日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:DECeventユーティリティ
第 10 章:ERFユーティリティ
第 11 章:INSTALLユーティリティ
第 12 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 13 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 14 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:MONITORユーティリティ
第 16 章:PPPユーティリティ
第 17 章:PRODUCTユーティリティ
第 18 章:SCA Control Programユーティリティ
第 19 章:SHOW CLUSTERユーティリティ
第 20 章:System Generationユーティリティ
第 21 章:SYSMANユーティリティ
第 22 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 J:システム・パラメータ
付録 K:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/SUMMARY

選択したレコードの要約レポートを出力します。

形式

/SUMMARY [=(要約項目[,...])]




キーワード



要約項目[,...]

要約キーを指定します。使用するキーワードを,次の表に示します。

キーワード 説明
ACCOUNT アカウント
DATE 日付
DAY 日 (1 〜 31)
HOUR 時刻 (0 〜 23)
IMAGE イメージ名 (イメージ・ファイル指定のファイル名部分)
JOB 印刷 / バッチ・ジョブの名前
MONTH 月 (1 〜 12)
NODE DECnet for OpenVMS要求を発行したノードの名前
PROCESS プロセス・タイプ
QUEUE 印刷またはバッチ・ジョブ・キュー名
TERMINAL ターミナル名
TYPE レコード・タイプ
UIC ユーザ識別コード
USER ユーザ名
WEEKDAY 曜日 (0 = 日, 1 = 月...)
YEAR

キーワードを省略すると,ユーザ名が要約キーとして使用されます。


説明

/SUMMARY 修飾子は,選択したレコードの要約レポートを出力します。 /OUTPUT 修飾子でファイルへの書き込みを指定しないかぎり,このレポートは SYS$OUTPUT 装置に出力されます。

要約レポートは,/SUMMARY 修飾子で指定した要約キーの各値について, /REPORT 修飾子で指定した資源の統計的要約を示します。/REPORT 修飾子を省略すると,各要約キー値について処理したレコード総数が表示されます。

要約レポートの 1 行目は,処理対象データの時間範囲です (最初と最後に処理したレコードを入力ファイルに記録した時間)。タイトルが中央に表示されます。/TITLE 修飾子を使用すれば,独自のタイトルを指定できます。

2 行目以降の数行には,欄の見出しが表示されます。各要約項目につき 1 欄,/REPORT 修飾子で指定した各資源につき 1 欄があります。欄は, /SUMMARY と /REPORT 修飾子のキーワードと同じように右方向に並びます。

残りの部分では,各要約キー値につき 1 行です。要約キー値に対応する資源の要約です。データは,要約キー値で昇順にソートされています。

/BINARY 修飾子も参照してください。この修飾子は,選択したレコードをファイルにコピーする修飾子です。また,/BRIEF と /FULL 修飾子も参照してください。前者は,選択したレコードの簡略レポートを出力する修飾子です。後者は,指定したレコードの詳細レポートを出力する修飾子です。

/SUMMARY 修飾子は,/BINARY,/BRIEF,/FULL のいずれかの修飾子と併用することはできません。


#1

$  ACCOUNTING /TYPE=PRINT /SUMMARY=USER /REPORT=(PAGES,RECORDS)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。すべての印刷ジョブ・レコードを処理し,要約レポートを出力します。要約レポートには,印刷した総ページ数と,この総ページ数を求めるために加算したレコード数が,ユーザごとに示されます。次は,出力されるレポートの一例です。


 
From: 12-JAN-2002 15:55  VAX/VMS Accounting Report  To: 15-JAN-2002 15:17 
 
Username         Pages    Total 
               Printed  Records 
------------------------------- 
BROWN              115        2 
CROW                 3        1 
CUTHBERT            20        4 
FOSTER              46        1 
SMITH               50        3 
WHITE               50        7 
 
 

#2

$  ACCOUNTING /SUMMARY=IMAGE /REPORT=(PROCESSOR,RECORDS)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。各イメージが使用した CPU 時間の合計値を示す要約レポートを出力します。次は,出力されるレポートの一例です。


 
From: 12-JAN-2002 15:55  VAX/VMS Accounting Report  To: 15-JAN-2002 15:17 
Image name     Processor        Total 
                  Time        Records 
------------------------------------- 
               0 00:09:09.83       51 
ACC            0 00:01:36.72       99 
AUTHORIZE      0 00:00:04.17        8 
CDU            0 00:00:33.25       21 
COPY           0 00:00:05.97       30 
DELETE         0 00:00:02.79       12 
DIRECTORY      0 00:00:09.67       38 
DUMP           0 00:00:04.51        3 
EDT            0 00:00:05.85        7 
LOGINOUT       0 00:04:03.48       75 
NETSERVER      0 00:00:00.63       23 
SHOW           0 00:00:04.80       22 
 
 

/TERMINAL

会話型セッションが行われるターミナルを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/TERMINAL= ([-]ターミナル名[,...])


