日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語環境設定ユーティリティ (JSY$CONTROL)
第 2 章:日本語メール・ユーティリティ (JMAIL)
第 3 章:日本語ソート/マージ (SORT/MERGE)
第 4 章:ローマ字・かな漢字変換型 INQUIRE (KINQUIRE)
第 5 章:個人辞書編集ユーティリティ (JDICEDIT)
第 6 章:漢字コード変換ユーティリティ (KCODE)
第 7 章:DEC 漢字コード変換ユーティリティ (KCONVERT)
第 8 章:デバッガの日本語拡張機能
第 9 章:日本語DECnet/SNA リモート・ジョブ・エントリ (RJE)
第 10 章:日本語DECnet/FNA リモート・ジョブ・エントリ (F-RJE) -- VAXのみ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本

日本語 HP OpenVMS
日本語ユーティリティ
利用者の手引き


目次 索引



日本語エディタで単語ファイルを作り,これを APPEND サブコマンドで辞書ファイルに追加登録できます。

単語ファイルは以下の形式で作成します。


 
        [!]読み   "表記"   [文法情報キーワード,,,]      
        [!]読み   "表記"   [文法情報キーワード,,,]      
           ........................                     
           ........................                     
                                                        
 

  • 1行が1つの単語を表します。

  • 読みは 16 文字以内の全角ひらがなです。濁点・半濁点も1文字として数えます。

  • 表記は半角の引用符 (") で囲まれた 80 バイト(全角 40 文字)以内の文字列です。

  • 文法情報キーワードには次のキーワードがあります。

    サ名 人名 地名 感動 接続 連体
    接頭 形容 形動 トタル 尾名 尾人 尾地 上下
    サ変 ザ変 カ変 カ5 ガ5 サ5 タ5 ナ5
    バ5 マ5 ラ5 ワ5        


  • 半角の感嘆符 (!) より右側は無視されます。

  • EXTRACT サブコマンドが出力した単語ファイルには SYSUP などの文法情報キーワードがあります。これらは APPEND サブコマンドで辞書に追加登録するときに JDICEDIT ユーティリティが使用するキーワードです。変更してはいけません。

  • 同音の読みの単語が複数あるときには,辞書中で上位にある単語が「かな漢字変換」で優先されます。

  • 文法情報キーワードを省略した場合には "サ名"(サ変名詞)で登録されます。



5.7 制限事項

個人辞書編集ユーティリティには,次の制限事項があります。

  1. JDICEDIT ユーティリティをバッチ・ジョブで起動することはできません。

  2. 個人辞書に追加登録できる単語の数は,最大約 100,000 語です。ただし,登録単語数が多くなると,かな漢字変換ルーチンの単語検索に要する時間が増大しますので,ご注意ください。実用上の上限としては 30,000 語程度を目安としてください。



5.8 使用例

この節では,いくつかの使用例を示します。

  1. 辞書 (DICTIONARY.JISHO) に単語を登録する場合,単語を検索・削除する場合


     
    $ RUN JSY$SYSTEM:JDICEDIT 
    JDICEDIT> EDIT DICTIONARY.JISHO 
    ・・・・・ 
    辞書を更新しますか?(YES or NO) [YES]: YES 
    %JDICEDIT-I -UPDDIC,辞書を更新して DICTIONARY.JISHO;2 に
    出力しました。 
    JDICEDIT> EXIT 
    $ 
     
    


  2. 辞書A(DIC_A.JISHO)の利用者登録語だけを辞書B(DIC_B.JISHO)に登録する場合


     
    $ RUN JSY$SYSTEM:JDICEDIT 
    JDICEDIT> EXTRACT/OUTPUT=DIC_A.TANGO/USER  DIC_A.JISHO;1 
    %JDICEDIT-I -EXTUSR,DIC_A.JISHO;1 の単語を XX語 DIC_A.TANGO
    に出力しました。 
    JDICEDIT> APPEND/INPUT=DIC_A.TANGO  DIC_B.JISHO;1 
    %JDICEDIT-I -UPDDIC,辞書を更新して DIC_B.JISHO;2 に出力しました。
    JDICEDIT> EXIT 
    $ 
    


  3. 日本語エディタで単語ファイル (TANGO_FILE.TANGO) を作り,これをもとにして新規に辞書を作成する場合


     
    $ JEDIT TANGO_FILE.TANGO  
    ・・・・・ 
    $ RUN JSY$SYSTEM:JDICEDIT 
    JDICEDIT> CREATE NEW_DIC.JISHO 
    %JDICEDIT-I -CREDIC,新たに辞書  NEW_DIC.JISHO;1 を作成しました。
    JDICEDIT> APPEND/INPUT=TANGO_FILE.TANGO NEW_DIC.JISHO;1 
    %JDICEDIT-I -UPDDIC,辞書を更新して NEW_DIC.JISHO;2 に出力しました。
    JDICEDIT> EXIT 
    $ 
    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項