると,その UIC を持つすべてのユーザのレポートが出力されます。複数のユーザが 1 つの UIC を共用している場合は,その UIC を持つすべてのユーザについて表示されます ( ユーザごとに一意の UIC を設定することをお薦めします)。 UIC の指定では,ワイルドカード文字のアスタリスクを使用できます。

次の表は,各種レポートを出力するときに LIST コマンドで UIC を指定する方法と,UIC 指定でのワイルドカード文字のアスタリスクの使用方法を示しています。

コマンド 説明
LIST [14,6] グループ 14 に属するメンバ番号 6 のユーザの詳細レポートをリストする。
LIST [14,*] /BRIEF グループ 14 に属するすべてのユーザの簡略レポートを,メンバ番号の昇順でリストする。
LIST [*,6] /BRIEF メンバ番号 6 のすべてのユーザの簡略レポートをリストする。
LIST [*,*] /BRIEF すべてのユーザの簡略レポートを,UIC の昇順でリストする。

1 つの UIC を複数のユーザで共用させている場合があれば,これらのユーザは SYSUAF に追加した順序で出力されます。詳細レポートは,制限値,特権,ログイン・フラグ,コマンド・インタプリタの詳細をリストします。簡略レポートでは,制限値,ログイン・フラグ,コマンド・インタプリタ,および特権も表示されません。アカウントのパスワードが表示されることは,決してありません。

簡略レポートと詳細レポートの例については,SHOW コマンドを参照してください。


#1

UAF> LIST ROBIN/FULL
%UAF-I-LSTMSG1, writing listing file
%UAF-I-LSTMSG2, listing file SYSUAF.LIS complete

ユーザ・レコード ROBIN の詳細レポートをリストするコマンドです。

#2

UAF> LIST *
%UAF-I-LSTMSG1, writing listing file
%UAF-I-LSTMSG2, listing file SYSUAF.LIS complete

ユーザ名の昇順のすべてのユーザの簡略レポートを出力するコマンドです。ワイルドカード文字のアスタリスクを省略したときにも,同じ結果となります。

#3

UAF> LIST [300,*]
%UAF-I-LSTMSG1, writing listing file
%UAF-I-LSTMSG2, listing file SYSUAF.LIS complete

グループ UIC が 300 のすべてのユーザ・レコードについて,簡略レポートをリストするコマンドです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