説明

/TERMINAL 修飾子は,ターミナル名フィールド値によって,処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。会話型セッションの情報を格納するレコードの場合,このフィールドは,セッションに対応するターミナルの名前です。

/TERMINAL 修飾子は,指定したターミナル名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

標準装置名としてターミナル名を指定し,コロン (:) を入力してください。



$ ACCOUNTING /TERMINAL=TTB3:
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT を処理する例です。ターミナル TTB3 における会話型セッションのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/TITLE

要約レポートの 1 行目に表示するタイトルを指定します。

形式

/TITLE= タイトル


説明

/TITLE 修飾子は,要約レポートの 1 行目中央に表示するタイトルを指定します。長すぎるタイトルは,切り捨てられます。画面上に表示するレポートのタイトルの場合,(W - 56) 文字より後の文字は切り捨てられます。W は,文字単位による画面幅です。


$ ACCOUNTING /SUMMARY=IMAGE /TITLE="June Accounting Report"
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。各イメージを実行した回数を示す要約レポートを出力します。レポート上部に,タイトル "June Accounting Report" が表示されます。

/TYPE

レコード・タイプを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/TYPE= ([-]レコード・タイプ[,...])




キーワード



レコード・タイプ[,...]

選択または拒否したいレコードのタイプを指定します。次の表に,有効なキーワードを示します。

キーワード レコード・タイプ レコードの説明
FILE FILE_BL ファイル逆方向リンク。会計情報ファイルにおける最初のレコード。ファイル作成時に記録されるレコードであり,直前の会計情報ファイルの名前を格納する。
  FILE_FL ファイル順方向リンク。会計情報ファイルにおける最後のレコード。ファイルをクローズするときに記録されるレコードであり,次の会計情報ファイルの名前を格納する。
IMAGE IMAGE イメージの終了。イメージが使用した資源の詳細を格納する。
LOGFAIL LOGFAIL ログインの失敗。ログインの試みで使用した資源の詳細を格納する。
PRINT PRINT 印刷ジョブの終了。印刷ジョブが使用した資源の詳細を格納する。
PROCESS PROCESS プロセスの終了。プロセスが使用した資源の詳細を格納する。プロセスによって実行されたイメージが使用した資源も含まれる。
SYSINIT SYSINIT システムのブート。システムをブートしたときに使用した資源の詳細を格納する。
UNKNOWN   この表に示すいずれのタイプとしても認識されないレコード。
USER USER 会計情報メッセージ送信のため, $SNDJBC システム・サービスを呼び出すプログラムが記録するレコード。


説明

会計情報ファイル内のレコードにはすべて,レコードのタイプを示すタイプ・フィールドがあります。

/TYPE 修飾子は,指定したレコード・タイプを選択します。リストの前にマイナス記号を付けると,指定したタイプ以外のタイプを持つすべてのレコードを選択します。

/PROCESS 修飾子も参照してください。この修飾子は,プロセス・タイプを指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。


#1

$ ACCOUNTING /TYPE=PRINT
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。印刷ジョブのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /TYPE=-PRINT
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。印刷ジョブ以外のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/UIC

UIC を指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/UIC= ([-]ユーザ識別子[,...])


説明

/UIC 修飾子は,UIC フィールド値によって処理対象レコードを選択または拒否します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。有効なユーザ名を入力しなかったログイン失敗レコードの場合,このフィールド値は [SYSTEM] です。

/UIC 修飾子は,指定した UIC フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

UIC は,数字でも英数字でも指定できます。アスタリスク (*) も使用できます。


#1

$ ACCOUNTING /UIC=([360,*],[ADMIN,COTTON])
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。グループ番号 360 のユーザまたは UIC が [ADMIN,COTTON] のユーザのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/USER

ユーザ名を指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/USER= ([--]ユーザ名[,...])


説明

/USER 修飾子は,ユーザ名フィールド値によって処理対象レコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。有効なユーザ名を入力しなかったログイン失敗レコードの場合,このフィールド値は <login> です。

/USER 修飾子は,指定したユーザ名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードが選択されます。


#1

$ ACCOUNTING /USER=SMITH
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。ユーザ SMITH のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /USER=(-SMITH,JONES)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。ユーザ SMITH と JONES のレコード以外のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/WIDE

レポートのバッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅を 8 文字から 10 文字に変更します。

形式

/WIDE


説明

/WIDE 修飾子は ACCOUNTING レポートで出現していた問題を修正します。その問題とは,バッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅が狭く, 8 文字を超えるとアスタリスク (*) が表示されていたことです。

/WIDE 修飾子は,レポートのバッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドの幅を 10 文字に変更します。



$ ACCOUNTING /PROC=BATCH /TYP=PROC - 
     /REPORT=(RECORDS,PROCESSOR,DIRECT_IO,BUFFER)  - 
     /SUMM=MONTH /SIN=1-JAN /WIDE
 
 


 
  
 
  
 
 
       MM    TOTAL    PROCESSOR       DIRECT   BUFFERED 
            RECORDS     TIME             I/O       I/O 
  ------------------------------------------------------ 
       01      2043  19 06:52:40.97  532675222 551986091 
       02      1767   9 00:14:34.00  183290432 420000532 
 
  ------------------------------------------------------ 

/WIDE 修飾子を指定しないと,フィールドがオーバフローした場合,バッファード入出力フィールドと直接入出力フィールドは ***** と表示されます。 /WIDE 修飾子を指定すると,これらのフィールドは正しく表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項