日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:日本語OpenVMSの概要
第 2 章:漢字ターミナルの設定
第 3 章:使用可能な文字
第 4 章:日本語の入力
第 5 章:日本語ファイル名サポート
第 6 章:こんな時どうする
第 7 章:AlphaとVAXとの違い
第 8 章:マニュアル
索引
PDF
OpenVMS ホーム

日本語 OpenVMS
概説書


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 日本語 OpenVMS 概要
第 2 章 漢字ターミナルの設定
第 3 章 日本語 OpenVMS で使用される文字
第 4 章 日本語の入力
第 5 章 日本語ファイル名サポート
第 6 章 こんな時どうする日本語 OpenVMS
第 7 章 Alpha システムと VAX システムとの相違点
第 8 章 マニュアルについて
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 日本語 OpenVMS 概要
     1.1     日本語ファイル名(Alpha のみ)
     1.2     日本語ユーティリティ
     1.3     日本語ライブラリ
     1.4     フォント管理ユーティリティ
     1.5     日本語ヘルプ/メッセージ
     1.6     DCL コマンドでの日本語の使用
     1.7     プログラミング言語での日本語の使用
     1.8     論理名
     1.9     プログラムとフォント・データのサンプル
         1.9.1         サンプル・プログラム
         1.9.2         フォント・データのサンプル
     1.10     DECnet 環境での使用
         1.10.1         ローカル・システムが日本語 OpenVMS の場合
         1.10.2         ローカル・システムが標準版 OpenVMS の場合
     1.11     TCP/IP 環境での使用
         1.11.1         telnet 端末から直接ログインする場合
         1.11.2         他の OpenVMS システムから間接ログインする場合
第 2 章
2 漢字ターミナルの設定
     2.1     漢字ターミナル
         2.1.1         DEC 漢字 1983 年版漢字ターミナル
         2.1.2         DEC 漢字 1978 年版漢字ターミナル
         2.1.3         ターミナルのバージョンの見方
             2.1.3.1             VT280 シリーズ,VT382 漢字ビデオ・ターミナル
             2.1.3.2             LN03 漢字プリンタ・ターミナル
     2.2     漢字ビデオ・ターミナル
         2.2.1         VT280 シリーズ,VT382
             2.2.1.1             ホスト直結デバイスのシリアルポートへの接続
     2.3     漢字プリンタ・ターミナル
         2.3.1         漢字プリント・シンビオント
             2.3.1.1             漢字プリント・シンビオントの機能
             2.3.1.2             漢字プリント・シンビオントの種類
         2.3.2         LA86,LA88,LA90,LA280,LA380
             2.3.2.1             ホストのシリアルデバイスポートへの接続
             2.3.2.2             ターミナル・サーバへの接続
         2.3.3         LN03,DEClaser 2300,DEClaser 2400
     2.4     DEC 漢字 1978 年版漢字ターミナルの追加設定
     2.5     KANJITERM.COM
     2.6     KANJIUP.COM
     2.7     その他の設定
第 3 章
3 日本語 OpenVMS で使用される文字
     3.1     文字集合とコードセット
         3.1.1         文字集合(文字セット)
         3.1.2         コードセット
     3.2     日本語 OpenVMS で使う文字の種類
     3.3     日本語 OpenVMS で使うコードセット
         3.3.1         DEC 漢字コードセット
         3.3.2         Super DEC 漢字コードセット
         3.3.3         DEC 漢字 2000 コードセット(Alpha のみ)
第 4 章
4 日本語の入力
     4.1     日本語入力の種類
         4.1.1         KINQUIRE コマンド
         4.1.2         日本語エディタ(日本語 EVE)
         4.1.3         日本語入力プロセス(FIP)
         4.1.4         日本語ライブラリ
     4.2     かな漢字変換キー
     4.3     かな漢字変換辞書
     4.4     半角カタカナと漢字の変換について
第 5 章
5 日本語ファイル名サポート
     5.1     標準版 OpenVMS におけるファイル・システムの拡張
     5.2     日本語 OpenVMS によるファイル名の拡張
     5.3     Super DEC 漢字コードセットによる日本語ファイル名
     5.4     日本語ファイル名の設定
         5.4.1         JSY$CONTROL ユーティリティ
         5.4.2         アプリケーションによる日本語ファイル名の設定
         5.4.3         日本語ファイル名の設定の単位
         5.4.4         ファイル名コンバータの非同期切り換えの禁止
         5.4.5         16 進数表現による日本語ファイル名
     5.5     日本語ファイル名に使用できる文字
     5.6     ファイル名変換規則
     5.7     日本語ファイル名の最大長
         5.7.1         新しい RMS API による日本語ファイル名の最大長
         5.7.2         従来の RMS API による日本語ファイル名の最大長
         5.7.3         デフォルト・ディレクトリの最大長
     5.8     RMS 以外の API での日本語ファイル名の使用
第 6 章
6 こんな時どうする日本語 OpenVMS
     6.1     日本語のヘルプ,メッセージが見たい
     6.2     自分で文字を作りたい
     6.3     エラー・メッセージの意味がわからない
     6.4     日本語メールを送りたい
     6.5     漢字と半角かなの混じった文書を作成したい
     6.6     個人辞書を使い分けたい
     6.7     JMAIL などで日本語を表示させて上下スクロールしたい
     6.8     DECwindows/Motif の端末エミュレータ上の日本語 EVE でマウスによるカット/ペーストをしたい
     6.9     OpenVMS VAX 上で動作しているアプリケーションを OpenVMS Alpha 上にポーティングしたい
     6.10     デバッガの日本語機能を有効にするには
     6.11     DECwindows/Motif の端末エミュレータ上でキャラクタセル・モードのデバッガを起動するには
     6.12     日本語 COBOL の日本語項目に日本語データを代入するには
     6.13     EXIT HANDLER を実行させずにデバッグ・セッションを終了するには


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項